Mr.L-edのブログ

未だ手探り状態ですが、当面は「ウィザードリィ・外伝 ~五つの試練~」に関する(主に自作シナリオの考察や、プレイ記録)記事を中心にやっていきたいと思います。

シナリオ「冥府の門」攻略メモ・最終回

注意! 基本的にシナリオ「冥府の門」のネタバレ全開の記事です。苦手な方はブラウザバックして下さい。


今回はメインダンジョン「冥府の門」のラスト。B9およびB10について解説します。
オマケでちょっとだけEXダンジョンにも触れる予定。


冥府の門B9
マップの大半が透明壁で構成されたマップ。しかもB8リドルを解いて「透明な鍵」を入手しなければ、マトモに歩き回る事もできない。
ここら辺から段々、敵の経験値も大盤振る舞いになってきて、レベルアップもしやすくなる。かくいう自分はレベル30以上に上げすぎてしまい、大分戦闘が楽になってしまった。
このシナリオは確かにドレインやアイテム破壊、酸ブレスなどの特殊攻撃がうっとおしいが、この頃になるとこれらの防御手段も揃ってくる。敵のパラメータは実はHP以外はさほどインフレしないし、レベルが上がってくると前衛職の攻撃回数は10回を超えて際限なく増えていくので、こちらの物理攻撃は強化される一方なのだ。なので大体「物理+プリズミックミサイル」で戦闘は片付いてしまう。
……まあそれはともかく、ここではB7の巨人をどうにかできるアイテム合成イベントと、B10に向けてシナリオクリアに絶対必要になるアイテムを持つ、某レトロゲーで有名な魔王との対決が待っている。私の場合1ターンで魔王は沈んでしまったが……(遠い目)

「冥府の門B9」マップ(ネタバレ注意!)
冥府の門B9

















(01,10)透明な鍵が必要
(ストライプ敵)見えざる悪霊との戦闘
(06,14)ニガヨモギ+媚薬=アブサン
(14,11)フラグドア(OFF時、設定ミスと思しきメッセージあり)
(18,10)天狗との戦闘
(19,11)マスターキー
(02,18)バビロニアの魔王との戦闘(魔王の王笏)
(00,16)アイテムメッセージ(要:ソロモンの指輪)

(特記ドロップリスト)
トリュフ、黒胡椒、時の水晶、ドワーフの秘伝書

(ブラックプディング)ブラックオニキス
(リッチ)死者の書、ナコト写本、ネクロノミコン、死海文書
(レッドドラゴン)赤い鱗
(バンイップ)霧の龍玉
(ダークファラオ)死神の大鎌、ミイラの手、ピラミッドの石、ファラオの黄金マスク、ロゼッタストーン
(ヴァンパイアロード)ロマネ・コンティ、吸血鬼の灰、竜公子の剣
(クラーケン)ジパング鍛冶の秘伝書、聖ブレンダンの羅針盤
(ギリシャの剣)ギリシャの剣(警報で出現)


冥府の門B10
いよいよ表ストーリー最終フロア。どこかで見たような伝統的な構造のフロアマップだ。しかし……ここまで来ると、最大の敵はモンスターではなくやたら長い一本道と、ちょっと油断するとスタート地点に戻されてしまう分かりづらい帰還ワープである。歩くだけで本当にストレスが溜まるので、アイテム稼ぎしたい時は最初の玄室で繰り返し戦闘した方が楽だ。
例によってこのマップも岩のマスは無いので、怪しい空白があったらくまなく探そう。マップ中央でイベントボス戦が待っているが……

(以下、ストーリーネタバレも含みます)
クリアしてみての感想。
「冥府の門」の設定が実に秀逸だった。元ネタとなる蝗害は、紀元前どころか21世紀に至っても未だ猛威を振るっており、人類を脅かしている。
魔王から得たアイテムを持っていない場合、その恐ろしさを痛感する事ができる(むしろ雰囲気を堪能するためには、ちょっと厳しいかもだが一度アイテムなしで挑んでみるのも手だ)。なるほどこれは、魔王の力でも借りない限り人間ごときではどうにもならない脅威って訳なのだなぁ……
無事クリアした後のエンディングも良かった。クリア後の報酬が少ないように思えるが実は気のせいだ。ローマ金貨アウレウスに換算すれば、実は一生遊んで暮らせるぐらいの破格の報奨だったりするぞ!(笑)

