July 14, 2010

2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会の早野宏史ログ

解説 早野宏史
実況 野地俊二/町田右
まとめてお送りします。

-------------------------------------------------
Group B 韓国×ギリシャ

ヒロシ初戦。試合開始前の“顔出し”挨拶にて。
 町田「よく晴れました。日本で言えば穏やかな秋の陽気という中でのゲームです」
 早野「私もね、踊りだしそうな天気なんですよ!」

そこで試合の展望を訊かれて、日本から大事に持ってきたものを披露するヒロシ。
 早野「ギリシャは“グリース”といわれますから、守備を固めてきます。そこをなんとか韓国が切り裂いてほしいと思います」

-------------------------------------------------
Group D ドイツ×セルビア

ドイツの得点源クローゼが退場処分を受けた直後にセルビア先制。どうするドイツ。
「クローゼがクローズドしてしまいましたからね」

-------------------------------------------------
Group H チリ×スイス

攻撃的なチリ代表の初戦を見て。
「こうやってシュート打たないと。チリも積もればですからね」

-------------------------------------------------
Group E デンマーク×日本

日本、フリーキックのチャンス。キッカーは本田圭介。
 野地「揺れ る 球 キタァァーーッ! ニッポン先制!!!」
 (実況席も騒然)
 早野「いや俺が、・・・私が揺れたのかと思いました」

NHKのあらゆるジャンルの解説者・論説委員で、自分のことを俺と呼んだのは早野宏史が初めてなのでは。歴史的素の瞬間。

-------------------------------------------------
準決勝 ドイツ×スペイン

途中出場のドイツ代表クロースがコーナーキックを蹴る場面で。
 野地「先程からセットプレーはこのクロース。若い20歳のプレーヤーに任せています」
 早野「名前がクロスだからじゃないですよね、クロス上げてるのは」
 野地「ここはクロスではなくてコーナーキックなんですが」

-------------------------------------------------
決勝 オランダ×スペイン

優勝はスペイン。
長かった中継の締めに、解説陣(早野&山本昌邦)へ話を振る野地アナウンサー。
「早野さん! (小声で)・・・あれっ? (やや間が開いて)・・・山本さん、この大会ですが(以下略)」

準決勝では鼻声で、時折咳き込んでいたようので、最後に力尽きて気を失っていたのかもしれません。

-------------------------------------------------
1ヶ月という長い期間、現地でおつかれさまでした。

■早野宏史ログのログ
http://blog.livedoor.jp/lazio_11/archives/cat_50020543.html
■早野宏史ログ(放置中)
http://hiroshi.nomaki.jp/

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/lazio_11/51782724