2013年08月26日

※写真自体は一年前の2012年夏のものです。


201208neko_001


岩手県の県南の某所に小さな神社があります。

良くある普通の村社の一つだと思うのですが、ここには変わったものが沢山積まれています。

それが猫の絵馬。


201208neko_002
201208neko_003
201208neko_004
201208neko_005
201208neko_006
201208neko_007
201208neko_008
201208neko_009
201208neko_010
201208neko_011
201208neko_012
201208neko_013
201208neko_014
201208neko_015
201208neko_016
201208neko_017
201208neko_018
201208neko_019
201208neko_020
201208neko_021
201208neko_022
201208neko_023
201208neko_024
201208neko_025
201208neko_026
201208neko_027
201208neko_028
201208neko_029
201208neko_030
201208neko_031
201208neko_032
201208neko_033
201208neko_034
201208neko_035
201208neko_036
201208neko_037
201208neko_038
201208neko_039
201208neko_040
201208neko_041
201208neko_042
201208neko_043
201208neko_044
201208neko_045
201208neko_046
201208neko_047
201208neko_048
201208neko_049
201208neko_050
201208neko_051
201208neko_052
201208neko_053
201208neko_054
201208neko_055
201208neko_056
201208neko_057
201208neko_058
201208neko_059
201208neko_060
201208neko_061
201208neko_062
201208neko_063
201208neko_064
201208neko_065
201208neko_066
201208neko_067
201208neko_068
201208neko_069
201208neko_070
201208neko_071
201208neko_072
201208neko_073
201208neko_074
201208neko_075
201208neko_076
201208neko_077
201208neko_078
201208neko_079
201208neko_080
201208neko_081
201208neko_082
201208neko_083
201208neko_084
201208neko_085
201208neko_086
201208neko_087
201208neko_088
201208neko_089
201208neko_090



日付を見ると昭和30年代、とりわけ40年代に描かれたモノが多いような気がします。
大きさもバラバラな、全てが手描きの猫の絵馬。
どれもこれも味があり、大変ココロ惹かれる。

木片に墨で描かれているためにぞんざいな扱いであっても読み取れるものは多々あります。
世界で一番強靭な記録メディアは「石に彫る」ということらしいですが、「木に墨」というのもなかなか劣化が少なく後世に残るものみたいです。
それでも長年風雨にさらされていたら簡単に風化していってしまうから、写真に収めておきたかったのだけど。
すでに消えて見えなくなっているものも多々あります。どんな猫が描かれていたのかな…。


第一にどういう理由とどういう思いで猫の絵馬をこんなに奉納していたのか。


「願主」のところに、「斑白」とか「青毛」とか、絵馬の猫のことだろうと思われる名前(種類と言うべきか…w)が書かれているものもあるのがウィットにキュートww



画像で消しているのは地名です。念のため。



201208neko_091
201208neko_092


現在は社の両脇に積み重ねられて放置されているような絵馬ですが、2000年代初期くらいまでは社全体にぶら下げられていたそうです。
その時代を見たことないのが悔やまれる。


201208neko_093


近所に茶屋なんてないよ!w


乱雑に積み重なっている絵馬をコマメに避けながらの作業はなかなか大変で、お社には沢山の枯れ松葉も積もり、絵馬も掃かなきゃならない土くれが付いているものも多い。

木陰にあるから日光は遮断されて熱くはないのですが、夏場なので蚊も大変。
重ねられた絵馬を避けるたびに沢山の紙魚が沸いてきて、あー紙って木からできてるんだなーーと当たり前のことを再確認する。


1時間くらいかけて3割くらい写真に収めて見たものの、これ以上本当にがんばるのであればお社掃除して絵馬を整頓して…ってやらないとムリだな、と思い断念。
それやるならちゃんと管理者に連絡しないといけない。大作業になるから一人ではちょっとムリ。
県道沿いだけどあまり車も来ないし、観光地でもない山裾でドラブル起こったら独りじゃ対応ムリですわ。人の怪的にも山の怪的にも。


県道と川とローカル単線が平行して走っているところに隣接した場所なんですけどね。



そしてお社には失礼が無いようにはしたのですが、ハタから見て不審者に見えないかが心配でしたね…w
掃除してるおばちゃんがいるな、くらいに見えてたら良いのだけど。



201208neko_094


ちなみに何故か一枚だけ蛇が居るw





実はここに来るのはこの日は2度目で、
初めて行った時は2010年3月。

201208neko_095


狛犬が居た。2012年に行った時はあったかな…。こういう石造は震災で壊れちゃった可能性もあるんだよね。
震災後あちこち参拝した時は倒壊した石鳥居や灯篭をたくさん見ました…。


