新司法試験に合格された方,おめでとうございます!
 以前も述べたとおり,この試験は運や偶然の要素が低い試験であり,王道的な学習方法を用いて,さぼらず勉強していれば,一定以上の適性を有する人ならば必ず合格できるレベルの試験ですので,これで満足することなく,良い法曹になるために,これからも勉学に励んでほしいと思います。
 さて,好評だった「新司法試験合格者に薦める修習開始前に読むべき本」を改訂状況等にあわせて以下の通り更新しましたので,参考にしてください。
 
完全講義 民事裁判実務の基礎〈上巻〉完全講義 民事裁判実務の基礎〈上巻〉
大島 眞一

完全講義 民事裁判実務の基礎〈下巻〉完全講義 民事裁判実務の基礎〈下巻〉
大島 眞一

【上巻】ほぼ要件事実
 司法研修所は,要件事実はロースクールで学習されたものとしており,修習中に一から教えるようなことはしません。一度読んだことがある人も,小さい字の発展コラムに結構大事なことが書いてあったりするので(民裁起案で問われる問題意識や論点が説明されていたりします),読み返しておきましょう。
【下巻】前半が事実認定 後半が要件事実・争点整理・事実認定の演習問題
 初版より事実認定部分が増強された上,演習問題が付き,より修習生(予定者)にとって有益な書になりました。

要件事実問題集要件事実問題集
岡口 基一

 若干オーバースペックではあるが,向上心のある人,任官を目指す人等にはお勧めします。起案能力は実践なくして磨かれないので,合格者同士でゼミを組んで取り組んでもいいでしょうか。私が知る限り,研修所起案(民事系)の演習ができる唯一の書籍です。

ステップアップ民事事実認定ステップアップ民事事実認定
土屋 文昭 林 道晴 村上 正敏 矢尾 和子 森 純子

 研修所教官による事実認定本であり,司法修習へ向かう人にとって必須といっていいでしょう。これをマスターしておけば,修習の事実認定問題も乗り切れるはずですし,当事者の主張書面や証拠を見る際の視点も習得できるはずです。裁判官の仕事の面白さを知ることもできます。

事実認定の考え方と実務事実認定の考え方と実務
田中 豊

 中位クラス以上の方は,この本か「民事訴訟における事実認定」も読んでおかれると,民裁修習や弁護修習がさらに実のあるものになるかと思います。裁判官の着眼点・思考過程・推認過程といったものや,書証・人証の性質・信用性判断などについて,理解を深めることができます。弁護士になられる方も,修習中には裁判官の思考,分析手法,経験則といったものを最大限に積極的に吸収して下さい。それが実務に出たときに本当に役立ちます

法律文書作成の基本  Legal Reasoning and Legal Writing法律文書作成の基本  Legal Reasoning and Legal Writing
田中 豊

 修習中には,弁護修習では訴状,答弁書,準備書面,意見書などを,裁判修習では判決書や争点起案などをやらせてもらえますが,書き方について指導はほぼなされないといってよいです。何の予備知識もないと,いきなり資料を渡されて,書いて見ろと言われ,戸惑うこともあるかと思います。しかし,この本を読んでおけば,「どう書いたらいいのか」という点で戸惑うことはなくなります。白表紙の行間を埋める,重要度が高い本の1つです。

実践 民事執行法 民事保全法実践 民事執行法 民事保全法
平野 哲郎

 執行・保全は集合修習の起案で出ますから当然学習しておかなければなりません。また,弁護修習中にも,執行・保全関係の起案を任されることも多々あります。書式例があれば何とか書けるでしょうが,執行・保全の知識がないまま,マニュアルに沿って書面を書いていても,収穫は少ないでしょう。執行・保全関係の図書では,この本が最も「理論と実務の架橋」に成功しています。元裁判官で,現在法科大学院の教授をなされているということで,理論的説明も実務的運用もしっかり説明がなされています。コラムも面白く,最後まで飽きずに読めると思います。
 実務に出てからは,専門書を主に使うことになりますが,とっかかりとしてこの本を引っ張り出すことも結構あります。

