Anime News

アニメ・ゲーム・グッズ関連の情報サイト

2007年04月

「ウエルベールの物語」イベント開催決定

2007年4月より放送がスタートしましたavex entertainmentとProduction I.G共同製作のオリジナルアニメーション『ウエルベールの物語』。その「ウエルベールの物語」のイベントが5月19日(土)に行われることが決定した。


「ウエルベールの物語」トーク&プレゼント抽選会


ウエルベールの物語
日 時:5月19日(土) 12:00開場/13:00開演
会 場:パセラ銀座(BENOA)
http://www.pasela-ginza.com/benoa/index.html
出演者:高橋美佳子・竹内順子・浪川大輔・杉田智和

参加対象者:
6月6日発売「ウエルベールの物語 特装版 Vol.1」(AVBA-35005〜 6/6,825円(税込))を参加券配布対象のアニメイトにて予約した方に先着でイベント参加券を配布
※詳しくはアニメイト各店迄、お問い合わせ下さい。

対象店舗
アニメイト池袋店・大宮店・町田店・津田沼店・吉祥寺店・渋谷店・秋葉原店・蒲田 店・横浜店


DVD「ウエルベールの物語 特装版 vol.1」


発売日:6月6日
価 格:6,825円(税込)
品 番:AVBA-35005〜6

本編3話収録(約75分)
 第1話「始まりの章」
 第2話「旅立ちの章」
 第3話「復讐の章」

初回限定仕様:描き下ろしジャケット
初回限定特典:
・特典映像『Welcome to the Wellber』
 高橋美佳子&竹内順子&浪川大輔をMCに迎え、豪華スタッフ&キャスト総出演!
 『ウエルベールの物語』を深く掘り下げる特別番組を収録。
 ※特別企画「たんけんドイツのまち」&「突撃製作現場レポート」も収録。
・設定資料集
 キャラクター、美術設定を収録したブックレット(12P)

本編のみの通常版も同時発売!
「ウエルベールの物語 通常版 vol.1」
4,935円(税込) AVBA-35007


CD情報


オリジナルサウンドトラック『The Melody of Wellber』
発売日:6月6日
価 格:3,059円(税込)
品 番:AVCA-35014
全34曲収録
 オープニングテーマ「Theme of Wellber」
 エンディングテーマ「絆 -eternal rainbow-」を含む至極の1枚。

ウエルベールの物語 ドラマCD
発売日:6月6日
価 格:3,059円(税込)
品 番:AVCA-35015
約60分収録
 アニメ本編とは異なるオリジナルストーリ−(6エピソード)が展開!

発売・販売元:エイベックス・マーケティング株式会社


アニメ情報


■ストーリー
10年前の大戦後ウエルベール国は辛うじて平和を保っていたものの、隣国であるサンガトラス国によりいつ戦争が始まるか分からない緊迫した状態が続いていた。そんな中、ウエルベールのハイデル王は戦争を回避するために娘のリタ王女をサンガトラスのゲルニア王子の元へ嫁がせようとする。
しかし、リタは政略結婚相手のゲルニアを刺して逃走してしまう。
それに激怒したサンガトラスのランバノフ王はリタを14日以内に捕えて公開処刑にせねば戦争も辞さないと言う。戦争という最悪の事態を回避するために、リタは中立国であるグリーダム国へ向かう決心をする。
一方、女盗賊のティナは財宝目当てにウエルベール城へ忍び込むが、そこでリタがゲルニアを刺した現場に遭遇してしまう。偶然か、必然か。彼女の捜し求めていた両親の仇である”死神蜂の男”。その形跡もグリーダムにあるという情報を知り、リタの護衛役として、共にグリーダムを目指すことになる。 
互いの運命と宿命とを背負い、二人は出会い、別れ、そして旅立つ。
その先に待っているものは、戦争か平和か、復讐か死か・・・。

■放送情報
MXテレビ :毎週日曜日23:30〜
ABCテレビ:毎週水曜日 26:51〜
メ〜テレ :毎週火曜日 26:43〜
※放送日・時間は変更になる場合があります。

4月19日より「GyaO」で配信スタート!
5月20日よりAT-Xで放送開始
日/12:30〜、20:30〜 土/8:30〜

■キャスト
リタ・シオール:高橋美佳子
ティナ・ローター:竹内順子
シェリー:仙台エリ
ジラノ・ド・ボルジュラック:チョ−
ゲルニア・ハン:楠田敏之
ガラハド・アイガー:浪川大輔
ハイデル・シオール:上別府仁資
ローデン・シオール:杉田智和
ジン:寺島拓篤
ヴァイス:鶴岡聡

■スタッフ
監督:浜名孝行
シリーズ構成:前川 淳
キャラクターデザイン:飯塚晴子/ 高橋成之
美術監督・設定:明石聖子
色彩設計:赤間三佐子
CG監督:磯部兼士
音楽:土橋 安騎夫
音響監督:平光琢也
アニメーション制作:トランスアーツ
制作協力:Production I.G
製作:avex entertainment/ Production I.G

(C) AVEX ENTERTAINMENT INC.・Production I.G., Inc.

■「ウエルベールの物語」公式HP:http://avexmovie.jp/lineup/wellber/index.html

南里侑香、ミュージカル「ANGEL GATE」公演直前インタビュー

FictionJunction YUUKAのボーカリストとして、澄んだ歌声を聞かせてくれる南里侑香さんが、5月3日から5月6日、新国立劇場・中劇場において、ミュージカル「ANGEL GATE」に主演する。このミュージカルは昨年の再演となるが、演出方法が変わり、より見応えのある舞台になっているという。

その舞台稽古に励んでいる南里侑香さんに、時間を作ってもらい本番に向けての意気込みをお聞きした。

■「ANGEL GATE」のストーリーをご紹介下さい

南里侑香昨年の再演ということで、昨年やったものをまた温めてやるのかと思っていたのですが、台本を頂いたら話の内容が結構変わっていました。それでも、伝えた神髄の部分は残っていて、人と触れあう事の大切さだとか、人と人との絆だったり、人と人との愛であったり、友情であったり。本当に人と人との触れあいが神髄になっていて、その大切さをどのように伝えるかということをテーマに昨年やったのですが、今年はそれをもっとお客さんに感じてもらえるようなお話になっています。

私が演じる本間ユリという女の子は、お父さんと長いあいだ会っていなくて、お父さんはユリと会わないうちに死んでしまっているんです。で、ユリはまっすぐな気持ちをどこかに忘れてしまっていて、どんどんひねくれてしまうところからお話がスタートします。そこから多くの人と出会って、一枚一枚鎧を脱いでいって、最後には本当にまっすぐな姿になるというお話で、本当にいろいろな人の心に触れあっていきます。

