張った形が最終形!!

全日本麻雀協会所属の平澤による麻雀の話とか。

こちらの本の制作に携わらせて頂きました。

twitterでも話題になった麻雀AI爆打を取り上げた戦術書です。
私が担当したのは主に問題選びと回答の骨子。


平澤が爆打の牌譜と、爆打内部のシミュレーション数値を見比べながら面白そう、役に立ちそうな場面を探し問題にする

開発者の水上さんにその場面について解説をして頂く。
平澤の認識が間違っていないか、爆打がどこまでの情報を考慮しているか(例えば平澤の目からは下家はトイトイに見えるけど爆打は相手の手役まで読んでいるか?等)等をお聞きし、大まかな回答解説を作成

川村本や鈴木優プロの本の編者をされた木村由佳さんが爆打と生徒役の学生二人の会話劇として読みやすく執筆

といった感じで作られた本です!

爆打の思考に迫る、というよりは、AIの選択から戦術を学ぼう、という本で、基本は何切る形式になっています。


正直なところ、天鳳民の中には「爆打ってそんなに強いの?信用できるの?」と思う人もいると思います。
特上卓と鳳凰卓の違いがあるので一概には言えませんが、爆打の成績は九段タッチ1回、安定段位は七程度。天鳳系の戦術書著者としてはそれほど良い成績ではありません。

さらに爆打の観戦をしていた人の中には「なんかめちゃくちゃな打牌してたぞ」と思われる人もいるかもしれませんね。

私自身爆打が現時点で天鳳の最上位層に肩を並べているとは思っていません。
しかし
「じゃあそんな奴の本を読んでも役に立たないじゃないか」
と、考えるのは少し安直すぎます。


その人の成績というのは、その人の得意分野(例えば牌効率)とその人の苦手分野(例えば押し引き)をぜーんぶひっくるめた能力の合計値を示します。

ある状況に置いてめちゃくちゃな打牌をしている

にも関わらず、総合的な成績が九段タッチということは、他の状況においてはそれを大きく上回る能力を発揮していることになります。


具体的な話をしましょう。


爆打は序盤は、過去の鳳凰卓の牌譜から似たような牌姿を探し、そこでの鳳凰民の打牌傾向から打牌を選びます。この手法では鳳凰民の平均的能力より高い選択をすることは難しいですよね。

一方で、自分がテンパイした、自分が1シャンテンで鳴けばテンパイする牌が切られた、相手からリーチが来た、等のより成績に影響しやすい場面では、爆打内部のシミュレータによってその場面の点数状況や場況まで加味したシミュレーションを行い打牌を決定します。


よくAIというフレーズから爆打のことを「牌理とか平面的な選択は間違わないんだろうけど、麻雀は相手との駆け引きや読みがあるゲームだからその辺はイマイチなんでしょ」と考えている人がいるみたいですが、私の主観ではこれは全くの逆です

爆打の強みは中盤以降の読みと押し引き、点数状況判断であり、シミュレータが走っていない序盤の手組みには改善点が多い。
逆にシミュレータを用いている場面では、人間では判断できない細かな和了率や放銃率の差を計算に入れた上で精度の高い押し引きやリーチ判断ができる。

これが爆打の牌譜を数ヶ月見続けた私の印象です。


そして今回の本では、その爆打の得意な部分だけを抽出して、すなわち中盤以降のシミュレーションをかけて答えを導いている場面だけを選りすぐって問題にしています。
そういう意味ではデータ本に近いかもしれません。

「目の前の場況を踏まえたシミュレーションによって、もっとも平均順位の高い一打を正解として設定した何切る本」これがこの本の正体です。
なので爆打よりも安定段位が高い人は読んでも意味がないとか、そういう心配は必要ないでしょう。

読みの本、というと天鳳民にとって一番馴染み深いのは渋川難波プロの「魔神の読み」ではないでしょうか。
私も大変お世話になりました。
思い返して見ると、麻雀本の出版情報をチェックしてすぐに買うようになったのは、魔神の読みがきっかけだった気もします。

当時の私のレベルは(記憶が確かなら)五段坂が登れないくらい。
牌理も押し引きも全然ダメで、多分ウザク本とかやったら半分くらいしか解けなかったと思います。

そんなレベルでも魔神の読みは大変役に立ちました。
麻雀の成績と、努力の因果関係を証明することは困難ですが、自分の中では魔神の読みのおかげで鳳凰卓に行けた、と思っています。

