電撃文庫(メディアワークス)の人気作品、「灼眼のシャナ」「キノの旅」「いぬかみっ!」の豪華3本立て映画が、2007年4月、池袋シネマサンシャインほかでロードショーとなることが決定した。
その製作発表会見が、10月21日 秋葉原エンタまつりのメイン会場で行われ、各アニメーションのメインキャストと監督・原作者が総出演の華やかなフェスティバルとなった。その速報をお送りする。

電撃文庫ムービーフェスティバル



灼眼のシャナ


電撃文庫ムービーフェスティバル
(C)高橋弥七郎 ・メディアワークス / 『灼眼のシャナ』製作委員会

まず、「灼眼のシャナ」を紹介され、釘宮理恵さん(シャナ役)、日野聡さん(坂井悠二役)、渡部高志監督、高橋弥七郎さん(原作)、いとうのいぢさん(原作イラスト)が登壇。映画に対する意気込みを語った。

電撃文庫ムービーフェスティバル


電撃文庫ムービーフェスティバル釘宮理恵さん(シャナ役):
シャナは、硬質な硬い感じの美しい生き方をしている女の子だと思っているのですが、悠二や周りの人たちとのふれ合いによって、柔らかい部分がどんどん出てきました。
でも、映画では、私が大好きなカッコいいシャナと相対することが出来るんだと思って楽しみにしています。


電撃文庫ムービーフェスティバル日野聡さん(坂井悠二役):
坂井悠二君は、本当にごくごく普通の平凡な高校生なので、その平凡さというのを強調して、お芝居ができたらいいなと思っています。
シャナとの出会いをきっかけに、自分自身が既に死んでいるということを知るのですが、そこから自分の大切な人たちをどう助けていけるかということを自問自答しつつ、シャナと共に成長していくところが、魅力でもあり、見どころではないかと思います。


電撃文庫ムービーフェスティバル渡部高志監督:
シャナは、非常に硬質で、ハードで、冷徹でなすが、その反面もろくて優しい相反する二面性が、悠二の関係でどうなっていくのかというところが魅力あるところだと思います。
映画版では、敵側にいるフリアグネとマリアンヌの物語と同時並行でシャナと悠二の関係がどう進むか、対比して興味深く見ていただければと思います。


電撃文庫ムービーフェスティバル高橋弥七郎さん(原作):

興奮しています。


電撃文庫ムービーフェスティバルいとうのいぢさん(原作イラスト):
最初のお仕事を頂いたときに、アニメから映画にとすごいことになるとは思っていなかったので、本当にうれしいです。



■「灼眼のシャナ」公式ホームページ:http://www.shakugan.com/


キノの旅


電撃文庫ムービーフェスティバル
(C)時雨沢恵一・メディアワークス/劇場版『キノの旅』製作委員会

続いて紹介された作品は、「キノの旅」。前田愛さん(キノ役)、相ヶ瀬龍史さん(エルメス役)、 中村隆太郎監督、時雨沢恵一さん(原作)が登壇し、映画版への想いを語った。

電撃文庫ムービーフェスティバル


電撃文庫ムービーフェスティバル前田愛さん(キノ役):
ここ作品に携わってもうすぐ4年になるのですが、今回は映画ということでうれしく思っています。
キノを演じているときは、自分の声のトーンよりちょっと低めにして印象を落とているのですが、原作の小説を読んでいてもすんなり入ってくれています。キノは常に中立の立場を保っているので、そこを気をつけて演じています。


電撃文庫ムービーフェスティバル相ヶ瀬龍史さん(エルメス役):
今回、映画化になった「病気の国」というのは、僕がとても好きな作品でとても力が入りました。皆さんがご覧になることを楽しみにしています。
エルメスという役は、絵的に口パクもなく表情もないのですが、キノのクールな性格に対して、陽気でパーツが一つ外れていそうな明るい性格を非常にやりがいを持って演じています。


電撃文庫ムービーフェスティバル中村隆太郎監督:
この「キノの旅」は、すごく美しいものと、実は触れたくない嫌な感じの部分というのが混在しいる、そのあたりの微妙な感じが魅力なのではないかと思います。
僕自身、劇場作品に携わるのが久しぶりで、特に映画は大好きなので嬉しいです。やっているスタッフも「映画になるよ」というと、テンションが上がるんですね。そういう意味でも、すごく嬉しいですね。


電撃文庫ムービーフェスティバル時雨沢恵一さん(原作):
いつも私は、秋葉原の駅前をうろついている方なんですけど、今回は舞台に立つことになりました。
今回の劇場版は何がいいですかと聞かれて、私が自分が選んだ作品ですので嬉しく思っています。大画面と素晴らしい音響でご覧になることができるということで楽しみにしてください。



■「キノの旅」公式ホームページ:http://www.kinonotabi.com/


いぬかみっ!


