日本人事労務コンサルタントグループ スタッフブログ

日本人事労務コンサルタントグループ(LCG)は、人事制度と労働法務を二本柱とし、企業とそこに集う人々の成長発展に資することを目的とした、全国500事務所の社会保険労務士とコンサルタントの集団です。

通達・役所マニュアル集に「 平成29年度における労働保険適用徴収業務の運営に当たっての留意事項について(平成29年2月27日基徴収発0227第1号) 」を追加

2 日本人事労務コンサルタントグループ(LCG)では、会員限定コンテンツとして、情報公開法の開示請求等により入手した役所内の各種マニュアルや通達等を分野別に掲載しています。

 今回は、平成29年度における労働保険適用徴収業務の運営に当たっての留意事項について(平成29年2月27日基徴収発0227第1号)を追加登録しました。
[発行者]厚生労働省労働基準局
[発行日]平成29年2月27日
[通達番号等]基徴収発0227第1号
[タイトル]平成29年度における労働保険適用徴収業務の運営に当たっての留意事項について
[概要]労働保険適用徴収業務運営の基本的考え方、労働保険未手続事業所への対応、労働保険料の徴収方法、労働保険料算定基礎調査の実施、労働保険事務組合への指導方法等の通達
[入手方法]厚生労働省への開示請求
[開示請求日]平成29年5月12日
[全ページ数]17ページ

 LCG会員のみなさんは是非、会員専用サイト「MyKomon]内の
「通達・役所マニュアルライブラリ」でご覧ください。

日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
https://www.lcgjapan.com/contact/

(榊原史子

沢渡あまね氏「職場の問題地図ワークショップ」7月25日東京と8月31日福岡はあと数名で満席

sawatari7月25日東京会場・8月31日福岡会場は、あと数名で満席! 
 働き方改革は、残業禁止のような制度だけではうまくいきません。長時間労働を解消しつつ、生産性を向上させるためには制度面以外の、様々な取り組みが必要になります。経営がすべきこと、人事部門がすべきこと、現場の管理職がすべきこと、社員一人ひとりがすべきこと。これらを認識し、風土改革を目指しましょう。

 このセミナーでは、労働時間制度の専門家である社会保険労務士のみなさんをメイン対象として、グループワークと講義を通じ、クライアント先(あるいは自職場)の問題発見と解決のための目利き力を養います。

  職場環境の問題の切り口と打ち手の事例を学習し、クライアントに生産性向上と労働時間短縮のアドバイスができるよう実践力を身につけましょう。「働き方改革」を、スローガンだけのお祭り騒ぎで終わらせてしまうか?組織風土として定着させられるか?それは、あなた次第です。


職場の問題地図ワークショップ
生産性向上のための改善目利き力を高める

講師:あまねキャリア工房 代表 沢渡あまね氏 


(1)事務局説明
(2)自己紹介
(3)本日のゴール
(4)グループワークI ~生産性の低い職場の原因を探れ!
(5)講義:生産性向上「4つの柱」
(6)グループワークII ~生産性の低い職場の原因を探れ!(つづき)
(7)講義:問題職場を斬る!~「あるある」事象と改善の切り口
(8)講義:なぜ働き方改革が定着しないのか?
(9)グループワークIII ~打ち手の検討
(10)事例紹介:町工場の働き方改革と生産性向上の取り組み
(11)定着する働き方改革「3つのポイント」
(12)グループワークIV ~私が明日からやること宣言!
(13)まとめと質疑応答


[開催会場および日時]
(1)東京会場
 2017年7月25日(火)午前10時30分~午後4時30分[満席間近]
   名南経営コンサルティング東京支店 セミナールーム(日比谷)
(2)名古屋会場
 2017年8月29日(火)午前10時30分~午後4時30分
   名南経営コンサルティング本社 セミナールーム34F(名古屋)
(3)大阪会場
 2017年8月30日(水)午前10時30分~午後4時30分
   エル・おおさか 南1023(天満橋)
(4)福岡会場
 2017年8月31日(木)午前10時30分~午後4時30分[満席間近]
   名南経営コンサルティング福岡支店 セミナールーム(博多)

[受講料(税別)]
一般 18,000円

[詳細およびお申し込み]
 以下よりお願いします。なお、LCGメンバーのみなさんは会員専用サイト「MyKomon」よりお申し込みをお願いします。
https://www.lcgjapan.com/seminar/sr-sawatari20170725/

日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/

資料請求はこちらよりお願いします
http://www.lcgjapan.com/sr/contact.html

(榊原史子)