でも考えて見ると、その程度の牌理の知識では、あそこに書かれている読みを完全にマスターすることなんでできてないはずなんですよね。
そうやって思い返して見ると、食い伸ばしを見破る話とか、鳴く前の形を考えるとか、難しいところは全然取り入れられてなかったような気がします。
ではなんで、それが役に立ったのか。

それは多分ラフな放銃が減ったから。
このラフな放銃というのは、中級者が強くなるために非常に重要なポイントじゃないのかなと思うんですよね。

ラフな放銃というのは「覚悟していない放銃」のことです。


例えば相手のリーチを受けて、通っていない牌を切るときは、誰でも「放銃する可能性がある」ことを認識しています。
放銃を覚悟した上で、それ以上のリターンがある(もしくは他に安牌がないからそれが最善手だ)と考えた上で切っているわけです。
その判断が正しいかどうか?という問題はありますが、それは押し引きの技術ですね。


では副露の場合はどうでしょうか。

29

例えば上家と下家の手牌、どんな風になってるでしょうか。
これは読みの話じゃありません。「意識」の話です。

何も考えず、漫然と自分の手を進めて放銃。

「あ、テンパイしていたのか」

これが「覚悟してない放銃」であり「ラフな放銃」です。

もちろん捨牌からはとてもテンパイとは読み取れないこともありますよ。
そういう時は上級者でも「あ、テンパイしていたのか」と思います。



「リーチに対して自分はこれを押すべきだと思ったけど、実際には期待値的に損な押しだった」
これは押し引きの技術の話です。上級者だってミスすることはあるでしょう。

「副露回数や捨牌から、まだテンパイしていないと思ったが、テンパイしていた」
これは読みの技術の話です。上級者でもミスするどころか、そもそも読みようがないことだってありますね。

でも「そもそもテンパイしているかどうか、打点がどれくらいか、全く注目していなかった。」
これは意識の問題であり、上級者はほとんどそんな放銃をしません

押し引きの技術が未熟でも、読みの技術が未熟でも、「意識」はできる。
「意識」すればラフな放銃が減り、成績が上がる。

これが魔神の読みが私に与えてくれた効用だったんじゃないかな、と今は思います。

でも意識すると言っても難しいですよね。
「よし!捨牌をしっかり見るぞ!」と思って打ち始めても、気づくと自分の手牌に夢中になっていたり。
けど、ほんの少しでも「読み方」を勉強すると、それを実践したくなって、自然と捨牌に目が行きます。

それに捨牌を意識できるようになると、このリャンメンはもう3枚切れてるから一応浮き牌を持っていようかな、とか手作りにも役に立ちます。
自分なんかに「読み」は早い、と思わずに捨牌に興味を持ってくれる人が増えたら良いなあと思いながら今回の本を書きました、という宣伝でしたw









デジタルに読む麻雀、無事に出版致しました。
すでにお読みくださった方、ありがとうございます。

買おうか迷っている方、そもそも存在を知らない方に少しでも中身を知っていただきたく、ちょこちょことブログ更新していくつもりなのでよろしくお願いいたします。

twitterを見てると
「どのくらいのレベルなの?」
「読みとか全然わからないんだけど私でも大丈夫?」

といった内容の物をいくつか見ましたので今回はどのくらいのレベルのことが書かれているのかをご紹介したいと思います。


まずは客観評価、ということでzeRoさんがレビューを書いてくださったのでそちらをご紹介します。

デジタルに読む麻雀【書評】/MAXBET


以下引用

くどいくらい言うが、「強者がなんとなく、しかし精度高く」やっている事が、体系的に整理されて書いてある。

結論。

あなたが強者だったら買わなくていい。
しかし強者じゃなかったら間違いなく「買い」だ。

「名古屋のモーニング」など、ふざけた事は書いていない。
かゆいところに手が届くような説明で、しっかり読もうとすると疲れてしまうかもしれないが、真面目に読み終わる頃には強者の感覚にひと通り触れる事ができる。


引用ここまで。

著者としての私の感覚、狙ったところというのもまさにこの辺りです。
そもそも「強者が当たり前にできているのに、体系的に書いてある本があまりない」ものについて書きたいというのが1作目から私が思っていることです。

例えば英語を読み書きできるようになりたい、と思った時、本を読んで独学でマスターするのは非常に難しい。難しいけれど、一応本屋に行けば、文法も単語も一通りのことは書いてある本があるから、理論上は不可能じゃない。

この理論上不可能ではない、が非常に重要だと思うのです。
もちろんそこに書いてあることを使いこなせるかは読み手の能力に依存する部分もあるし、その人の雀力にあった本を選ぶのも簡単じゃない。