「冥府の門B10」マップ(ネタバレ注意!)
冥府の門B10

















(17,16)学者の手記が必要
(16,17)学者の遺言
(00,19)アイテムメッセージ(要:ソロモンの指輪)
(08,10)テュポン、ケルベロスとの戦闘
(05,11)アバドン、黙示録の蝗との戦闘(冥府の門の欠片がない限り、何度でも発生)
(06,11)(05,12)(04,11)フラグメッセージ(ヴェスヴィオ山が解禁)
(05,13)冥府の門の欠片(クリアアイテム。要:魔王の王笏)

(特記ドロップリスト)
インカの仮面、アヴェスター、ラーの天秤、孫子、小さな石像

(麒麟)麒麟の皮、麒麟の角
(モレク)異教徒のラッパ
(T-レックス)雷竜の骨、甲竜の骨、王者の牙
(ア・バオア・クゥー)賢者の石の小さな破片
(メフィストフェレス)栄光の手、魔法の眼鏡
(天狗)打ち出の小槌、クマラの紋章
(ヘラクレス)小さな石像(警報で出現)


おまけ・EX雑感
実はもうちょっとだけ続くんじゃ……なおEXは色々はっちゃけてるので、敢えてここでは詳しく書かないでおこうと思います。
注意点があるとすれば、第五称号のクリアアイテムが意外と分かりにくいモノだったり(とりあえず中で入手したアイテムは城に持っていくのオススメ)、アンティウムで合成したアイテムは元ネタを調べておかないと、ストーリーが意味不明になるかもしれないといった所です。


(6/18追記)
追加で分かった情報は随時更新・補完していますが……未だに「ペルセポリスの遺物」が何なのか分からない。これを入手できればネームモンスターズ解禁できそうなんですが……メッセージ情報からNo.125のモンスターが怪しいと思って狩りまくっているけど全く落ちないなぁ。違うのかな……

まだまだ幾つか謎のままの部分は残っていますが、今回のプレイはここまでにしたいと思います。ありがとうございました!

シナリオ「冥府の門」攻略メモ・その4

注意! 基本的にシナリオ「冥府の門」のネタバレ全開の記事です。苦手な方はブラウザバックして下さい。


メインダンジョン「冥府の門」も後半戦に突入。今回はB5~B8について解説します。


冥府の門B5
でっかいダークゾーンのあるフロア。アンデッド系の魔物が結構いる。ダークゾーンで迷いたくない人は「アラビアのランプ」を使うといいだろう。
この階では「エレベーターの鍵」を守る「キメラ」がいて、鍵を捨てれば何度でも戦えるので経験値稼ぎに向いている。
また存分に強くなったら「警報」に引っかかってみるのも手だ。この階層からミミックではない、何とも懐かしいグラの面子が出現する。
御多分に漏れずこの階層も重要モンスターがひしめいており、特に重要なのはステュムパリデスグローツラングだ。
ステュムパリデスの専用レアドロップ「鵞鳥のゲーム」はなんと「遺品を保護」がある。恐らく最も低リスクで得られるアイテム破壊防御の品ではなかろうか。何しろこのシナリオ、「武器破壊」「鎧破壊」の特殊攻撃をしてくるモンスターがやたら多い。せっかく強力な装備を手に入れたのに、壊されるのが怖くて使えない……なんてジレンマに陥る事もしょっちゅうだ。すると結局火力が足りずやられてしまう。それを防ぐ為にも、どうにか人数分揃えておきたい(余談だが、鎧破壊はあくまで鎧しか壊さない。盾や兜など他の防具をまったく壊されないのはシュールだが、助かる仕様である)。ただし「鵞鳥のゲーム」は合成素材でもあり、完成するアイテムもかなり強力なので痛し痒しだが……
グローツラングは南アフリカに伝わるダイヤを守る大蛇であり、その由来に相応しく「レアアイテム発見+25%」とかいうぶっ飛んだ専用レアドロップがある。もし得られたら積極的に活用してレアアイテムを狙っていきたいところ。

