February 20, 2010

09-10 セリエA 第23節 ラツィオ×カターニャ:0−1

結論を先に書くと、

この試合の後、
・キチガイ会長が、無能監督の遅すぎる解任を決断し、
・レデスマがスタメンに復帰し、
・チームが2ゴールして完封勝利を果たしたのは、全部、

ミハがこの日にラツィオを負かしてくれたおかげ。
ミハイロヴィッチは偉大なり。

--------------------------------------------------
試合に先立ち、ミハはこんなことを言っていた。
シニシャ・ミハイロヴィッチ(カターニャ監督):「ローマには勝ちに行く。オレはプロフェッショナルであるからして、オレ様のカターニャが3ポイントを取ることがミッションだと思っている。このチームの監督に就任したその日から、いつもこのようなメンタリティであり、相手がラツィオであろうがそれは変わらん」
「拍手でもブーイングでも何でも来いだ。でも無視しないでね。それヤなの。ラツィオで過ごした日々は良き思い出であり、友だちもたくさんいるし、オレはラツィオを応援している。息子たちはラツィオの下部組織で練習してるんだよ(訳者註:マジ?!)。・・・な〜んつってても、残留するのはカターニャだ。悪いな」

このインタビュー記事のタイトルは、
「Il tifoso Sinisa: «Lazio mia, ti batto!» 」(di Concetto Mannisi, Corriere dello Sport, 2010/02/07)
『オレのラツィオ! ブッ潰してやるぜ!』
うれしい♪ ありがとう♪ 完全にマゾ♪ でも、肝心のミハ監督は2試合もベンチ入り禁止処分を食らっている最中であった。なんでやねん。

シニシャ・ミハイロヴィッチ:「2試合ってありえなくね? まーだいたいの場合オレがなんかしら悪いことになってるわけだからぁー、主審の報告書ってのを読んでみたわけよ。そしたら『審判のドレッシングルームに乱入してきたから』って書いてあった。オレ試合後に普通に挨拶しに行っただけよ。ジャッジに関する文句も言わなかった。わけわからん。来週の日曜日から、審判とは余計なお喋りはしないことにする」

・・・どっちも、ミハも審判も信じられない。オトナは皆ウソツキである。

--------------------------------------------------
カターニャ、というより、ミハイロヴィッチとラツィオのガチンコ残留争いという、一度は見てみたかった試合だったが、この際、試合内容はどうでもよい(実際たいした試合じゃなかった)。そんなことより、試合冒頭にカメラが映していた映像が気になって試合に入り込めなかったんだ。

開始10秒、スタンドの階段を下りてきたロティート会長が、ミハミハの隣の席(もともと空いていた)に、「当然です」といった体(てい)でスッと座ったんである。




「・・・え、なに?」








1分経ったらいなくなってた。なんだったんだよジイサン。













だがその直後、同じ席に戻ってきた。



「何の用だよ」









一応オトナなので、ロティート会長の奥に座ってるオッサンと握手しとく。













当然この間も試合は進行してたんだけど、どーなってんのか妄想するのに忙しくて全然見てなかった(笑)。まさか偏屈会長が、「いや〜、キミを監督に迎えていればよかったかなぁ、はっはっはっ・・・」とか言ってるわけねぇしな、ミハどう思ってんのかな、っていうかミハの隣に座っちゃおうって神経がわからん、やっぱどっかキレてる気ぃ狂っとる、などなど考えていた。

・・・ら、8分後、

会長、ひとりぼっち!













確かに、ミハの隣にケチ会長がいない。「『あっち行けよ』っていわれたんじゃないか」って、すずきさんが言う(笑)。














そんなこんなしているうちにに、ラツィオは成すすべなく負けて、1点も取れずに負けて、ミハとマルコリンとアルゼンチン人ばっかりなカターニャに負けて、下から数えて単独3位になった。そしてこのブログ記事の冒頭に戻る。オメデタイぜ。

-----2010年2月7日(日) @オリンピコ
ラツィオ(4-3-1-2):ムスレラ、ビアーヴァ、ディアス、ラドゥ、コラロフ、フィルマーニ(71' ディアキテ)、バローニオ、ドイツ人(64' ロッキ)、マウリ(77' クルス)、サラテ、フロッカリ 監督:あばよ
カターニャ(4-5-1):アンドゥハル、アルバレス、スポッリ、シルベストレ、カプアーノ、イスコ、ビアジャンティ、カルボーニ(46' リッキウティ)、マスカーラ(85' 森本)、ラーマ、マキシ・ロペス(79' テルリッツィ) 監督:代打まるこりん
主審:ガヴァ
得点:マキシ・ロペス(63')
観客:5,014人 ←ヒドすぎ


以上、ミハ生誕41年記念記事でした。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/lazio_11/51729370
この記事へのコメント
何度見ても同じマフラーというモノを巻いているにしては雰囲気が違いすぎますね…!(笑)<ミハミハとマンチョ

ミハイロビッチ監督お誕生日おめでとうございましたー!
Posted by kazumin at February 21, 2010 02:11
>一応オトナなので、ロティート会長の奥に座ってるオッサンと握手しとく
に爆笑。楽しませていただきました。
ミハも41歳の春だから♪なんですね。
Posted by yuzuru at February 21, 2010 23:32
初かみこみです。実はけっこう前から購読してたんですが…


ミハミハのマフラーについてはカルチョ2002でも取り上げられてましたねw
誕生日おめでたですね。
Posted by ピオホ at February 22, 2010 22:19
はじめての方も御馴染みさんもこんばんは。
ミハがなにかしている限りはネタに不自由ないのでこのブログも続きます。
願わくは、全員一箇所で活動して欲しい、です。
あっちもこっちも新聞読むのメンドクサイです!
Posted by miki at February 23, 2010 00:22
ミハイロヴィッチは影ながら?今季のラツィオにおいて最も大きな貢献をしていたんですね。
それにしてもロティート会長w
自分の庭なのに所在なさげですねぇ。
Posted by Fillipo at February 27, 2010 00:12
どっかの「スペシャルワン」とかいうのに持って行かれないよう、ミハにはテクニカルエリア外でも頑張ってもらわねばなりません。
Posted by miki at February 27, 2010 02:20