mitanisensei180 働き方改革が着実に進む中、2024年3月まで猶予期間が与えられた医師の長時間労働対策。この検討が厚生労働省の検討会において進められ、先の3月に方向性を示す報告書がまとまりました。今後、各医療機関において、働き方改革の医師への適用が予定されている2024年4月までに、医師の労働時間規制を遵守するための各種の対策を進めることが求められています。ところが、医療機関の医師の多くは、想定をはるかに超える長時間労働が慢性化していることが多く、医療機関によっては医師の労務管理について大改革をしなければならないところも発生するものと考えられます。したがって、医師の労務管理を見直すにあたっては、医師の労働の現状を把握したうえで、宿日直勤務や研鑽という医師の労働時間性、正当な事由がなければ患者の診療の求めを拒んではならないとする応召義務との関係など医師特有の問題を踏まえて、医師の働き方改革を正確に理解する必要があります。

  そこで、LCG(日本人事労務コンサルタントグループ)医業福祉部会では、厚生労働省の医師の働き方改革に関する検討会において深く関わりのある田辺総合法律事務所の三谷和歌子弁護士を講師にお招きし、医師の働き方改革の概要に加え、応召義務との関係や宿日直など医師の労働時間性の問題等に至るまで幅広くお話頂く研修を企画しました。是非、ご参加下さい。

※社会保険労務士以外のみなさまもお申込みいただけます。
医業福祉部会主催セミナー 第40回
社労士が知っておきたい医師の働き方改革
~応召義務や宿日直勤務の医師特有の問題も併せて理解する~
講師:三谷和歌子氏 田辺総合法律事務所 弁護士
(1)医師の働き方改革の方向性
(2)医師の労働実態
(3)研鑽や宿日直勤務と労働時間
(4)応召義務対応
(5)医師の働き方改革推進に向けて変わる病院の労務管理 等

[日時]
東京会場
2019年9月26日(木)午後1時30分~午後4時30分
 名南経営東京事務所 セミナールーム(神保町)[2019年3月移転]
大阪会場
2019年7月22日(月)午後1時30分~午後4時30分 終了
 エル・おおさか 606号室
福岡会場
2019年9月27日(金)午後1時30分~午後4時30分
 名南経営福岡事務所 セミナールーム(博多)

[講師プロフィール]
三谷和歌子氏
田辺総合法律事務所 弁護士
 太平洋セメント株式会社社外監査役、国立国際医療研究センター臨床倫理委員会委員、一般社団法人人間生活工学研究センター人間生活工学実験倫理審査委員会委員、株式会社エムティーアイ倫理委員会委員、第一東京弁護士会総合法律研究所 医事法研究部会部会長、経営法曹会議会員、日本医事法学会会員等。医療経営法務分野を得意とし、日本医師会雑誌や日経メディカル等の多数の執筆を有し、全国各地の医師会等において医師の働き方改革や医療機関におけるトラブル対策等のセミナー講師を務めている。
  著書に「病院・診療所経営の法律相談(青林書院)」等。

[受講料(税別)]
一般 20,000円
LCG特別会員 4,000円 正会員 8,000円 準会員 12,000円

[お申し込み]
 本セミナーの申し込みは以下よりお願いします。なお、LCGメンバーのみなさんは、専用サイトMyKomonよりお申し込みをお願いします。
https://www.lcgjapan.com/seminar/sr-igyou40/

日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
https://www.lcgjapan.com/contact/


(海田祐美子)