Mr.L-edのブログ

未だ手探り状態ですが、当面は「ウィザードリィ・外伝 ~五つの試練~」に関する(主に自作シナリオの考察や、プレイ記録)記事を中心にやっていきたいと思います。

「埠内嫁入り物語」雑感

さて「五つの試練」にまたも新作が来たらしい。

………………
………………
アカンこれ面白そうや(笑)。

外伝2ベースって今までありそうで無かった気がしますね。しかも和風ですよ、和風。
国産外伝シリーズが微妙に和風を狙って滑ってたせいか、試練シナリオで和風モノってあんまり無いんですよね。
強いて挙げれば松友健様の「THE LAST BATTLE OF ニンジャ」ぐらいでしょうか……それ以来だとするとスゴイ新鮮な気がする(笑)。
やられたわー見事にやられたわーorz

#1ベースなら「不死者の秘宝」、#5ベースなら「ガーブの宝珠」、外伝1ベースなら「古代遺跡の深淵」。
んで僭越ながら#4ベースは私の「大魔術師の帰還」が当てはまるのかな……?
(他にも、試練ユーザーシナリオで原作ベースのシナリオがあったら、是非ご意見を伺いたいものです)

自分が最近作ったILLとはコンセプトからして全然違うので比較するのもおこがましいんだけど、これぐらいの規模が丁度いい感じってのは分かるんだよねえ(但し新人さんに限る。断言してもいいが、例えば似たような事を私がやったところで、絶対みんなシカトするだろう(爆)。新しい人がやるからいいんだよね、こういうのは。悔しいけどそれは分かるんだよなぁ……自分も、よっぽど気に入った製作者でもない限り、その人の続編にさらに手を出そう、という気にはならないし。うん、なるほど理解した……してしまったorz)。
うープレイしたい。とってもプレイしたい。外伝2ベースとか書いてる時点
ちょっとあざとい気もするけど、それ以上にプレイしたい気持ちが強い。イヤ本当に、私だってプレイヤーしたい。
他の試練作品でも、特に気になってる
「太陽の住人」とか「平和への妄執」とか、やってみたいんだ。
しかしどっこい、シナリオ製作とかシナリオの修正・バランス調整とかしながらだと
全然手が出せない(泣)。
特にILLはデータ規模が膨大過ぎて、他のシナリオが本当にプレイできなくなってたから困る。

(ちなみにILLは現在、追加マップとか多少作ったのでテストプレイして結構楽しんでいたのであった……が、もう旬は過ぎてるしなぁ。
 そもそも私が新作とか発表しても、飽きたんだか嫌われてるんだか知らないけどもう新作扱いすらされないとかイジメの領域に達してきているし(笑)、結局話題性とか、目新しさとか、原点回帰してるかどうかとかがWizプレイヤーの関心を集めるんだなぁとか思うと、何とも物悲しい気分になってきますね。必死こいて手間暇かけて、バランス調整やら何やらやってきた事が何もかも馬鹿馬鹿しくなってくるレベル
。もう、今の試練プレイヤーはそういうの全然求めてないんだなぁとつくづく思ってしまいました)

なんか完全に愚痴になってしまい、また多くの試練プレイヤーを敵に回しそうな話になったけれど、それはそれとして「埠内嫁入り物語」面白そうですね。もうタイトルからして(笑)。
城の看板からしてギャグっぽかったし、軽いノリで楽しめそうです。キャラクター作成も決め打ちできるし(笑)。ひょっとしたら罠かもしれんけど、人間ロード、ドワーフ戦士、ノーム僧侶、ホビット盗賊、エルフ魔法使いはPTに入れよう。きっとビショップと忍者は不遇に違いない(笑)。

ある昔のお話、あるいは懺悔

《 その1 》
今の五つの試練は、プレイヤーさんの数が目に見えて減ってきているように思います。
いくらユーザーシナリオで新作が作り続けられているとはいえ、やはり発売から何年も経つようなゲームですし、それは仕方がない事なんだろうな、と思います。

そんな中、積極的にご意見ご感想を書いていただけるプレイヤーさん、しかも多くの作品をプレイされている方となると本当に貴重です。
例を挙げるなら、少し前ならぞの様、今では心唯様などでしょうか。

大勢の製作者の作り上げたシナリオをプレイし、あれだけ身になる感想をフィードバックしていただける……感想を貰った製作者の方々の喜びようを見ると、素晴らしい事だと思います。冥利に尽きるのではないでしょうか。

