December 27, 2007

みなさん、年は越せそうですか?

「せめて給料が支払われれば不安がなくなり、全員が熱意を持って今以上に頑張れるかもしれない」

■デ・ビアージ監督:「モウリーニョやベニテスでもレバンテは救えない」(Goal.com)
http://jp.goal.com/jp/Articolo.aspx?ContenutoId=526310
■最下位レバンテのデ・ビアージ監督「給料が支払われれば……」(スポーツナビ)
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20071227-00000005-spnavi-socc.html(最近のスポーツナビはとても重い。)

わびしい話を聞いてシンミリした気持ちに浸るのも年末行事。

このニュースが心の琴線に触れたのは、無論わたしがラツィアーレだからで、実に身につまされる話だ。ただし5年前のラツィオは、無給だけど“冬のスクデット”獲れちゃいそうなくらいチームが好調だった。貧乏だけど明るかったのはコッラーディさんのおかげだったと今でも思っている(-人-)なーむー 
レバンテにはこんな男がおらんのか。

▼最近のコッラーディさん:水泳編
http://www.youtube.com/watch?v=mmPYbvSvaxc
▼最近のコッラーディさん:クールな男編
http://www.youtube.com/watch?v=rePGZBfhGeY(1:04あたり)
▼少し前のコッラーディさん:波動拳編
http://www.youtube.com/watch?v=eK46aK-UpiM
▼少し前のコッラーディさん:騎士叙任編
http://www.youtube.com/watch?v=TCh7kcVn1kU  

Posted by lazio_11 at 17:50Comments(2)TrackBack(0)

December 04, 2007

なんだと、もういっぺん言ってみろ

休みが明けて、また本も出版したし、喋りたくて仕方がない隣のチームのキャプテン;「ラツィオは“プロヴィンチャーレ(una squadra provinciale)”ではない。“小者(una piccola squadra)”だ。デルビーの後で、オレがラツィオをプロヴィンチャーレと称した、なんて話があったが、正確には“小者”だと言ったんだ。ラツィオは“小者”なんであーる」

何度も言うな。

■Totti, La Lazio piccola squadra non una provinciale (AGI)
http://www.lazio.net/lazionews/lazio_storiesview.php?key=33323
(参考)
07-08 セリエA第10節 ローマ×ラツィオ:3−2
07-08 UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ第4戦 | グループC ラツィオ×ヴェルダー・ブレーメン:2−1  
Posted by lazio_11 at 02:57Comments(2)TrackBack(0)

October 26, 2007

オーストラリア在住だけに

10月25日付Corriere dello Sportに、ガブリエル・バティストゥータのインタビューが掲載されています。
■Alla Roma non serve un Batigol (Corriere dello Sport)

-----ロベルト・マンチーニのインテル、ルチアーノ・スパレッティのローマ、チェーザレ・プランデッリのフィオレンティーナ、今のバティゴールならどのチームでプレーしたいですか?

「プランデッリと。ゴルフやるのは彼だけだからね」  
Posted by lazio_11 at 00:58Comments(0)TrackBack(0)

December 24, 2006

できるだけニュース 2006年12月24日

■あの人がふたたび登場!大相撲を熱く語るゲスト・デーモン小暮閣下 (NHKスポーツオンライン)
1月14日(日) 15:15〜(18:00) 総合 生中継
大相撲 初場所〜8日目〜
会場 両国国技館
解説 十両:錦島 幕内:高砂 向正面:デーモン小暮
実況 十両:佐藤 幕内:岩佐

http://www.nhk.or.jp/s-live/schedule/d00020659.html

-----約1年ぶりの登場!しかも今回は中日で(おそらく)天覧試合。陛下に閣下に愛子様の三つ巴の放送となるか?!これは録画ですね。伝説となった前回の放送を見ていなかった人のために、ニュー速でのまとめレスを貼っておきます。ちなみに前回は十両から解説してました。

・相撲は300年見てる。
・岩佐アナも錦島親方も「閣下」と呼び、「世を忍ぶ仮の姿」のフレーズを連発
・解説の錦島親方も舌を巻く閣下のマニアック知識。錦島曰く「2人の話について行けない」
・ガラガラの国技館の向正面解説席に座ってる閣下
・テロップに「デーモン木暮閣下」
・輪島の引退相撲も見に行った。
・蔵前国技館によく通っていた。
・蔵前国技館の最終日(多賀竜優勝)もタダで観戦した。
・十文字ウォッチャーを自認する閣下。十文字について熱弁トーク展開 。
・岩佐アナは東京大学時代は相撲部で、相撲実況をしたくてNHKに入った相撲ヲタ。
・岩佐アナが閣下のオールナイトニッポンリスナーだったことが判明。NHKで「ダダダダ大徹」発言。
・岩佐アナと閣下 完全にヲタ同士の会話。
・(聖飢魔競侫.鵐ラブ)悪魔組会員の琴富士の話題が出た。
・世を忍ぶ仮の高校&大学(早稲田)
・世を忍ぶ仮の小学校時代のお絵かき教室にて天井向いてうっちゃる力士の絵を書いた(敷島バカうけ
・敷島「豊桜はダチョウ倶楽部みたいなやつ」
・どんなにヲタ談義に熱中していても「時間ですね」と取り組みに敬意を払い黙る。  
Posted by lazio_11 at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

December 07, 2006

できるだけニュース 2006年12月7日

※2006/12/8 追記2件あり

■原 博実氏 来季監督就任のお知らせ (F.C.TOKYO)
-----ま、これはいいんですが・・・
http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=3834

■横浜M新監督に早野氏…11年ぶり古巣復帰(スポーツ報知)
-----復帰して欲しかったのはソッチ方面じゃないよお。しかしだからと言って・・・
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20061206-OHT1T00016.htm

■横浜・早野新体制に抗議メール殺到(Sponichi Annex)
-----そんなに嫌わなくても(笑)
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/12/07/05.html

番外編:私が目撃した直近の早野宏史ログ@NHK『Jリーグタイム』
最終節を待たずして浦和の優勝が決まるか?!という週末、番組冒頭で;
枦山「優勝争いがアツイですねっ!」
早野「ちょっと見て下さいよ。枦山さんが興奮しすぎて半袖ですよ。」

結局、浦和は優勝を決めることができず;
早野「まるで美園駅から埼玉スタジアムに向かってるようですね。すぐ近くに見えるのになかなか着かない。」

名古屋×福岡のハイライトの後;
早野「名古屋はヨンセンがいなくてもゴセン(5戦)負け無しですから」(この時、手はパー)

(2006/12/8 追記)
「抗議メールが200件」のニュースが出た昨日、『早野宏史ログ』へのアクセスが急増(笑)。大勢のマリノス・サポがヒロシのポエムを読んで戦々恐々とした模様です。検索者のドメインには「nhk.or.jp」もあった(オイオイ)。
■早野宏史ログ(次の更新は正月を予定)
http://hiroshi.nomaki.jp/

■元セリエAのベロンに求刑、伊国籍旅券の不正取得で(CNN.co.jp)
-----まだこの裁判やってたのか!しかしこの記事中の写真のユニフォームでこの顔で禁固2年半っていうだけで笑える。どう見ても有罪です。
http://www.cnn.co.jp/sports/CNN200612020018.html

