日本人事労務コンサルタントグループ スタッフブログ

日本人事労務コンサルタントグループ(LCG)は、人事制度と労働法務を二本柱とし、企業とそこに集う人々の成長発展に資することを目的とした、全国500事務所の社会保険労務士とコンサルタントの集団です。

まもなく開催!テレワーク労務管理&導入実践法セミナー(東京・大阪)

100416-2-MG_7307大阪会場は10月5日(水)開催!
 テレワークは優秀な人材を確保し、生産性を向上させる強力な手段ですが、「大企業やIT企業でなければ導入は難しい」と感じている方も少なくないのではないでしょうか?しかし実は、社員数が少なく、小回りの効く中小企業こそ、人材確保、流出防止、コスト削減といったテレワーク導入によるメリットが得やすいのです。

 テレワークはなにも特別な働き方ではありません。ただ働く「場所」を変えるだけと考えてみて下さい。それだけで優秀な人材の確保や流出防止、従業員の能力開発、生産性向上に効果を発揮する可能性があるテレワークを、企業の生き残りをかけた「経営戦略」として活用・提案してみてはいかがでしょうか?

 今回のセミナーでは、現在「労働新聞」でテレワーク導入最前線を連載中の武田かおり氏(社会保険労務士)を講師としてお迎えし、制度導入のハードルであるテクノロジー(技術・物理的問題)やカルチャー(企業風土)の問題をどのように越えていけばよいのか、さらにはテレワーク導入にあたって注意すべき労務管理や人事評価のポイントについて、実際のテレワークツールのデモも交えながら解説いただきます。 


”できない”とは言わせない!テレワーク労務管理&導入実践法
~システムの運用は?労務時間管理は?人事評価は?つまずきやすいポイントにお答えします
 講師:武田かおり氏 NSR人事労務オフィス所長 社会保険労務士
知識編
 ①テレワークとは?
 ②なぜ今テレワークが必要なのか?
 ③テレワーク導入がもたらすメリット
 ④様々な企業のテレワーク導入事例
導入編
 ①テレワーク導入の具体的な進め方
 ②必要なICT環境と情報セキュリティ
 ③コミュニケーションとマネジメントの課題解決
労務管理編
 ①労働時間の課題と対応
 ②人事評価の課題と対応
 ③テレワーク助成金の活用方法
 ④実際によくある10の相談への対応方法

[日時および会場]
東京会場
2016年10月11日(水)13時30分~16時30分
 名南経営コンサルティング東京支店 セミナールーム(日比谷)
大阪会場
2016年10月5日(水)13時30分~16時30分
 名南経営コンサルティング大阪支店 セミナールーム(中之島)

[受講料(税別)]
一般 15,000円
LCG 特別会員 4,000円 正会員 6,000円 準会員 9,000円

[詳細およびお申込]
 以下よりお願いします。なお、LCG会員のみなさんは専用サイト「MyKomon」よりお願いします。
https://www.lcgjapan.com/seminar/sr-takeda20161005/


日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
http://www.lcgjapan.com/contact_social/

(大津章敬)

改正育児・介護休業法への実務対応セミナー 東京会場開催迫る

ikeda180東京会場(10月5日)開催迫る
 今年3月29日に改正育児介護休業法が成立し、主な改正が平成29年1月1日から施行されることが決まっています。今回の改正では、介護分野を中心に、特に企業における介護離職の防止に向けての制度改正が中心となっており、社会保険労務士として、企業から、育児介護休業規程の改定のほか、従業員の介護離職防止のための対策や相談などを求められることが増加すると見込まれます。

 しかしながら、介護の問題は個人の問題と考える従業員も多く、企業もその実態やニーズが把握しづらい状況に陥っています。社会保険労務士としては、企業へ仕事と介護の両立のための制度構築や運用のアドバイス、また、従業員からの労務相談に対応できるように、法改正の内容と共に、介護を取り巻く現状や周辺知識を捉えておくことが必要と言えます。

 本セミナーでは、最新の改正を踏まえた育児介護休業法の概要と近年の企業動向、また、社会保険労務士として企業や従業員に向けての支援のポイントを従業員向けの研修などの実例を交えながら説明します。 