テーマは昨年と同じなのですが、昨年は初めてということもあって、伝わりにくかったところもたくさんあったと思うんです。今回はキャストも変わっているし、どのようにしたらストレートに伝わるのか、もっともっと暖かいものを伝えるにはどうしたらいいのか。人と人というテーマは、本当にベタだなと思われるかもしれませんが、意外と現代に生きていると一人で何でもできる気がするんですよね。毎日忙しくしていると、人と触れあうことが面倒だなと思ったり、コンピュータで何でもできるし、お部屋にいて何でもできる。そう思うことがあるのですが、新たな「ANGEL GATE」によって、私自身もそのことの大切さを感じることができたので、昨年よりもたくさん伝えることができたらいいなと思います。演出も、雰囲気も、かなり変わっているので、すごく楽しみです。


■役づくりで心がけていることは

人に心を閉ざすという所は、分かる気もするけれども難しい部分があります。今回は、ユリが最初から人をはねのけてしまっているので、そういう部分がとても難しいんです。人をはねのけるのというのは、自分の存在までも否定していて、それを本当に長年やってきている女の子なので、そこがとても難しく、未だに悩みながら毎日稽古をしています。多分、本番までいろいろ考えていると思います。


■ご自身が演じられる「本間ユリ」をどう思いますか

人をはねのけたり、自分の殻に閉じこもったりというのは、皆、一度はあるんじゃないかなと。その振り幅が人によってとても大きかったり、小さかったりするだけだと思うんです。確かに分かる部分もあるけれども、私はユリほど大きく行動に出たりしないし、何がそうさせるのかという原因もいろいろあると思うのですが、私だったらここまでやらないなと思います。

ユリは心を閉ざしているといっても、外に出かけたりはするので、その部分ではまだ救われているなと思います。自分のことを心配してくれる人たちがいるというのは、うるさいなと思いながらも、救われている部分でもあると思うので。私は毎日、人と触れあって生活しているし、昨年「ANGEL GATE」をやったことで、人と人とのつながりの大切さをどこかで感じて一年過ごして来ました。心を閉ざすということは自分自身でも力を使っているんじゃないかなと思うんです。辛いから心を閉ざすんだろうけれども、心を閉ざすことも辛いんじゃないないかなと思うんです。皆さんもそういう経験があると思うのですが、ユリほどになると演じるのが難しいですね。


■「ANGEL GATE」のみどころはどこでしょうか

今回のユリは、どんどん場面ごとに変わっていきます。ですから、人と触れあうことでユリがどんどん変わっていく流れが伝われば良いなと思います。やはりミュージカルなので、音楽やダンスが出てくるのですが、流れの上で伝えたい言葉がメロディに乗ったり、今回もダンスがとても面白くて、ユリの心情を周りに出てくる通行人や街にいる人、遊んでいる人が表現しているので、視覚的にも楽しめると思います。まだ稽古中で未完成なのですが、歌もダンスも見て欲しいですね。



■ミュージカルの楽しさは何でしょうか

南里侑香私はもともとミュージカルが好きで、お芝居もすごく好きなのですが、お芝居から歌に入ったり、ダンスで心情を表現したりということが、自分にとっては魅力的に見えて、抵抗感は始めからありませんでした。何でお芝居から歌いにいくのと感じる方もいるようなのですが、今回はそれを自然に見てもらえたらいいなと思っています。

この「ANGEL GATE」は、人と人とのつながりという、わかりやすいテーマではあるのですが、少し夢物語の部分もあって、天使が出てきたりします。天使と人間が触れあったり、天界のすごい人が出てきたりとか、そういう夢物語の部分もあるのですが、そういうお話だからこそ歌が入ったり、ダンスがあったりという部分があっても抵抗ないんじゃないかなと思います。また舞台なので、一つの箱の中でお客さんの「はっ」とした呼吸なども伝わってくるし、こちらの息をするタイミングなども伝わって、そこが観客としてもすごく面白いと思うし、舞台に立つ側としても面白いと毎回思うので、そこが一番の魅力ではないかなと思います。


■逆にミュージカルの難しさは何でしょうか

舞台はお客さんと一緒に作っていくもので、自分がこれを伝えたいというものがあったとしても、それをどのようにとらえるのかはお客さん次第だと思います。どんなものを感じてもらっても良いと思うんです。でも、今回の「ANGEL GATE」だったら、人ってこんなに暖かいんだよ、傷つくこともあるけれども触れあって行こうよというものをいっぱい伝えたいですね。ですから、欲みたいなものも出てきて、稽古の間はいっぱい悩みます。


■ミュージカルということで歌を歌われるわけですが、普段の音楽活動との違いはありますか

全く違います。私の場合はもともとミュージカルをやってきているので、ミュージカルの方がある意味とても自然なんです。自分が演じている役の流れで感情を表現するという歌い方が、自然に出てくるんです。アニメなどの主題歌を歌うときは、本当にその場面だけが切り取られているので、その前後というのは自分の中で作品や曲からイメージして歌っています。逆にそれの方が難しかったりするんです。アニメの歌を歌うときも、自分の中でアニメの世界や主人公を作って、それになりきって歌うんです。ですから、本当に久しぶりにミュージカルをやると、私の歌というのはお芝居やミュージカルから来ているんだなと改めて感じます。


■本番に向けての稽古は厳しいですか

今回は、稽古の時間が短くて最初から飛ばして、かなり良いペースでやっています。毎回とてもいい緊張感もあるし、皆の頑張ろうという気持ちがものすごく伝わってくるんです。昨年も出演した人もいるし、初めて参加の人もいるのですが、自分の役割というものをすごく考えて、時間がないので集中して、より楽しく、より頑張ろうとしている毎日です。今のところ余り厳しいと感じることがなくて、これから演出の先生も厳しくなってくるのかなと、ちょっとドキドキしています。本当に良い意味で緊張感があって、皆さんONとOFFがはっきりしているので、毎日を大切に楽しくやっています。


■ご自身一人で行う稽古(役作り)はどのように行っているのでしょうか

ユリのちょっとねじ曲がってしまったような性格というのは、私自身は経験がないので、そういう部分を一生懸命に考えていると、私はその役に似てくるみたいなんです。稽古場では一人で黙々となっている時間が多くて、気づくと下を向いて、ずっと台本を読んでいたりとかしています(笑)。今回は一幕、二幕という形になっているのですが、逆に最後に向けてユリが素直になってくるので、二幕の稽古になってくると段々自分が明るくなってきて、ユリと一体化しているなと、たまに面白く思うことがあります。