残念ながら自分は心唯様よりご感想を賜る栄誉に浴してはおりませんが、あの方は心底「五つの試練」が好きなんだろうな、と思います。願わくば、拙作に対する批評なり感想なりもいただいてみたいですね。
何にせよ、自分もcaocao様などに代表される熱心なファンの方々は大切にしていきたいものです。

(もうシナリオ作らないくせに何を言っているんだ、という気もしますが、偽らざる気持ちです)

《 その2 》
ひとつ昔話をします。
何年も前の話ですが、自分の中で今でも後悔の念として、くすぶり続けている話です。

その昔、自分のあるシナリオに対し、複数のプレイヤーさんがテスターのような形でプレイングに関わる事がありました。
その中に○氏(仮名)という方がおられたのですが、その方が言うには「このシナリオは難度が高いのではないか?」との事。自分は「意図して易しく作った訳ではないので、そういうシナリオよりは高いですよ」と返答しました。

その後プレイングの様子を伺ってみると、どうも○氏は、宝箱を開けずにプレイされておられるようでした。
ハクスラ主体のwizで宝箱を開けない、というのは装備品でパーティの強化もできず、苦労するのは目に見えており、案の定○氏は、アイテムが貧弱で苦戦されているように見受けられました。そのため自ブログの記事で「宝箱を開けずに進めると苦労するよ」的な事を書いたのですね。自分としてはアドバイスのつもりでした。

しかしその後、○氏は自分に対して何のレスも示さなくなり、他のテスターさんとは普通に、愛想良く交流しています。
それがしばらく続いたので、怪訝に思った自分は○氏に対し「何か言いたい事があればおっしゃって下さい」と水を向けました。すると○氏は「ブログ上でプレイスタイルの否定はどうかと思います」と返してきました。

プレイスタイルの否定? 当初は言っている意味が理解できなかったのですが、どうやら自分が「宝箱を開けたほうがいい」と書いた事が、宝箱を開けないプレイをしている○氏に対する否定、という風に受け取られてしまったようです。正直、信じられませんでしたが……
釈然としないながらも、何となくその点に思い至った自分は、該当のブログ記事を削除し、○氏に対し謝罪を行いました。

しかし直後、他のテスターさん方から、自ブログに対する擁護的な発言(といっても、一般論の域を出ていなかったように思います)がされると、○氏はますます態度を硬化させ「自分は排除される側の人間のようだ」と言い、音信不通になってしまったのです。
テスターさん達ともども、話の急展開ぶりに唖然とするばかりでした。他の方々から出た言葉は上記のように、やんわりとした擁護発言(有り体に言うなら「まぁまぁ、こういうブログがあったっていいじゃないか」的なもの)であり、○氏に対して何らかの批判的・排外的な要素があったようには全く思えなかったからです。もはや、自分の意に少しでもそぐわない発言は全て自分に対する否定であり、敵対発言であると見做しているとしか思えませんでした。

結局○氏は、他の方々が引き止めるのも聞かず、一方的に試練ゲーマーの引退を宣言。姿を消してしまいました。
事の発端は自分にあったかも知れませんが、周囲を顧みず激しい思い込みをしたまま暴走する○氏の姿に、当時の自分は疑問を抱かざるを得ませんでした。
テスターのお一人ともメールで話をしましたが、何故○氏がこのような行動に出たのか、理解しかねている様子でした。

何故今になってこんな話を書いたのかというと、もう自分も試練のシナリオ作成に関わる事はなくなりそうなので、心残りであった事を最後に書き連ね、懺悔をしようと思い至ったからです。

○氏の一連の行動は、周囲にとって理解したがいものだったかもしれません。ですが、それまでの○氏は私の熱心なファンの一人でもあったのです。
いかなる事情があったにせよ、行き違いの結果、ロクに誤解を解く機会もないまま一人のファンに去られてしまったのは、自分にとって痛恨事でした。
もう少し、当時の自分に何かやりようがあったのではないか、と今でも悔やまれるのです。

○氏のその後は、杳として知れません。元気にやってらっしゃるといいのですが……

ILLその10

とうとう、レベル100越えで最終隠しフロアまで攻略を遂げたプレイヤーさんまで出てきた模様。っていうかあの書き方だと全部倒しちゃってるのは確定。
っていうかあいつら倒せたのか……(笑)これにて、一般的(?)なwizフリークのプレイに耐えうる出来にキチンと仕上がったと見ていいでしょう。