冥府の門B5マップ(ネタバレ注意!)
冥府の門B5


















(06,17)妖精のパイプ+魔法のテルミン=奇妙なバグパイプ
(07,13)アイテムメッセージ(要:ソロモンの指輪)
(00,18)キャスパリーグとの戦闘
(17,11)キメラとの戦闘(エレベーターの鍵)
(10,11)(13,12)エレベーターの鍵orマスターキーが必要
(00,00)マスターキーが必要

(特記ドロップアイテム)
クロスグリ、果ての海の海図、ペリカダイス、聖書

(ヴァンパイア)ランブルスコ、吸血鬼の灰
(グローツラング)宝物の地図
(グリーンドラゴン)緑の鱗
(メデューサ)メデューサティース、メデューサの頭
(ステュムパリデス)青銅の羽、鵞鳥のゲーム
(ギリシャの兜)ギリシャの兜(警報で出現)


冥府の門B6
テレポーターで入り組んだフロア。なんとここには魔力回復の泉がある。そしてソロモンの悪魔から情報を得ているだろう。「泉の傍で行き倒れた云々かんぬん」と……しかし魔力回復ができる泉の傍で行き倒れるって何があったんだろう。よほどの事態でもない限り自力で助かりそうではあるが(笑)。
ともかく、ここで得られるビショップ転職アイテムはきわめて有用であり、簡単に増殖できる。天空から来たという連中の知識と組み合わせれば、あなたもきっと●ピュタの雷の力を手に入れる事ができるはず。「見ろ、敵がゴミのようだ!」
さて、このフロアでとりわけ重要なモンスターはエレメンタル系の敵4種と、知的な馬種族フウイナムである。前者はかぐや姫的なイベントで使うアイテムを揃えられるし、後者はガリバー旅行記の元ネタに相応しく、低確率レア枠になんか持っている。これはクリアに直接関係はないが、もしあれば後々、あなたの冒険の成功に大いに寄与するハズだ。少々無理をしてでも最低1個は確保しておきたい。それにしてもこのシナリオ、ケルピーといいこいつといい、馬関連の敵の重要度が異様なまでに高い気がする。作者はきっとウマ娘の大ファンなのだろう(時系列あってねーよ!)。

冥府の門B6マップ(ネタバレ注意!)
冥府の門B6


















赤スイッチ=警報(ギリシャの鎧との戦闘)
青スイッチ=テレポーター
黄スイッチ=常駐呪文消去

(某所のヒントはI・III・VII・XI。スイッチ配置を時計に見立てた場合の正解を暗示している)

(14,11)エレベーターの鍵orマスターキーが必要
(00,00)マスターキーが必要
(13,11)サンダーバードとの戦闘
(10,08)魔力回復の泉
(09,08)リグ・ヴェーダ(要サーチ)
(13,19)アイテムメッセージ(要:ソロモンの指輪)
(17,02)タロスとの戦闘
(18,02)ロードス島の青銅

(特記ドロップアイテム)
モッツアレラチーズ、マスカルポーネチーズ、デュラムセモリナ、果ての海の海図

(アルラウネ)マンドラゴラ
(アースエレメンタル)大地のブーツ、ほか3種
(ウォーターエレメンタル)シャコ貝の盾、ほか3種
(ファイアエレメンタル)火鼠の皮衣、ほか3種
(エアーエレメンタル)雲のサーベル、ほか3種
(フウイナム)妖馬の革、スタッドブック、フウイナム文書
(カトブレパス)カトブレパスの毛皮、カトブレパスの目玉
(ギリシャの鎧)ギリシャの鎧(警報で出現)


