2010年12月31日

宇宙・明日・救い

2010年というと、
アーサー・C・クラークの『2010年宇宙の旅』を思い出す。
と言っても、私は映画しか知らない。
もちろん、あの『2001年宇宙の旅』の続編である。
 
そこでは、木星が太陽化した。
小説では、ルシファーと呼ばれるようになったらしい。
堕天使の名である。
 
現実には、
あのように宇宙開発が進んだわけではなかった。
だが、考えてみれば、宇宙を開発するというのは、
戦争をするに匹敵するくらい、
莫大な費用を使うと同時に、
実入りが期待できない事柄であったことだろう。
 
昔はSFと呼んだ。
宇宙戦艦ヤマトもガンダムも、
今の若い世代や子どもたちにさえよく知られているが、
最初は私の子ども時代の産物であった。
 
おそらくは、
手塚治虫の描いた未来像が
大きな影響を与えていると思われる。
それは、荒唐無稽な未来物語ではなく、
様々な資料にあたって学び、さらに
自分の想像力と構成力を駆使して、
生み出したものであった。
 
人類は宇宙へ出て行く必要がある。
それは、この地上での限りある資源や食料、
そして起こりうる争いと滅亡とから
救われるための脱出路でもあった。
 
チリの鉱山での脱出劇も今年あった。
閉じこめられた人々が、
不死なる名をもつ鳥に抱かれて
光の国へと引き上げられていった。
 
まるで、最後の審判の救いのようではなかったか。
 
救われるというのはどういうことなのか。
私たちはこの地上を、
どのようなものとして今捉えているのか。
 
まだ、答えは簡単には出ていない。
出ることもないかもしれない。
だが、問いかけていく中から、
進路というものも見つかるような気がする。
 
2010年から2011年へ。
ひとつ超えていくこの時に、
私たちは今をどのように受け止め、
明日をどのように願うのだろうか。
 
素朴ではあるが、
人は、どこから来て、どこへ向かおうとするのか。
この問いは、根本的である。
聖書は、その問いに道筋を与えている。
答えを知るのは神のみであるにしても。


lc1baku at 00:11│Comments(0)TrackBack(0)思い出 | そもそも

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