2006年も後1日を残すのみですね。

皆さんにとってどんな1年だったんでしょう・・

私は・・
たくさんの出会いがありました。
サロンにいらしてくださった方々、
お問い合わせを頂きながらご希望に添えなかった皆様
たくさんの方に支えられた1年だったと思います。
とても忙しかったけれど、
学ぶ事の大きかった1年でもありました。

お世話になった皆様、
どうもありがとうございました。
ありきたりな言葉ではありますが
よりいっそう精進を重ね、私を求めてくださる方々の
期待にこたえるべく・・
来年も励んでいきたいと思っています。



この年の瀬に、
イラクのサダム・フセイン元大統領の死刑執行の
ニュースが報道されていました。
刑の執行前の彼の様子が画像で流れ
あるヴィジョンが浮かんできました。
その様子、そして感じた事
ここでは書くことはありませんが・・・。

そこに光があっても、闇があっても
私達がしていく事は
「希望」をもち続けることなのだと思います。

その「希望」を絶やさない為に私達はなにをすべきか、

それは、人の行動、言動をあげつらう事ではなく
まず、己を振り返ることから始まるのではないかと

自然を、人を敬っているだろうか・・
自分が生きる為に何かを犠牲にしていないだろうか・・
そこに感謝の気持ちを持てているのだろうか

いつも、どこかで自分を戒める出来事があり
感謝の気持ちが薄かったことに気付かされる日々でした。

不調和の原因は常に自分に無いか・・。
そんな風に思いながら過す日々でした。

私は一人で生きているわけではない。
たくさんの有形、無形の贈り物を頂く
その事に気付かせてもらえたのは
やはり、関わってくださる人があってこそなのだと
あらためて振り返る年の瀬であります。


新しい年が希望に満ち溢れていますように
それぞれが、自分の身の丈に見合った幸せを
求め、得られる年でありますように

やはり、祈る事しか出来ない
それが・・私なのだと。


さあ。
すがすがしい気持ちで新しい年を迎えましょうね。

来年もどうぞよろしくお願いします。

(実は、大掃除もまったく出来ていないのですが・・
とほほ・・・)