冥府の門B7
玄室がいっぱいある、比較的オーソドックスなフロア。飲んだくれの巨人がいるが、コイツをどうにかするには少なくともB9に行けるだけの実力が必要になる。
例に漏れずこの階層のモンスターも専用ドロップを持つ連中が多い。詳しくはネタバレの所に書くが、中でもブラックドラゴンの重要度が高いだろう。こいつの酸ブレスは非常に嫌らしいが、実は避けては通れない「ある役目」を担っていたりする。ただ以前に比べると、現行バージョンのドラゴンはブレス確率がだいぶ低めに抑えられているようだ。
それでも酸ブレスで装備を壊されたくない人は、こいつの専用ドロップ「黒い鱗」(状態抵抗:酸)を身につけるか、アイテム欄に空きを作っておくとよい。いっぱいになっていない限りは呪いアイテムが増えるだけで、装備を壊される心配はないのである。
あ、それともう1つ。某所で要求される一つ目野郎の目玉は、このフロアの汎用レアドロップ品らしく、サイクロプス以外からも落ちるよ。

冥府の門B7マップ(ネタバレ注意!)
冥府の門B7


















(05,04)アイテムメッセージ(要:ソロモンの指輪)
(10,15)荒野の地図(要:アブサン)
(15,11)ヴイイとの戦闘
(18,17)スイッチ(12,17鉄格子開閉)
(07,11)スイッチ(11,17鉄格子開閉)
(08,01)スイッチ(10,17鉄格子開閉)
(10,16)クラーケンとの戦闘

特記ドロップアイテム)
トリュフ、モッツアレラチーズ、サイクロプスの眼球、死神の大鎌、手練の小手、ボーンチャイナ、魔熱の指輪

(ゲリュオン)オルトロスの牙、ゲリュオンの鞭
(ストリボグ)モノクル
(ミノタウロス)ファイストスの円盤
(インキュバス)インキュバスの霊薬
(サキュバス)サキュバスの霊薬
(ブラックドラゴン)黒い鱗、黒ずんだ粉(酸ブレスに侵される必要あり)
(キメラ)キメラの牙
(キャスパリーグ)猫の翼、ガラスの盾
(ギリシャの小手)ギリシャの小手(警報で出現)


冥府の門B8
少々入り組んではいるものの、ここまで来れた冒険者ならさほど迷う事はないだろう。むしろ敵が強くなっており、戦闘で苦労するかもしれない。ここらでアンティウムの闘技場通いを始めるのもひとつの手だ。
何より厄介なのは、唐突に出現する「我の名を答えよ!」的なリドルだろう。私も正直さっぱり分からなかった(笑)。しかもエチオピアの時と違い、こっちのリドルは解けないとB9から先へ進めなくなり、詰まってしまうのである。困り果てた挙句、藁にもすがる思いで攻略掲示板も読んでみたが、ネタバレを嫌う御仁のせいでロクな情報が書かれておらず、大いに難儀した。
「どうしても解けない!」という人は、SETSUさんのプレイ動画を参照するといいだろう。恐らくこのリドルを、作者の出題意図を汲み取った上で解いたのは彼だけではなかろうか(SETSUさんによれば、一ヶ月ほど考えあぐねていたのを見かねた作者さまからヒントを貰い、ようやく解けたとの事。一番の原因は、このリドルの出題意図がプレイヤー側にマトモに伝わっていない点にあると思う)。掲示板には「途中の文章は無視してカンで解け」みたいな事が書かれていたが、私は逆だと思う。このリドルの背景を理解するためには二行目と三行目を無視してはいけない。そこを抜かすと、たとえ運よく解けたとしても「なんだこりゃ、訳が分からん……きっとエチオピアの時と同じく、世界観と関係ないただのナゾナゾなんだろうな……」で終わってしまう恐れがある。
実はこのリドル、ただのナゾナゾではなく、世界一有名な某救世主のルーツ旧約聖書に登場する裁判の守護聖人といった、結構宗教的な知識を盛り込んだ奥行きがあったりするので、興味のある人はぜひ調べてみて欲しい。

冥府の門B8マップ(ネタバレ注意!)
冥府の門B8

















(02,00)マスターキーが必要
(02,19)トレントとの戦闘
(00,03)アイテムメッセージ(要:ソロモンの指輪)
(02,10)ガルガンチュアクラブとの戦闘

