司法試験・上位合格者のメソッド(勉強法・基本書等)

司法試験、予備試験、司法書士、行政書士、法科大学院(ロースクール)試験等に役立つ勉強法・基本書・演習書・問題集・予備校教材の情報や感想を発信

論文対策:憲法

新司論文憲法の指南書『憲法の急所―権利論を組み立てる』


今日は,空き時間に大方読み終わった『憲法の急所―権利論を組み立てる』(木村草太著)を紹介したい。
 本書は,重要な条文の趣旨(人権の保障根拠),条文の読み方について丁寧に説明がなされ,重要判例(薬事法違憲判決等)に関する鋭敏な分析がなされるなど,非常に高水準かつ分かりやすい内容となっており,曖昧模糊とした憲法の知識・理解をブラッシュアップさせることができる優良な参考書となっている。
 加えて,原告(or被告人等)の基本権侵害の主張,それに対する被告(or検察官等)の反論をどのような理論構成,事実主張で組み立てるか,最後に裁判官視点ではどのような落ち付きどころを見つけ,説得力ある結論を導けるかを,上記の人権の保障根拠,条文構造,最高裁判例の解釈等を踏まえ,じっくり解説しており,模範解答例も付いている。
 このように,憲法の理論,実践について解説した良書としては,『憲法 解釈論の応用と展開』『憲法上の権利の作法 新版』があったが,本書は,新司法試験の問題形式に則しているため,より実践的である。

4904702263憲法の急所―権利論を組み立てる
木村 草太
羽鳥書店 2011-07-20


憲法答案における実質的関連性の論じ方

質問への回答パート2です。
Q:憲法の論文についての質問があります。
厳格な合理性の基準の実質的関連性のあてはめのときに何を書いていいのか分からなくて毎回困っています。何かポイントがあったら教えてください。
 憲法ですか・・・。いまだに和之さんや長谷部さんの本をたまに読んでみたりもするのですが,憲法って司法修習中触れる機会がないですし,弁護士としても憲法訴訟を経験することは相当レアなので(少なくとも私の周りはいません),相当知識が怪しくなっていることを念頭に置いた上でお読み下さい(笑)。

 実質的関連性は,実質的な合理的関連性とも言うように,合理的関連性+αの認定が必要となると思います。
 合理的関連性とは,「手段が目的と関連性があること」,言い換えれば「手段が目的達成に効果的である(役立つ)こと」,「手段が目的を促進すること」が認められれば肯定できます。反対に,手段が目的達成につながらない(無意味な)場合,手段が目的を阻害するような場合は否定されます。
 では,その関連性が「実質的」だと評価するために,どのような点を検討するか。ザックリ言えば,手段としての相当性,言い換えれば手段として過剰でないか(事前規制なら事後規制で,包括規制なら個別規制で,直罰規制なら段階的規制で,それぞれ目的達成可能ではないかなど)を検討するとよいです。可能ならばLRAを挙げるとよいと思います(高橋和之『立憲主義と日本国憲法』でも,目的達成手段の実質的関連性を判断するための具体的な手段審査としてLRAの基準を用いることが多いとされています)。

 まとめると,実質的関連性の審査(手段審査)においては,(1)手段が目的達成に効果的であること(関連性)を認定した上で,(2)その手段が相当であるか,過剰でないかを(違憲とする場合はLRAを指摘しつつ)認定すればいいと思います。
 実質的「関連性」と言いつつ,(1)の検討をすっ飛ばすのは私はまずいと思います。私が憲法で言えるのはこの程度ですかね(笑)。参考になれば幸いです。

立憲主義と日本国憲法 第2版立憲主義と日本国憲法 第2版
高橋 和之

→新司法試験論文対策には芦部よりオススメ。

 他の方も具体的な勉強法や答案の書き方などの質問があれば,コメント欄で書くか,メール(neutrallawyer(あっとまーく)gmail.com)で送ってくれれば,可能な限り対応しますのでどうぞ。
記事一覧
記事検索
プロフィール

lawprofessional

リンク




  
タグクラウド
リンク

・司法試験の解説
・司法試験・上位合格答案
・法学教室
・受験新報
楽天ブックスで探す
楽天ブックス
管理人の推奨書籍
憲法訴訟第2版

憲法訴訟 第2版

憲法判断の手続,効果,実体審査の手法。判例の審査基準。

「憲法上の権利」の作法

「憲法上の権利」の作法

基本権侵害の論じ方,法令違憲,適用違憲,比例原則。

行政関係訴訟

行政関係訴訟

研修所見解による行政訴訟の訴訟要件,審理手続,判例の整理。住民訴訟も詳しい。

行政訴訟の実務と理論

行政訴訟の実務と理論

多数の行政訴訟に関わった弁護士による行政訴訟の実務と理論の整理。かなり実務が分かる。

民法の基礎(1)第3版

民法の基礎(1)総則
民法の基礎(2)物権

判例規範の的確な分析・抽出,ケース型,主張立証責任による要件整理。

債権総論第3版

債権総論 第3版

債権法の骨太かつ鮮明な理解,豊富なケース,要件事実的整理,債権法改正の流れに対応。

債権各論(1)第2版

債権各論(1)債権各論・事務管理・不当利得
債権各論(2)不法行為法

丁寧な条文趣旨の記述,不当利得(類型論),不法行為の深い理解。

民法講義(4-1)

民法講義(4-1)契約

階層化による再構築,ケース型,図示,要件事実表,簡潔で使いやすい趣旨・理由。長く使える。

担保物権法補訂版

担保物権法 補訂版

基本は通説・判例,有力説にも配慮。俺様説なし,ケース型,司法試験対策には必要十分。

担保物権法第3版

担保物権法第3版

新しい理論のエッセンス,実務上参考になる正統・鋭利な解釈,判例の斟酌。俺様説あり。

家族法

家族法

ハイブリッド民法。通説・判例。易しすぎず難しすぎず。豊富なケース。

民事裁判実務の基礎

民事裁判実務の基礎

訴訟物・要件事実・事実認定の3レベルを根本から。優れた要件事実の教科書。司法研修所説

ケースブック要件事実・事実認定第2版

ケースブック要件事実・事実認定

優れた要件事実・事実認定の演習書。民法全分野の設問。新司法試験向け。

重点講義民事訴訟法(上)

重点講義民事訴訟法(上)
重点講義民事訴訟法(下)

民事訴訟法の骨太かつ鮮明な理解。趣旨からよく分かる。新司向け。処分権主義等は法学教室連載で補完。

株式会社法第3版

株式会社法 第3版

抜群の信頼性。会社実務の指標。非公開会社の記述も充実。索引はあきらめ目次から引く。

講義刑法学・総論

講義刑法学・総論

精緻な"現代版"行為無価値。豊富な具体例。根本からの理解。刑法総論は学者本必須。

刑法総論第2版

刑法総論 第2版
刑法各論 第5版

記述に偏りなく長く使える正統派。明快,俺様説プッシュ弱し。実務で人気。

刑事事実認定重要判決50選(上)補訂版

刑事事実認定重要判決50選(上)
刑事事実認定重要判決50選(下)

新司向けに構成要件認定の判断要素集として。判例の規範・事実評価の精緻な分析。修習でも使う知識。

捜査法演習 理論と実務の架橋のための15講

捜査法演習

捜査法の精緻な演習書であり基本書。長文事例問題,実務を踏まえた理論。検事志望者必携。日の丸表紙がなかなか凄い。

  • ライブドアブログ