■他の出演者と行う合同稽古はどうですか

やはり、みんなでやると楽しいですね。でも、ユリは孤立している部分があるので、ユリの気持ちや寂しさというのを忘れないようにしています。



■ミュージカルに出演ということで体力作りは何かされていますか

ユリの場合は、常に人に壁を作っているので、心もすごく緊張していて疲れる部分もあるし、人を避けよう避けようとして動いているので体も緊張します。逃げ回るシーンも結構あるので、そういう部分では体力を使いますね。稽古が始まると一日中スタジオに居るので、お家に帰るとへとへとで、こんなに体力がなかったんだと思うんです(笑)。ですから、稽古の前からお家の近所をジョギングするようにしたり、稽古場の近くをジョギングするようにしたりして気をつけています。


■「ANGEL GATE」の中で好きな歌はありますか

昨年も「ANGEL GATE」のミュージカルの中で歌われていた、テーマ曲みたいなものがあるんです。すごく「ANGEL GATE」のテーマにメロディと歌詞があっているので、その曲を今回は私も歌うので楽しみにしています。


■ダンスは難しいですか

ダンスは難しいですね。歌では自然と体が動いたりとか、逆に動かさないと歌えないこともあるのですが、ダンスとなると体に力が入ってしまうんです。昨日もダンスの稽古があったのですが、簡単にしてくださいって言っちゃいました(笑)。


■他の役者さんが演じられる場面でお薦めはあるますか

今回も、この人たちが出て来ると笑っちゃうようなシーンがいっぱいあります。ユリの出番の前で、うつむいていなければいけないのに可笑しくて、笑ってしまうよう瞬間があります。稽古では、皆さん手探りで日々変えているのですが、いつも三人組で出てくる天使のチームワークが素晴らしいですね。


■公演直前になりましたが、今の心境は

まだ、直前だという気がしなくて、多分、本番の直前まで皆で猛ダッシュしていると思います。ユリの分からない部分もまだあるので、稽古では手探り状態で前の日と違うことをしてみたり、いろいろやっています。お客さんと会うときまでには、自分自身が納得できて、作品として皆も納得できるものを作って、お客さんに何かを感じてもらえたらなと思います。それまではとりあえず必死で頑張ります。


■ファンの皆さんへメッセージをお願いします

昨年、見に来てくださった方々もたくさんいらっしゃると思うのですが、今回はお話も変わって、出演者も変わって、昨年の「ANGEL GATE」とは別のアプローチで伝えられると思うんです。ですから、すごく楽しんでいただけると思います。勿論、今回初めてご覧になる方も、いろんなものを感じてもらえると思います。
人と人との触れあいというは、簡単に思えて、当たり前のことで、普段は真剣に考えたりしないと思うんです。その話を出演者とよくするのですが、そういうことをじっくり考えられる良い機会だなと思うんです。こういうテーマは、私も最初はベタだと思ったのですが、昨年演じてみて一生のテーマだなと、大切にしていかなければいけないなと思ったので、今回はより何かを伝えたいと思います。本当に男性女性、年齢も問わず一生のテーマだと思うので、いろんな方にご覧頂いてどのように思われたのか、何かを感じていただけたのかを知ることができたら嬉しいなと思います。「ANGEL GATE」を昨年とは別の作品として、新たな気持ちで見ていただけたら嬉しいです。


ミュージカル「エンジェル・ゲート」


南里侑香出演予定:南里侑香・吉野紗香・篠山輝信・BON-BON BLANCO/神田利則 他
脚  本:横山由和/浅井さやか
演  出:浅井さやか
音楽監督:斉藤恒芳

公演日程:
5月3日(木・祝)開場17:30/開演18:00
5月4日(金・祝)開場12:30/開演13:00
5月5日(土・祝)開場12:30/開演13:00
        開場17:30/開演18:00
5月6日(日) 開場12:30/開演13:00

会 場:新国立劇場・中劇場
入場料:全席指定 6,300円(税込み)
主 催:フジテレビジョン
企画制作:スペースクラフトプロデュース


チケット発売場所:
  ・キョードー東京  03-3498-9999
  ・チケットぴあ   0570-02-9999(Pコード:000-000)
  ・CNプレイガイド  0570-08-9999
  ・ローソンチケット 0570-08-4003(Lコード:00000)
  ・イープラス    http://eplus.jp/(パソコン/携帯)
   ※0570で始まる番号は一部の携帯・PHS・CATV電話からの接続不可

問い合せ:キョードー東京 03-3498-9999

■ミュージカル「ANGEL GATE」公式サイト:http://www.angelgate.jp/

オリジナルストーリーで展開するTVアニメ「BLUE DRAGON」制作発表会レポート

Xbox 360用ソフトとして、国内外から爆発的人気を得ている「BLUE DRAGON(ブルードラゴン)」が、TVアニメとなって4月7日よりテレビ東京系にて放送が始まった。ゲームの世界観を踏襲しながらも、アニメとしてのオリジナルストーリーが展開する。

その放送に先駆けて、3月24日、東京国際アニメフェア2007において製作発表が行われた。このイベントには、ユキヒロマツシタ監督、根本圭子さん(シュウ役)、葉月絵理乃さん(クルック役)、朴ろ美さん(ゾラ役)、そしてオープニングテーマ「FRIEND」を歌う橘慶太さんが登場した。その模様を紹介する。


BLUE DRAGON

(C)BLUE DRAGONプロジェクト/テレビ東京


イベントでは、まず原案の坂口博信さん、キャラクター原案を担当された鳥山明さんからのメッセージが紹介された。

坂口さん「BLUE DRAGONの世界が、こうしてアニメとして広がるのが何より嬉しいです。ゲームではエンディングを終え、「TEH END」の文字が浮かび上がった後に暖かい、どこか優しくなれるようなプラスのエネルギーをプレイヤーの中に残せることを目標に作り上げました。アニメを通して、シュウたちのプラスのエネルギーが広がってくれることを願っています。」

鳥山さん「ゲーム用に描いたデザインが、アニメで受け入れられるのかちょっと心配です。今回の脚本はアニメオリジナルらしいのですが、坂口さんの傑作ストーリーとアイデアをどう変えてくるのかとても興味深いです。このような形で関われるアニメはこれが最後かと思います。素晴らしいアニメのスタッフですから、きっと楽しいアニメーションが見られるはずです。」

