我が家のマスコット

IMG_1760


爽やかな秋晴れです。

さて、我が家に新メンバーが現れました。

ダニエル君という

ヤモリ。

リビングの天井に張り付いています。

主人も子供も椅子の上に立って、ダニエル君を近くで見ようと
盛り上がってました。一眼レフのカメラで写真を撮ったり。
(ライトアップまでして)

近くで見て気持ち悪かったら嫌なので、私は見ません。遠くで
見てるとかわいいものなので。

さっきも帰宅して思わず

ダニエル君、ただいまー。

ちゃんと天井にいるかどうか、いつも確認してしまいます。

スペイン女子に大人気

justin-bieber-1

またまたニュースネタ。

ジャスティン・ビーバーのコンサートがあるとかで、会場前の
様子がリポートされてました。

女子ばっかり。すごい人気です。

何年か前に、取材でティーンエイジャーの女の子の部屋を
訪れたのですが、ポスターだらけでした。

よく分からないので・・・歌がうまいのかな、と思って聞いてみ
ましたが、やっぱり私はおばさんなんでしょうね。
あか抜けたのはよーく分かりました。

スペインでもこんな線の細そうな男子が人気があるように
なったんだ・・・と時代の移り変わりを感じます。

今日のニュース スペインのタクシーに大金を忘れ・・・

IMG_20161119_174352


お久しぶりです。
家族で風邪をひいたりで、なかなか更新ができませんでした。

写真はサグラダファミリア夕暮れ時です。
きれいな夕焼けだったのに、私のスマホではこんなブレブレ
で、夕焼け色もちゃんとでませんでした。

さて、今日のニュースちょっと笑えました。

以下、キャスター。

バルセロナのタクシーで、客が1万ユーロの入ったアタッシュケースを忘れました。
(ちなみに1万ユーロは130万円くらい)
客は○○人(何人だか忘れました)で、タクシーの運転手はアタッシュケースを
警察に届け、無事落とし主の手元に戻りました。

警察は、タクシーの運転手はアタッシュケースの中身を知らなかったに違いない
と報告しています。

これ、ひどい!
もしかして、もしかして、運転手さんはとても善良で知ってて届けたのかもしれないの
に、

警察、言い切ってる。断定!

警察、ひどくない?と言ったら

スペインという国は、大金の入った鞄を警察に届ける人なんて滅多にいないのです。
と主人。

そういえば、いつか財布を拾ったときも、中には身分証明書と運転免許のみがあ
り、そこに電話をすれば本人に戻るのですが、主人は

自分たちが中身を捕ったと思われる可能性があるので、直接やり取りはしないほう
がいい。こういう時は、こうするのです。
と、

郵便ポストに入れてました。

イタリアで財布を拾って、目の前に交番があったので持って行ったときも、警察は
なんかぎこちない対応だったし、その話をイタリア人の友人たちに話したら、

そんなことは普通しません。
と驚嘆されました。(こいつアホかーと思われたと思います)

いろんな人がいるものです。が、タクシーの運転手が善良な人で報道に傷ついて
いないことを祈ります!



livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