201208neko_096


キレイな注連縄があったので、つまりは管理している人が居るという証拠。神様はまだちゃんと居ます。
柱に括り付けてある松葉は榊の代わりなのか門松の代わりなのかw


201208neko_097
「お社全体にかかってた」という目撃談の証拠の片鱗。



行くの大変だけどまた見に行きたいなーー。


6個lb_rocco at 02:50│コメント(0)トラックバック(0)日記 | 写真

2013年08月25日

画像整頓してたら、今年2月3日に撮ったやつがあったよー。
19時過ぎくらいだったので、人が少なかった。

せっかくだからUP。@新宿。

201303_jojo_01


201303_jojo_02


201303_jojo_03


201303_jojo_04


201303_jojo_05


201303_jojo_07


201303_jojo_07


201303_jojo_08




横からの視線も意識する、シャドウボックス風味のディスプレイ。



おまけ。
201303_jojo_09
渋谷タワレコでJOJOの円盤宣伝期間中に入り口の二本の柱にラッピングされていた。

一本の柱には表通りに面している側はJOJO、その裏はシーザー。
もう一本は表に柱の男3人。そして裏はこれ。


この人。


オナジ人なのにある意味主人公よりも優遇されているシュトロハイムさんです。




6個lb_rocco at 01:30│コメント(0)トラックバック(0)日記 | 写真

2012年11月09日

張り子のキツネのお面を作ったよ
のエントリーがとても人気です。
更新してなくてもこのエントリーに毎日だいたい100HIT来るんですが、みんなどんだけ張り子のお面作りたいの…。

かく言う私も「正式な作り方があるなら知りたい!」と思い、去る9月9日、
張り子のお面の製作体験が出来る、岩手県北上市にある郷土芸能系、鬼の博物館「鬼の館」に行って参りました。


先にその体験の方を。
20121107_oni01

大体の流れはこの看板通りです。

お面製作体験は、北上市の郷土芸能「鬼剣舞」か「河童」から選べます。
鬼好きなんで鬼剣舞チョイス!
20121107_oni02

色にも意味があります。迷わず黒を選択。

この日の前日、遠野市でざしきわらしが住む民宿「わらべ」さんにてマブリットキバの夜話会に参加して参りました。とても面白い不思議な話を沢山聴けました。
マブリットキバは黒鬼です。だから黒一択!!!!!!

20121107_oni03

お面用の型はメス型です。石膏で出来ているそうです。
正直な話、本格的に作るならフツーの人はこんな良く出来た型を用意することが出来ないよ^^^^^^^^

型の作り方は別なところで調べていただきたい・・・。


コチラの博物館で体験できる張り子のお面の監修をしておられるのが、
岩手県胆沢郡金ヶ崎町で張り子の工房を開いていらっしゃる「さわはん工房」さん。
六原駅にある工房だから「六原張り子」と言うのかな?
20121107_oni04

博物館で六原張り子に使う紙は
A.「和紙(成島和紙)2枚」
B.「ボール紙(折り紙セットに入っているようなあの灰色の厚紙だった)」
C.「牛乳パックを煮てビニールを剥がしてミキサーにかけてドロドロにした紙を漉いたオリジナル和紙」


でした。
つまり薄いの!

A.成島和紙から貼り付けて行きます。
20121107_oni05

ペタペタ。

ここで使うのりは「障子のり+水性ボンド」を混ぜ合わせて水で溶いてトロトロにしたものを、ハケで塗ります。

成島和紙ののり塗る面なんかを図で。
20121107_oni06

しわにならないように伸ばし伸ばし丁寧に。
空気も入らないように。

20121107_oni07

第一段階終了。この状態でまたハケでのりを塗りつけておきます。

B.ボール紙は、水に浸しておいて充分に水を含ませておく。
20121107_oni09

ボール紙にものりを塗布して、八枚にちぎります。のり面を上にして貼り付けていきます。
しわになるようなところはやぶったりして調整します。

C.牛乳パック紙はのりを塗布して5枚に短冊状にちぎります。
20121107_oni10


今度はのり面を下にして外周から貼り、
20121107_oni11


最後に中央に筋を通して補強完了。
20121107_oni12

さて型から剥がします。

耳の部分を一周浮かすように先に剥がす。
20121107_oni13


そこから一気に引き剥がす。
20121107_oni14



剥がしたあとはもう一度、型に耳の部分だけ押し付けて、輪郭をはっきりさせます。


剥がしたお面に上からのりを塗りつけます。20121107_oni15

乾くとこののりも補強になります。


これを完全乾燥させます。
博物館だとお手製の乾燥機に入れて30分くらい待ちました。


乾いたものがコチラ。
20121107_oni19

耳の部分を切り落とし、これにサンプルを見ながら絵付けをします。
こちらでは「イベントカラー」というポスターカラー系の顔料絵の具で塗装しています。
張り子の場合、絵の具には特にルールは無いようです。顔料系ってことくらい?

