6月21日 甲申の日

今年も曇っています。

年に一度、この日だけ晴れていて欲しいと願うのが夏至の日です。

沈みゆく太陽をただ、眺めたいのです。

何を思うのでもなく、

ほんとうにただ、ひたすら目で追いたいだけなんですけれど

午後からは雨の予報です。


そして、私が1年で一番物悲しいのも夏至の日です。

少しづつ日の出が遅くなって、日没が早くなって、

まだ、夏も来ないのにもはや冬を考えてしまいます。


自然の変化、人の変化、様々な取り巻く環境の変化をみていると

暗欝とした気分になりがちですが、

それでも命は生きようとしています。

何物にも囚われず、拘らず、いまある、この環境で、

精一杯命を輝かせることが

使命ではないか。。

豊かに、幸せに、

生きることこそ、生まれた意味ではないか。

なんて。。。


すべての命が燦然と輝く存在でありますように、

美しく、豊かでありますように、


日々、そんな事を思っております。




にほんブログ村