■ロンドンの名門サッカー場でもポロニウム検出(YOMIURI ONLINE)
ロシア連邦保安局(FSB)元中佐、アレクサンドル・リトビネンコ氏の不審死事件で、英保健省の下部組織「健康保護局」は5日、同氏が死亡した原因とされる放射性物質「ポロニウム210」が、ロンドンのサッカー競技場「エミレーツ・スタジアム」でも検出されたと発表した。
-----食中毒という体を張ったギャグで勝負を賭けたスパーズに続き、チェルシーも小細工してみましたよというニュースではないらしい。再来年あたり映画になってるな。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061206i103.htm

■Italians threaten boycott (procycling)
-----イタリアの自転車レーサーたちが来年のジロ・デ・イタリアの公式プレゼン参加をボイコットするぞと言っていたという話。後日、ルート発表は滞りなく執り行われました。彼らが不満を表した理由は、“オペラシオン・プエルト”で槍玉にあげられたのが自分たちサイクリストだけだったから。スペインの、いわゆる自己輸血クリニックで押収された血液バッグや“顧客リスト”の中にはサッカー選手たちの名前もありました。しかし、話がサッカーに及ぶと分かるやいなや捜査があやふやになり出し、結局スペイン自転車連盟は“棚上げ”を決定。今シーズンのあの混乱は一体なんだったんだと思うわけですよ。こうやってスポーツにおけるドーピング、そして八百長も、うやむやのまま来年も再来年も競技は続いていくのです。
http://www.procycling.com/news.aspx?ID=2550
オペラシオン・プエルトとは(はてな)

(2006/12/8 追記)
ちょうどこれを夕方に書いた後、欧州で夜が明けてから、仏紙に「フエンテス医師はサッカー選手にもドーピング指南してたよ」という記事が載ったようで、サッカー系ニュースサイトにも関連記事が出ましたね。今夏にさんざ読まされてた自転車ファンからすると「遅ぇよ」って感じ。“処方の暗号”まで書かれているcyclingnews.comがやっぱ一番詳しいかな↓
■Spanish soccer clubs linked to Fuentes? (CN)
http://www.cyclingnews.com/news.php?id=news/2006/dec06/dec08news
しかしサッカー界と自転車界が協力して追及していこうという姿勢になるとは到底思えない。「疑わしきは罰する」方針によりサイクリストは既に様々な影響を受けているけど、サッカー界は蓋する方向で動きそう。  
Posted by lazio_11 at 17:36Comments(2)TrackBack(0)

November 29, 2006

できるだけニュース 2006年11月29日

■イングランド代表FWルーニー、1試合で紅茶16杯?(ロイター)
サッカーのイングランド代表FWウェイン・ルーニーが1試合で走り回るエネルギー量を電気に換算すると、紅茶16杯分のお湯を沸かすことができる。英シェフィールド・ハラム大学スポーツ運動科学センターのデビッド・ジェームス氏が行った研究結果が28日発表された。それによると、ルーニーは1試合当たり1.86キロワット時の電力量を作り出している。これは平均的家庭の照明なら90分間、標準的テレビなら6時間半ほどつけておくことが可能な電気量だという。
-----あまりのくだらなさにヘソで茶が沸いた。トワイニングス・プリ〜ズ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061129-00000853-reu-ent  
Posted by lazio_11 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

November 26, 2006

そこでギター持ってください

■[何かを探して(1)] 鈴木隆行 男の器。(NumberWeb)
「ここでいい加減にやってしまったら得るものはない」という言葉がズシリと重い鈴木隆行インタビュー。師匠カコイイ。これでサッカーが巧ければ申し分ナシ。負けるな。
http://number.goo.ne.jp/soccer/japan/666/20061123-f1-1.html  
Posted by lazio_11 at 02:42Comments(0)TrackBack(0)

November 14, 2006

できるだけニュース 2006年11月14日

■オッド:「ラツィオでキャリアを終えたい」(Goal.com)
「契約が2008年に切れる僕としてはミランではなくラツィオからの交渉を待っている。クラブが僕の希望通りの決断を下してくれると嬉しい。ここでキャリアを終えたいんだ。」
-----出た、契約切れ間近の選手の決まり文句。GEAのリッピ次男と手を切ってから代理人がいないって前に言ってたけど、今はどうなのか(2006/11/28追記:今も代理人契約してる人はいないらしい)。代理人契約解除したって瞬間から、話が“積極残留”方向に傾き始めたので、ここ2〜3年ほとんど活躍してないのにイイお相手と噂になってたのはやっぱ実力じゃなくてモッジ力かいと思ったのだった。契約更改時には年俸アップを要求する模様。ロティートが財布の紐緩めるわきゃないので、お金の交渉にはプロを雇った方がいいよね。ラツィオで幸せならそれに越したことはない。我々が嫌なのは嘘をつかれることだ。
http://www.goal.com/jp/Articolo.aspx?ContenutoId=167908

■Nesta considers Azzurri exit (Channel 4)
「試合が多くてくたびれる。代表辞めたい。」
-----煮詰まっちゃってる。実家帰ったほうがいいよ。母ちゃんは布団干して待ってくれてると思うよ。なんなら私も干す。
http://www.channel4.com/sport/football_italia/nov13h.html

■Totti, in arrivo un altro 'pupino' (ALICE Sport)
-----代表なんか、確かにどうでもいいよな。時代は子作りと子育てだよ。
http://sport.alice.it/it/cmc/indiscreto/200646/cmc_103086.html

■Happy Birthday Juve! (Channel 4)
トリチェッリ!!!
上のネスタの記事見ててたまたま発見した。かつてのアイドル。
http://www.channel4.com/sport/football_italia/gallery/seventeen7.html  
Posted by lazio_11 at 16:35Comments(0)TrackBack(0)

November 08, 2006

できるだけニュース 2006年11月8日

■元イタリア代表のゾフ氏、路上強盗に襲われる(ロイター)
深夜、妻と帰宅途中に4人組の強盗に襲われ、腕時計、携帯電話、1000ユーロ(約15万円)相当の現金が入った財布を奪われた。ゾフ氏は抵抗した際、顔を殴られた。
-----会長、ゴルフバッグはセーフでしたか
http://today.reuters.co.jp/news/articlenews.aspx?type=sportsNews&storyID=2006-11-07T104235Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-235212-1.xml

■Couto given fresh chance (Channel 4)
先月29日、チーム・ディレクターと大喧嘩してトップチームでの練習を禁止されていたフェルナンド・コウトだが、6日朝に謝罪を申し入れ、練習合流を許可された。クラブの声明;「ええ、謝ってくれましたよ。罰金は払ってもらいますがね」。尚、両者の衝突原因は不明だが、ディレクター氏は「コウトの態度が悪かった」とだけ話している。
-----ゾフと共に「ちょっと懐かしい系ニュース」。
http://www.channel4.com/sport/football_italia/nov6o.html

■Higuain, il nuovo Trezegol (Gazzetta.it)
-----現在アルゼンチンリーグ最大の目玉であるリーベルプレートのゴンサロ・イグアイン18歳。父はバスクをルーツに持つアルゼンチン人で元リーベルの選手。フランスでプレーしている時にゴンサロ君が生まれた。母はフランス人。生後間もなくアルゼンチンに帰国したためスペイン語しか話せない。以前アルゼンチン・ユース代表への招集を辞退した経緯があり、アルゼンチン代表かフランス代表か、どちらを選択するかまだ決めていないので、今かなり注目されてます。11月15日のギリシャ戦のためにレイモンド・ドメニクが呼ぶんじゃないか、それに応じるんじゃないかってお話。で、トレゼゲが引き合いに出されてるわけ。ところでトレゼゲはいつアルゼンチンリーグに来ますか?楽しみにしてんだけど。
http://www.gazzetta.it/Calcio/Estero/Primo_Piano/2006/11_Novembre/06/grandesso.shtml  
Posted by lazio_11 at 01:40Comments(0)TrackBack(0)