しかしまぁ、プレイヤーさん同士で情報交換したり、内外でご意見ご感想を数多くいただいたり……とてもプレイ人数20人に満たないシナリオとは思えない反響でした。
そういう意味でも自分は恵まれているんだなぁ……毎回ワンパターンで恐縮ですが、プレイして下さっている皆様、本当にありがとうございます。

後はご要望に対し、粛々と更新作業を進めていき、一人でも多くのプレイヤーさんにお楽しみいただけるようになれば幸いです。
もちろんご意見・ご要望に関しては随時受付中です。


今回は8職業に関する雑感。

《 戦士 》
Mr.L-edのシナリオでは戦士は比較的冷遇されている。
とはいえ今作の戦士の物理ダメージはなかなかのもので、「最大攻撃ダメージ+」を一番上乗せしやすいのも実は戦士だったりする。
レベルの上がりやすさから命中率とHPの成長の速さは健在。攻撃・防御面ではともにナンバー2に着けている。
前衛職として見ると、壁としても火力としても頼りになる存在だろう。

《 魔法使い 》
相変わらず「僕が一番上手くティルトウェイトを使えるんだ!」は健在。
最強装備に身を固めれば、魔法2倍・呪文無効化半減・魔属性ダメージ+などは一通り揃う。
「** The Lost Spell **」から受け継いだ強力なラザリク・ラダルト・アブリエルを引っ提げて、これから毎日、敵を焼こうぜ?
なおHPの低さを補うために、物理ダメージ緩和の防具が複数あるのも強み。

《 僧侶 》
聖属性呪文のスペシャリストにして、マディアルが習得可能な唯一の職業。
まぁ転職を上手く使えば他職になっても覚えてくれるんだけど、オリジナルILから来たアイテムをはじめ、僧侶専用のやたら強力なアイテムは多い。AC無視・魔法2倍・呪文無効化半減など攻守ともに強力なスキルを習得できる。
もちろん凶悪になったカカメン・マバリコをぶっぱする事も可能。

《 盗賊 》
低レベルながらも魔法使い・僧侶呪文を習得できる。中盤やや伸び悩むものの、レアアイテム+効果のアイテムを一番数多く装備できるのは盗賊を於いて他にない。
実はAC無視もつくし、ホビット盗賊ならアイシングダガー・ヘルハウンドクローの二刀流で氷炎将軍ばりの活躍も可能だ。しかし何と言っても最強なのは……例の日銀砲である。条件次第では村正装備した侍に匹敵するダメージ出るよ、マジで(笑)。

《 ビショップ 》
相変わらずMr.L-edのシナリオは嫌がらせのようにアイテムドロップ率が高い。「アイテムを見ると在庫表示」もある事だし、ビショップ連れ歩きは終盤以降は必須になってくるだろう。
実のところ呪文無効化半減も魔法2倍もつけられるが、装備の差で火力では魔法使いや僧侶に一歩譲る。
しかしながら「空間術師の腕輪」の無限マロールは、迷宮探索に重点が置かれるILLでは非常に役立つ。

《 侍 》
はいはい村正村正。物理火力では毎度のごとく最強の職業。ただ今作では火力最大化を目指すか、ちょっと諦めて物理ダメージ緩和を取るか選択可能。
低レベルのうちは黒糸縅で防御を固め、成長してHPに余裕が出てきたら赤糸縅で火力を積み増し、敵を一撃の下に屠り去るのである。
まあ防御面重視しててもかなり火力が高いんですがね!

《 ロード 》
今回のロードは聖なる鎧で物理ダメージ緩和もつくようになり、まさに黄金の鉄の塊といっても過言ではない硬さを誇る。
成長は遅いものの、レベルが多少低くても聖なる鎧さえあれば最前線でも壁役として安定するだろう。やはりロードは格が違った。
というか、ロード以外が殴られてたら死人出てたような気がするなぁ、さっきの戦闘は……

《 忍者 》
アイエエエ! 忍者強すぎるナンデ!?
いつもの事だが優遇されている忍者。火力のある二刀流、しかも手裏剣で長距離とかまじチート。しかもクリティカルですよ奥さん!
防御面は秘伝の忍装束、罠解除でも天佑の忍頭巾があれば問題なく大活躍できるだろう。
さっきもちょっとテストしてたらHP4000のボスが一撃で首を刎ねられてたよ! 汚いなさすが忍者きたない!(笑)

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