日本人事労務コンサルタントグループ スタッフブログ

日本人事労務コンサルタントグループ(LCG)は、人事制度と労働法務を二本柱とし、企業とそこに集う人々の成長発展に資することを目的とした、全国500事務所の社会保険労務士とコンサルタントの集団です。

韓国電子政府視察ツアー

韓国電子政府視察旅行レポート(2)信和会計法人・高選圭大学教授による勉強会

韓国 日本人事労務コンサルタンとグループ(LCG)では、2016年3月7日(月)に韓国電子政府視察旅行を実施しました。本日はそのレポートの第二弾をお伝えします。現地のハローワーク視察後は、現地の税務署を視察する予定でしたが、時間・交通事情等の関係で税務署には足を運ぶことができませんでした。

 当初予定していた視察先の税務署は「瑞草・三成・駅三税務署」。不思議なことに、同じ建物の中に「瑞草税務署」「三成税務署」「駅三税務署」が入っています。それぞれを競い合わせているようですが、番号制度により統合がうまくできなかったようにも感じます。

 昼食のプルコギを堪能した後は、日系企業のクライアントを多数抱える現地の中堅会計事務所である「信和会計法人」様との情報交換会を実施。日本語が流暢な2名の税務士・公認会計士によって議論を行いましたが、現在の会計事務所における他の事務所との差別化要素として、フットワークを挙げていたことにはいろいろと考えさせられました。デジタルの行く末はアナログであるのか、あるいはもっと奥深い意味があるのか等。信和会計法人様との情報交換会では、多くの方から様々な質問が飛び交い、なかなか有意義な情報交換会となりました。

 その後は、ソウルの商工会議所に移動をして韓国のマイナンバー制度や電子政府の立役者である高選圭大学教授による勉強会。現在の韓国政府が何を考えているのか、実務運用の課題、情報漏えい対策等に至るまで、なるほどと思う話ばかりで、こちらも大変有意義な勉強会となりました。

 そして、終了後は近くの焼肉屋にて懇親会。この懇親会には高教授も参加頂けましたが、高教授の人柄の良さに参加者は瞬く間に高教授のファンになったようです。


日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
http://www.lcgjapan.com/contact_social/

(服部英治

韓国電子政府視察旅行レポート(1)ソウルグルーバルセンター・ハローワーク

韓国 日本人事労務コンサルタンとグループ(LCG)では、2016年3月7日(月)に韓国電子政府視察旅行を実施しました。本日はそのレポートの第一弾をお伝えします。
[ソウルグルーバルセンター]
 東京都がこのセンターと同じ機能を構築しようと動いており、今後、大阪や名古屋、福岡においても同様の動きがあるものと考えられます。ソウルグローバルセンターでは、主に外国人が韓国国内において生活や起業等をするにあたって、このセンターに足を運べば、国別・分野別の専門家が在中していることから安心して生活や起業ができるといわれています。

 今回、我々にソウルグルーバルセンターについて説明をして頂いた方も日本語が流暢な方で、ワンストップで起業にあたっての各種手続きができることや運転免許証の発行に至るまで様々なことができることを教えて頂きました。起業に当たっても、国別のガイドブックが発行されており、もちろん日本語のガイドブックも分かりやすくまとめられていました。現在、日本では外国人の受入についての議論が進んでいますが、韓国は更に一歩先を行っているように思えてなりませんでした。そういった意味では、我々は「井の中の蛙」であったようで、もう少し幅広くグローバル化を認識しなければならないことを思い知らされました。

[ハローワーク]
 続いての視察先はハローワーク。電子化が普及しているためか、ソウル最大のハローワークといえども求職者がほとんどいません。求人票も掲載されていますが、インターネットが主であるためか、掲載されている冊子はわずか。それらの求人票を見ると、必ずQRコードが掲載されており、試しにQRコードを読み取ってみると、非常に詳細な求人情報と思われる内容が表示されました。翻って日本の求人票の情報は最小限に留まっており、人事労務トラブルが多発するのは無理もないと感じざるを得ませんでした。

 なお、ハローワークでは、電話がまったく鳴らないどころか職員の机の上には書類がまったくありません。非常に静かで、これも電子化が齎した成果ではないかと思います。


日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
http://www.lcgjapan.com/contact_social/

(服部英治

韓国ソウル マイナンバー&電子政府視察旅行を開催

韓国 日本人事労務コンサルタントグループ(LCG)では、2016年3月7日(月)にマイナンバー先進国といわれる韓国のソウルへの視察旅行を実施しました。

 既に日本の10年も15年も先を進んでいるといわれる韓国のマイナンバー制度と電子政府。今回の視察では、北は北海道から南は熊本まで、全国から約20名の方が参加され、現地の行政機関の視察や現地の制度立役者である大学教授との勉強会、現地の会計事務所との情報交換会に至るまで、幅広く日本のマイナンバー制度の行く末のヒントを得る視察が行われました。
【今回の視察先】
・ソウルグローバルセンター
・現地のハローワーク
・現地の会計事務所との情報交換会
・韓国マイナンバー&電子政府立役者の高教授による勉強会

 それぞれ、みなさん非常に熱心に耳を傾けられ、今後の社会保険労務士の仕事がどう変わっていくのであろうかという予測も少なからず出来たのではないかと思います。ご参加頂きましたみなさん、ありがとうございました。LCGでは、今後も会員のみなさんからの要望によりこうした海外視察ツアーを企画をしていきたいと思います。

日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
http://www.lcgjapan.com/contact_social/

(服部英治

韓国電子政府視察ツアー 一般のみなさまも受付開始!

