木尾士目氏の人気コミック「げんしけん」(講談社/月刊「アフタヌーン」)の劇中アニメとして話題を呼んだ「くじびき♥アンバランス」がTVアニメになって、10月より放送開始となる。
そのキャストの方々による記者会見が行われた。その模様をお伝えする。

くじびきアンバランス


Q:皆さんの役所と、そのキャラクターの印象はどうでしたか

くじびきアンバランス瀧本富士子さん(榎本千尋役):

第一印象は絵がとても可愛かったので、どうなのかなと思いつつふたを開けてみたら、本当にそのままの子でした。いつもくじ運が悪く、「いつも、僕は不運だ」と言っていて、そこをベースに徐々に頼れる人に成長していくように演じていけたら良いなと思い、楽しくやらせていただいています。


くじびきアンバランス野中藍さん(秋山時乃役):

TVアニメ版の時乃ちゃんは、「げんしけん」の中の時乃ちゃんとは絵ががらりと変わって、学年も千尋ちゃんと同じ学年になりました。生まれつき運が良くて、今回は副会長のくじを引いてしまい、千尋ちゃんと色々な問題に取り組んでいきます。設定には「天然」と書いてあったのですが、ただの不思議ちゃんにはしたくないので、「天真爛漫」で可愛く演じていけたらいいなと思っています。


くじびきアンバランス小清水亜美さん(律子・キューベル・ケッテンクラート役):

キャラクターを頂いた第一印象というのは、とても綺麗な子だけれども感情が見えない感じのキャラクターなんだなと認識しました。立場的にもただの学校全体の会長さんというだけではなく、ちょっとした国が関わっているという、とても重要な立場に居るキャラクターなんです。
ですので男っぽいイメージがあったのですが、いざ演じてみると、そんなことは無く、自分の一言一言で世界が動いてしまうので言葉をとても大切にしている子で、本当は感情も内にはあるのに、自分の立場をちゃんと考えて、わざわざ感情を殺して話している子なんだなと思いました。そういった面を少しずつ出せていけたらいいなと思っています。


くじびきアンバランス西原久美子さん(上石神井蓮子役):

最初の印象もやってみた印象も、とてもパワフルで面白くて、ちょっとツンデレ系で可愛いところもある役どころなんです。回を重ねるごとに、更に面白く魅力的に演じていけたら良いなと思っています。


くじびきアンバランスこじまかずこさん(朝霧小雪役):

小雪ちゃんの第一印象は、本当に可愛い女の子で、皆の妹的存在として可愛がられているんだなという印象がすごくありました。でも回を重ねて台本を読んでいくうちに、本当の小雪ちゃんはしっかりしている、頭のいい女の子なんだということが分かってきました。これからもそういうところを出せていけるようにしたいと思います。


くじびきアンバランス高木礼子さん(リサ・ハンビー役):

まだそんなに沢山しゃべっていないので、自分でもまだ謎の部分があります。基本的に、大変なことでもあっけらかんとしているといる、明るい性格の子なんだろうなと思っているので、そういうところをもっと出せていけたらなと思っています。


くじびきアンバランスゆかなさん(如月香澄役役):

クールで美人で、何でも(スゴいことを)サラッとしてしまう人かなぁと。今のアフレコの段階では、クールでスゴい(不気味なくらい)人といった感じですが、会長にだけは少し違うようです。ホンネが見える回があったら良いなぁと雄持っています。



Q:作品の魅力はどこだと思いますか

瀧本さん:一言でいうと、「本当に面白い」ですね。くじ引きで決めるという話しは、まだ役員を決めるということだけにしか出てきていないので、他のことでもくじ引きでというシーンが出てきたら楽しいなと思います。

野中さん:私もくじで入学できる学校に入りたいです。

小清水さん:みんなが真面目に取り組んでいることは、実はしょうもないことが多くて、それをすごく真面目に頑張って、ちゃんと形にしているというところが演じつつ、一視聴者として和んでいます。そういう学園ものも素敵だなと思いました。

西原さん:「げんしけん」という、もうちょっとリアリティのある学園生活をしている人たちが夢中になっている劇中アニメだと聞いているんですが、リアリティがあるんだけれどもメカが出てきたりして面白いです。

小島さん:私もとても面白い作品だなと思って、毎週すごく楽しくお仕事させてもらっています。個人的にはすごく山田薫子が大好きなので、山田とのからみが出てきたらいいなと思います。

高木さん:ちょっと不思議な世界観もありつつ、それぞれのキャラクターがとても特徴があるので、一番の魅力はそのキャラクターたちの楽しいセリフの掛け合いだと思います。

ゆかなさん:時乃みたいな人って、現実にもいるよねぇと思いながら、その強運ぶりを楽しみにしてます。個性的なキャラクターがたくさん出てきますし、みんな魅力的です。


Q:ファンの方々へメッセージをお願いします

瀧本さん:本当に見ないとわからないので、是非、見てください。頑張りますので、よろしくお願いします。

野中さん:漫画の「げんしけん」のように、この「くじびき♡アンバランス」のアニメを見た後に、皆さんが「良かったね、今回の時乃」と言ってもらえるように、私も頑張って演じたいと思いますので、是非、見てください。

小清水さん:12話の内に会長さんの可愛らしい部分がお見せできるように、私も頑張って行きたいなと思います。その分、前半戦をとても冷たく演じて、その差が出るようにいいなと思っていますので、是非、最後までご覧になって下さい。よろしくお願いします。