そういう現実的な問題はあれど、仮にいくつかの戦術本の内容を完璧にできるようになったら強者と言われる人と遜色ない能力になれる、それを理論上可能にするラインナップを作るのが、書き手としての役割だし、そのラインナップに入る本を作りたいなと常々思っています。

そして「読み」に関してはまだ網羅的、体系的にまとめてあって「とりあえずこれ一冊買えばある程度マスターできるね」と言う本がまだ無いように思いました。
(網羅性を無視すれば、素晴らしい技術が書いてある本はたくさんありますが)

なので今回の本の難易度は
「読みと言う技術の中では特に高度なものではない」→すでに読みが得意な人はあまり学ぶところはないが、読みが苦手な人や、読みを考えたことが無い人には自信を持ってオススメ!と言う内容にしています。

最近の麻雀本を読んである程度牌理とか押し引きは勉強しているけれど、特上〜七段タッチくらいで頭打ちになっている、と言う人にはドンピシャ!と言うつもりで書きました。

そこまでいかない初級者の時点で読みを学ぶかは賛否分かれるところだと思いますし、私も程度はあると思いますが一方で下記のようにも思います。

【デジタルに読む麻雀】読みって必要?


読みが一番大事!と言う気は無いですが、麻雀人生のどこかでは身につけたい技術です。
あなたがそのタイミングにきた時に、きっと役立つ本にはなっているはず!

よろしくお願いします!

前回に続いて「読み」が重要だと思う理由その2。




今回は少し上級者向けの内容です。
 
麻雀の成績を決める要素の中でも押し引きが特に重要であるというのは昨今よく言われることです。

そして、現代における押し引きを決める際に影響する要素は大きく以下の3つです
 
1.相手の手牌:打点、待ち、(副露手ならば)テンパイ確率
 
2.自分の手牌:打点、待ち(受入数)、シャンテン数、巡目

3.切る牌の危険度:押したい牌がどれくらい危険か、オリる場合どれくらい安全か
 
基本的に「2.自分の手牌」を基にして押し引きを決めるというのが現代流のセオリーで、それが重要なのは間違いありません。
 
よく「相手の待ちはわからないんだから見えている自分の手牌の方が重要だ」とか言いますが、これは「1や3だけを根拠に押し引きを決めるのは間違い」ということです。
 
すなわち
「この牌は通りそうだから」押す
「この牌は危ないから」止める
 
は理由としては間違いで、通りそうでも自分の手がゴミ手ならオリるし、危なくても自分が良い手なら押すわけです。
「2.自分の手牌」を基準に考えるのが大事だよ、という意味で決して1や3を無視して良いという意味ではありません。
 
例えば現代麻雀において押し引き論を大きく進めた偉大な研究にnisiさんの押し引き表があります。
押し引き表-nisiさんのブログ
私の本でも「鉄押しの条件」では大変参考にさせて頂きました。
現代戦術の代表格である押し引き表においても当然切る牌の危険度は考慮されています。

押し引き表はシミュレーションによって作成されています。
シミュレーションというのは

上の3要素について

1.相手の手は平均的にはこれくらい、で
2.自分の手牌がこれくらいの時に、
3.これくらいの危険牌を切る場合

という条件を与えると計算してくれるというものです。
1や3については牌譜解析から得られる統計データを用いているそうです。

みなさん三角形の面積を求める公式、覚えていますか。

底辺×高さ÷2=三角形の面積

ですね。
シミュレーションなどによって得られる、いわゆるデジタルなセオリーっていうのはこの公式です。

「底辺」「高さ」「÷2」の部分に「自分の手牌の価値」とか「危険度」とかいう数値が入るわけで、(当然計算式ももっと複雑でしょうけど)シミュレーターというのはこの数字を入れると正しく計算してくれる仕組みのこと、と言えるのではないでしょうか。

では実際に「底辺」とか「高さ」にどんな数値を入れるのか。
これは人間側の判断で、それによって当然答えは変わります。

例えば

白:麻雀王国九萬:麻雀王国八索:麻雀王国四筒:麻雀王国西:麻雀王国二筒横:麻雀王国

こんなリーチに対する一筒:麻雀王国は無スジ3・7牌に近い危険度となります。
シミュレーション=公式は正しいとしても、そこに「スジの1」という数値を当てはめると正しい答えは出ない。ここでは「(危険度は)無スジ3・7」と入れて計算しなければならない。
これが精度の高いデジタル麻雀ではないでしょうか。



さて今回の本は「デジタルに読む」というタイトルです。
実は私の本のタイトルのほとんどは私がつけたものではありません(私がつけていたのなら、絶対にラスを引かないなんてワード思いつきもしませんねw)。
けれど今回は私が思いつき、提案したものです。


昭和の時代の読みは「相手の手牌」を当てるためのものでした。
それを読むことは難しいばかりか、読んだところで公式の解明が蔑ろにされていたため役に立たない数値でした。

けれど、現代麻雀を学ぶために多くの本を買ったり、天鳳高段者のブログを読んだりして、日々公式を学んでいるみなさんが、その覚えた公式に「正しい数字を代入できるようになるための技術」、それが「デジタルに読む」ということではないかと考えて、このタイトルをつけました。


次回からは具体的な技術、内容についてご紹介したいと思います!

