真っ暗な闇の中でも一筋の光があれば道が見える。

人それぞれに抱える闇は違うけれど

希望という名の光がそこに灯っていたら

立ち止まりながらでも歩いてゆけるのだと思う。

使命・・・

そんな大げさなものではないけれど

たくさんの人の心に灯りを灯し続けられたら

私の人生、悔いはないんだろうな。


私が灯りを灯すのではない。

その人の中にある灯りの場所へと誘導するだけ。

光はいつも自分の中にある。

それを一緒に確認するだけ。