October 26, 2006

できるだけニュース 2006年10月26日

■Fiore slams 'negative' Zac (Channel 4)
「ザッケローニは最終ラインをいじくることしか頭にない。あれが一番のお楽しみなんだろうよ。」
-----結果、フィオーレは罰金と謹慎処分を喰らうことになった。このヘンの話でパンカロ日記が2日分くらいは書けそう。復活希望。
http://www.channel4.com/sport/football_italia/oct22i.html

■女性審判に好意的なマンチーニ監督 (Goal.com)
(以下Channel 4より)「女性の方があらゆるセンスにおいて男性より上だからね。それに男みたいにケンカ腰なところもないしさ。こっちを敬ってくれる人が相手なら、素直に頭下げられるよ。審判を侮辱するのが難しくなるだろうって?女性を侮辱するなんてボク自身あり得ない話だと思うな。ま、大切なのは彼女達に審判の仕事をする能力があること。まずはそれが基本だね。」
-----よぉし、審判になる!むしろ、ちょっと意地悪してカッカきたマンチョに詰め寄られたい。もっと叱ってハァハァ
http://www.goal.com/jp/Articolo.aspx?ContenutoId=153782
http://www.channel4.com/sport/football_italia/oct25c.html

■Nesta, il ritorno a casa è più vicino (Il Messaggero)
■Nesta set for Lazio return? (Channel 4)
-----とりあえずソースは2つ。なぜ昨日なのか事情は知りませんが、各紙一斉に「ネスタには2008年で切れる契約を積極的に更新しようとする様子がない。娘が生まれたこともあり、故郷の街に戻ってプレーするのでは」と報道。早けりゃ1月にも、なんて(いくらなんでもそりゃないと思うが)話も書いてありますね。ま、再来年でもいいよね。こっちゃ急がないよ。ミランに渡すものもないしさ。・・・あ。

マッシ、百日天下。
http://www.ilmessaggero.it/view.php?data=20061025&ediz=01_NAZIONALE&npag=29&file=B.xml&type=STANDARD
http://www.channel4.com/sport/football_italia/oct25e.html  
Posted by lazio_11 at 00:51Comments(0)TrackBack(0)

September 26, 2006

できるだけニュース 2006年9月26日

■タヴァーノ:「フィオーレの言う通りだった」 (Goal.com)
「ここまで積み上げてきたキャリアを、すべて無駄にしてしまったかのように思える。人生で何も成し遂げなかったかのようだ。ここでは、僕のことを考慮してくれる人はいない。」
-----ほんと申し訳ないけど見出しだけで爆笑した。しかしフィオーレの件はラニエリのせいでもカルボーニのせいでもバレンシアのせいでもなくフィオーレのせいだと思うんだけど。だってモレッティは普通に試合に出てるし。コッラーディの件もフィオーレのせいだと思う。なんとなく。
http://goal.com/jp/Articolo.aspx?ContenutoId=134303

タヴァーノ、これ読んでくれてたんだな。でも読解力はないらしい。
「てんぷくトリオ」

■インテルの中国語公式サイトがオープン (Inter.it)
(第一印象で)超ヤバイ動画とか載ってんじゃないのかと暫くウロウロしてみた。
http://inter.sina.com.cn/  
Posted by lazio_11 at 15:30Comments(2)TrackBack(0)

September 19, 2006

できるだけニュース 2006年9月19日

■【大相撲】安馬、最高の7勝目!1敗堅守でV戦線名乗り(SANSPO.COM)
◆琴欧州と黒海の取り組みを見た把瑠都
「上位は外国人ばっかりだな。あ、オレもか…。でもオレは違う、奄美大島出身」

-----彼にはマーティー・フリードマンと同じ魂を感じる。
http://www.sanspo.com/sports/top/sp200609/sp2006091801.html  
Posted by lazio_11 at 17:25Comments(0)TrackBack(0)

August 21, 2006

できるだけニュース 2006年8月21日

(2006/08/23追記あり)

■【アルゼンチン代表メンバー発表】18歳の“神童”アグエロを招集(ISM)
アルゼンチン代表のアルフィオ・バシーレ監督は現地時間19日(以下現地時間)、ブラジルとの親善試合(9月3日/ロンドン)に臨むメンバー20人を発表した。
-----ココ・バシーレになってはじめての代表招集。わたしバシーレのモノマネできますよ、得意得意。「パラシオ、パラシオゥ〜・・・」(誰か聞いて) 今回パラシオはいない。けどインスア呼んでるよ(*´Д`)ハァハァ リケルメを前半で下げて後半に投入おながいします。それはいいとして、代表にはうまく収まったがボカの監督の座が空席のままです。はよなんとかせいマクリ。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=worldsoccer&a=20060821-00000031-ism-spo

≪追記≫
「もう10年アルゼンチンから離れているから」と一度は断られたけど、ボカにラボルペがキター。この日は極めて普通のネクタイ。
http://www.ole.clarin.com/jsp/v4/pagina.jsp?pagId=1257529&fecha=20060823

■写真:You never know what might happen (CN)
-----なっ?!
http://www.cyclingnews.com/photos/2006/aug06/eneco06/index.php?id=/photos/2006/aug06/eneco06/eneco064/no_food
現在開催中のエネコ・ツアーにて。フォナックのメモパッドに手書き;「せんしゅにエサをあたえないでください。てをふれないでください。」 (-_-)  
Posted by lazio_11 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

June 11, 2006

できるだけニュース 2006年6月11日

■勝つのはオレの国だ!ミルコらPRIDE戦士が出身国にエール (SANSPO.COM)
サッカーW杯1次リーグF組で日本と対戦する豪州、クロアチア、ブラジル。この3カ国は、日本の格闘技界を席巻するファイターの出身国でもある。クロアチアとブラジルにはPRIDE王座をめぐりライバル関係にある“日本人キラー”ミルコ・クロコップ(31)とアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(30)が、豪州にもK−1創世記から活躍したサム・グレコ(39)がいる。いずれ劣らぬサッカー通の3人が、W杯の予想と自国代表への期待を熱く語ってくれた。
-----PRIDE戦士は自分の心配をしたまえ。と思いつつ、せっかくなので腰を低くして読む。ミルコのコメントが具体的すぎて吹いた。義兄はお元気ですか?プロ野球選手に優勝国予想させたりアイドルに注目選手を聞いてみたりすることに何の意味があるのかと毎回思うものの、100打って2ぐらいおもしろコメントが返ってくればまあいいかみたいな基準でやってんのかしらね。「出身国にエール」って、お前らこそがんばれ。
http://www.sanspo.com/soccer/top/st200606/st2006060703.html

