今回のお題は「マジックスクリーン」と魔法効果「AC無視」「呪文無効化半減」です。

192
《 こう見えても、実は村正より強いチート武器である……おお、こわいこわい 》

・マジックスクリーン(コルツ)について

「Wiz外伝シリーズはコルツゲーである」という格言があります。
これは「五つの試練」においても、当てはまります。

19Tパッチでも、コルツの強さは留まる事を知らず。むしろ「19Tパッチからコルツの最強伝説は始まるのだ!」的なノリで強いです。
コルツによる魔法障壁の上限は90%ですが、変数1ならレベル90、2なら45、3なら30で到達します。またたとえ変数が最弱の1でも、15レベル程度のキャラ3人でコルツをかけると計算式の関係上、すぐに90%近くに到達してしまいます。
(なお、19Tパッチの「監獄セット」によるコルツの変数は「3」です。
 要するにめっさ強いw

さらに厄介な事に、コルツによる魔法障壁はモンスターの魔法効果「呪文無効化率の半減」「モンスター専用呪文は呪文抵抗が0になる」といった効果の影響を全く受けません。とにかく高レベルキャラがコルツを1回唱えてしまえば、そのターンは呪文による損害を受けるケースはほとんど無いと言ってもいいでしょう。
そんなコルツの唯一の弱点はブレス攻撃ですが……素の状態だと3発以上ブレスが来ないと障壁は崩壊しないので、やっぱり強い。
そこで「マジックスクリーンのブレス変数」の数値を高めに設定することで、ブレスにはほとんど無力なコルツの設定が出来ます。逆に言うと、アイテム効果による「魔法使い呪文抵抗+」「僧侶呪文抵抗+」はブレスに強く、「抵抗半減」や「敵専用呪文」に弱いという事になります。
図にすると下のような感じ。

 マジックスクリーン ←弱い← 無効化半減、敵専用呪文
                           
      強い                   強い
      ↑                     

 高変数の集団ブレス →弱い→ 魔法使い・僧侶呪文抵抗+

コルツとアイテム呪文抵抗、特殊な呪文敵とブレス敵。この4つの要素を上手く組み合わせる事で、終盤の戦闘も単調ではない、油断できないものに仕上げる事が可能となるでしょう。
正直に申し上げて、ここいらの調整は一筋縄ではいかないと思います。
幸いにして、13レベル付近で終了するような短編をデザイン予定の場合は、考慮する必要はないですが……


・魔法効果「AC無視」と「呪文無効化半減」について
どっちもとんでもなく強力な魔法効果です。
前者は前衛職のレベルを上げる意義を奪い、後者は呪文職の無差別なゴリ押しを可能にしてしまいます。
この2つを序盤から使いまくれるシナリオもれっきとして存在しますので、一概には言えませんが……経験上、この2つを出すなら終盤に回した方がいいだろうと思います。
出来れば村正クラスの激レアアイテムとして設定すべきではないかと。比喩でも何でもなく、この2つの魔法効果は入手した後でゲームバランスを激変させてしまい、時にはズタズタにしてしまう事もあるからです。
(ただ激レアに設定する場合、この2つがある事前提の敵も、設定するべきではないでしょう)