学校行事

IMG_7149


学校の終了パーティー。23時までで、過ぎてるんですけど。
全然終わりそうになかった・・・。
先生も元気だったし。
1歳児が寝ずに踊ってた。
はじけてるわ。

ゴンタの同級生で、鳴り響く爆竹が怖くて家から出られず、
パーティーに来られなかった子がいたそうな。

今日はサン・ジョアンの祭日の前夜祭で、爆竹がすごいです。
夏っていうだけで、このワクワク。
幸せです。

スペインの医療

IMG_7051


夏ですねー。

肘部管症候群と言われて8年前に手術をしたんです。
そう診断されて、手術にいたるまでが、また長かったのですが。

で、手術してもよくならなくて。

医者は、ダメージを受けた神経が回復するのは2年くらいかかる
と言って、その間リハビリしたりしたけれどよくならなくて。

リハビリの先生が、こことここがおかしいって違う神経だから、そんな
はずないよー。どうリハビリしていいか分からないから、また医者に
行って。

というので、まずかかりつけの医者に行って、事情を説明して、専門医
の予約(じゃないと専門医にはかかれないのです)。6か月くらい待って、
やっと初診。

電気を流す検査をして、また神経圧迫してます。肘と手です。と言われて
またまた手術をすることになるまでにまた数か月。

3年前にまた手術をしたのですが、

またよくなってないよー。と術後の検診で何度か言ったけれど、

神経が回復するのは2年くらいかかるのです。完全には回復しないかも
しれないけれど。

と言われて、もう来ないでいいと。

ほっといたら、だんだん大丈夫だった左腕もおかしいし、腰や足も痛くなっ
てきて、

いや、ほんと、おかしいですから!

とかかりつけの医者に相談して、2回目の手術から3年後、新しい専門医に
かかれました。6か月待ちでしたけど。

で、電気を流す検査をして、やっぱり神経圧迫してます、と。

でもこのお医者さんのよかったところは、疑問を持ってくれたこと。

2回手術してこんなはずはありません。もしかしたら原因は別のところにある
のかも、と。

MRIでしたっけ?で背骨と首骨?(って言い方しませんか)を見てくれて、発見。

首と腰にヘルニアがありました。

2回した手術は何だったのですか?

と聞いたら、ずばり。

何の役にも立ってません。

もーめちゃめちゃむかつきましたけど。約9年も患ったまま。無関係の手術されて。

私の30代を返せー!と思いましたけど、痛いおかしいいいつついろんなことをし
てきたので、決めました。

許す。

ヘルニアの治療はまずリハビリからだそうで、またリハビリの先生に相談するまで
しばらく待って、そっから空きがでたときにリハビリを始めて・・・と、またまた始める
までに数か月は待つことになるでしょう。

期待せず。待ってます。

これ、スペインの都会の医療の闇の部分だわー。専門医の待ちが長い!選べない!

科学の日

IMG_7079


週末は、シウダデラ公園で科学祭りというのがあって、お友達
ファミリーとピクニックをしました。

水を使った遊びのコーナーや、絵かいたり、工作したり、25メートル
走のタイムを計ってくれるところやらいろいろありましたが、一番人気
はこのステージだったと思います。

子供向けのチャンネルで実験番組をしているお兄さんが登場。
煙が出てくる大砲やロケットを飛ばしたり。
さすが、盛り上げ上手なんですわ。

ボランティアをしてくれる人、手、あげてー!

とお兄さんが言ったら、子供たちたくさん、元気に手あげてました。
ゴンタは石ころ拾ってて、手あげなかったんですが、

続けて

ボランティアできる賢い子、手あげてー!

と言ったら

僕!とめっちゃ手あげてました。

いろんな化学の法則を使って、子供たちが面白がることができる
なんてすごいですね。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