BLUE DRAGON


そして、メインキャストの皆さんとオープニングを歌う橘さんが次のように挨拶した。

根本さん「シュウは、とにかく元気いっぱいな男の子。性格は、好奇心旺盛で負けず嫌いですね。ゲームでの年齢設定は16歳だったらしいのですが、アニメでは10歳ということなので、少年らしい少年の中に男らしいところを垣間見られるかなと思います。BLUE DRAGONの世界は、影を使って戦うので、地上ではありえないことで、その世界観を楽しんでいます」

葉月さん「シュウと幼馴染で10歳の女の子なのです。シュウが旅に出るときに追っかけていって、一緒に冒険をして行くのですが、まだまだ知らない謎がいっぱいあって、私も楽しみにしています。毎回いろんな敵が押し寄せてきて、戦うシーンがあるのですが、役者の皆さんが毎回叫びまくっています。その戦いの部分がありつつ、新しいキャラクターが登場したり、30分の中にいろんなエピソードがギュッと詰まっているので、本当に最後まで飽きない作品だと思います。」

朴さん「ゾラは、クールな影使いの女戦士の役で、何か腹の中に持っているらしく、影使いを探して何かを企んでいるんじゃないかなと思います。ひたすらゾラは説明をしているのですが、私自身ブルードラゴンの世界を把握していないまま話すのもどうかなと思って、一話ごと世界観を覚えながら演じるのが結構大変です。」

橘さん「ストーリーを読んで自分と共通するものは何かと思ったときに、シュウは仲間だったり、友達だったりと大切にして旅をしている。そういう仲間の大切さを詩に書きました。」

シュウたちが冒険をどのように成長するのか、その目で確かめよう!


放送局情報


テレビ東京   4月7日より 毎週土曜日9:00〜9:30
テレビ大阪   4月7日より 毎週土曜日9:00〜9:30
テレビ愛知   4月7日より 毎週土曜日9:00〜9:30
テレビ北海道  4月7日より 毎週土曜日9:00〜9:30
テレビせとうち 4月11日より 毎週水曜日7:30〜8:00
TVQ九州放送 4月14日より 毎週土曜日7:00〜7:30

青森朝日放送  4月18日より 毎週水曜日16:00〜16:30
秋田朝日放送  4月19日より 毎週木曜日16:00〜16:30
岩手めんこいテレビ 5月2日より 毎週水曜日17:24〜17:54
東日本放送   4月16日より 毎週月曜日16:24〜16:54
山形テレビ   4月19日より 毎週木曜日16:25〜16:55
福島中央テレビ 4月17日より 毎週火曜日16:22〜16:50
新潟テレビ21  4月15日より 毎週日曜日6:30〜7:00
長野放送    5月9日より 毎週水曜日15:30〜16:00
テレビ静岡   5月5日より 毎週土曜日11:00〜11:30
北陸朝日放送  4月22日より 毎週日曜日6:30〜7:00
日本海テレビ  5月1日より 毎週火曜日15:55〜16:24
広島ホームテレビ 4月21日より 毎週土曜日7:00〜7:30
南海放送    5月7日より 毎週月曜日16:21〜16:51
テレビ高知   4月17日より 毎週火曜日16:24〜16:54
長崎放送    4月15日より 毎週日曜日10:30〜11:00
大分朝日放送  4月18日より 毎週水曜日16:24〜16:54
熊本朝日放送  5月6日より 毎週日曜日6:30〜7:00
琉球朝日放送  4月21日より 毎週土曜日6:30〜7:00

BSジャパン  4月13日より 毎週金曜日18:30〜19:00


スタッフ&キャスト


■スタッフ
Xbox 360(マイクロソフト)"BLUE DRAGON"より
原 案:坂口博信
キャラクター原案:鳥山明

監 督:ユキヒロ マツシタ
シリーズ構成:大和屋 暁
キャラクターデザイン:二宮 常雄
音 楽:植松伸夫、大橋 恵
音響監督:高桑 一
美術監督:谷村 心一
色彩設計:いわみみか。
撮影監督:松本 敦穂
編 集:松村 正宏
製 作:テレビ東京、studioぴえろ

■キャスト
シュウ:根本圭子
ジーロ:浪川大輔
クルック:葉月絵理乃
マルマロ:雨蘭咲木子
ゾラ:朴ろ美(ろは王へんに路)
ブルードラゴン:高塚正也
ミノタウロス:落合弘治
サーベルタイガー:堀川仁
ブーケ:中島沙樹


音楽情報


オープニングテーマ「FRIEND」:橘慶太
・5月2日発売

エンディングテーマ「Fly So High」:山田優
・6月13日発売


■TVアニメ「BLUE DRAGON」番組サイト:http://ani.tv/bluedragon<

■公式ファンサイト:http://www.bluedragon-anime.com/

電撃文庫ムービーフェスティバル公開初日舞台挨拶レポート

電撃文庫ムービーフェスティバル、劇場版「灼眼のシャナ」「キノの旅」「いぬかみっ!」が4月21日よりロードショーとなった。3作品とも原作が電撃文庫(メディアワークス刊)のライトノベルであり、テレビシリーズとてアニメ化され高い評価を得ているとともに、多くのファンを魅了した作品である。

その公開初日、東京の池袋シネマサンシャインにて舞台挨拶が行われ、「灼眼のシャナ」からシャナ役の釘宮理恵さんと坂井悠二役の日野聡さん、「キノの旅」からキノ役の前田愛さん、「いぬかみっ!」からようこ役の堀江由衣さんと啓太役の福山潤さんが登壇した。その模様をレポートする。

電撃文庫ムービーフェスティバル


電撃文庫ムービーフェスティバルQ:シャナの魅力を教えてください
釘宮さん:可愛らしくて、かっこいいところかなと思って(笑)います。

Q:劇場版の魅力は?
釘宮さん:アニメシリーズは、原作から少し離れてオリジナルのストーリーだったのですが、今回は原作に忠実に描かれているところです。


電撃文庫ムービーフェスティバルQ:演じていて気をつけているところは
日野さん:特に普通の高校生にとって非現実的な世界に巻き込まれてどうなるかを表現できればいいなと心がけました

Q:劇場版の魅力は?
日野さん:テレビシリーズのストーリーをスタッフの方々が綺麗にまとめて下さって、より分かりやすく編集していて、後半の戦いのシーンなどかっこよくてスケールの大きな映像に仕上げてくれているところです。


