「民事裁判実務の基礎」の第2版が出ました。初版のウイークポイントは事実認定の記述が薄いこと,30講のような演習問題がないことでしたが,下巻で事実認定の記述が大幅に拡充され,また演習問題が付いたことでウイークポイントが解消されました。
 司法試験対策としては,時間がなければ上巻のみ押さえてもよいかと思いますが,書証(第17講)あたりは非常に記述がわかりやすく,将来的には必要になる知識なので押さえておいてもよいかと思います。
 修習生にとっては下巻が役立つことでしょう。

 なお,貸借型理論については,司研の改説と連動して,記述が改められており,それについての説明も比較的詳しくなされています。

民事裁判実務の基礎 上巻民事裁判実務の基礎 上巻 第1部:基本構造・訴訟物 第2部:要件事実
大島 眞一
民事法研究会 2013-05

第1部 基本構造・訴訟物
 第1講 民事訴訟の基本構造
 第2講 訴訟物
第2部 要件事実
 第3講 要件事実総論
 第4講 売買に関する請求1
 第5講 売買に関する請求2
 第6講 売買に関する請求3
 第7講 売買に関する請求4
 第8講 賃金・保証に関する請求
 第9講 不動産明渡しに関する請求
 第10講 不動産登記に関する請求
 第11講 賃貸借に関する請求1
 第12講 賃貸借に関する請求2
 第13講 動産・請負に関する請求
 第14講 債権譲渡に関する請求
 第15講 その他

民事裁判実務の基礎 下巻民事裁判実務の基礎 下巻 第3部:事実認定 第4部:演習問題
大島 眞一
民事法研究会 2013-05

第3部 事実認定
 第16講 事実認定総論
 第17講 書証
 第18講 証言
 第19講 判断の構造
 第20講 事実認定を深める
 第21講 紛争類型別の事実認定
 第22講 実践に向けて
第4部 演習問題
 第23講 要件事実問題1
 第24講 要件事実問題2
 第25講 要件事実・争点整理問題1
 第26講 要件事実・争点整理問題2
 第27講 要件事実・争点整理問題3
 第28講 要件事実・争点整理問題4
 第29講 要件事実・争点整理問題5
 第30講 事実認定問題