まず最初に土台の黒を塗ってから、目の部分とヒモを通す耳の部分に穴を開ける。
20121107_oni20



あとの塗る作業は手順とかはまぁ、塗りやすいように、としか言えないですね(;;^;;^;;)


ということで完成!!!!
20121107_oni21

友達と行ったので阿吽で作りました。
私は阿形を製作。画像右です。


私は人より工作は得意なほうだと思っていますが、製作には乾燥も含めて3時間近くかかりました。
博物館の閉館はPM5:00なので、作りたい!という人は最低でも3時間前の2時から始めてください。
むしろ2時になる前が良いな…。

私が体験したのは土台から作るコースですが、
色付けだけを体験できるコースもあります。
色付けコース用のお面は博物館学芸員の方が製作していますが、この場合は成島和紙を使わないでボール紙と牛乳パック紙だけで作っているそうです…!!(@w@;;; これは凄い。

学芸員さん製作のサンプル。
20121107_oni22

20121107_oni23


監修のさわはん工房さんの作品も飾ってあります。
20121107_oni24




ちなみに土台コース300円でした!安い!!!!




ここ「鬼の館」は鬼にまつわる資料を展示してあるところです。
古来、「鬼」は、日本の至る所に出没し、人を超えた力を持ち、
私たちの陰の部分に暗躍してきました。また、「鬼」は、蝦夷
(えみし)とともに東北に住む人々に与えられた蔑称でした。(鬼の館サイトより引用)


20121107_oni25

20121107_oni26

鬼剣舞の模型。

資料の他、100を越える数の日本の鬼面、そして海外の魔よけ面が展示してあります。
近隣学校の生徒作のお面もあったりします。

お面をつけ神楽舞を踊ることで、人はその身に神をおろします。
理論上は人の身だけれど、人ならざるモノになる。

肉体自体が神座。


ヒーローマスクもかぶることで、ほんとにヒーローが降りてきちゃうんだze☆
まあ人ならざるモノ=神とは限らないので、…っていうか人に仇なす神様もいらっしゃる、と言ったほうがいいのか。


こういう世界に興味ある方は図録も買っておいたほうが良いです!!凄い良い資料!!
20121107_oni28

展示室内にあるTAKE FREEの展示解説シートも忘れずに!!!


私は図書ブースにある手作り和とじの物語編纂本が気になって仕方が無かった。
20121107_oni27

この手の手作り本の中には市販の本には編纂されていない珍しい物語が詰まっているんですよ…。
流石に1日で読んで帰ってはこれないなww



この後、同じ北上市にある、さわはん工房さんの直営店、「鬼の居ぬ間」に行きました。
うさぎ面が可愛かったのでほしかったのですが、売り切れていたので安定のキツネ面を購入…w

ついでにいろいろお話を伺ってきました。
「鬼の館」に展示されているお面の多くは、このさわはん工房さんが博物館に頼まれて集めて来たものだそうです。

こちらの「鬼の居ぬ間」は10月いっぱいで閉店されています。
張り子自体は六原駅の工房本店でも購入できます。オンラインショップもあるよ!


「鬼の居ぬ間」にも沢山型は置いてあったのですが、基本的に工房では製作体験なんかはやっていません。
体験したい場合は素直に「鬼の館」に行ってくださいね!喜ばれるから!!!


最後に頂いた張り子のチラシUPしておきます。オンラインショップに無いラインナップもあったので。
六原張り子s_01

六原張り子s_02

六原張り子s_03

六原張り子s_04

六原張り子s_05

六原張り子s_06







6個lb_rocco at 01:21│コメント(0)トラックバック(0)いろいろ工作 | 日々の感想文

2012年09月15日

FrozenFrog


「乙女の玉手箱シリーズ カエル」
という、カエルグッズや雑貨を集めた本に、
第4回浅草かえるアート展が紹介されています。

出展作品が数点紹介されているのですが、私の「FrozenFrogs」も画像入りで紹介されておりました!