電撃文庫ムービーフェスティバルQキノの魅力はどこでしょうか
前田さん:男性でも女性でもない、中性的なところがとても魅力的なキャラクターだと思います。

Q:オープニングアニメで他のキャラクターと競演ていかがでしたか
前田さん:そうですね(笑)、すごく楽しかったです。今までになかった設定だったり、小さいキャラだったので可愛いいなと思いました。なかなか二つの作品と絡めなくて、もうちょっと遊んでも良かったかなと思います。


電撃文庫ムービーフェスティバルQ:ようこを演じている上で気をつけていることは
堀江さん:「いぬかみっ!」という作品自体が、結構ハイテンションなので、それに負けないように啓太さんを追い掛け回したりと、とにかく元気よくと思っています。

Q:オープニングアニメで他のキャラクターと競演してどうでしたか
堀江さん:いろんな作品のキャラクターが一つの作品に出るのって、子供のころに憧れていた設定なので、それが実現してとても楽しかったです。私たちがドタバタしている中で、ひりだけキノさんが淡々とマイペースで、それがすっごく可愛くて私は大好きでした。


電撃文庫ムービーフェスティバル福山さん:なぜ笑いが起こったんでしょう。皆さん、面白かったですか?(拍手)笑いは、心のビタミンです。

Q:啓太の魅力はどこでしょうか
福山さん:やはり、愛ですね。愛が全ての人です。愛とリビドー溢れているところです。

Q:テレビ版と劇場版の違いはありますか
福山さん:悪ノリです!


Qファンの方々へ一言お願いします

釘宮さん:これからも何回も足を運んでください。映画がやっている限り永遠に見続けて、次にDVDをいっぱい買ってください(笑)。

日野さん:こうして公開初日を無事に迎えられて、本当に幸せです。こんなに多くの方が見に来てくださって嬉しい限りです。ありがとうございました。

前田さん:一度といわず二度三度と来ていただいて、お友達、ご家族、恋人を巻き込んでいっぱい見に来てください。宜しくお願いします。

堀江さん:ここにこうして立っているのが、速水さんでなくて申し訳ない(笑)。「いぬかみっ!」の劇場版は、スタッフが一丸となって作った作品なので、お友達にはこうだったよとは言わずに、とにかく見に行ってみればと勧めて下さい。

福山さん:本当に全く色が違う三本がオープニングをやり、別のフィールドで皆さんを楽しませるということで、人間の全ての感情がここにあります。愛があり、涙あり、本当に日ごろの疲れを癒したいときはこちらへ。そうすると燃えて(萌えて)、そして心の中に切なさと優しさが溢れて、そして最後にそれを全て忘れて帰れると思います(笑)。これからも長く宜しくお願いします。

電撃文庫ムービーフェスティバル


(C)高橋弥七郎・いとうのいぢ・メディアワークス/劇場版『灼眼のシャナ』製作委員会
(C)時雨沢恵一・メディアワークス/劇場版『キノの旅』製作委員会
(C)有沢まみず・メディアワークス/劇場版犬神使い派遣協会
配給:角川映画

■関連記事
 「電撃文庫ムービーフェスティバル」製作発表会見 in 秋葉原エンタまつり2006 速報レポート
 http://blog.livedoor.jp/ld_anime02/archives/50732922.html 

「電撃文庫ムービーフェスティバル」公式サイト:http://www.dengekibunko-movie.com/


舞台挨拶フォトギャラリー


電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル

電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル

電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル

電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル

オリジナル乙女系ドラマCD「CLASH!〜Strange Detectives〜」アフレコレポート

オリジナル乙女系ドラマCDブランド「RIO」。そのオリジナルドラマCD「CLASH!〜Strange Detectives〜」Vol.1が2007年5月25日(金)発売予定だ。原作者は、BL小説「バイトは家政夫(メイド)!?」(二見書房発行)などでお馴染みの魔鬼砂夜花氏。「CLASH!〜Strange Detectives〜」では、新米刑事の古谷瞬(CV:甲斐田ゆき)が主人公として事件を解決そいていく!?魔鬼砂夜花氏の世界を彩る声優陣も、甲斐田ゆきさん、小山力也さん、岸尾大輔さんといった実力派が勢揃いする。
そのアフレコレポートをお送りする。
CLASH
(C)Rio


Q:皆さんが演じられるキャラクターをご紹介ください


clash小山力也さん(藤木達哉役):
台本を頂いて、すごくハチャメチャで面白いと思いました。役に対する感想としては緊迫した状況でも周りに左右されないで自分を貫ける、芯の通った男らしい男だと思いました。憧れるところもありつつ、ここまで徹底しているとちょっとイヤかなってところもありますね(笑)。頼りがいがありそうで、頼りがいのない人が多いけれども本当に頼りがいのある立派なプロフェッショナルでした。ファンの皆様には、決してただの馬鹿ではないんだよというところをちゃんと押さえて聞いていただければ、大変嬉しいかなと思います。
作品としていろんな音が入って、聞いていてかなりダイナミックになると思うですが、僕は個人的にドラマCDはヘッドホンをつけて、電気を消して聞くのが好きなので、ぜひそのようにして聞いてみてください。きっと、CLASH!の世界に浸って、より一層楽しんで頂けるのではないかと思います。

clash岸尾大輔さん(山川豊役):
キャラクターをしっかり決めてガッツリと録った作品になりました。今後このキャラクターがぶれることなく続けていける、息の長い作品になるのかなという予感がします。僕の役は、すごくこぶしを回してよく歌う人だなと思いました。今後、歌の依頼が来たらどうしようかなと心配なのですが、歌のレッスンをして頑張って演歌の道を貫けたらなと思っています。嘘です(笑)。作品としては刑事ものなのですが、ちょっとコントチックなところがあったりして、まじめな空気の中にもくすっとできるシーンがあったりと新しいタイプの刑事ものの作品になるんじゃないかなぁ、というかしていきたいな!と思っています。

clash中井和哉さん(里見美智雄役):
里見は濃い登場人物が沢山いる難しい組織の中を上手いこと立ち回っている、どこかにぶつかるわけではなくね…。本当はこういうことを思っているのだけれどもとか、本当はこういう面もあるんだけれどもということを、というところを匂わせていけたらなと思いながら演じました。全体的にファジーな感じがよかったのかなと思います。いろんなタイプの人が、いろんなトーンで、いろんなスピードで会話しいていますので、僕も客観的に聞くのが楽しみです。

clash吉野裕行さん(水野広海役):
役柄的にはスプラッターであったりとか、死体が大好きな鑑識です。ただ今回のCDでは、彼がそういう人間だということは全く出てきていませんし、この先どうなるか分かりません。Vol.2以降とかでちょっとでも分かったらいいなと期待します。ノリやテンポの勢い重視な部分もありつつ、職業的にも難しい立場のキャラクターだからか割りと落ち着いて?大人っぽい感じがありましたね。ただ今後はどうなるのかわかりませんが(笑)、それが不思議な魅力になっていると思います。Vol.2以降になってキャラが増えて影が薄くなったりとかしませんかねぇ…心配ですねぇ…水野は(笑)。