■ブラジルの指令塔は山形にいた カカに“日本の両親”エール (Sankei Web)
2002年、日韓W杯では決勝戦を控え、静岡県浜松市のホテルに宿泊するカカを訪ね、こいのぼりを手渡した。「日本では、自分の子供が立派に成長してくれることを願って渡すんだ」と話す押切さんに、カカは何度もお礼を言い、決勝戦のチケットを差し出した。横浜国際競技場でドイツと戦った決勝戦。押切さんが見たのは、ブラジル応援団が陣取ったスタンドの最前列で風に泳ぐこいのぼりだった。
-----そうだよなあ、こいのぼりにはそういう意味があるんだよなあ、なんか忘れてたよなあ。カカにはちゃんとこいのぼりに託された想いが通じたようで。普通にいい話。
http://www.sankei.co.jp/news/060609/evening/10nat003.htm

■ボリビアのストリートキッズ、大統領官邸でW杯観戦 (Reuters)
大のサッカーファンであるモラレス大統領は、靴磨きや新聞売り、洗車などをして生計を立てている子供たち数十人を、大統領官邸に招待。開幕戦のドイツ対コスタリカを大スクリーンで観戦させた。ハーフタイムにはサンドイッチとジュースも出されたという。
-----自国選手が出場していないボリビアの子どもたちは、こういう時、中南米のチームに気持ちを込めるのかな。それともヨーロッパの選手に憧れを抱いたりするのだろうか。あるいは「ワールドカップだぁ〜」と口開けたまま観ちゃうとか。いろいろな思いがあるんだろう。自分もそうだったし。将来この子たちの中からボリビア代表が生まれたりしてなあ、なんてシミジミ考えた。電通社員にオススメの記事。
http://today.reuters.co.jp/news/newsArticle.aspx?type=entertainmentNews&storyID=2006-06-10T195815Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-216768-1.xml  
Posted by lazio_11 at 14:22Comments(0)TrackBack(0)

May 20, 2006

できるだけニュース 2006年5月20日

■Favalli al Milan fino al 2008 (Rai sport)
-----働く中年サラリーマンの星、ジュゼッペ・ファヴァッリがミランと2年契約で合意。胃腸に気をつけて地道な選手生活をお送りください。ファヴァッリが引退する頃にはネスタが凱旋しているのだろう。
http://www.raisport.rai.it/sportarticolo/0,10719,37506,00.html

■Estudiantes, l'ex laziale Simeone e' il nuovo allenatore (Goalcity)
-----現役を退いて監督の座を引き継いだ際、まさに降格レースの先頭を行っていたラシンを、残り5節の段階から4連勝させ、ミラクル残留を達成したディエゴ・パブロ・シメオネ大統領が、来シーズンからエストゥディアンテスの監督に就任することが決定。まだどうなるのか知らないけど、かねてからの噂どおりヴェロンがインテルを退団し古巣に復帰した場合は、このblogでお祭りが開催されます。
http://it.sports.yahoo.com/19052006/4/estudiantes-l-ex-laziale-simeone-allenatore.html

■シニョーリ現役引退 (Gazzetta.it/livedoor SPORTS)
■Ungheria: Signori-Sopron, l'avventura è finita (Gazzetta.it)
ハンガリーのFCソプロンが、かつてイタリア代表でも活躍し、セリエAで3回得点王に輝いたシニョーリ(38)が同クラブを退団し、現役を引退することを発表した。
-----エッ!引退してなかったんだ・・・ オツカレチャン。ちなみに裸にソプロンでは5ゴール決めてたらしい。
http://sports.livedoor.com/article/detail-3630088.html
http://www.gazzetta.it/Calcio/Estero/Primo_Piano/2006/05_Maggio/18/signori.shtml

■ガンバレ!ニッポン!!芸能界から激励メッセージ (SANSPO.COM)
サッカーW杯日本代表に大黒将志(26)と巻誠一郎(25)の両FWが選出されたことを祝して歌手、大黒摩季(36)が「日本サッカーよ、熱くなれ!!」と直筆のお祝いコメントを発表した。
-----ニュースの中身はどうでもよくて、この度NHKに早野サンが復帰しなかったことを大変遺憾に思っていることをどこかで書きたかっただけ。ダジャレは南アフリカ大会までおあずけ。
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200605/gt2006051601.html  
Posted by lazio_11 at 03:44Comments(2)TrackBack(0)

April 16, 2006

できるだけニュース 2006年4月16日

少し前に記事だけ載せたコレですが、CMがYouTubeにありましたよ。狙いすぎだスイス(笑)
 「ヘイ、ガール、ボクのウシにならないか?」
  ・・・とは言ってないよ念のため。
http://youtube.com/watch?v=kd9QtTosCU0

そういや、毎試合スタメン、フル出場、100%電柱に徹して、自分を追い越して周りがどんどん得点し、チームが4点取ってる試合でもPKも蹴らしてもらえなかったコッラーディが、土曜の試合でゴールしててチョット泣いた。PKだった。  
Posted by lazio_11 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

April 12, 2006

できるだけニュース 2006年4月12日

■ミラノの明暗 インテル内部抗争の構図(Sponichi Annex)
欧州CL制覇の夢が断たれると同時に“内部抗争”が表面化したインテル・ミラノ。(中略)いっそのこと試合をやって決着をつければと思うが、FWはアドリアーノ、クルス、マルティンス、レコバとそろって反マンチーニ派。
-----ちょっとアンタなに言ってんの、マンチーニ派はマンチーニがFWやるんだから問題ないのよ。しかしこの記事で目を引いたのはそこではなくここ;

・マンチーニ派
   MFベロン
   MFカンビアッソ
   MFスタンコビッチ
   DFサムエル ←−−−−−−ツボ

ちょw、なんでサムエルwwwwww意外なシンパw
え?私?ミ派かな。それかコルド派゙。
http://www.sponichi.co.jp/wsplus/news_e/04913.html

■W杯にうんざりな女性を「ミスター・スイス」が観光誘致(ロイター)
「女性のみなさん」という呼び掛けで始まるこのテレビCMでは、がっしりした農業従事者やセクシーな車掌、健康的な登山家、小粋な身なりの船舶従業員、筋骨たくましい林業の男性などが登場。
-----よしっ、スイス行くぞスイス!
最後は牛乳を搾る2005年「ミスター・スイス」が締めくくる。
-----激しくセクハラっぽいんですが、会ってみたくなりました、ミスター・スイスに。セクシーな車掌やペルッツィ風きこりをはべらせて、今年はスイスでワールドカップを観るのがいいじゃないかな。
・・・ゴッタルディって元気なのかな。
http://today.reuters.co.jp/news/articlenews.aspx?type=entertainmentNews&storyid=2006-04-11T151106Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-209388-1.xml  
Posted by lazio_11 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

March 23, 2006

できるだけニュース 2006年3月23日

■トッティ松葉杖なしで歩いた(livedoor SPORTS)
■トッティがボールを蹴った(nikkannsports.com)
-----次はなんだ?
http://sports.livedoor.com/article/detail-3619259.html
http://www.nikkansports.com/soccer/p-sc-tp0-20060323-10316.html