(12,19)ナゾナゾ(答え:獅子orライオン)
(12,17)透明な鍵

(特記ドロップアイテム)
デュラムセモリナ、マスカルポーネチーズ、ドワーフの秘伝書、アトランティスの護符、ボーンチャイナ、蘭奢待

(スキュラ)極東の羊皮紙、地中海の羊皮紙
(ヒドラ)ヒドラの毒袋
(ブルードラゴン)青い鱗
(鵺)獅子王、源三位の弓
(ギリシャの盾)ギリシャの盾(警報で出現)

シナリオ「冥府の門」攻略メモ・その3

注意! 基本的にシナリオ「冥府の門」のネタバレ全開の記事です。苦手な方はブラウザバックして下さい。


さて、いよいよ第三にしてメインストーリーとなるダンジョン「冥府の門」の解説&攻略である。全10層にわたる広大な迷宮……とりあえず今回はそのB1~B4までを軽~くおさらいしてみよう。

冥府の門B1
まずは小手調べ。今度はパーティも強くなっているからか、そこまで苦戦する敵には出くわさない。
ただし警報にだけは注意。うっかり引っかかると「ミミック」というとんでもない強敵が襲ってくる。13レベルに達していないパーティでは全滅必至だ。
しかしもし倒す事ができれば、高価な宝石をガンガンゲット! しかも限定レアドロップに「ゴールドカード」という、出費-50%という素晴らしい魔法効果のあるアイテムが出てくる。
これを持っていれば宝物・宝石・消耗品の類を無駄な出費ゼロで売買可能というスグレモノ!(装備品の類も買取額の1/10で買えるように)金策のきつい「冥府の門」では、まさに救世主のような存在である。
という訳で「アシュファクのマーケット」に行き、薬水を爆買いだ!(笑)といっても城の商店棚に輸送するだけだが……まあでもこれで、マディの薬を普通に店売りで買える。

なおこのフロアで、迷宮攻略ヒントを沢山聞けるようになる「ソロモンの指輪」が手に入る。「冥府の門」はシークレットドアが異様に多いので、怪しいと思った壁はどんどん調べよう。

冥府の門B1マップ(ネタバレ注意!)
冥府の門B1



















(03,14)カトブレパスとの戦闘
(10,08)ナイトストーカーとの戦闘(ソロモンの指輪)
(08,12)アイテムメッセージ(要:ソロモンの指輪)
(10,11)エレベーターの鍵orマスターキーが必要

(特記ドロップアイテム)
トマト、カカオ豆、バジリコ、ワイン、妖精の羽、蛇の皮

(タッツェルブルム)タッツェルブルムの皮
(キュノケファロス)犬人間の手記
(トラゲラポス)大鹿の角
(レプレコーン)妖精のパイプ
(ミミック)ゴールドカード(警報で出現。B1~B4まで)


冥府の門B2
このフロアで特に重要な敵は2体。固定ボス……ではなく、エンプーサリトルグリーンマンである。
エンプーサは何と、全職装備可能・長距離・サブ武器可能・AC無視という、中盤にしてはぶっ壊れ性能な、万能ネギより万能すぎる「マジックブーメラン」を落としてくれるのだ! 思わず乱獲しまくり、気がつけば全員ぶん揃えてしまった(笑)。
いや、だってね? ここら辺で稼いでいると13レベルに到達した際の必要経験値の莫大っぷりに絶望してしまうんだよ(笑)。マトモにレベルを上げて攻撃を当てるよりAC無視に頼った方がいいじゃない?
……えーと、ゴホン。そしてリトルグリーンマンは、「楔形文字の石板」「河童のミイラ」を落とす。どっちもアンティウム図書館のイベントで必要になるので積極的に狙っていきたい。

ちなみにB2のボス2体は、それぞれアイテム破壊攻撃と石化攻撃を繰り出してくる。現時点でアイテム破壊への対抗手段はない。さっさと殴り倒して損害ゼロで切り抜けよう。

冥府の門B2マップ(ネタバレ注意!)
冥府の門B2


















(17,14)体力回復の泉
(18,14)毒の泉 (17,16)石化の泉
(17,10)ケイヴジャイアントとの戦闘
(02,01)メデューサとの戦闘
(10,06)アイテムメッセージ(要:ソロモンの指輪)
(10,11)エレベーターの鍵orマスターキーが必要