安元洋貴さん(合田剛士役):
テレビドラマでもそうだのですが、刑事もので一話完結というのは元々好きなので面白かったです。僕は警察側の人間ではないので、その個性豊かな人たちに追い詰められていくのは楽しかったです。台本を読んで考えていた役は声の使い分けがあるのかと思い、普通の時は低く、そうでないときは高い感じだったのですが、現場に来て低い声のままで行こうと言われて戸惑ってしまいましたが、
やっているうちにどんどん面白くなって楽しい役でした!本当に繊細な子なんです…会田は。自分のある部分にコンプレックスがあって、自分を醜いと思っていて殺人を犯してしまうなんてねぇ…。

続きはこちら(集合写真も公開)(Filnニュース)

CD情報


CLASH!〜Strange Detectives〜 Vol.1
発売日:2007年5月25日(金)発売予定
価 格:3,000円(税込)
品 番:RIO-023
初回特典:描き下ろし変形ポストカード
発売元:Rio
販売元:(有)カーニバル

スタッフ
原作:魔鬼 砂夜花
イラスト:橘 茶茶

キャスト
甲斐田 ゆき・小山 力也・岸尾 大輔・中井 和哉・吉野 裕行・大塚 明夫 他

8月24日(金)CLASH!〜Strange Detectives〜 Vol.2 発売予定
11月30日(金)CLASH!〜Strange Detectives〜 Vol.3 発売予定

■Rio公式サイト:http://www.rio-cd.com/

「コードギアス 反逆のルルーシュ」Sound Epis2 ジャケット完成

5月23日にリリースされる「コードギアス 反逆のルルーシュ」Sound Episode1のジャケット画像が届いたので紹介しよう。

コードギアス
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS・MBS  Character Design (C) 2006 CLAMP


発売日:2007年5月23日
価 格:1,995円(税込)
品 番:VICL-62362

<Sound Episode 2 収録予定内容(順位不動)>
「ルルーシュ には 言えない」 脚本:野村祐一
 生徒会内でルルーシュがつまはじきに…!? 秘密をひたかくすミレイたち。得意の頭脳と洞察力で推理するルルーシュ。「俺がゼロだってこと…まさか?!」。そして最後にはスザクとの対決が…。

「褐色の苦悩」 脚本:野村祐一
ヴィレッタを救った扇だったが、救出直後の丸秘セクシー展開…、男扇の本懐ここに!?ゼロもカレンも玉城も絶句!!

連続ドラマ「消えたナナリー」 脚本:大河内一楼
ルルーシュとスザクの幼少の頃のストーリー。DVD1巻のピクチャードラマの続きとなっておりスザクとルルーシュがどうやって仲良くなったのかを綴る、スザク視点の物語の第2回。
ナナリーまでも陰謀に巻き込まれる!? 揺れ動くスザクの心情。怒涛の展開に誰もが、くぎ付け!!

出演:福山潤、櫻井孝宏、小清水亜美、名塚佳織、折笠富美子、大原さやか、杉山紀彰、千葉紗子、渡辺明乃、田中一成、真殿光昭 他

キャラクターソング:ルルーシュ(福山 潤)作詞・作曲・編曲:酒井ミキオ

<Sound Episode 1 収録内容>
Track1. キャラクターソング「REINCARNATION」歌:C.C.(ゆかな)
作詞・作曲・編曲:黒石ひとみ

Track2. STAGE 0.515「招かれざる皇子」 脚本:大河内一楼
ルルーシュとスザクの幼少期からTV本編第一話までを赤裸々に描写! 毎回収録のシリーズストーリー。

Track3. STAGE 9.725「夢のチケット」 脚本:清水 恵
シャーリーの妄想が炸裂? ルルーシュとカレンが結婚!? 実は相手はリヴァル? それともナナリーだって? スザクもルルーシュにプロポーズ!? 抱腹絶倒、シュールすぎる内容にファンならずともノックアウト必死。

Track4. STAGE 12.55「決戦前夜」 脚本:清水 恵
決戦前夜、…深夜にスザクがC.C.も同居するルルーシュの部屋を突然訪れる…。ルルーシュがついに愛を告白!? そこで繰り広げられる禁断のストーリーは聴いてからのお楽しみ…。

Track5.「REINCARNATION [INTRUMENTAL]」

出演:福山潤、櫻井孝宏、ゆかな、小清水亜美、名塚佳織、折笠富美子、大原さやか、杉山紀彰、渡辺明乃、高田祐司、他


Web配信情報


5月15日(火)19:00〜24:00 の5時間限定配信予定
配信内容:Sound Episode 2 からのドラマ1本

BIGLOBEストリーム:http://character.biglobe.ne.jp/geass/

*毎回CDリリースの前週火曜日(予定)の19時〜24時配信予定
(6月第三弾の配信日は19日(火)予定。配信ドラマ内容は未定)


■「コードギアス 反逆のルルーシュ」公式HP::http://www.geass.jp

「北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章」ラオウ昇魂式開催!

ラオウ昇魂式世界中でいまだ衰えぬ人気を誇る「北斗の拳」が、拳闘叙事詩「真救世主伝説」(全5部作)としてスクリーンに帰ってきた(4月28日よりロードショー)その第3章「北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章」は原作では明かされなかった真実と、「北斗の拳」最大の見せ場であるラオウVSケンシロウの闘いが描かれる。

ラオウ昇魂式その劇場公開直前の4月18日(水)、19時より、高野山東京別院にて「ラオウ昇魂式」が執り行われた。悪天候の中、総勢3000人がラオウに追悼の意を表し焼香。焼香の際には思わず涙ぐむ人たちの姿もあった。


続きはこちら(Filnニュース)

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)NSP 2007

4月28日(土)より、渋谷東急他全国ロードショー!

「北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章」公式サイト:http://www.hokuto-no-ken.jp

水着姿が眩しい「OVA ToHeart2」第2巻アフレコレポート

ToHeart2大ヒットを記録した恋愛シミュレーションゲーム「ToHeart2」が、2007年、全3話のオリジナルビデオアニメーションとして登場!