■「フットボールの犬」第53回:〔バルカン訪問記〕アレン・ボクシッチ(Soccer Click)
今は何もしてない。年金生活を楽しんでいるよ(笑)。日本のファンも気にしているって? それは嬉しいな。でも、サッカーに関することは何もしていない。監督にもコーチにもなりたくないし、そういった野心もない。サッカーくじはやっているけど(笑)。
-----でも、ふとしたところにヒョッコリ現れますよね、彼。フォルメッロの洗濯室とか、EURO2004でエリクソンが記者会見してるところで隣に座ってたりとか(仲悪かったんじゃないのかよw)。彼の小さい息子さんがラツィオのちびっこクラスに通ってましたが、そういやボクシッチが育った街では、彼が一番ちっさかったらしいですね。オソロシス
ワールドカップにも行かないよ。初戦はいつ? 6月13日? そんな先のこと、今から計画するなんて愚かだよ。だいたいチケットを得るために、自分の名前や個人情報を出さなければならないなんて! テレビで観ていれば十分じゃないか。そうだろ?
-----タチの悪い、デカい出不精(笑)。
http://sports.biglobe.ne.jp/soccerclick/essay/essaylatest.html

忙しくてサッカー観る時間がないからネタがないよ。  
Posted by lazio_11 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

March 16, 2006

できるだけニュース 2006年3月16日

Heartbeat City■カーズ、トッド・ラングレンを迎えて再結成!新曲入りアルバムも発表 (CDJournal.com)
かつてのフロントマンであったリック・オケイセックは不参加となります。
-----せぇ〜〜〜のぉ・・・、 
( ゚д゚)<「それカーズちゃうやん」
ベンジャミン・オールも亡くなってしまっている今、なにこの不可解な再結成は。さては顔の長さだけで選んだな。これはいただけない。今からトッド・ラングレン再始動に変更だ。
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=11151

Who's gonna tell you things aren't so great?
BGM: Drive/ The Cars
  
Posted by lazio_11 at 03:20Comments(0)TrackBack(0)

February 09, 2006

できるだけニュース 2006年2月9日

■Inter ponder Eriksson bid (Channel4)
マッシモ・モラッティは間もなくヒマになるスヴェン・ゴラン・エリクソンをインテルのディレクター職に招聘する計画を立てているとイタリアのメディアが報じた。このアプローチはロベルト・マンチーニの強い希望に基づくものである。
  _, ._
( ゚ Д゚)
http://www.channel4.com/sport/football_italia/feb8c.html

■トッティ「カッサーノ?俺はバルサの試合しか見ない」(livedoor SPORTS)
-----ブッ このわかりやすさがトッティのとってぃもいいところ
http://sports.livedoor.com/football/world/detail?id=3027272

■50歳ナブラチロワ、今季も現役続行(YOMIURI ONLINE)
女子テニスの元女王で今年50歳になるマルチナ・ナブラチロワ(米)が、現役生活を続行することになったと8日、AP通信が伝えた。四大大会出場を含め、今季もフルに活動する。1994年に引退し、2000年に復帰したナブラチロワは、AP通信の電話取材に対して「やり終えたと感じたら、引退する」と語った。
-----ご・・・カッコイイ。幼稚園の頃見ていたカノジョはまだハタチだったのね。
http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20060209ie03.htm

■「ギタカラ!」人気 一人でもバンド気分♪(産経新聞ENAK)
往年の名曲8曲のリードギター譜(タブ譜付)に、リードギター抜きのバンド演奏の入ったCDが付いている。CDの演奏をバックにリードギターを弾けば、1人でもバンド気分が味わえるというものだ。
http://www.sankei.co.jp/enak/2006/feb/kiji/03guitarkaraoke.html
■なりきりギター・ヒーロー ギタカラ!伝説の名曲編(リットーミュージック)
編集担当者よりひと言:社会人になってからバンドを始めるとなると、何かと大変ですよね。お酒の席で「やろうやろう!」なんて盛り上がっても、実は全員ギターがやりたいとか(笑)。運良くメンバーが集まったとしても、お互いの家が遠かったり、仕事や家庭が忙しくてスタジオに入れるのはせいぜい年に2〜3回なんてことも……。せっかく鍛えた自慢の腕も、サビ付く一方! そんな時は、この『ギタカラ!』シリーズを使えば、簡単にバンド演奏を楽しむことができます。
http://www.rittor-music.co.jp/hp/score/guitar_data/05417203.htm
(↑付属CDのサンプルの一部と、模範演奏の一部をお聴きいただけます。)
-----先程くちギターで30分ほど盛り上げました。じゃなくて盛り上がりました。ただ、くちギターでリードヴォーカルもやると忙しすぎて酸欠になる。コーラス入ってないキラー・クイーンはもう大変。殺す気ですか。  
Posted by lazio_11 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

February 01, 2006

ニュースです(1) 2006年1月31日

あのぅ・・・■Tour Of Qatar Cycling Race (Getty Images)
-----今シーズン、虹色のチャンピオンジャージを着て走るトム・ボーネンならびにクイックステップのシーズンがスタートしております。すでにドーハGPでまず一勝。このツアー・オブ・カタールの第1ステージでも勝利(2位はおじさん)。ラクダの並走がイカしてたので晒す。
http://editorial.gettyimages.com/source/search/FrameSet.aspx?s=EventImagesSearchState%7c1%7c0%7c28%7c0%7c0%7c0%7c1%7c0%7c0%7c0%7c56705565%7c0%7c0%7c0%7c0%7c0%7c%7c0%7c0%7c0%7c0%7c0&p=2&tag=2

■Pompey sign Routledge & Koroman (BBC SPORT)
ポーツマスはセルビア・モンテネグロ代表MFオグニェン・コロマンを6ヶ月ローンで獲得;「ステファノヴィッチがキャプテンをしているチームに来れて光栄です。子供の頃から憧れていた人でした。チームメートになれるなんて夢のよう。」
-----コロマン好きなんです!で、ビックリしたことに、ポンペイはリーベル帰還と思われていたダレサンドロも獲得。残留なるか?
http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/teams/p/portsmouth/4663326.stm

■ミランのスタムが7月にアヤックスへ(スポーツナビ)
-----ん?PSVじゃなく?スタムさん、ミランに行ってからサッカーに関して言えばあまり幸福そうじゃなかった。少なくともミラノのスーパーでは現金で買い物し放題でそれはそれで満足だったと思うけど(?)、獲ったタイトルは結局スーペル・コッパのみ。・・・って、6月までまだあるけどきっと何も獲れない。ミランのスタムよりラツィオのスタムの方が全然よかったです。感謝してます。おっかなくて楽しかったです。余生は楽しく過してください。。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20060131-00000009-spnavi-spo.html  
Posted by lazio_11 at 02:12Comments(1)TrackBack(0)

ニュースです(2) 2006年1月31日

■L'Inter ingaggia i figli di Mancini (Virgilio.it)
-----メルカート最終日。インテルはフィリッポ・マンチーニ及びアンドレア・マンチーニと契約。つまりマンチョの2人の息子。1990年生まれの長男フィリッポはAllievi Regionali、92年生まれの次男アンドレアはGiovanissimi Regionaliにそれぞれ加入。2人ともミッドフィールダー。マンチョは以前「長男より次男の方がセンスがある」と言っていたけれど、あの坊やたちにとーちゃんクラスの潜在能力があることを見込んでのインテル入りなのか、コネなのか、メルカートの王者インテルのネタなのか、いずれにせよ微笑ましいです。この年代は丁度プロになるかならないかの選り分けが行われるレベルですから、追々わかることでしょう。とりあえず2人ともどこのチームのファンなのか気になるところだ。
http://sport.virgilio.it/it/cmc/calcio/20065/cmc_92104.html
インテルのユースチームのサイトはここ→(上のメニューから各セクションへ)
イタリアのユースシステムの解説はこちらで→


