何をするか。

よりも、誰とするか。

何にせよパートナー選びは大切。


私のポリシーは、

誠実であることは当然の前提で、

仕事ができることは望ましいけれど

時間とお金の感覚が同じであることを優先します。


時間とお金ってある意味人間性を表すと思っているので

そこがルーズであるのは論外。

仕事は教え方次第で出来るようになる可能性があるけれど

感覚は教えようがない。

その人が元々生まれ持った気質が大きく関わっているものは

周りがどんなに温かく見守ったところで修正が効きにくい部分であると思う。


気持ちよく仕事なり、人生なりを進むために

どうしても譲れない条件。

それが誰と関わるかという問題。


今まで色んな方と関わってきて

感覚という溝は埋めようがないと悟った。

であれば、どんなに優秀であろうと、成功していようと

お近づきにならない方が自分の精神衛生上良いであろうと結論づけられる。


逆に、

本当に優秀な人、成功している人はルールが守れる人と言うこともできる。

物事を追及する研究者さんなどはそれには当てはまらないけれど、

それはそれとして、そういう方達は出来ない約束はしないことが多いかな。


おかげさまで、感覚の合わない方は自然と距離が出来る。

どういうわけかタイミングが合わなくなってくる。

これも自然界のルールなのだと思う。





にほんブログ村