1027tokyo seminar 先日、社労士業界の電子化・マイナンバーの現場責任者である立岩氏をお招きし、「社会保険労務士の「未来の年表」と「社労士2.0」の設計図」を東京会場で開催しました。長年、全国社会保険労務士連合会で、総務省や厚生労働省との電子化交渉の窓口をされていることもあり、その情報は具体的で、今後、社労士の仕事がどのように変わっていくのかを考える非常によい機会となりました。具体的ですぐに使えるようなノウハウではないかも知れませんが、社労士のこれからの役割と事務所経営を深く考えるきっかけを頂いたように思います。

 来週、本セミナーを名古屋でも開催いたします。適切な危機感を持ち、正しい選択を行うため、ぜひご参加いただければと思います。
社労士業界の電子化・マイナンバーの現場責任者が3時間の緊急報告
社会保険労務士の「未来の年表」と「社労士2.0」の設計図
~本格的電子政府時代の日本で「これから起きること」とその変化への対応
講師: 社会保険労務士法人日本人財化センター 代表社員 立岩優征氏
APIにより急拡大する社会保険の電子申請と本格化する給与ソフト等の対応
世界最先端IT国家創造宣言で描かれる今後の社会の姿と基本方針
「3原則」で激変する労働社会保険手続き
   ~デジタルファースト、ワンスオンリー、コネクテッド・ワンストップ
2020年に予定される健康保険証のマイナンバーカード統合で加速する様相の電子社会
今年度からオリンピックイヤーに向けて変化する電子化に関する環境
ヒトと組織の専門家である社労士のデジタル化対応で昇華する「社労士2.0」
社労士2.0を実現化するプラットフォーム「ワークウエア」プロジェクト


[日時]
東京会場
 2017年10月27日(金)午後1時30分~午後4時30分[満席間近]
 名南経営東京支店 セミナールーム(日比谷)

名古屋会場
 2017年11月16日(木)午後1時30分~午後4時30分
 名南経営本社 セミナールーム34F(名古屋)
大阪会場
 2017年12月4日(月)午後1時30分~午後4時30分
 大阪商工会議所 401号会議室(堺筋本町)
福岡会場
 2017年12月5日(火)午後1時30分~午後4時30分
 JR博多シティ 9F1(博多)

[受講料(税別])
一般 15,000円
LCG特別会員 4,000円 正会員 6,000円 準会員 9,000円

[詳細およびお申し込み]
 以下よりお願いします。なお、LCGメンバーのみなさんは専用サイトMyKomonよりお願いします。
https://www.lcgjapan.com/seminar/sr-tateiwa20171027/


日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
http://www.lcgjapan.com/sr/contact_social

(海田祐美子