向井蘭弁護士による【2017年6月の労働トラブル事件簿】「新卒採用は合理的である」公開中

向井蘭 2013年4月より日本人事労務コンサルタントグループ(LCG)の顧問をお願いしている向井蘭弁護士ですが、会員向けに毎月コラムを掲載して頂いております。先生の実体験を通じて語られる内容には、現場の人間にしか表現することのできない重みがあり、大変貴重なコラムとなっております。

 6月は「新卒採用は合理的である」というタイトルで、向井弁護士が感じる現代の新卒採用の目的について解説いただきました。LCGメンバーのみなさんは会員専用サイトMyKomonにて、どうぞお楽しみ下さい。

日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
https://www.lcgjapan.com/contact/

(榊原史子)

新幹線名古屋駅改札口から名南経営本社セミナールームへの行き方

 2017年9月9日(土)の社労士サミット2017名古屋では、文字通り全国各地から多くのみなさんに名古屋までお越し頂く見込みとなっています。そこでここでは新幹線名古屋駅改札口から、サミットの会場である名南経営本社セミナールームへの行き方を写真入でお伝えします。

(1)新幹線の名古屋駅の改札は北口と南口が向かい合うように配置されています。どちらから出ても同じ場所に出ますので、まずは改札を通り抜けてください。

1
(2)改札を出たら、高島屋などがある桜通り口方面に移動して下さい。東京駅を例に挙げるとすれば、新幹線がある八重洲口から、丸の内口に移動するようなイメージです。
2
(3)名古屋駅の構内を歩いていくと、このようなエスカレーターがありますので、ここで2階に上がってください。ちなみに写真に金色の時計が写っていますが、これは名古屋駅の定番待ち合わせスポットである「金の時計」です。
3
(4)エスカレーターを上がると、左に「JRゲートタワー」という表示がありますので、左に曲がってください。JRゲートタワーの中を通り抜けると会場があるJPタワー名古屋があります。
4
(5)エスカレーターを左に行ってすぐの出口を出ると、この写真のようにテラスがあり、目の前に大名古屋ビルヂングが見えます。ここを左に曲がってください。
5
(6)すぐにJRゲートタワーの入り口がありますので、そのまま中に入ってください。
6
(7)JRゲートタワーには高島屋が入っています。ここを通り抜けると、JPタワー名古屋に直結しています。商業施設であるKITTEの看板が目印になります。
7
(8)JPタワー名古屋は吹き抜けになっていますが、吹き抜けを通り過ぎたところに、この写真の表記がありますので、ここを右に曲がってください。
8
(9)するとオフィスエントランスがあります。週末は入館カードがないと入ることができませんので、サミットの当日はスタッフがここでお待ちしております。
9
(10)オフィスエントランスにはいくつかのエレベーターがありますが、向かって一番右(受付の前)の32-39階用のエレベーターで34階までお越しください。
10

 このように見ると遠く感じますが、実際に歩くと新幹線改札口から5分程度となります。もし迷われた場合にはKITTEを目指して移動していただくとよろしいかと思います。また飛行機でセントレアをご利用になるみなさんは、名鉄で名古屋駅までお越しください。名鉄の改札は地下にありますので、そのまま地下街からお越しください。
KITTE名古屋アクセス地図
https://jptower-kittenagoya.jp/access/

 それではみなさまのお越しをお待ちしております。

日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
http://www.lcgjapan.com/contact_social/

(大津章敬)

田澤満行政書士による外国人雇用最前線 第46回「留学生・日本語学校を取り巻く状況」を公開!

fw 日本人事労務コンサルタントグループ(LCG)では、企業活動のグローバル化の進展に伴い、海外現地で採用した人材の研修を日本本社で実施したり、外国人を雇用するケースが増えてきています。しかしながら、中小企業においては、外国人の雇用管理についての対応が追い付いていないというのが現状であり、労働トラブルを抱えているケースも少なくありません。
 
 そこで、入国管理局への申請業務や外国人の労務管理を専門に行っていらっしゃる名古屋国際綜合事務所 所長の田澤満氏(行政書士)にコラムを執筆頂き、外国人雇用に関する情報を公開しています。

 先日、そのコラムの第46回「留学生・日本語学校を取り巻く状況」を公開しましたので、会員専用ページにてお楽しみ下さい。

日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
https://www.lcgjapan.com/contact/

(榊原史子

プロフィール



社労士向け自動更新ホームページ2

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

超基礎
仕事の問題地図
サミット
サミット前夜祭
奥村
今野
飲食
助成金
  • ライブドアブログ