【来年1月1日改正直前対策講座】
改正育児・介護休業法への実務対応と今後増加する介護問題への社労士としての提案法

今後増加する従業員の介護問題に対する企業の対応タスクと社労士としてのサービス提案
 講師:池田直子氏 社会保険労務士事務所 あおぞらコンサルティング所長 特定社会保険労務士・CFP認定者
    上野香織氏 社会保険労務士事務所 あおぞらコンサルティング 社会保険労務士 
[セミナーのポイント]
社労士が知っておくべき介護支援の現状と介護を取り巻く法律の動向
 1)介護離職と企業の介護支援の現状
 2)介護を取り巻く法律の変遷
   育児介護休業法 - 努力義務の介護休業 ~平成29年1月改正まで
 3)法改正の動き
   育児介護休業法・雇用保険・介護保険法 [H28.3.29成立 改正概要]
    ・介護休業対象者の拡大 (パート等有期契約社員の除外禁止)
    ・介護休業の取得回数緩和 (3回まで、計93日)
    ・所定外労働の免除制度の創設
    ・短時間勤務等の勤務措置期間の延長 (介護休業と通算93日⇒通算なし3年)
    ・介護休暇の半日単位取得
    ・介護休業給付の給付率の引き上げ (賃金の40%→67%)
企業が求める介護支援策
 1)育児介護休業法への対応
    ・事業主に求められる事項
    ・改正育児介護休業法対応の規程作成のポイント
 2)仕事と介護の両立の支援策
    ・両立の考え方
    ・介護支援の策定
    ・介護支援のメリット・デメリット
    ・勤務措置の留意点
介護の基礎知識と従業員向け研修例 ~知っておくべき介護保険とその関連の知識~
 1)介護の現状
 2)介護の支援の種類と特徴
 3)介護保険のしくみ
 4)介護とお金
社労士の受託業務
 1)介護関連の労務相談
 2)介護関連の助成金申請と関連業務

[日時および会場]
東京会場
2016年10月5日(水)13時30分~16時30分
 名南経営コンサルティング東京支店 セミナールーム(日比谷)
大阪会場
2016年11月15日(火)13時30分~16時30分
 名南経営コンサルティング大阪支店 セミナールーム(中之島)

[受講料(税別)]
一般 15,000円
LCG 特別会員 4,000円 正会員 6,000円 準会員 9,000円

[詳細およびお申込]
 以下よりお願いします。なお、LCG会員のみなさんは専用サイト「MyKomon」よりお願いします。
https://www.lcgjapan.com/seminar/sr-ikeda20161005/


日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
http://www.lcgjapan.com/contact_social/

(大津章敬)

田澤満外国人雇用コラム 第37回「介護業界での外国人材活用の行方」を公開

田澤先生コラム 日本人事労務コンサルタントグループ(LCG)では、企業活動のグローバル化の進展に伴い、海外現地で採用した人材の研修を日本本社で実施したり、外国人を雇用するケースが増えてきています。しかしながら、中小企業においては、外国人の雇用管理についての対応が追い付いていないというのが現状であり、労働トラブルを抱えているケースも少なくありません。
 
 そこで、入国管理局への申請業務や外国人の労務管理を専門に行っていらっしゃる名古屋国際綜合事務所 所長の田澤満氏(行政書士)にコラムを執筆頂き、外国人雇用に関する情報を公開しています。

 先日、そのコラムの第37回「介護業界での外国人材活用の行方」を公開しましたので、会員専用ページにてお楽しみ下さい。

日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
https://www.lcgjapan.com/contact/

(榊原史子

医療機関版/福祉施設版ニュースレターの2016年10月号を公開

 日本人事労務10月号事務所通信コンサルタントグループ(LCG)では、毎月、簡単に名入れをして顧問先や見込み先に配布できるニュースレターを提供し、人気コンテンツとなっています。さらに医業福祉部会メンバーのみなさまには、医療機関版と福祉施設版のニュースレターを提供しており、現在2016年10月号が公開されています。

 今回の収録記事は以下のとおりです。医療機関や福祉施設への情報提供には最適な内容ですので、メンバーの皆さまは是非ご活用ください。
医療機関版
[経営情報]
・パート職員の労使間交渉の実態
・改正道交法の施行日決定、来年3月12日より診断書必要に
・医療機関等における賃金の改定状況
[医療機関でみられる人事労務Q&A]
・台風接近時の出勤の取扱いはどうすればよいか
[事例で学ぶ4コマ劇場 今月の接遇ワンポイント情報]
・「言葉遣い」は心づかい

