そうは思いたくないのだけれど、

この現実社会は理不尽で不平等で、不公平がまかり通っていることがままあります。

けど、

そう思っていたら

優しさや、公平さに触れた時

心が暖かくなり、まだ捨てたもんじゃないな・・って思える。


常に臨戦態勢で生きるより、

肩の力を抜き、

まだ起こってもいない事に煩わされることなく、

今を飄々と流離っている方がより自分らしくいられる気がする。


いいとか、

悪いとか、

事あるごとに二元論でジャッジしていたら

心の平安はいつも脅かされることになる。

人をジャッジすることが正義と思う人もいるでしょうけど

自分はどうなのかと

常に自分に問いかけられる冷静さを失いたくない。


基本、

人は人。自分は自分。

自分がされて不快な事はしないように、

自分がされて嬉しいことを察することが出来るように

そんな事を日々思いながら

この日本が、世界が、地球が平和であることを願っているんですがね。

人として生きている間は不完全であることを

常に完璧ではあるけど未熟でもある

そんなパラドックスをいつかは楽しめるんじゃないか・・・。

いつも矛盾と同居している。

そんな昨今です。





にほんブログ村