司法試験・上位合格者のメソッド(勉強法・基本書等)

司法試験、予備試験、司法書士、行政書士、法科大学院(ロースクール)試験等に役立つ勉強法・基本書・演習書・問題集・予備校教材の情報や感想を発信

実務系:刑事事実認定

司法試験予備試験法律実務基礎科目ハンドブック

司法試験予備試験法律実務基礎科目ハンドブック〈2〉刑事実務基礎

司法試験予備試験法律実務基礎科目ハンドブック〈2〉刑事実務基礎司法試験予備試験法律実務基礎科目ハンドブック〈2〉刑事実務基礎

辰已法律研究所 2010-12

Amazonで詳しく見る
 「刑事手続」,「事実認定」,「法曹倫理」の予備試験対策本だが,とりわけ「事実認定」の部分は新司法試験受験者にとってもかなり有用な内容だと思われる。
 ここでいう「事実認定」とは,「証拠から事実を認定し,構成要件の定義にあてはめる」という実務における事実認定とは異なる。
 新司法試験では,問題文にすでに事実が載っているので,「問題文から有意な事実を拾ってきて,自分なりに意味づけをし,構成要件の定義にあてはめる」ことを「事実認定」と呼んでいると思われる。
 その際,いかなる基準で事実を拾えばよいか,という判断基準(判断要素)となるものや,具体的な事実の摘示および意味づけの仕方が頭に入っているか否かでかなり差が開くであろう。
 
 そういった知識を得るには『刑事事実認定重要判決50選』などが有用であったが,『司法試験予備試験法律実務基礎科目ハンドブック〈2〉刑事実務基礎』は50選に載っているような内容を受験向け(論文に使える形)にまとめたような,なかなかの内容になっている。
 例えばこれまでの予備校関係の本では, 因果関係の論証で,上位規範として「危険の現実化」を書き,下位規範として前田説の3要件を張り付け合わせたような笑える論証が多かったが,この本の下位規範は判例にほぼ即した要件を立てているなど,なかなかやるなと思わせる点が結構ある。
 
 新司法試験受験者こそ使えという内容。
 

司法試験予備試験法律実務基礎科目ハンドブック〈1〉民事実務基礎

司法試験予備試験法律実務基礎科目ハンドブック〈1〉民事実務基礎司法試験予備試験法律実務基礎科目ハンドブック〈1〉民事実務基礎

辰已法律研究所 2010-12
Amazonで詳しく見る
 こちらは,「要件事実」,「事実認定」,「民事執行・保全手続」,「法曹倫理」となっている。
 新司法試験受験者にとっては,「要件事実」,「事実認定」が役立つものと思われるが,これらについては『完全講義 民事裁判実務の基礎―訴訟物・要件事実・事実認定』という超分かりやすく,本質的理解が得られる本があるため,あまり薦めない。
 要件事実や二段の推定などが分からないという前に,大島実務基礎を読もう。
 
完全講義 民事裁判実務の基礎―訴訟物・要件事実・事実認定完全講義 民事裁判実務の基礎―訴訟物・要件事実・事実認定
大島 眞一

刑事事実認定重要判決50選 補訂版 上巻 民事訴訟法判例百選 第4版 (別冊ジュリスト 201) 事実認定の考え方と実務 要件事実マニュアル 第1巻(第3版)総論・民法1 刑事弁護ビギナーズ

刑事事実認定の教科書・問題集・演習書

 実務系科目の教科書類については,新司合格後の司法修習の際に使用したものの方が多い。そこで,現時点に評価の視座を置き,新司法試験対策に有用だと思われるものを紹介していきたい。
法律学習ブログランキングへ

石井 一正『刑事事実認定入門』

刑事事実認定入門刑事事実認定入門
石井 一正

一口評価:飛ばしてもいい入門
レベル:基礎
推奨使用法:一読
→ロースクール時代に初版を読んだが,先に下記「50選」などを読み終わっていたせいか,読んでも読まなくてもあまり変わらなかったかなという印象。刑事裁判における事実認定の基礎が満遍なく触れられているが,踏み込んだ解説がなされないため,ふわふわとした気分のまま読み終えてしまう。ゆえに,新司対策としての有用度は低いかも。
 なお,『刑事実務証拠法』の方は合格後に役立つ傑作。ロースクールでもかなりの実力者は使っていたが,相当余裕がある方はロースクールで使ってもよい。

『刑事事実認定重要判決50選』

刑事事実認定重要判決50選 補訂版 上巻刑事事実認定重要判決50選 補訂版 上巻
小林 充 植村 立郎

刑事事実認定重要判決50選 補訂版 下巻刑事事実認定重要判決50選 補訂版 下巻
小林 充 植村 立郎

一口評価:実務の基準であてはめを書くための本
レベル:標準〜発展
推奨使用法:熟読
→例えば共謀共同正犯の成否検討において,正犯意思ないし共謀の認定をする際の基準として,共謀への関与の程度,共犯者間の関係,具体的加担行為や犯行前後の徴表行為の内容,犯行後の利益の帰属,犯行に向けた動機・意欲の程度といった二次規範を立てて,事実をあてはめていくことができれば,事実の羅列にとどまらない答案を書くことが可能になる。
 事実認定の焦点になるような論点について判例実務が用いている基準が本書では豊富に記されており,新司刑法対策として相当有用であろう。50選とあるが,新司に必要なものに絞れば半分程度に絞られるのですぐ読める。本書は必ず読んでおこう。