カエル雑貨本に載るとかめっちゃ嬉しい・・・!
もっとちゃんとカエルアーティスト目指そうとかおもいました!w



機会があったら見てやってくださいなーーー!
アマゾンでも買えます!



6個lb_rocco at 00:52│コメント(0)トラックバック(0)日記 | オリジナルイラスト&デザイン

2012年08月03日

夏休みです。
夏休みとか関係ない社会人ですけど夏休みです。

なので自由研究をしてみました。
今年はコンビニでチョコミント菓子が豊富なので、食べ比べてみた!
「あまり美味しそうに見えない奇妙な食感イメージ画像」つき!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<明治> ガルボミニ あじわいミント
201208_mint08
ちょっとミント感があるチョコスナック、という程度。
冷やすと硬くなりすぎて食べ辛いです。
小腹が空いたときにでも。
201208_mint08p




<明治> フィールミント ジュレ
201208_mint07
「フィールミント」にジュレinしたやつですね。
フィールミント自体がおいしいです。ただ、「138円で満足できるミント感か」と問われたら私は別なチョコミントを選ぶぜ。
ジュレinはその分ミントの清涼感が増してます。ノーマルフィールミントもそうですが、チョコは甘すぎず、味わいは全体的に上品。
ミントジュレの凄いところは「ミント感が尾を引く」ところ。チョコを食べ終わってからの方がミント感がぶわっと出ます。口の中にずっとのこる清涼感。
ガツガツと食べる系ではなく、気分転換に1〜2個口にしてのんびりする感じに、優雅に戴きたいチョコミントです。
201208_mint07p




<ナビスコ> オレオ チョコレートバー ミニ チョコミント
201208_mint06
オレオの特徴といて、クッキー感はガッツリ来ます。
ミント感はところどころ出てくる感じかな。ミント感を期待して選ぶとがっかりするかも。
「オレオが大好き!ミント?それも好きだよ〜〜」くらいの感覚の人向け。あくまでベースはオレオです。
201208_mint06p




<ネスレ> エアロ チョコミント
201208_mint09
「凍らせておいしい」と銘打たれておりますが、まさにそれ!
外側は普通に甘くおいしいチョコですが、噛むと中身がふわっふわ!エアロなだけに。
ミント感の高いフワフワチョコが、口の中でモロモロとやさしく崩れます。
この食感は他にマネ出来ないな!
201208_mint09p




<グリコ> ミント&クッキー チョコレート
201208_mint05
これは面白い。
チョコで「常温で戴けるチョコミントアイス」を再現しようとしている。
チョコミントですが、ホワイトチョコ使用でクリーム感がとても高い。
甘みよりも「クリームチーズ」感がものすごくします。
肝心のミント感も安定してあります。ただミント感よりもクリーム感が強く前面に出てくるのでそれでも構わない人向けの味。
二層構造で下にはクラッシュクッキーが混ざっているのだけれど、その食感が秀逸。
これは「チョコミントアイスの『チョコチップ』の食感」を再現していますよ!!
パッケージには「冷やしてもおいしい」とありますが、個人的には常温をオススメします。「常温で溶けないアイス」みたいなぬるさを感じることにもなりますが、常温の方が口の中ですぐ溶けるのでより擬似アイス感を楽しめます。
201208_mint05p




<森永> DARS ミントチョコレート
201208_mint04
ビターチョコの中にミントチョコ・・・だけでなく、ミントリーフとミント粒が入っているという、容赦ない仕様。
甘くないチョコに刺激物IN刺激物の二重三重のギミック。大人向けの味です。
それでもキチンとダースしている!!!!
ダースチョコミントの一番残念なところはそのパッケージデザイン。
白ベースのミントグリーンカラーのドットなのだけど、ドットが弱すぎて完全に白。
チョコレートの場合白パッケージだとチョコミントに見えない。ダースソルト味の方がよほどチョコミントパッケージらしいです(><)
是非リファインして効果的なカラーパッケージに変更を願いたい!!
201208_mint04p




<グリコ> ポッキー チョコレートミント
201208_mint03
常温で食べると「ちょこっとした清涼感のあるポッキー」くらいです。ポッキーの変り種好きな方向け。
ただこれは冷やすととても化ける。
そもそもポッキーは冷やして食べると歯ごたえと冷えすぎない爽快感が小気味良くて美味しさがましますが、そこにミントの清涼感がプラスされて通常の三倍のさわやかさになります。
でも基本的にはポッキーファン向けかな〜〜〜
201208_mint03p