(特記ドロップアイテム)
ワイン、カカオ豆

(エンプーサ)マジックブーメラン
(シルフ)妖精の羽、風の衣
(リトルグリーンマン)楔形文字の石板、河童のミイラ


冥府の門B3
こちらも何気に重要フロア。僧侶への転職アイテム「聖書」は、この階から結構拾えるようになる。
「インダス様式の鍵」を落とすグルーディーヴァ戦もあるし、魔物のくせに畑を耕してる爺さんとかもいる。彼は後のイベントに関わってくるので覚えておこう。
モンスターも重要アイテムをドロップする敵が多い。ウィッチ、マミー、ケルピー、マタンゴ、ノールなど……特にウィッチは、やたら専用ドロップ品の種類が多い。サフォケーションであっさり死ぬのでとにかく狩るべし。

冥府の門B3マップ(ネタバレ注意!)
冥府の門B3



















赤スイッチ=警報 黄スイッチ=常駐呪文消去
(18,12)アイテムメッセージ(要:ソロモンの指輪)
(17,07)ニガヨモギ(要:奇妙なバグパイプ)
(18,18)グルーデイーヴァとの戦闘(インダス様式の鍵)
(03,18)インダス様式の鍵が必要
(01,09)ステュムパリデスとの戦闘

(特記ドロップアイテム)
聖書、ワイン、カカオ豆、巨人の歯、真珠のネックレス

(ウィッチ)魔女の帽子、干し首、蝙蝠のミイラ、ヤモリのミイラ、魔女のアンク、クロスグリ
(マミー)ミイラの手、ピラミッドの石
(ノール)ボナコン革
(マタンゴ)干し首
(ゼラチナスキューブ)ファイアクリスタル
(ケルピー)妖馬のたてがみ、妖馬の革、スタッドブック


冥府の門B4
偉大過ぎる大魔王サマランダー様が支配するフロア。ん? 誤字じゃないよ。本当に「マラ」ンダーと言うんだ(笑)。ちなみにサラマンダーは別でちゃんと存在する。
こいつがなかなかにいい性格をしていて、思わず「気に入った。殺すのは最後にしてやる」と言いつつ「あれは嘘だ」とやりたくなるボスである(笑)。
炎の床がそこかしこに点在するので厄介なフロア。身の危険を感じたら、無理せずテレポーテーションで撤退しよう。集団ブレス敵も多いし、レビテイトは必須呪文になる。
とりわけ重要な敵は「ラヴェンナの怪物」「モズマ」。それぞれネームモンスターズの巻物、ドレイン抵抗と便利な専用ドロップを持つ。

勘のいい人ならお気づきだろうが、実はこのシナリオのネームモンスターズ、巻物アイテムでしか使えない(少なくとも現時点では)。いちいちアイテム消費しないと敵を識別できないのは非常に不便なのだが……いちおう、ちょっとした対策がある。帰還する際、パーティメンバーを一人だけ置いて帰るのだ。で、残り5人を回復させて潜り直したら、「パーティを変更」して置き去りにした仲間で冒険を再開。仲間を回収すればあら不思議、常駐呪文は消えていない……うん、言いたい事は分かる。すごくめんどくさいよね!(泣)

冥府の門B4マップ(ネタバレ注意!)
冥府の門B4


















赤スイッチ=警報 黄スイッチ=常駐呪文消去

(04,12)石化の泉
(19,00)スイッチ(緑ベルトコンベア停止)
(00,15)スイッチ(青ベルトコンベア停止)
(06,10)ヨナルデパズトーリとの戦闘(魔法のテルミン)
(19,10)サマランダーとの戦闘(勝利後、炎の床OFF)
(14,11)アイテムメッセージ(要:ソロモンの指輪)

(特記ドロップアイテム)
巨人の歯、ペリカダイス、アラビアのランプ、干し首

(モズマ)銀のペリット
(ガーゴイル)テラコッタの破片
(ラヴェンナの怪物)モノクル
(マンティコア)マンティコアの牙
プロフィール

Mr.L-ed

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