融資型クラウドファンディング「LCレンディング」社長のblog

 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」代表取締役の山中健司です。1969年茨城県古河市生まれ、栃木県立栃木高校、早稲田大学政治経済学部卒。住友信託銀行(現 三井住友信託銀行)、プロミス株式会社(現 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)等に勤務。事業法人向け融資業務、不動産投資ファンド業務、不動産開発・仲介・管理業務、M&A・事業承継アドバイザリー業務、コンシューマーファイナンス業務、ファクタリング業務等々、金融・不動産業務全般に携わり、2014年12月より株式会社LCレンディング 代表取締役に就任。

「LCレンディング」のホームページはコチラ → https://www.lclending.jp/

 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」代表取締役社長の山中健司です。

 先週金曜日に行われたLCホールディングス「新社長による新事業方針説明会」の資料が公開されています。
http://ircms.irstreet.com/contents/data_file.php?mail_template=1&brand=255&folder_contents=31578&src_data=231726&filename=pdf_file1.pdf
 
 さて、今後はLCホールディングスのホームページなどで一元的にこれまで以上にIRを充実させていく方針とのことです。
 情報発信の頻度や開示の内容について、LCホールディングスのステイクホルダーだけでなく、LCレンディングの投資家のご期待にも沿えるような運営になっていくはずです。
 
 そのような方針変更に伴い、このブログもいったん役目を果たしたということで、本日付けで最終回とさせていただきます。
 2016年1月からわずか2年半という短い期間ではありましたが、皆勤賞で毎営業日継続できたのは読者の皆様のおかげです。

 ありがとうございました!

 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」代表取締役社長の山中健司です。

 今期の第1四半期の最終営業日を迎えました。
 いろいろなことがあった激動の第1四半期でした。
 そのような中、昨日付けでLCホールディングスより「中期経営計画の修正に関するお知らせ」が公表されています。
 http://ircms.irstreet.com/contents/data_file.php?mail_template=1&brand=255&folder_contents=31558&src_data=231713&filename=pdf_file.pdf

 事業の方向性だけなく、売上高や利益の見込みなど具体的な数字も記載されています。

 現進行期である平成31年3月期の数値見込みは変更していませんが、来期以降は収益構造の変化に伴い「減収増益」を見込んでいます。

 また、REITの主体となる投資法人の名称も「ポーリー・プラス投資法人」から「メディカルアセット投資法人」に変更するとのことです。

 なお、LCレンディングの役割は変わりません。
 病院案件関連のファンド募集が増加していくことになりそうです。

 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」代表取締役社長の山中健司です。

 第26期(平成30年3月期)の有価証券報告書が公開されました。
 http://ircms.irstreet.com/contents/data_file.php?mail_template=1&brand=255&data=231594&filename=pdf_file.pdf

 事業概要や財務状況などが93ページにわたり記載されています。
 ご興味のある方はぜひご覧になってください。

 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」代表取締役社長の山中健司です。

 LCレンディングは3年前に貸金業免許を取得して業務をスタートさせました。
 貸金業免許は3年ごとの更新になるのですが、昨日、無事に東京都から貸金業登録更新完了の通知が届きました。
 IMG_2869
 現在の登録番号は「東京都知事(1)第31570号」ですが、
 6月30日以降は「東京都知事(2)第31570号」になります。
 カッコの中の数字が3年ごとに増えていくわけですね。
 次の免許の有効期間は2021年6月30日までとなります。

 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」代表取締役社長の山中健司です。

 お気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、先週から画面表示がマイナーチェンジされています。
 具体的には「運用期間」とあわせて「分配間隔」が記載されるようになりました。
 (例えば現在募集中のLCGF385号であれば「運用期間 9ヶ月」の下に「分配間隔 1ヶ月」と記載)

 これは「分配間隔」を自由に設定できるようシステム改変をした結果によるものです。

 従来は「分配間隔」は「1ヶ月(=毎月利払い)」しか設定できませんでしたが、今後は任意の期間を設定できるようになりました。

 例えば分配を「3ヶ月」ごとにすることもできます。
 収益不動産のアセットマネジメント契約においては、利払いがクオーターごと(=3ヶ月ごと)というパターンも多いのですが、そのようなケースでは重宝しそうです。
 また、返済期日が12ヶ月後の場合に、分配間隔を「12ヶ月」と設定すると、分配も12ヶ月後の返済日の1回のみということになります。
 いずれのケースも一見すると投資家の方にはデメリットかもしれませんが、運用利回りをアップさせることでデメリットをカバーすることなども考えられます。

 当面はこれまで同様毎月利払いのファンドのみの募集となりますが、将来的には様々なパターンで募集する可能性もあります。

 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」代表取締役社長の山中健司です。

 今週は27日水曜日にLCホールディングスの株主総会が、29日金曜日には新社長による事業方針説明会がそれぞれ開催されます。
 株主総会は株主以外は基本的に参加できないのは当然ですが、事業方針説明会は一般個人の方でも先着順で参加していただくことができます。
 http://blog.livedoor.jp/lclending/archives/32119495.html

