twitter等でご存知の方もいらっしゃると思いますが、4月14日(予定)にマイナビ出版より戦術書を出させていただきます。

麻雀・鉄押しの条件―3人の天鳳位が出す究極の結論― (マイナビ麻雀BOOKS) 

タイトルでわかるとおり今回は
第三代天鳳位 独歩さん
第八代天鳳位 かにマジンさん
第九代天鳳位 しゅかつさん

という3名の天鳳位 と一緒に作りました。
立体何切るを3名に討論していただく(4ページ)

平澤がまとめや補足を書く(2ページ)

というのが大まかな流れです。

テーマは押し引きについて。
それもかなり多くの問題を「1シャンテン押し」に費やしていて「シャンテン押し辞典」みたいな内容になっています。

前作よくわかる麻雀の勝ち方で麻雀研究者のみーにんさん、nisiさんと座談会をしました。その中で「データによる戦術研究が進んで行く中で、強者の意見を聞くというのはどういう意味があるか」というのをお聞きしました。
そこでお二人から「現状の研究では戦術論の全範囲はカバーできていない。研究できていない部分は強者に聞くよりないんじゃないか」というご意見をいただきました。

そこで押し引きに関して、強者の意見を聞く意義がある問題は、と考えたらそれはやはり1シャンテン押しなんじゃないかと。
(押し引き表の製作者である)nisiさんも「現状の押し引き表はまだどちらでもいいとしている範囲が広いからそこの研究を進めたい」とおっしゃっていましたが、押し引き表で「どちらでも良い」とか「どちらかというと〜」となっているのはやはり1シャンテンの時です。

せっかく天鳳位という正真正銘の強者を集めて意見を聞けるのだから、データだけでは(少なくとも現状は)到達できないものを作りたいなと思い、書きました。


ということで今回の本は押し引きと言っても「平和ドラ1テンパイは追いかけリーチしましょう」みたいなシミュレーションで明確な回答が出ている問題は採用していません。

・押し引き表で「どちらもで良い」「どちらかといえば〜」となっている問題
・押し引き表の判断が場況その他の条件によって覆ると思われる問題


について天鳳位という強者の読みや状況判断で答えを出そうという感じです。
なのでレベルは結構高めかなと思います。

ルールはオカあり1−3収支戦というオーソドックスなものを想定しつつも、ほぼすべての問題で「天鳳ならどうするか」というトピックを入れています。
(これは私の主観ですが)天鳳位の中でも特に「フリー雀荘」でも結果を出している3人だと思うので、収支戦でも天鳳でも参考にできると思います!


長くなってきたので今日はこの辺で!
マイナビの担当者の方からも情報は出し惜しみせずにどんどん公開していいと言われてるんで次回は画像等も出してご紹介したいと思います!



 ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ 
既刊2冊もよろしくどうぞ!

効率よく手順を身につけるなら→
最新作「よくわかる麻雀の勝ち方 ~牌効率から読みまで極める30の技術~」

守備力を身につける天鳳で勝つなら→
前作「絶対にラスを引かない麻雀 ~ラス回避35の技術~」
 
✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎ ✳︎✳︎✳︎✳︎