12月14日発売される新刊、「デジタルに読む麻雀」について




読みの本というのは最近ではあまり多くのないので、網羅性とか実用性って意味では、従来の本と比べて十分良いものができたのではないかと思っています。

ただそもそも読みに興味がない人も多い気がするのが懸念点w

読み」よりも「牌理」や「押し引き」の方が重要でしょ?って人は結構いるんじゃないでしょうか。

まずこの本はそれを肯定するところから始まります。
「読み」よりも「牌理」や「押し引き」の方が重要ですよ。

じゃあその上で、なんで読みの本を書いたのか。
どんな人が読んだら役に立つのか、というお話をしたいと思います。


「牌理」や「押し引き」の良書がたくさんあるこの時代に「読みの本」が存在する意味(役に立つ理由)として今回の執筆にあたりふたつの事を考えました。


1つ目。
「相手のことを意識できるようになる」ということです。
以下、本文から引用してみます。


 今すぐには使いこなせずとも読みを意識するということ自体が、(使い方さえ誤らなければ)初級者を卒業しそう〜中級者くらいの方にはとても意味があることだと思っています。

 例えば副露手のケアというのは、ホンイツ、ドラポン、ダブ、この3つの手に不用意に放銃しなければそれで半分はできていると言っても過言ではないと思っています。待ちがわからなくとも、テンパイタイミングをぴたっと読めなくとも「あれはホンイツだ」「ドラポンだから危ないな・・・」と考えるだけで成績は上がります。

 副露手のケアが甘い人のほとんどは読めていないのではなく、意識ができていないのです。2副露していて染め色も余っている手牌に放銃してから「あ、ホンイツだったのか」なんて思うことはないでしょうか。上手に読めなくとも、読みたいと考えれば捨牌を見る癖がつき、こういった無駄な放銃は間違いなく減ります。



引用終わり。
自分はまだまだ読みを勉強するには早いと考える人は多いと思います。
「読みなんかそんなにできなくて大丈夫だよ」という強者も多いのではないでしょうか。でもね、その強者は自分では「読みなんか必要ない」と言っていても相手の捨牌はちゃんと見てますよ。強者なんだから。
ホンイツとかダブ東とかそういった高そうな仕掛けはしっかり意識して、いつもより早めに手仕舞いしたり、「ソーズの下はちょっと危ないな」くらいのことは絶対考えています。
それを無意識にやっているから「読みなんか使わなくても勝てる」と言っているんじゃないかと思います。

けど中級者、特に「戦術書を読んで勉強をしている中級者」だとこれができていない人が多いように思うんです。
仮に読みが必要ないとしても、副露のような「明確に開示されている情報をちゃんと処理する」ことは絶対に重要です。そのためには相手の挙動を意識しなければなりません。

けれど意識すると言っても、何を考えれば良いかわからないとそれも難しい。

例えば目の前の英文を暗記してください、と言われたとします。
英語が読めなくたって、アルファベットの羅列として(さらにいえばアルファベットがわからなくても記号の羅列として)暗記することは理論上は可能ですが、そうそうできるものじゃないですよね。
けれど英単語を知っていて、文法を知っていれば、簡単に暗記ができます。我々が日本語を暗記するのと同じですからね。

人間知らないものを覚えたり考えたりするのは苦痛です。
けどある程度のセオリーがわかっていれば、覚えやすくなるし考えやすくなる。結果として自然と意識することができるようになります

もちろん牌理や押し引きがある程度できなければ読みが使えても仕方ない、というのはその通りですが、「牌理や押し引きを極めてからでいいや」というのは違うと思います。
牌理や押し引きの勉強と平行して学ぶことで、天鳳で言ったら三段とか四段の人にも、得るものがあるように書いたつもりです(もちろん少し難しい話も中にはありますが)。


長くなったので2つ目は次回の記事で!
内容について質問等ございましたら、コメントやtwitter等でぜひお問い合わせください!

↑このページのトップヘ