February 13, 2010

09-10 セリエA 第22節 ユヴェントス×ラツィオ:1−1

デルピエロに与えられたPKなんて、「隣の家に囲いが出来たんだってね」「へぇ」くらいなもんである。気にならない。

それより、同点ゴールはこの日ひっさしぶりにトップ下として調子に乗ってブイブイ走り回っていたマウリが、サラテがクロスを出すと同時にDF裏に飛び込んで押し込んだ格好いいゴールだった。・・・んだけど、ゴールセレブレーションで、バローニオがマウリに乗っかってきた勢いで、隣に居たロッキの禿頭と衝突し、痛がってるところをディアキテに「おい〜、よかったな〜、おい〜」ってぶんぶん揺すられて、脳震盪起こして交代した。バカじゃねーの(笑)。

-----2010年1月31日 @オリンピコ・ディ・トリノ
ユヴェントス(4-3-1-2):マニンガー、ゲロゲーロ、カンナバーロ、キエッリーニ、デチェリエ、シッソコ、今井メロ(76' カセレス)、カンドレーヴァ、ヂエゴ、アが付くほうのマウリ、デルピエロ(89' パオルッチ) (控え:キメンティ、レグロッターリエ、ゼビナ様、マッローネ、ジョビンコ) 監督:よお、おっさん元気だったぁ? 大変だねえ、こんな仕事引き受けて。相変わらず辛気臭い顔してんなあ。3バックやんないのぉ? やんないのぉ? 別にこれ書いてるのパンカロじゃないよ。
ラツィオ(4-3-1-2);ムスレラ、ディアキテ、ステンダルド、ラドゥ、コラロフダボ(71' ロッキ)、バローニオ、フィルマーニ(76' リヒトシュタイナー)、マウリ(82' シヴィーリャ)、クルス、サラテ (控え:ベルニ、ルチアーニ、セヴィエリ、マキンワ) 監督:バッラルディーニ
主審:サッカーニ
得点:デルピエロ(r.70')、マウリたん(79')
警告:バローニオ、フェリペ・メロ、シッソコ、ディアキテ、グリゲラ


(なかなか今日という日に追いつかない)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/lazio_11/51726345