6月27日に発売される第2巻の舞台となるのは、「真夏の海」。

そして、サブキャラの中でも人気の高い「小牧郁乃」が、アニメ初登場となる。

そのアフレコレポートをお送りする。

 (C)2007 AQUAPLUS/TH2V Works


Q:第二話の個人的お勧めのシーン/見どころなども教えてください。

ToHeart2力丸乃りこさん(小牧愛佳役):選ぶのが難しいくらい、本当に大好きなシーンばかりです♪以前から、愛佳がちょいちょい“つまみ食い”をする事は判明していましたが、今回は時に凄かったですね。そんなに頬張らなくても…と止めたくなるほど、素晴らしい食べっぷり(?)を披露してくれます。ここで“サザエ”か〜い!?と突っ込みを入れたくなるところもありますが、そのシーンは、は〜い注目ちゅうも〜く♪です。そして、やはり一番は、妹・郁乃ちゃんとのシーンですね。妹想いの愛佳にとっては、このみちゃんやタマ姉、河野君、雄二君皆と一緒に、郁乃ちゃんも海に行った事は、最高の想い出になったと思います。

神崎ちろさん(小牧郁乃役):姉がはずかしさをごまかす際に起こす行動がステキです♪

伊藤静さん(向坂環役):密漁する愛佳さん。

落合祐里香さん(柚原このみ役):愛佳の水着姿。

福山潤さん(河野貴明役):るーにうろたえる郁乃の一連のシーンが。

鳥海浩輔さん(向坂雄二役):タマ姉のAゾーンからみえるゆーじのアホヅラ。Aゾーンにこだわりが見える。

夏樹リオさん(るーこ・きれいなそら役):タカくんが、小牧さんの名前をテレながら言う所。

佐藤利奈さん(草壁優季さん):やはり、水着・・・ではなく(笑)郁乃ちゃんの心の動きです!

中島沙樹さん(笹森花梨役):るーるるるるーるっるるー♪訳:るー!っていうと花梨はテンションあがります。(中の人談)


続きはこちら(絵コンテも公開中!)(Filnニュース)

「OVA ToHeart2」公式サイト:http://www.aquaplus.co.jp/th2v/

「OVA ToHeart2」第2巻DVD情報


初回限定版
価格:6,930円 (税込)
品番:FCBP-0056

通常版
価格:6,090円 (税込)
品番:FCBP-0059

発売日:2007年6月27日(水)発売
(初回限定版と通常版 同時発売
第2巻収録話:第2話「あの夏、一番騒がしい海」
初回限定版特典:未定
通常版との共通特典:
映像特典: ショートストーリー
音声特典: オーディオコメンタリー

発売元:株式会社IMAGICAイメージワークス
販売元:株式会社フロンティアワークス/ジェネオン エンタテインメント 株式会社

GONZO究極の最新鋭ビジュアル「ロミオ×ジュリエット」放送直前 見所の傾向と対策

ロミオ×ジュリエット「恋愛と革命」重厚なオリジナルストーリーが展開。シェイクスピア不朽のラブロマンス「ロミオとジュリエット」 、斬新な舞台設定と物語展開、そしてGONZO究極の最新鋭ビジュアルで、初のアニメ化!原作に描かれる中世の世界観の中で、アニメーションならではの最新技術により、緻密で壮大なファンタジー要素を取り入れた映像世界が展開。今世紀最高の愛の物語が、東京地区での放送がまもなく始まる(TBS:4月13日(金) 深夜2時40分〜)。その放送直前に、キャストの皆さんが明かす見所を予習しておこう!
■放送スケジュール
CBC:4月4日(水) 深夜1時45分〜
TBS:4月13日(金) 深夜2時40分〜  
※4月20日(金)からは深夜2時25分〜
サンテレビ:4月17日(火) 深夜1時10分〜
KBS京都:4月20日(金) 深夜1時30分〜
※ 放送日時はいずれも予定

(C)2007 GONZO / GDH・SPWT

キャストが明かす「ロミオ×ジュリエット」の見所


ロミオ×ジュリエット水島大宙さん(ロミオ):
原作がある作品ですが、オリジナルのストーリー展開が楽しみです。本当に絵が綺麗で、音楽も壮大です。色が分けられていてロミオは「静の青」、ジュリエット(赤い旋風)は「動の赤」。すごく対極の色をしています。話の流れでも貴族は寒色だったり、ジュリエットはどのような服でも基調は赤系で、生きる躍動感が色で分けられているのが印象的で、視覚的にも聴覚的にも、ドラマに引き込まれていくような流れになっているんじゃないかなと思います。僕も収録していくたびに話を知っていくわけですから、皆さんが一話ずつご覧になるのと同じような気持ちで、どのような結末が待っているのか楽しみにしていまず。是非、一話も見逃すことなく見てください。
この作品は、アニメーションならではの作品だと思っています。ですから、これぞアニメというところを存分に表現しつつ、皆さんにも味わってもらいたいなと強く思っています。時代劇のような痛快活劇ですが、根底には愛というドラマがあります。やはり男だからかもしれませんが、銃ではなく剣の世界というのが好きなので、赤い旋風の立ち回りが格好よくて可愛く、綺麗で美しい。醜いというものが分かりやすく出ている作品だと思うので、本当に見ていてスッキリしていただけたらなと思います。応援よしくお願いします。

ロミオ×ジュリエット水沢史絵さん(ジュリエット):
ネオ・ヴェローナでのロミオとジュリエットの壮大なお話は勿論なのですが、私としては普通の女の子が男の子と育てられてきて、実はすごい宿命を背負っている、16歳のミドルティーンの女の子の心の揺れを是非、見ていただければと思います。
私は今回、ジュリエット、オーディン、赤い旋風と三役ということになっています。ただ、三役あるからといっても別人ではないので、上手いぐあいに役の区別を私の中で1本スジを通して演じられたらたらなと思っています。ファンタジーなラブロマンスなので、是非、ご覧下さい。

ロミオ×ジュリエット松木未祐さん(コーディリア):
原作の設定と違った流れで進んでいくこのお話は、毎回見るたびにこうなっているんだ、でもここは原作通りだとか、そういうところが本当に面白いと思うので、原作と照らし合わせつつ楽しんでいただけたらと思います。 
コーディリアとしてジュリエットに寄り添う人生を今のところ頑張っているので、その生き方をこの作品でまっとうしたいと思います。頑張ります。