刑事事実認定入門刑事事実認定入門
石井 一正

 刑事事実認定の何たるやが分からない人はまずこの本から。自白,共犯者の供述の信用性,犯人識別供述等の信用性,犯人性の認定,盗品の近接所持と窃盗犯人の認定,殺意,共謀の認定等につき,広く浅く基本的説明がなされています。LS時代にすでに50選を熟読したり,勉強が進んでいる人には不要かと思います。

刑事事実認定重要判決50選 補訂版 上巻刑事事実認定重要判決50選 補訂版 上巻
小林 充 植村 立郎

刑事事実認定重要判決50選 補訂版 下巻刑事事実認定重要判決50選 補訂版 下巻
小林 充 植村 立郎

 刑事系の起案ではこの本を読んでいるか否かで,結構差がつくように思います。殺意,共謀,正当防衛等について,研修所起案でも問われることになりますが,この本に書いてあるもの以上の知識・理解はほとんど問われません。裁判員裁判時代を迎えて,若干「殺意」などの捉え方,説明の仕方について変化は見られますが,本質は変わっていないと思います。非常に重要度が高い本の1つです。

新司法試験刑事事実認定特訓講座―刑事系論文演習問題集新司法試験刑事事実認定特訓講座―刑事系論文演習問題集
菊地 幸夫

続・LIVE刑事事実認定特訓講座続・LIVE刑事事実認定特訓講座
菊地 幸夫

 元刑事弁護教官による起案・解説書です。私はこれの元となった辰己の講座を買っていたので,この2冊は実際やったわけではないですが,刑事系の起案については他に類書がなく,解説も充実しておりますので,推薦しておきます。

実例刑事訴訟法〈1〉実例刑事訴訟法〈1〉
松尾 浩也

実例刑事訴訟法〈2〉公訴の提起・公判実例刑事訴訟法〈2〉公訴の提起・公判
松尾 浩也

実例刑事訴訟法〈3〉証拠・裁判・上訴実例刑事訴訟法〈3〉証拠・裁判・上訴
松尾 浩也

 刑事系の小問等で問われる論点は大体載っています。骨が折れますが,上を目指す人は是非。

※その他
和光だより 刑事弁護教官奮闘記和光だより 刑事弁護教官奮闘記
大木 孝

 司法修習の実像が具体的にイメージできます。起案の講評を振り返る部分では,刑弁,刑裁起案の結構大事なポイントが書いてあったりするので,面白いと思います。
ピエールの司法修習ロワイヤルピエールの司法修習ロワイヤル
石本 伸晃

 司法修習生の日々の生活がリアルに伝われる良書です。
交渉の作法交渉の作法
小林 秀之

 実務家にとって重要なスキルの1つが交渉スキルであり,本書は,交通事故損害賠償等の実務家にとってイメージしやすい具体例をベースに,交渉理論の基本をそれなりに分かりやすく説明しています。


 弁護修習の準備という意味では,実務で必須の倒産法,労働法についても基本的知識を習得しておくことが望まれます。LSで学んで来なかった方は,以下のような本で全体を概観しておくとよいでしょう。
プレップ労働法 第4版 (プレップシリーズ)プレップ労働法 第4版 (プレップシリーズ)
森戸 英幸

 笑いながら読める最高の入門書であり,労働法のエッセンスが詰まっています。労働法は,手続的知識よりも,労基法他の実体法,判例法理の理解が重要なのでそのあたりを意識して読んでみて下さい。最新の法改正もフォローしています。

倒産処理法入門 (第3版)倒産処理法入門 (第3版)
山本 和彦

 「プレップ破産法」も良いのですが,名前の通り,民事再生法は取り扱っていないので,倒産法分野全体を概観する本としては「倒産処理法入門」を薦めます。