プチ整形以外にネタが出てきてよかった(*´Д`)  
Posted by lazio_11 at 02:05Comments(2)TrackBack(0)

January 28, 2006

ニュースです 2006年1月28日

Desolation Angels■PRODIGAL SON FOWLER REJOINS THE REDS (LIVERPOOLFC.TV)
-----んまー。
「〜という話が出てきた」レベルだった昨日は、こりゃまたスゴいネタを披露しだしたなと思ったリバプールだったのに、朝起きたらマジだった。ロビー・ファウラーはシティとの契約を解消し6月までの期限付き移籍でリバプールへ凱旋。その後のことはその時決めることになるらしい。観る楽しみがまた増えましたね。
 はて、こういうファンタジーの裏に、いざ自分の応援するチームにもと想いを馳せるファンの人たちがどのくらいいるのだろうか。最近バロッタのハゲアタマを見てると、こんなんなった引退間際のネスタがオリンピコのベンチに座ってぼや〜っと試合を見ているような日が来るんだろうなと思う。
http://www.liverpoolfc.tv/news/drilldown/N151279060127-1724.htm

■Сузуки две године у Звезди (FK Crvena Zvezda Beograd)
-----こちらもネタだと思ってたらトントン拍子に決まってしまった移籍。背番号は1+9なので、デセト(10番)を用意していたというのはまるっきりのウソではなかったというわけ(笑)。さっきニュース映像にてセルビア語で挨拶してるのを見ました(「どう?あってる?」)。ピクシーの日本語より心もとない感じ。ムズカシイと思うけどがんばって下さい。セルビア語だけでなくサッカーも。ちなみに私の母は大の師匠ファン。
http://www.fc-redstar.net/newscontent.aspx?cultureID=2&ID=343&News=343

■来週のFoot!には原さんが出るかもしれないそうです
-----と今週のFoot!で言ってました。

Its all part of my rock 'n roll fantasy
Its all part of my rock 'n roll dream
BGM: Rock 'N' Roll Fantasy/ Bad Company
  
Posted by lazio_11 at 23:59Comments(4)TrackBack(0)

January 22, 2006

ニュースです 2006年1月22日

■Cesar e Inzaghi all'Inter (Rai sport)
セーザルとインザーギがレンタルでインテルへ。セーザルは6月に完全移籍。プリマヴェーラのデッラ・フィオーレ(アルゼンチン人)とクアドリ(イタリア人)が共同保有のかたちでラツィオへ。以上ラツィオ−インテル間で口頭で合意。
-----いつのまにやらシーモというオマケまでついている。デッラ・フィオーレってアルゼンチン人なんですね。この件に関するマンチョのコメントはコレ。現時点での、という但し書きをつけておこうか。私はラツィオシーモに出番をあげてほしいと思っているのですが、あの会長はスクデットの遺物を一掃したいんですよね。
http://www.raisport.rai.it/sportarticolo/0,10719,28477,00.html

■ラーメン(ZONO BLOG)
今年はワールドカップイヤーでメディアに出る機会が増えると思い
去年から発声練習をしている。

-----ゴメン、爆笑した。そういえばこの前、ジェフが「蘇我駅前からフクアリまでの道路にみんなで名前をつけましょう!」と、HP上で投票活動をしてたんですが、私が途中経過を見たときには、2位が「前園さんの言う通り」でした。
http://blog.livedoor.jp/zono_blog/archives/361456.html  
Posted by lazio_11 at 23:04Comments(2)TrackBack(0)

January 17, 2006

ニュースです 2006年1月17日

"101 Things To Do Before You Die"という結構有名らしき本があります。去年ロンドンに行った時に目に付いて買っときました。「27:噴火中の火山を見学」「37:マッチを使わずに火を起こす」「63:新聞の1面を飾る」「95:復讐する」など、死ぬまでにやっとく101の事柄がチェックリストや記録用ページとともに並んでいます。サッカーに関連することだと例えばこんなの;「48:母国がワールドカップで優勝する瞬間にスタジアムにいる」。

この本に似たようなことが載っているのですが、私が以前から死ぬまでにしたいと思っているオリジナル・マターは例えばこんなの;

- 人間国宝になる
- なぎら健壱に「ずっとファンでした」と言われる
- ものの単位になる(1ガウス、みたいな)
- 馬に乗って投げ縄
- 満員の武道館単独ライブ

・・・など。で、なんでこんな話しているのかというと、最近このニュースを見ていて「羨ましい」と思っている自分がいることに気付いたから。

■鈴木の移籍で大筋合意=J1鹿島、レッドスターと(時事通信)
Jリーグ1部(J1)鹿島の牛島洋社長は17日、セルビア・モンテネグロの名門レッドスター・ベオグラードから獲得の申し入れを受けた日本代表FW鈴木隆行(29)について、「大筋で合意に達しているからどんどん進んでいく」と語り、完全移籍の方向で近日中にも正式決定するとの見通しを示した。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060117&a=20060117-00000148-jij-spo

私もワールドカップでゴールを決めて、決めた相手国から誘われて欧州の1部リーグに移籍、チャンピオンズ・リーグにも出場し、ズヴェズダのユニフォームを着て、ミハイロヴィッチから「よぉ、相棒」と呼ばれる日本人になりたい。ヨダレが出るほど羨ましい。  
Posted by lazio_11 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

January 16, 2006

ニュースです 2006年1月16日

■Oddo sente il profumo dei Mondiali (Il Messaggero)
「オッドにワールドカップのにほひ」
右サイドで絶え間ない脅威となり続け、スピード感のあるドリブルで切り込み、カチャトーレの闘志を持っていた。明らかにフォームを取り戻している。

-----ガーン、私がヘボ試合に飽きてテレビの前でうたたねしている間に・・・。前から気にしてたんだけどこの記者オッドのこと好きだよね(笑)。両チームあわせて採点で7つけてんのオッドだけですよ。ひょー。"Giocando bene con la Lazio andrà anche in Germania." 本当に行ってしまえ。
http://ilmessaggero.caltanet.it/view.php?data=20060116&ediz=01_NAZIONALE&npag=26&file=B.xml&type=STANDARD

■イングランド代表に醜聞=監督がおとり取材で問題発言(時事通信)
エリクソン監督の代理人は英BBC放送で「汚いわな」と批判。
-----なぜそんなリアクションを・・・あ、「罠」ですわな。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20060116-00000106-jij-spo.html  
Posted by lazio_11 at 23:23Comments(0)TrackBack(0)

January 15, 2006

ニュースです 2006年1月15日

■日本人ファン、ウルトラに乱暴される(木村浩嗣の「誘惑と憂鬱のスペインサッカー」)
バルセロナのマフラーをしていたのが目を付けられた理由で、殴る蹴るの様子を地元のテレビ局『TV−3』がカメラに収めていた。(中略)フーリガンの証言として日本人側から最初に挑発があったことを報じている。スタジアムの警備担当も「スタンドの上段から外国人が挑発している」という報を受け取っている。
-----バックスタンドで私が観戦した時は、家族連れで草サッカーを観に来ている雰囲気が漂い、そして家族の中に両チームのファンが混在している様子が笑いを誘いました。一人で来てた青年にビスケットを分けてもらったり、結構いい思い出があります。実はダービーだからもっと殺伐としたものを想像していたのが正直なところだったんですが、こういう事が起きて水を差されるよりは全然よかったなあとシミジミしたり。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0506/spain/column/200601/at00007361.html