<明治> きのこの山 あじわいミント
201208_mint02
ベースのブランドがあるのに、チョコミントとして充分おいしい!
苦味のあるココアビスケットとのバランスも良いです!!
ビスケットを噛んだあとバラバラになった破片がチョコに混ざり、こちらも「チョコミントアイスのチョコチップをビスケットで表現しているギミック込み」と言えなくない食感の面白さがあります。
ミント感の後引きも充分濃く長いです!
普段はたけのこ派の私も絶賛!!
201208_mint02p




<ブルボン> ミニビット ココアミント
201208_mint01
チョコとミントの二重奏でチョコクッキーIN。
文字を並べるととても豪華そうなのですが、通常のチョコの部分味が強すぎて、ミント感を抑えつけています・・・・・。
食べ終えたあとに続くのはミント感ですが、個装パッケージなどの豪華さに期待してしまう分、「チョコミントを食べたい時にこれを選ぶか」と聞かれたらうーーん。
しかしBITZの良いところは大きめ粒なので、腹もち感があるところ。「おなかが減って満足感があるチョコがほしくてしかもチョコミントがいい!」みたいな選択でしたら間違いないかと!
201208_mint01p




<ロッテ>クランキー ミント
201208_mint11
チョコスナックですねー。食べるとプチプチッとささやかにミントがはじけます。
そう、ささやかに・・・・。
クランキーが好きで、クランキーの別版食べたい!って方向けのお味。
201208_mint11p




<ロッテ>ス〜っとひんやりチョコ ほんのりミント
201208_mint12
「ほんのり」と記載されているように、ほんのりミントです。
正直「チョコミント」カテゴリにいれるべきか悩むくらいのミント感ですw
カワリダネのチョコが食べたい〜というときなどに。






★★★★★★★★殿堂入り★★★★★★★★

<森永>プラスミント
201208_mint10
これは何処も越えられない素晴らしさ!!!
しっかり糖衣で夏でも溶けない!
でも糖衣の中のチョコはやさしく溶けるよ!!
糖衣のミント感がチョコ味まで包み、チョコを感じつつミントの爽快感半端ない!!!
これならアメリカのハバネロ上司コピペのマネできるわ・・・・!.。゚+.(・∀・)゚+.゚
パッケージもかわいい。ほんのりパステル入ったミントカラーにチョコイメージのドット。
どこから見てもチョコミント菓子のパッケージに相違ない。
そしてこんなに愛らしいのに、ガツンとくるミント感の漢らしさです。
惜しむらくはこのプラスミント、毎年期間限定、コンビニ限定のこと。
楽天あたりで卸価格で売ってたら私確実に箱買いして積んでいます。
正直これさえあればいい。

しかしさすが私の森永製菓・・・!
森永には期間限定でもいいから、「チョコボール チョコミント」を製造して欲しい。是非。





このほか、コンビニには売ってないけどオススメのチョコミント。

<ゴディバ> パール ダークチョコ&ミント
cm01
※画像は楽天の通販サイトより。画像クリックでリンク。
おいしいです。さすがゴディバ。されどゴディバ。
森永チョコボールより少し小さい缶で、600円するんだぜ・・・・。
自分への御褒美的なときにドウゾ!!
チョコミントのスティックタイプもありました。しかし食べた事はないです。
なぜなら1800円もしたから・・・・・・。


<Andes> ミントパフェ
cm02
※画像は楽天の通販サイトより。画像クリックでリンク。
ソニプラや成城石井など、輸入菓子を売っているお店にあります。
ドンキホーテにも売ってる場合があります。
これもいいねーーー!
プラスミントが買えない時期はこれを買って冷蔵庫に積んでいるよ!!
ちなみにチョコとミントチョコの比率が逆のパターンのチョコ(クリームミント)もあるのですが、そっちは食べた事が無いです。
だって・・・ミント感強いほうが好きなんだもの・・・・・。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