木谷 明編『刑事事実認定の基本問題』

刑事事実認定の基本問題刑事事実認定の基本問題
木谷 明

一口評価:実務家の事実認定の思考
レベル:標準〜発展
推奨使用法:つまみ食い
→「因果関係の認定」,「正当防衛の認定」,「共謀の認定」のところは非常に分かりやすく(50選よりいいかも),判例実務の理論に対する理解が深まるはず。新司対策としては,あと「自白の証拠能力」,「違法収集証拠排除法則の認定」,「共犯者の自白の信用性」が役に立つ。「自白の証拠能力」では木谷先生に対する激しいヨイショに笑う。
 刑事系の実務科目に併行して一読できるとよい。

菊地 幸夫『刑事事実認定特訓講座』

新司法試験刑事事実認定特訓講座―刑事系論文演習問題集新司法試験刑事事実認定特訓講座―刑事系論文演習問題集
菊地 幸夫

続・LIVE刑事事実認定特訓講座続・LIVE刑事事実認定特訓講座
菊地 幸夫

一口評価:新司後のひまつぶしに最高
レベル:標準〜発展
推奨使用法:問題を解く+解説を読む
→「行列ができる法律相談所」でおなじみ菊池先生の刑事事実認定特訓講座を書籍化したもの。同講座は歯切れが良い講義で,事実認定の重要なポイントを教授してくれるのでかなりオススメだが,カネがない人は本書でも足りる。あえてロースクール生がやらなくてもいいかもという2歩くらい実務側に踏みこんだ内容なので,新司後のひまつぶしにいいのではなかろうか。

役に立ったという方は,ランキングに一票お願いします。
法律・法学系ブログランキングへ

 
記事一覧
記事検索
プロフィール

lawprofessional

リンク




  
タグクラウド
リンク

・司法試験の解説
・司法試験・上位合格答案
・法学教室
・受験新報
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
管理人の推奨書籍
憲法訴訟第2版

憲法訴訟 第2版

憲法判断の手続,効果,実体審査の手法。判例の審査基準。

「憲法上の権利」の作法

「憲法上の権利」の作法

基本権侵害の論じ方,法令違憲,適用違憲,比例原則。

行政関係訴訟

行政関係訴訟

研修所見解による行政訴訟の訴訟要件,審理手続,判例の整理。住民訴訟も詳しい。

行政訴訟の実務と理論

行政訴訟の実務と理論

多数の行政訴訟に関わった弁護士による行政訴訟の実務と理論の整理。かなり実務が分かる。

民法の基礎(1)第3版

民法の基礎(1)総則
民法の基礎(2)物権

判例規範の的確な分析・抽出,ケース型,主張立証責任による要件整理。

債権総論第3版

債権総論 第3版

債権法の骨太かつ鮮明な理解,豊富なケース,要件事実的整理,債権法改正の流れに対応。

債権各論(1)第2版

債権各論(1)債権各論・事務管理・不当利得
債権各論(2)不法行為法

丁寧な条文趣旨の記述,不当利得(類型論),不法行為の深い理解。

民法講義(4-1)

民法講義(4-1)契約

階層化による再構築,ケース型,図示,要件事実表,簡潔で使いやすい趣旨・理由。長く使える。

担保物権法補訂版

担保物権法 補訂版

基本は通説・判例,有力説にも配慮。俺様説なし,ケース型,司法試験対策には必要十分。

担保物権法第3版

担保物権法第3版

新しい理論のエッセンス,実務上参考になる正統・鋭利な解釈,判例の斟酌。俺様説あり。

家族法

家族法

ハイブリッド民法。通説・判例。易しすぎず難しすぎず。豊富なケース。

民事裁判実務の基礎

民事裁判実務の基礎

訴訟物・要件事実・事実認定の3レベルを根本から。優れた要件事実の教科書。司法研修所説

ケースブック要件事実・事実認定第2版

ケースブック要件事実・事実認定

優れた要件事実・事実認定の演習書。民法全分野の設問。新司法試験向け。

重点講義民事訴訟法(上)

重点講義民事訴訟法(上)
重点講義民事訴訟法(下)

民事訴訟法の骨太かつ鮮明な理解。趣旨からよく分かる。新司向け。処分権主義等は法学教室連載で補完。

株式会社法第3版

株式会社法 第3版

抜群の信頼性。会社実務の指標。非公開会社の記述も充実。索引はあきらめ目次から引く。

講義刑法学・総論

講義刑法学・総論

精緻な"現代版"行為無価値。豊富な具体例。根本からの理解。刑法総論は学者本必須。

刑法総論第2版

刑法総論 第2版
刑法各論 第5版

記述に偏りなく長く使える正統派。明快,俺様説プッシュ弱し。実務で人気。

刑事事実認定重要判決50選(上)補訂版

刑事事実認定重要判決50選(上)
刑事事実認定重要判決50選(下)

新司向けに構成要件認定の判断要素集として。判例の規範・事実評価の精緻な分析。修習でも使う知識。

捜査法演習 理論と実務の架橋のための15講

捜査法演習

捜査法の精緻な演習書であり基本書。長文事例問題,実務を踏まえた理論。検事志望者必携。日の丸表紙がなかなか凄い。

  • ライブドアブログ