西原さん:回を重ねるごとに、どんどん面白い蓮子ちゃんになっていったらいいなと思っています。頑張りますので、絶対に見てくださいね。よろしくお願いします。

小島さん:本当に楽しい作品なので、是非、ずっと見続けて欲しいと思います。よろしくお願いします。

高木さん:気楽に楽しめる作品だと思うので、最後まで見ていただけたら嬉しいです。

ゆかなさん:カラフルで楽しい作品になったら良いなと思っておりますので、どうぞお楽しみに。

くじびきアンバランス


また、この作品を演出する水島監督からコメントを頂いた。紹介しよう。

Q:今回のTVアニメ版「くじびき♥アンバランス」の概要をお願いします

このアニメを範疇でいうと「萌え」になるのかもしれませんが、それよりも生活を描きたいと思っています。ですから、私としては「学園青春もの」と考えています。

Q:前作のOVAとの違いはありますか

OVAはネタに走りすぎてしまいました。そのノリでワンクール作るのは無理だと思ったので、OVAを忘れるつもりで制作に励んでいます。
OVAは3本しかなかったですよね。前回は、原作の木尾さんから頂いた人物・性格付けの簡単なものを安直に引き延ばしてしまったかなと思います。
例えば、時乃にキノコ好きという設定があったら、どんどんそこからエスカレートしていっちゃうんですよ。最終的にはものすごく電波な子が出来上がってしまったので、今回の作品での合い言葉は「電波禁止」。そういう方向で行きたいと思います。ちょっと変わっているで抑えてきたいですね。
気合いを入れていればいいものが出来るというわけではないので、キチンと冷静で丁寧に、そして熱く作っていこうかなと思います。

Q:あらすじはどうなりますか

生徒会候補になった千尋たちが、果たして本当に生徒会になれるのかどうかというのが、ざっくりとしたあらすじになります。勿論、見てのお楽しみですけどね。
いろんな試練とか、ぎすぎすした関係になったりとか、仲直りしたりとか、ステップアップしたとか、こういうこと続けていって、さて何がどうなるかという感じです。

Q:監督しての見どころはどこでしょうか

見どころは・・・、パンチらとかあまりないんですよね。エロはちょっと少なめかもしれませんが、いろんな性格のキャラクターが沢山いますので、その当たりが楽しんでいただけるのかなと思います。
各話でブレイクしていく登場人物もいます。まだ3話しかやっていないのですが、この後どんどん派手な展開が出てくると思います。その当たりを楽しみにしていて下さい。

Q:ファンの方々に一言お願いします

OVAに出てきたキャラの中には、主役級に昇格したのも、サブキャラに降格したのも色々あるのですが、前回出ていたキャラは一応、全部いかそうかなと思っています。
実はまだ、アレックスがどこにも出てきていないんですがね・・・。

(C)2006 木尾士目・講談社/立橋院学園生徒会


アニメ情報


くじびきアンバランスくじびきに二度目はない・・・

全てを“くじびき”によって決める立橋院学園。
そこは、卒業生は政界、財界の要人を占め、生徒会の権力たるやあらゆる国家権力をも凌ぐほどの学園である。この物語は、次期生徒会執行部に選ばれた榎本千尋たちが、現生徒会の厳しい教育に耐え、実務を引き継ぐまでの、愛と戦いの記録である。

道を歩けば犬に追いかけられ、空から植木鉢が落ちてくるような不幸体質だったはずの榎本千尋が何の因果か、強運の持ち主ばかりが集まる立教院学園に合格、さらに最初のくじびきで次期生徒会会長候補のくじまで引き当ててしまった!
副会長候補には千尋の幼馴染で、生まれてこのかた幸運続きのラッキーガール秋山時乃。書記候補には天才サイエンティストの上石神井蓮子。彼らは、現生徒会からの過酷な指令をこなし、次期生徒会たる地位を確立せねばならない。

立ちはだかる現生徒会は、会計に、超人的な演算処理能力を誇るアメリカ系関西人のリサ、副会長には、霊剣「残月」を佩き、圧倒的な戦闘能力を持つ退魔士の香澄。そして現生徒会長は、幼馴染でドイツへ転校してしまったはずの千尋の初恋の相手、
律子・キューベル・ケッテンクラートだった...

千尋たちは無事生徒会になれるのか、律子、時乃、千尋の恋の行方は?
「げんしけん」のメンバーも大注目のラブコメディが、いよいよTVシリーズで開幕!


■放送日
チバテレビ:10/11より毎週水曜日 26:00〜
テレ玉:10/10より毎週火曜日 26:00〜
テレビ神奈川:10/7より毎週土曜日 26:30〜
TOKYO MX:10/12より毎週木曜日 25:30〜
テレビ愛知:10/11より毎週水曜日 26:28〜
KBS京都:10/12より毎週木曜日 25:30〜
サンテレビ:10/12より毎週木曜日 26:05〜
キッズステーション:10/6より毎週金曜日 24:00〜、28:00〜/毎週日曜日 22:00〜

■スタッフ
原 作:木尾士目 講談社 月刊「アフタヌーン」連載
監 督:水島 努
シリーズ構成:横手美智子
キャラクター原案:木尾士目/八雲剣豪
キャラクターデザイン:柳田義明

オープニング主題歌:『あい』 歌:アツミサオリ
エンディング主題歌:『Harmonies*』 歌:時乃&律子(野中藍&小清水亜美)

制作スタジオ:亜細亜堂
製 作:立橋院学園生徒会

■キャスト
榎本千尋:瀧本富士子
秋山時乃:野中藍
律子・キューベル・ケッテンクラート:小清水亜美
上石神井蓮子:西原久美子
朝霧小雪:こじまかずこ
如月香澄:ゆかな
リサ・ハンビー:高木礼子
朝霧小牧:倉田雅世
橘いづみ:中尾衣里
榎本忍:笹本優子

■「くじびき♥アンバランス」公式サイト:http://www.kujian.info/