■Couto: "La Lazio nel cuore, può arrivare in Uefa" (Goal.com)
フェルナンド・コウト;「ラツィオはボクの心のクラブ。今シーズンも調子がいい。UEFA圏内もヨユーですよ。」
-----なんとかうまいこと調整して是非スタメンに名を連ねてほしいです。おもろいから。放送は今晩JSPORTSにて。
http://www.lazio.net/lazionews/news-22734.html

■Burton Albion Players Visit Old Trafford Ahead of FA Cup Replay (Getty Images Editorial)
-----なんでもう来てるの(笑)。先日のFAカップ3回戦でマンチェスター・ユナイテッドと引き分け、再試合に持ち込んだ5部リーグのバートン・アルビオン。再試合を待たずしてオールド・トラッフォードに来ちゃいました。5部ってことは皆さんプロではありません。FAカップの場合、ラウンドごとに賞金が出るし、入場料収入は折半だし、オールド・トラッフォードのピッチに立って試合はできるしで、まさに“夢の劇場”。楽しそうで羨ましい。
http://editorial.gettyimages.com/source/search/FrameSet.aspx?s=EventImagesSearchState%7c1%7c0%7c60%7c0%7c0%7c0%7c1%7c0%7c0%7c0%7c56573149%7c0%7c0%7c0%7c0%7c0%7c%7c0%7c0%7c0%7c0%7c0&p=2&tag=1

■英ブックメーカーの新年珍オッズ(Sponichi Annex)
◆201倍
 ベンゲル監督がモウリーニョ監督のアシスタントコーチになる
◆501倍
 エリクソン監督がW杯優勝後のインタビューで恋人ナンシーさんにプロポーズ

http://www.sponichi.co.jp/wsplus/news_e/01429.html

■J・コール 殴られ半裸で逃走(Sponichi Annex)
酔っぱらって女性の寝室でうたた寝していたところを女性の友人男性に誤解され、一方的に殴られた。はだしで窓から外へ逃げ出したが、シャツは破れて上半身むきだし、血だらけの状態だった。その様子を目撃した人は「最初は誰も彼だと分からなかった」「血まみれでジーンズをはいているだけ。タクシーも素通りしていた」と証言。
-----「実は誤解以前の話で全裸だったから下だけ履いて逃げた」という方に賭ける。忙しいね、キミも。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/01/12/12.html


全然関係ないけど、昨日のファウラーの3点目カッコよかった!  
Posted by lazio_11 at 15:38Comments(0)TrackBack(0)

January 02, 2006

ニュースです 2006年1月2日

■Lazio, scambio Tare-Corradi con il Parma? (Corriere della Sera)
ラツィオとパルマはターレとコッラーディのトレードを協議しているらしい。ラツィオは等価トレードを、パルマは差額の支払いを要求しているとか。
-----つーか、最初っからコッラーディにしとけよっていう話なんですが、まあよい。差額はいくら?払いましょうよ。コッラーディがいいよぅ。好きだよぅ。ちなみにコッラーディはここまで15試合(1455分)出場で5ゴール。ターレは8試合(401分)出場で2ゴール。あなたならどちらを選ぶ?
http://www.lazio.net/lazionews/news-22480.html

■Gomennasai!(ミルコからのメッセージ)
生まれて初めて「座薬」を入れた。仕方がない。
今日は、カウントダウンをする気も起こらなかった。
じゃ。

-----年越しそば茹でながら観てました。全盛期過ぎちゃったか。いやハントが打たれ強過ぎたのか。しかしPRIDEでこのカードやっちゃったし、次にどんなカードがあるのかしらん。もう終わ(ry
http://crocop.cocolog-nifty.com/message/2006/01/gomennasai.html  
Posted by lazio_11 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

December 29, 2005

ニュースです 2005年12月29日

■Lazio buy out Behrami (Channel 4)
-----ここに限らずもういろんなところに出てるので「公式にはまだだが」という注釈付きだけど決まりなんでしょう。ジェノアが持つ残りのパスをラツィオが買い取り、バロン・ベーラミはめでたくラツィオに完全移籍となるようです。ワーオ。久しぶりに当たりクジひいた感じ。イタリアNo1の脅威の右サイドになってください。オッドと。
http://www.channel4.com/sport/football_italia/dec29f.html

■Cesar: Arrivederci Lazio! (Channel 4)
「あの会長との契約交渉なんてアホらしくてもうやってられっか」と公然とロティート会長を非難したセーザルは、インテルへの1月移籍へとまっしぐら
-----達者でな。確かに私は何年か前は「それはイヤだよぅ」と言ってたけど、もう好きにしていい。ちょっと言っておきたいのは、あちこちの記事の見出しだけ見ると、なにかセーザルが守銭奴のようであるかのように受け止れるように書いてあったりするので、できればいろいろと記事の中身まで読んでほしいです。お互いウマが合わずに交渉は物別れに終わりました、そういうことです。よくあることさ・・・
http://www.channel4.com/sport/football_italia/dec29a.html

■冬の狂想曲 (uefa.com)
いろいろあるけどコレかな
クラブのマスコット、ネコのぬいぐるみのジュード・ザ・キャットが、敵地でのプレストン・ノースエンドFC戦で、選手に見えて紛らわしいからとピッチから去るよう言われた
-----グランパスくんクラスならそういう問題はないんでしょうが。あとミハがジャンケンして負けたのはFKだった気がする。
http://jp.uefa.com/footballeurope/news/Kind=2/newsId=379283.html

■みんな、Genkidesuka?(ミルコ・クロコップ公式サイト)
そうだ、みんなに伝えておこう。
この大晦日の試合から、オレは入場曲を替えるかも知れない・・。

-----えええ。エイティーズを一緒に生きた人間として最初は恥ずかしかったけどせっかく慣れたのに。しかしミルコ日本語うまいな。URL見てるとジワジワくる。
http://crocop.cocolog-nifty.com/message/2005/12/genkidesuka_0430.html  
Posted by lazio_11 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

December 27, 2005

『ニュースです』 2005年12月27日

■Cento di questi Oddo (Il Messaggero)
(超要約)先日のレッチェ戦でリーグ戦100試合出場を成し遂げたマッシモ・オッド。「ワールドカップに行くにはラツィオで頑張るしかない」。これが今の彼のモチベーションになっている。「ここに残ってよかったと思っている」。
-----2005年上半期のオッドはヤル気ゼロでどうしようもなかったけれど、下半期の彼は別人のようです。一応可能な限り追いかけて見ていた感触では(ホントだってば!見てたんだって、いやマジで)、プレーが“安定”しているのです。もちろんギッタンバッタンしなくなったという意味で、採点7レベルで安定してるわけではございませんが、安定感など皆無だった彼の、その姿勢が変わったのだなと前向きに解釈してみませんか。このところ「ラツィオは若いチームだから自分が率先して牽引せねば」などと発言してみたり、どうですみなさんこの落ち着きぶり。私は彼のドイツ行きはほとんどナシと踏んでいますが、行けたら行けたでラッキー。ガンバレ、私のネタ帳。失点だらけのパレルモのディフェンダーなんかに負けんなよ。あ、パレルモとラツィオの得失点差変わんねーや。アッハッハ。ザンブロッタには勝てない、そこが課題。
http://ilmessaggero.caltanet.it/view.php?data=20051227&ediz=01_NAZIONALE&npag=33&file=B.xml&type=STANDARD