とりあえず以上でございました。
この記事は新しいコンビニチョコミントが発売された際には項目が増えていく可能性が多々あります。

書くのに飽きていなければ・・・・・。

6個lb_rocco at 00:20│コメント(0)トラックバック(0)チョコミントワークス | 日々の感想文

2012年07月26日

6月30日〜7月2日に行われた、「第4回浅草かえるアート展」に出展してきました。


第4回用にも新規で描き下ろそうと思い、当初はまたアナログで描いておりました。
折角現物展示できる場所だからねーーー。

んがしかし、色塗りを大いに失敗してしまい・・・・
時間的に辛かったので、PCに取り込んで塗りなおしました・・・。

20120726_みかえる

「身還る」

期間中は別の用事で、搬入以外に会場に行っていないもので、デジタルの画像そのままで。
これをプリントアウトして展示していました。

このほかに去年の「大変態」
pixivフェスタに出展した「遊星から愛を込めて☆ミ」を自家プリントアウトしたもの、
海産物さま主催のかえるイラスト本「蛙本」に混ぜていただいた時のカラーイラスト「FrozenFrogs」を自家プリントアウトしたもの

の、合計4点でした。


反省点山積(完全に自分の都合で)です。
そもそも手伝いに行けてませんしね・・・・。


新規絵にしても、ベキシンスキーっぽいものにあこがれましたが、あこがれただけの、風味はまったく無い出来になってしまいましたorz
これはどうにかしてアナログで描き直したい・・・・。

二回目参加の割りに物凄く参加態度が怠惰だったと思います。
けれど、ご一緒させていただきまして、主催の田村さま心よりありがとうございます!




6個lb_rocco at 03:14│コメント(0)トラックバック(0)オリジナルイラスト&デザイン | 日記

2012年05月03日

静岡県にある洋菓子店、「りべーるだんふぁんす」さまのところの「お茶のクッキー」のパッケージデザインをさせていただきました。

20120503r_01


元の絵はココ、「iPhoneケースデザインコンテスト」で静岡県でファイナリストに残った「蘭字ラベル」のサンコウチョウです。

コンテスト主催のマイコミジャーナルさまで結果発表されたものを、りべーるだんふぁんすさまが気に入ってくださいまして、今回このような光栄なお話になりました。

りべーるだんふぁんすさまはもともとお茶屋さんとのことで、お茶もクッキーもどちらも歴史ある本職。
お話を頂いたときは尋常じゃないくらいビックリしました。
重ね重ね本当に光栄です。
そりゃもう、世の中で一番好きな飲み物は日本茶ですからっ!!!

お品物はお店でも買えますし、静岡駅のキオスクにも多分GW明けには並ぶ・・・・のかな?

クッキーの方も、お茶の上品で味わい深い苦味クッキーを甘くさせすぎずまとまってサクサクの軽い歯ごたえが優しい、絶品のお味でした!

静岡県にお立ち寄りの際はゼヒ、お手にとっていただけたら幸いです!

20120503r_02


お味は
緑茶
ほうじ茶
玄米茶

の三種があります!

6個lb_rocco at 12:45│コメント(0)トラックバック(0)日記 | オリジナルイラスト&デザイン

2012年04月19日

chokomint_iphone_01


オンデマンド雑貨用にずっと描いていたデザインでした。


chokomint_iphone_02chokomint_iphone_03

chokomint_iphone_04chokomint_iphone_05

chokomint_iphone_06chokomint_iphone_07

chokomint_iphone_08chokomint_iphone_09

chokomint_iphone_10chokomint_iphone_11


オンデマンド印刷は止めて、せっかくなのでiphone壁紙としてDLセット販売にする予定です。


6個lb_rocco at 03:38│コメント(1)トラックバック(0)チョコミントワークス | オリジナルイラスト&デザイン

2012年04月18日

デザインBOXの企画。2010年ころです。

ハニカムBOX_完01


ハニカムBOX_完02


6個lb_rocco at 02:09│コメント(0)トラックバック(0)オリジナルイラスト&デザイン │

2012年03月16日

ポリゴンモデルとして製作する予定だった妖怪キャラのデザイン画です。

作品自体は物凄く古い・・・けど、個人的に「既存のデザインの再構築」というものをこれで学びました。
思い出深いしその分気に入っています。

妖怪大好きなのでいつか続きを考えたいものだ・・・・。
I  夜行さん
I うわばみ
I えんらえんら
I おんぶおばけ
I お歯黒べったり
I かごめ
I すねこすり
I たたりもっけ
I てながだこ
I ぬばたまひさかた
I ぬらりひょん
I ノズコ
I ぶるぶる
I 鞍野郎
I 以津真天
I 火車
I 牛鬼
I 玉兎
I 苦笑
I 赤舌
I 置行堀
I 泥田坊
I 土蜘蛛
I 枕返し
I 万年小僧
I 網きり
I 箒神
I 鵺


6個lb_rocco at 04:05│コメント(0)トラックバック(0)オリジナルイラスト&デザイン │