ロミオ×ジュリエット立花慎之介さん(ペンヴォーリオ):
アクションシーンのスピード感を見て欲しいなと思います。話の内容としては、人と人との関わり合い、表面的にはロミオとジュリエットの話なんだけれども、その裏にある人々の物語りも細かく描かれているので、そういうサイドストーリー、裏の絡み合いが面白いかなと思いす。
ペンヴォーリオ最初から最後まで萌えるしかないので、その一点にかけて頑張っていきたいと思います。原作を読んでいる人もそうじゃない人も、きっと最後まで楽しめる作品だと思うので、皆さん是非、見てください。

ロミオ×ジュリエット広橋涼さん(アントニオ):
単純に巻き毛の人が出てきたり、可愛い女の子が男装をしていたり、白馬が出てきたり、王子様だったりと、私の妄想をくすぐる単語がいっぱいなので、個人的に楽しいです。王道のラブストーリーをやって欲しいけれども、なかなかなかったジャンルなので毎回ワクワクして、すごくいい作品に関わることができて嬉しいです。面白っすよ!
障害のある恋は燃えます!恋というものを知らなかったロミオとジュリエットが好きになっていくさまや、そこから運命がどうなっていくのかというのは毎回見ていてもドキドキするので、同じような恋をしている人も頑張ってください。

ロミオ×ジュリエット井上和彦さん(ウィリアム・シェイクスピア):
賑やかしの私以外のところは、全部見どころョ!特にロミオとジュリエットが見つめ合うところなんかたまらないヮ!
間違いなく名作といわれるアニメになると思います。その中で若い人たちが頑張っているので、僕はスタジオの中で密かに応援していて楽にやりたいなとい思います(笑)。

ロミオ×ジュリエット川澄綾子さん(エミリア):
言葉使いは現代ぽく皆スマートなのですが、原作の「ロミオとジュリエット」の雰囲気もあり、異常に怪しいモンタギューに注目してください。
「ロミオとジュリエット」ですから見て間違いはないと思います。

ロミオ×ジュリエット藤原啓治さん(ランスロット):
余りにも有名な原作なので、その調理の仕方が最大の見どころだと思います。それとモンタギーが見どころです。
「ロミオとジュリエット」を昔に読んだときにも思ったのですが、最後に描かれるのは二人を浮き出させるためだけになるといっても過言ではないと思っています。ですから、その中で自分が作品を形作るきちんとしたその部品になれるようにやりたいと思っています。

ロミオ×ジュリエット柿原徹也さん(マキューシオ):
オリジナル路線のストーリーがすごく楽しみですね。何よりも原作者のシェイクスピアが出ている時点で、どういう絡み方をしてくるのか楽しみです。また、オリジナルで出てくるキャラクターが、どのような活躍をするのかが一番の見どころだと思います。
世界最高の愛の傑作といわれている「ロミオとジュリエット」がアニメ化になるということで、最高のラブストーリーになると思います。皆さんドキドキ、ワクワク、ハラハラ、本当にいろいろな感情が出てくると思いますので、是非、泣いてください。


ロミオ×ジュリエット

こんなに愉快なキャストの皆さん(写真上)が、真剣に取り組んでいます(写真下)!

ロミオ×ジュリエット


第1話「ふたり〜出会わなければ〜」


舞台は天空浮遊大陸ネオヴェローナ。モンタギューによりキャピュレット一族が惨殺されてから14年後…。
街では「紅い旋風(かぜ)」と呼ばれる剣士が、市民に圧政を強いるモンタギューの兵士と戦っていた。

その正体は、性別を隠して娘狩りから逃れていた少女…ジュリエットだった。

ある日、モンタギューの息子であるロミオは、兵士に追われていた赤い旋風を偶然助ける。
初めての気持ちにとまどう二人は、偶然にも城の舞踏会で再会する。


スタッフ&キャスト


■スタッフ
原案 : WILLIAM SHAKESPEARE
アニメーション原作 : GONZO×スカパー・ウェルシンク
監  督 : 追崎史敏
シリーズ構成・脚本 : 吉田玲子
脚  本 : 高橋ナツコ、砂山蔵澄、平見瞠
キャラクターデザイン : 原田大基
プロダクションデザイン : 高木潤
美術監督 : 斉藤雅巳
色彩設計 : 鈴木寿枝
音響監督 : 吉田知弘
音  楽 : 元仁
音響監修 : 佐藤順一
撮影監督 : 北村直樹
編  集 : 廣瀬清志
アニメーション制作 : GONZO
製  作 : 中部日本放送、GDH、スカパー・ウェルシンク

■キャスト
ロミオ : 水島大宙
ジュリエット : 水沢史絵
キュリオ : 鳥海浩輔
フランシスコ : 野島裕史
コーディリア : 松来未祐
アントニオ : 広橋涼
ハーマイオニ : 大原さやか
モンタギュー : 石井康嗣
ティボルト : 置鮎龍太郎
エミリア : 川澄綾子
ペンヴォーリオ : 立花慎之介
マキューシオ : 柿原徹也
ポーシア : 久川綾
ランスロット : 藤原啓治
ウィリアム・シェイクスピア : 井上和彦

■公式サイト:http://www.romejuli.jp/

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」第一弾限定特別鑑賞券 4月21日発売開始

12年の時を経て、ついに新作として生まれ変わる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4部作。この秋最大の話題作の特別鑑賞券の発売が決定いた。
第一弾は人類を脅かす"使徒"の殲滅を目的とした国連直属の組織"ネルフ"のマークを中心にデザイン。チケットの表面にはリファインされたネルフマークがレインボー加工であしらわれています。さらに特典として「新ネルフマーク」ストラップをもれなくプレゼント。

「第一弾限定特別鑑賞券 新ネルフマークストラップ付き特別鑑賞券」
1,500円(税込)、完全数量限定!
4月21日(土)より全国の公開劇場窓口にて発売開始!
※なくなり次第終了
詳しくはHPにてhttp://www.evangelion.co.jp

ヱヴァンゲリヲン新劇場版ヱヴァンゲリヲン新劇場版
(C)カラー・GAINAX


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」
原 作・脚本・総監督:庵野秀明 
監 督:摩砂雪、鶴巻和哉 
主・キャラクターデザイン:貞本義行 
主・メカニックデザイン:山下いくと 
新 作・画コンテ:樋口真嗣、京田知己 
音 楽:鷺巣詩郎
制 作:スタジオカラー 
製 作:カラー 

配 給:クロックワークス、カラー 
配給協力・宣伝:日活 
お問い合わせ
このサイトへの記事掲載依頼、取材依頼、ご意見、ご要望はこちらへ
info@jupiter-bb.com
PR



QRコード
QRコード
Archives
  • ライブドアブログ