■Mercato, si tratta con l'Udinese, Scambio Baronio-Di Michele? (ANSA)
-----コズミとうまくいってないディ・ミケーレ、バローニオと交換してくれるんですか?(゚д゚)ウマー ・・・と思ったけれど、
http://www.lazio.net/lazionews/news-22420.html
■Leonardi: "Baronio no, Cribari rientra" (Virgilio.it)
-----バローニオ(゚゚)イラネ、クリバリ返せ、とはウディネのディレクター。なんだよぅ。
http://sport.virgilio.it/it/cmc/calcio/200552/cmc_90651.html

■Inter, Mancini ha scelto: sara' Riquelme l'erede di Veron (Goalcity)
今季限りでのインテル退団が決定的となっているヴェロンの代役として、マンチーニはリケルメをチョイス。
-----幼い頃、ガイジンは全員アメリカ人だと思っていた。そんな感じで、マンチョが知ってるガイコクって「ブラジルとー、アルゼンチンとー、ユーゴとー、・・・(終了)」なんじゃないかとたまに思う。まあそこまでボケる必要はないですが、現在ある意味アルゼンチン代表監督が羨むような仕事を続行中。このニュースはネタですよ、念のため。
http://it.sports.yahoo.com/27122005/4/inter-mancini-scelto-riquelme-l-erede-veron.html

■ズヴェズダ、冬のお買い物 (YU YU FOOTBALL LOG)
ターゲットにしている選手達の名前。ルーカス・カストロマン(26・べレス・サルスフィエルド)、アリエル・オルテガ(31・ニューウェルス・オールドボーイズ)、マルセロ・ガジャルド(29・リーベル・プレート)、マルク・ユリアーノ(33・マジョルカ)
-----ズヴェズダはゼンガ監督になって、ここまで良い調子できています(ゼンガのロングインタビューはこちらで、オモシロイです)。さて、カストロマンは足首を骨折してまず3ヶ月はムリというハナシを聞いたのが11月はじめぐらいだったので、チョットないような。カストロマンは相変わらずケガが多いんですよね。アルゼンチンに帰って来てもシーズンの半分ぐらいは出てこれない。彼にとってもう一度欧州でやるチャンスがあったらいいかもとは思いますが、獲得する側としてはそこんとこ悩ましいでしょうね。ガジャルドにはロシア方面(またオマエらか)からも話が来ているようですが、本人が出たがってない様子。私も今のチームにいるのがよいと思います。行っちゃダメ。オルテガはもう、ヨーロッパは絶対ダメ(笑)。で、ユリアーノはおいといて、ズヴェズダはチャンスメーカーが欲しいのかしらね。
http://yuyu.exblog.jp/2919084/  
Posted by lazio_11 at 23:59Comments(2)TrackBack(0)

December 19, 2005

『ニュースです』 2005年12月19日

■首位チェルシー快勝=アーセナルは13季ぶりリーグ戦3連敗−英サッカー(時事通信)
首位チェルシーはアーセナルに2−0で快勝し、勝ち点を46に伸ばした。ロッベン、J・コールが得点した。アーセナルは1993年3月以来のリーグ戦3連敗。首位から勝ち点差20の8位に後退した。
-----前半にエッシェンのエルボーを顔面に食らってしばらく立てなかったローレン(今シーズンからラウレン)。途中で西岡氏;「ラウレンの前歯が2本グラグラしているということで、どうやらハーフタイム中に歯を抜くことになるかもしれないという情報です」。うえええ。ゴール裏でアタマ縫ってるのを初めて目の当たりにした時は、コノ人たちは人間ではないのかと思ったものです。その後慣れてしまいましたが、スタムが修理されてるのを見た時はちょっと別の意味で怖かったです。ぬいぬいされながら無表情だったので。その後聞いてなかったんですがラウレンの歯はどうしたのでしょうか。つか完全に力不足で負けてガックリきた。チームの出来とは裏腹に最近レーマンが安定している。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20051219-00000018-jij-spo.html

■今季限りのFC東京・原監督、今後は評論家として活動(SANSPO.COM)
今季限りでの退任が発表されているFC東京の原博実監督(47)の退任セレモニーが17日、本拠地の味の素スタジアム(東京・調布市)で行われた。(中略)今後、解説者や評論家として活動する予定。
http://www.sanspo.com/soccer/top/st200512/st2005121809.html
■泣かないよ…かっこ悪いから 原監督 笑顔の別れ(お別れメッセージ全文アリ)(365日 FC東京)
「グラウンドでボール回しできないのは寂しいんですけど、自分で走り込みます。また海外に行って、うまいもの食って、いいサッカーを見て、そして大きくなってみなさんとまた会える日を楽しみにしたいと思います。」
http://tochu.tokyo-np.co.jp/fctokyo/topics/topics_051218.html
-----ハラヒロミの食いしん坊バンザイが還ってくるようです。写真

■マーティ・フリードマン、紅白出演!?(CDJournal.com)
-----メガデスが紅白に出る時代が来るなんて(違う)。来年になったら『ヘビメタさんリターンズ』なんていうのが始まりませんかね。
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=10468  
Posted by lazio_11 at 23:59Comments(2)TrackBack(0)

December 16, 2005

『ニュースです』 2005年12月16日

■チェルシーとバルサが激突 決勝T1回戦=欧州CL(スポーツナビ)
-----またぁ〜?もうちょい後に見たかったです。しかし「抽選」って言ってももはや誰もアレを抽選だと思ってないので、そろそろ他の方法で決めたらどうかと思います。「指名」なんかどうかな。フィーリングカップルみたいな豆電球付きの卓希望。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20051216-00000033-spnavi-spo.html

■<サッカーW杯>日本1次3試合のTV中継、割り当て決まる(毎日新聞)
NHK総合が中継するのは12日午後10時開始のオーストラリア戦と23日午前4時のブラジル戦。
-----ヒロシ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051215-00000119-mai-soci

■「ラツィオ×ユベントス」戦、放送決定!(SKY PerfecTV!)
スカパー!は、セリエA・ラツィオのホームゲーム放送権を獲得いたしました。つきましては、12/17(土)の「ラツィオ×ユベントス」戦より、ラツィオホームゲームの放送を開始いたします。
-----随分ひっぱりました。やはりおそるべしユーヴェ力(※カじゃなくてリョクだから)。とりあえずどうもオリゴ糖。
http://blog.skyperfectv.co.jp/soccerprogram/archives/2005/12/post_135.html

■Cycling : Team Csc Survival Camp (tdwsport.com)
-----個人競技だと思われがちな自転車ロードレースですが、チームで戦う団体競技の側面もあり、そこがこのスポーツを面白くしているともいえます。シーズン前にキャンプをはるのはどのチームスポーツでもお馴染み。自転車レースチームも例外ではありません。CSCはデンマークのチームで、目下エースはイタリア人のイヴァン・バッソ。毎年地獄の軍隊キャンプをやるのが有名です。今年の様子が見られる写真サイトを見つけました。自転車チームのキャンプでなぜニシキヘビなのか。ちなみに選手だけでなくメカニックやドクターたちも一緒にサバイバルします。
http://www.tdwsport.com/imagedesk/reportages.php?item=2&year=2005&step=showrep&repID=20051534  
Posted by lazio_11 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)
このページの上へ▲