 事業方針説明会で配布予定のレジュメのドラフトを見ましたが「こんなことまで情報開示するんだ」とちょっと驚いています。

 LCレンディングの投資家の方で参加される方もいらっしゃると思いますが、是非ご参考にしてみてください。

 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」代表取締役社長の山中健司です。

 対象の投資家の皆様にはすでにご連絡させていただいていますが、一部のファンドについて期限前返済を受けたことにより、本日元利金の償還手続きをさせていただきます。

 現在、LCホールディングス保証付き・医療関連事業など複数のタイプのファンドを、運用期間6ヶ月・9ヶ月・12ヶ月・15ヶ月と複数の異なる期間で募集中です。

 本日15:00までを募集期間とするファンドを多く設定しています
 15:00までに再投資手続きをしていただければ、来週29日には貸付が実行されるファンドですので運用期間のロスが極力小さくなることになります。

 投資家の皆様のニーズにあわせてご検討いただければ幸いです。

 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」代表取締役社長の山中健司です。

 LCレンディングの募集取扱い(取得勧誘)等を行うmaneoマーケット社のホームページにおいて本日付けでの「お知らせ」が掲載されています。
 https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=6698
 
 投資家各位
 一部報道機関において、当社が証券取引等監視委員会による検査を受けているとの報道がありましたが、当社が発表したものではございません。
 現在、「グリーンインフラレンディング」におけるファンドのうち、一部のファンドについて、資金使途の一部の確認を実施しており、当該ファンドに係る募集を停止しております。
 この点については、現在、確認中でございますので、また進捗がございましたら随時公表いたします。
 なお、他の営業者が運営するソーシャルレンディングサービスに関しては、通常通り募集を行っております。


 現段階では私も事実関係を確認中であり、これ以上の情報を持ちあわせていません。
 従ってコメントのしようもないのですが、ひとつだけ言えることは、様々な状況を想定して不断にいくつかの手段を講じていますので、LCレンディングに対する影響は最小限にとどめることができると思っているということです。
 今後新たに状況が判明すればこのブログでもお伝えしていきたいと思います。

 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」代表取締役社長の山中健司です。

 Q:御社の投資案件であれば地震PML値は計算されてると思うのですが、差し支えなければ公表して頂けると助かります

 A:地震PMLの値を公表することは可能ですが、差し支えがあるので回答は控えさせていただきます。

 そもそも一般の投資家の方は、
 「地震PML値」って何?
 いったいどれくらいの数字が妥当なの?
 というか、そもそも値を表す単位は何なの?
 といった感覚なのではないでしょうか。
 
 仮に私が個別に専門的な数値を回答した場合「ではPCBはどうなのか」とか「ADRも教えて欲しい」というように次から次へと回答をしなければならなくなる可能性があります。
 あの数字はすぐに教えてくれたのにこの数字は回答が遅いとかお叱りを受けたくないですし、そもそも融資対象物件数も数十件ある中で私の業務にも「差し支え」が生じかねません。
 そういった事態は勘弁して欲しいというのが率直な感想です。

 ということで、鑑定評価額や賃料のように一般の投資家の方にも分かりやすい基礎的なデータは積極的に開示していきたいと思いますが、一般の投資家の方に馴染みのない数値の個別の開示は際限がなくなるので遠慮させてください。
 

 なお、地震PML値については、再現期間や評価手法のレベルといった前提条件でいくらでも変わってくる数値ですので、実務上は個別の数値よりも評価書を作成したのはどこなのかという情報の方が重要です。
 LCレンディングの融資対象物件は基本的にREITに組み込めることを前提としていますので、信頼できる作成者が作成した評価書であり、無理のない地震リスクカーブ評価結果に基づくリーズナブルなパーセンテージに収まっていますのでご安心ください。

 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」代表取締役社長の山中健司です。

 先週土曜日の日本経済新聞(一面)に掲載されていましたが、

 ’’金融庁はインターネットで集める個人資金を企業に融資する仕組みで、借り手企業の名称などを開示できるようにする。これまでは借り手企業の情報が伏せられており、個人が安心して投資できないうえに、匿名での調達に目を付けた企業に悪用されることがあった。ネットを使う資金調達の流れが透明になれば、ベンチャー企業の育成に役立ちそうだ。

 ファンドが不特定多数の個人から小口の資金を集め、企業に融資する「貸付型」のクラウドファンディングが対象だ。個人はファンドが融資する企業名や事業内容が分かるようになり、投資の判断をしやすくなる。

 金融庁がファンドの運営会社や関係する業界団体を対象に、2018年度中に情報開示を可能にすると通知する’’

 ということです。

 内閣府規制改革推進室の担当官及び新経済連盟のご担当者の方のご尽力の賜物です。
 この場を借りて御礼申し上げます。

 今後は実務上の運用ガイドライン的なものを取りまとめる作業が残っていますが、落としどころはおおよそ見えているので、あとはそれに沿って投資家の皆様に分かりやすいより良い案件を募集していければ良いなと思っています。

↑このページのトップヘ