韓国ツアー 日本人事労務コンサルタントグループ(LCG)では、3年に1度、海外の人事労務に関する最新動向を直接目で見て、感じていただける機会として視察ツアーを開催しております。そこで今回の視察ツアーは、世界最高水準といわれる韓国の電子政府について、行政機関等を視察することによってマイナンバーの行く末を把握することを目的に企画しました。

 当日は、韓国電子政府の立役者でもある大学教授(日本語可)もお招きし、電子政府の導入によって企業がどのように変革をしたのかという点等についても講義を頂く予定です。また、既にソウルへの渡航経験が豊富な方も少なくないことから、日本発着のツアーではなく、現地集合・現地解散型の企画としています。

 本視察に参加希望のみなさまは、別紙にご記入いただき、2016年1月29日(金)までにFAX(052-229-0754)にてお申し込みいただきますようお願いいたします。
韓国電子政府視察ツアー
日時:2016年3月6日(日)~2016年3月7日(月)
開催場所:韓国・ソウル
[主な行程]
【2016年3月6日(日)】
翌日は午前から移動等になります。そのため、3月6日(日)には現地に到着している必要があります。
 <宿泊/各自>
【2016年3月7日(月)】
午前9時 世宗ホテル(ソウル・明洞)ロビーに集合/予定
午前9時30分 デジタル図書館<視察>
午前10時30分 市役所<視察>
午前11時 税務署<視察>
午前12時 食事
午後2時 ハローワーク・労働局<視察>
午後3時 ソウルグローバルセンター<視察及び勉強会>
     東京都が目指している起業時の行政ワンストップサービスについての勉強会
午後4時30分 研修会場<勉強会>
     韓国電子政府の立役者 高選圭氏(韓国中央選挙管理委員会 選挙研究院 教授)による勉強会(日本語)
午後6時 夕食
午後8時 解散

[参加費用(税別)]
一般 39,800円
LCG特別会員 24,800円 正会員 29,800円 準会員 34,800円

[詳細およびお申込み]
 以下をご覧ください。
https://www.lcgjapan.com/seminar/sr-kankoku2016/

日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。
http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
http://www.lcgjapan.com/sr/contact.html

(大津章敬)

【LCGメンバー限定】韓国電子政府視察ツアー 受付開始

韓国ツアー わが国でもマイナンバーの運用が始まり、今後、本格的な電子政府時代が到来しようとしています。そこで今回、世界最高水準といわれる韓国の電子政府について、現地で行政機関等を回り、マイナンバーの行く末を把握する視察ツアーを開催することになりました。

 当日は、韓国電子政府の立役者でもある大学教授(日本語可)も招き、電子政府の導入によって企業がどのように変革をしたのかという点等についても講義を頂く予定をしております。またソウルへは全国各地の空港からフライトが出ていることから、移動や宿泊については各自で手配いただき、現地集合・現地解散型の企画としました。

 LCGメンバー限定の視察旅行となりますので、メンバーのみなさんは詳細の内容につき、専用サイト「MyKomon」をご覧頂き、2016年1月29日(金)までにお申し込みください。なお、応募多数の場合には、先着順となる可能性がありますので、予めご了承ください。
[開催概要]
日 時:2016年3月7日(月)午前8時30分頃~午後8時頃
場 所:韓国・ソウル市
定 員:25名程度(最小催行人数20名)
条 件:以下の4点を満たす必要があります。
 出発時までにパスポートを所持していること
 LCG会員であること(職員可)
 健康状態が良好であること
 各自で航空券等の手配を行い、現地集合が可能であること
申込期限:1月29日(金)
費 用(一人当たり・税別):
特別会員 24,800円(2名様まで同額) 29,800円(3名様以降)
正会員  29,800円(2名様まで同額) 34,800円(3名様以降)
準会員  34,800円(2名様まで同額) 39,800円(3名様以降)
費用に含まれるもの:
 バスチャーター代(日本語可の添乗員含む)
 講師等への謝金
 研修会場費
 旅行代理店への手配費用
 昼食代及び夕食代(飲み放題が必要な場合は別途発生)

日本人事労務コンサルタントグループの概要は以下をご覧下さい。

http://www.lcgjapan.com/
資料請求はこちらよりお願いします
http://www.lcgjapan.com/contact_social/

(大津章敬)
記事検索
プロフィール

LCG




社労士向け自動更新ホームページ2

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

和仁さん LCG10周年
大津プロモ
精神労災
WORD/EXCEL
医師働き方改革
田澤入管法
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