田頭 章一『倒産法入門 』

倒産法入門 (日経文庫)倒産法入門 (日経文庫)
田頭 章一

オススメ度:★★★
レベル:入門
使用法:通読
→倒産法全体をザックリとつかむのに最も適している。他にやることがない日なら,1日で読める。

徳田 和幸 『プレップ破産法』

プレップ破産法 第4版 (プレップシリーズ)プレップ破産法 第4版 (プレップシリーズ)
徳田 和幸

オススメ度:★★★
レベル:入門
使用法:通読
→破産法の入門書の中では最も良い。コンパクトで2〜3日で読めるし,実務のトピックを織り交ぜて最後まで飽きずに読ませる。
 まったくの破産法初学者はまずこれから。

松下 淳一『民事再生法入門』

民事再生法入門民事再生法入門
松下 淳一

オススメ度:★★★
レベル:入門
使用法:通読
→民事再生法の入門書の中では最も良い。好評だった連載の単行本化。学者の本だが実務的な話もふんだんに盛り込まれており飽きさせない。

山本 和彦『倒産処理法入門』

倒産処理法入門 (第3版)倒産処理法入門 (第3版)
山本 和彦

オススメ度:★★★★★
レベル:入門〜標準
使用法:通読
→全体を網羅する入門書としてはベスト。破産法,民事再生法を中心に倒産法制全体を効率よく見渡せるので,時間がない人はプレップ等を読まずにこれだけでもいいかも。ロースクール時代に倒産法を履修しなかった人もまずはこれから。大変オススメ。

新保 義隆 『基礎倒産法―破産法&民事再生法 (法律学テキスト)』

基礎倒産法―破産法&民事再生法 (法律学テキスト)基礎倒産法―破産法&民事再生法 (法律学テキスト)
新保 義隆 Wセミナー

オススメ度:★★★★★
レベル:入門〜標準
使用法:通読
→予備校本ならこれがダントツに出来が良い。倒産処理を専門としてきた新保氏だけあって,分かっている人が書いているという感じでスイスイ読み進められる。この本を使った辰己の講義も質が高かった。
 

山本 和彦他『倒産法概説』

倒産法概説 第2版倒産法概説 第2版
山本 和彦 笠井 正俊 沖野 眞已 水元 宏典 中西 正


オススメ度:★★★
レベル:標準〜発展
使用法:通読,参照
→倒産実体法と手続法を分けているが,これがH16改正後の破産法の条文配列に反しており結構わかりにくい。だが,民法との連続性を考えると,倒産実体法を学んだ後に,事業者の倒産・再生,消費者の倒産・再生を順に学ぶ方が分かりやすいという人もいるはず。

小林 秀之 『新・破産から民法がみえる―民法の盲点と破産法入門』


新・破産から民法がみえる―民法の盲点と破産法入門新・破産から民法がみえる―民法の盲点と破産法入門
小林 秀之

オススメ度:★★★★
レベル:入門〜標準
使用法:通読
→倒産選択の人もそうでない人にもお勧めできる。具体的事例→民法の知識に止まった場合の法解釈・問題解決→破産法に進んだ場合の法解釈・問題解決という順に語られており,民法と破産法を相互に連関させて学べる。記述も平易ですぐ読める。 空き時間に気楽に読んだという感じ。面白い。

小林秀之/齋藤善人 『新・論点講義シリーズ3 破産法』

新・論点講義シリーズ3 破産法新・論点講義シリーズ3 破産法
小林秀之/齋藤善人

オススメ度:★★★
レベル:入門〜標準
使用法:通読
→新司倒産法の中心となる破産法を,例題とともに学べるテキスト。『倒産法演習ノート―倒産法を楽しむ21問』が出版された今は,演習は演習ノートで,インプットは基本書ないし予備校本でと分ける方がいいのかもしれない。