昨日はバレエのレッスンに参加してみた。私が参加したのはバレエ初級のはず…でもまわりを見渡すとあきらかに経験者っぽい人が半数以上。待ち時間にはバレエシューズを履きストレッチをして本格的だ。何よりいかにも女子っぽい女子ばかりで私のキャラではあきらかに場違い。なんだか抜け出したい気分だったけど頑張ってみた。小さい頃に憧れたバレリーナ。その片隅を初めてかじってみることに…「まずは1番の姿勢、次に5番」あ〜憧れだったあの響き(´ー`) しかし私は身体が信じられないほどか・た・い!ストレッチでも屈折し先生から「できる人は足の裏持って!くるしい人はふくらはぎで!」なんて指示があるが私はもちろん無理せずふくらはぎ。へたすりゃ太ももだったりする。ゆったりとした動きのわりにはけっこう汗かいた。姿勢が良くなりそうなので続けたいが性に合わんかも?続けてその後のHIPHOPのクラスにも参加してみた。バレエとはうって違った客層である。バレエやってヒップホップするのは私くらいなものだろう。ヒップホップ
のノリは好きなので聞きながらリズムをとるだけでも楽しい。しかし鏡にうつる自分のダンス姿がかっこ悪くて恥ずかしくなる。なるべく鏡を見ないようにしながらひたすらダンス。帰ってからも何度も練習した『キック!ステップ!キック、トン!トン!』というフレーズが頭から離れない。いつかはかっこよくヒップホップダンスを踊ってやるぞと心に誓った。私も人のことは言えないが昨日のメンバーの中にかわいそうな位のダメ男くんがいた。歳は30前後位だと思う。驚くくらいにリズムに乗れないのだ。わざとやってんじゃないの?と思う程。でも一生懸命だ。初めてだし楽しくやれればいいじゃないかと思いながらダメ男ウォッチングしていたがレッスン終了後、先生から「先週よりずっとよくなったよ!」と声をかけてもらってた。 へぇ〜ダメ男は先週も参加しそれにも懲りず今週も…きっと彼は何か自分革命でもしたいんだろうな(*^・ェ・) わたしは彼をのび太と名付けた。