mynumber-renraku 日本人事労務コンサルタントグループ(LCG)の会員専用サイトMyKomonでは、数多くのコンテンツの中から、お客様に提供・提案するのに最適なコンテンツを順次ご紹介するコラムを開設しております。

 今回は、「電子会議室」の中の更なる機能「マイナンバー連絡」について取り上げます。

 2018年3月5日より、社会保険の手続きにおいてもマイナンバーの利用が開始されました。また、2018年5月からは雇用保険の手続きにおいてマイナンバーの記載がないものは事業所に補正のための返戻が行われることになっており、今後、マイナンバーを取扱う機会が多くなりますのでマイナンバーの受け渡しに活用いただけます。

[今回のポイント]
マイナンバーの取得・閲覧・廃棄履歴を自動記録
 顧客がマイナンバー連絡欄に入力し保存したとき、社労士事務所でそのマイナンバーを閲覧したとき、そして削除するときの記録が自動で記録されます。

マイナンバーの即時の廃棄可能
 マイナンバーは流出リスクが大きいため、なるべく早めにデータを削除したい、そのように思うことも多いかと思います。マイナンバー連絡には即時削除できる機能もついており、余分なマイナンバーを持たない仕様になっています。

マイナンバーの自動削除機能も付帯
 マイナンバーを即時廃棄したいものの、手続きが完了するまでは保持しておきたい。でも、1つ1つを手続き終了後に削除するのは大きな手間。そのような要望に応えるため、30日後には自動的に削除する機能を設けました。これにより「削除を忘れること」をなくすことができます。

 マイナンバーを入力するときは、そのマイナンバーに誤りがないかをチェックできるチェックデジットも備えています。入力ミスを防ぐこともできるMyKomonのマイナンバー連絡。是非入会をご検討ください。


日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
https://www.lcgjapan.com/contact/

(海田祐美子)