福祉施設版
[経営情報]
・パート職員の労使間交渉の実態
・ハンドル形電動車椅子 7年間で死亡・重症事故51件
・給与等の引き上げ以外の介護従事者の処遇改善
[福祉施設でみられる人事労務Q&A]
・台風接近時の出勤の取扱いはどうすればよいか
[事例で学ぶ4コマ劇場 今月の接遇ワンポイント情報]
・「言葉遣い」は心づかい

日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
https://www.lcgjapan.com/contact/

(大津章敬

人材確保難に悩まない介護施設における組織管理ノウハウと人材定着策 東京・大阪・福岡で開催

介護セミナー 人材確保難が続く医療福祉業界。愛知県三河地方にある特別養護老人ホーム「高浜安立荘」(社会福祉法人 昭徳会)では、特別養護老人ホームを中心とした新しい概念の「地域包括ケアシステムの構築」を目指そうと様々な取り組みをしており、職員定着率が上がり続けている施設として介護職員の間では大変有名な施設といわれています。決して、近隣を見渡しても高い賃金水準でもないにも関わらず、安定的な運営をしている「高浜安立荘」では、働き甲斐を多くの職員に感じてもらうことで高い定着率を保っており、その軸となっている自立支援ケアを活用した組織マネジメントは、全国からそのノウハウを学ぼうと視察が絶えないようです。

 そうしたノウハウや人材定着に向けての様々な取組みは、社会保険労務士等においても参考となることが少なくなく、LCG医業福祉部会では、そのノウハウ等を提供してもらうセミナーを企画しました。講師は、その取組みを中心となって行っている特別養護老人ホーム「高浜安立荘」施設長の中村範親氏で、職員にどのように働き方を伝えて感じてもらっているのか、人材定着に向けた取組み策等を具体的にお話頂きます。福祉施設のみならず医療機関等においても参考になる話が少なくありませんので、是非、ご参加下さい。 
医業福祉部会主催セミナー第29回
人材確保難に悩まない介護施設における組織管理ノウハウと人材定着策
 仕事の遣り甲斐で職員定着率が上がり続けている施設の取組み事例
講師:特別養護老人ホーム「高浜安立荘」(社会福祉法人 昭徳会)施設長 中村範親氏
[本講座のポイント]
(1)介護施設における「働き甲斐」とは何か
(2)定着率が向上に繋がる「自立支援ケア」とは?
(3)介護職員が応募にあたって大切にしていること
(4)魅力を高める施設にするための管理職の役割
(5)職員の定着率向上に向けた社会保険労務士への期待
(※5は、現場の声を聞いて欲しいといったような内容を想定しています)
※本セミナーはLCG医業福祉部会メンバー以外のみなさんもご参加いただけます。

[会場および日時]
東京会場
2016年11月1日(火)午後1時30分~午後4時30分
 名南経営コンサルティング東京支店 セミナールーム(日比谷)
大阪会場
2016年10月26日(水)午後1時30分~午後4時30分
 名南経営コンサルティング大阪支店 セミナールーム(中之島)
福岡会場
2016年10月13日(木)午後1時30分~午後4時30分
 名南経営コンサルティング福岡支店 セミナールーム(博多)

[受講料(税別)]
(1)医業福祉部会会員の方
LCG特別会員 2名様まで無料 正会員 1名様無料 準会員 15,000円
(2)部会員以外の方および医業福祉部会会員上記人数以降
LCG特別会員 4,000円 正会員 8,000円 準会員 15,000円
※1名様あたり。金額に消費税は含まれておりません。

[お申し込み]
 本セミナーの詳細およびお申し込みは以下よりお願いします。なお、LCG会員のみなさんは専用サイト「MyKomon」よりお申し込みをお願いします。
https://www.mykomon.com/contents/viewTokushuSr.do?srContentsCode=sr-igyou29


日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
https://www.lcgjapan.com/contact/

(大津章敬)

プロフィール



社労士向け自動更新ホームページ2

記事検索
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

サイボウズ
SNS
育児介護法改正
テレワーク
介護施設
人事制度出版記念セミナー
  • ライブドアブログ