坊主マッチ、無事に終了致しました。
そして結果ですが・・・現在私の頭には髪があります!(*´ω`*)ノヨカッタヨカッタ

私も先ほどTSを見ましたが、福地先生のブログにもある通り盛り上がってもらえたようでなにより。
「このメンツによくわからん小僧一人混ぜて大丈夫なの?」と思われた方も多いと思いますが、なんとかやりきりました!


せっかくなんで私が勝負に参加できた数少ないw牌姿の話でもしてみます

南2局0本場
成岡15600(親)
村田9400
黒澤5500
平澤10500


一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国ドラ二萬:麻雀王国

ここから打三索:麻雀王国でダマテンにしました。
この選択に迷いはありませんでした。解説の福地先生には「弱気」「ひよってる」と言われましたがw
最後のインタビューで言ったように役なしドラ1愚形は基本ダマテンと決めていました。
このルールであっても、手が入ったプレイヤーが押し返してくるというのはここまでの展開でわかっていたのでなおさらですね。

さらに点棒状況もふまえて考えます。
あがっても加点が無いってことは、よっぽど1人がツモり続けない限りは、放銃さえ避けていれば現状の着順のまま終了するわけです。
3着なら(ラス目のツモで逆転される可能性があるから)攻める必要も出てきますが、どんなに微差であろうと2着目はかなり安泰。
結構ダマ優位かなーと思います。


南3局0本場
村田8900(親)
黒澤5000
平澤10500
成岡14600

三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国南:麻雀王国西:麻雀王国西:麻雀王国ドラ南:麻雀王国

 ここから黒澤さんの切った西:麻雀王国をポンして打南:麻雀王国
解説では「さっきと違って一転攻撃的に」と言われましたけど、これってそれほど攻撃的ですかね?

まず前提としてペン七索:麻雀王国 は程よく1枚切れていて良い待ち。
で、ドラを切るかという話ですが、これロンさえされなければ良い牌ですよね。
さっき言った通り「放銃さえしなければ基本的にこのままの順位で終わる」ゲームなんですよこれ。もちろん自分だけアガれないとか誰かばっかりアガるとかは別ですけどね。

 安牌

ちょっと見づらいかもしれませんが、
成岡さんに対しては六索:麻雀王国が3枚
村田さんに対しては八索:麻雀王国九索:麻雀王国
黒澤さんに対しては三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国 
が現物。さらに切り順や組み合わせから他にも通せそうな牌は結構あります。
つまり自分は放銃しない。

だったらポンされてもいいというか、もしかしたらされた方がいいのかもしれない、くらいに考えてました。
ラス目の黒澤さんがポンしてツモっても親の村田さんと2000点差つきますし、村田さんがポンしてツモれば自分は3着目に落ちてしまいますが黒澤さんが残り1000点になります(役が複合して6000オールならそれで終了ですね)。成岡さんが鳴いてくれれば純粋に得です。

だからそんなに悪い展開は存在しないんですよね。
もちろん南:麻雀王国がロンされるという最悪中の最悪はあるんですが、逆にロンさえされなければいいと考えると割と押せる牌かと思います。


南4局0本場
黒澤 5000(親)
平澤 10500
成岡 14600
村田 900

四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国ドラ五筒:麻雀王国

一筒:麻雀王国をツモってきて打五索:麻雀王国とし役牌を鳴いている成岡さんへアシスト。
天鳳民、というか順位戦に慣れていれば割とナチュラルな一打な気もしますが、こういう展開と手牌がきてくれたおかげで見せ場がひとつ作れてよかったですw


さて、勝負に参加したのは本当にこれと、最初と最後のリーチくらいなもんで、あとはずっとベタオリしてましたw


そのあとの打ち上げでもいろんな話を聞かせていただいて、
読みに関しても、麻雀そのものとの付き合い方に関しても、「深さ」がまだまだ足りないなと再確認しました。
本当に楽しく、素晴らしい時間を過ごさせてもらいました。

またいつか、今度はガチな対局で、今回のような素晴らしいメンツと「勝負」できるように精進していきたいと思います。






それにしても成岡さんの手順すごいなー。
成岡本はこれから読みますが楽しみ!