2010年10月07日

唱歌を遺したい1

伝えたい歌 残したい歌。
NHKラジオビタミンの
火曜日11時過ぎからのコーナーである。
 
よく紹介されるのが、唱歌。
古き良き歌の謂われや背景を紹介して、
受け継いでゆきたいという願いと共に、
パーソナリティの神崎ゆう子さんが
毎週2曲程度を調べて、伝える。
 
唱歌は、明治期以降の西洋音楽の輸入の中で育まれた。
讃美歌を大いに取り入れたらしい。
讃美歌にそのまま歌詞が新たに載せられたものもあるし、
そのような音楽を学び作曲したのも確かである。
 
学校の音楽の教科書からも、
今そういう歌が消えていっている。
歌詞が分かりにくいというのもあるし、
時代が古いという考えもあることだろう。
新しいものでもいいものが沢山ある、ということで
押し出されて過去へ消えていくものもある。
 
私などはよく聞き知っているほうであろうが、
さらに若い世代だと、全く知らないというものもある。
歌のおねえさんとして、
そうした唱歌や童謡を歌い続けてきた神崎さんとしては、
忘れられていく名曲が忍びないのでもあるだろう。
 
(続く)


lc1baku at 00:59│Comments(0)TrackBack(0)趣味 | 思い出

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