電撃文庫ムービーフェスティバル
(C)有沢まみず・メディアワークス/犬神使い派遣協会


最後に紹介された作品は、「いぬかみっ!」だ。堀江由衣さん(ようこ役)、福山潤さん(啓太役)、草川啓造監督、有沢まみずさん(原作)が登壇。テレビアニメの雰囲気そのままの、楽しい挨拶となった。

電撃文庫ムービーフェスティバル


電撃文庫ムービーフェスティバル堀江由衣さん(ようこ役):
ようこ役を演じていて、すごく楽しかったです。
映画は、とりあえず上映できれば良いと思います(笑)。それが今、一番ドキドキしているところで、今日は変態の大元である原作の有沢まみずさんと変態の大ボスである草川啓造監督(笑)がいらっしゃるので、シャナさんチームとキノさんチームに迷惑をかけないような作品になりつつ、でも「いぬかみっ!」らしさを大スクリーンで、大ぞうさんを見るというのもなかなかない機会なので、そういうのもあっても良いかなと思っています。
ようこ的には、啓太さんの関係が良いなと思っていたので、啓太さんと良い感じのシーンみたいなのがあったらいいいなと思います。


電撃文庫ムービーフェスティバル福山潤さん(啓太役):
登場する前の笑いが、すごく心強いです。本当に「灼眼のシャナ」と「キノの旅」のファンの皆さん、ごめんなさい(笑)。
第1話のころには、こんな風になるとは思っていなかったのですが、回を重ねるにつれ想像していた以上に面白くて、演じていくのがどんどん楽しくなってきました。
今まで出すことができなかった引き出しであったりだとか、なるべくやろうとしなかった素の部分を入れてみたりだとか、今まで演じる上でできなかったことが、ふんだんにできたので半年間、突っ走れて楽しかったです。
テレビでいろんなことをやり尽くされてしまいました。例えばコスプレをしたり、裸になってしまったり、赤ちゃんになってしまったりと、そういうのを演じていって、まさか映画になるとは思いませんでした。スクリーンでは、ここで言うこと以上のことが繰り広げられるかもしれないなと思うと怖くて言えないです。
できればいじらる側だったので、いじる側にも回りたいなと・・・。誰をいじれるのかという部分の想像が膨らみますよね。角刈りの方とかロンゲの方とかと、沢山からみたいなと思っているのですが、それはこうご期待です。

電撃文庫ムービーフェスティバル草川啓造監督:
劇場版ということで、スタッフ一同面白いものを作ろうと頑張っています。
テレビのオンエアの方では、テレビ東京の方から「ギリギリですね」(笑)と言われていて、映画の方も、ちょっとギリギリの方を狙っていきたいなと思っています。
もし「R指定」がついてしまったらごめんなさい。ならないように気をつけます(笑)。ぞうさんが3Dになって立体的に飛び出すとか(笑)、そういうところを狙ってやってみたいと思います。


電撃文庫ムービーフェスティバル有沢まみずさん(原作):
映像になって良いのかなというのが第一にありました(笑)。映画版もビックリするぐらい気合いが入ったものになっています。まず、一番の敵は「映倫」だと思うので(笑)、まず通してくれたら良い作品になると思います。
劇場版も「いむかみっ!」らしい作品になっていると思うので、「灼眼のシャナ」と「キノの旅」のファンの皆さん、いろいろとすみません(笑)。楽しみにしていてください。



■「いぬかみっ!」公式ホームページ:http://www.inukami.jp/



この製作発表会見の最後にメディアワース代表取締役社長 久木敏行氏が締めくくった。

電撃文庫ムービーフェスティバルメディアワース代表取締役社長 久木敏行氏
休みにも関わらず、このように沢山の方においで頂き、非常に感激しています。
3つの作品のプロモーション映像を見ていまして、出来上がりが期待できるなと思っております。つきましては、ここにいらっしゃる皆さま、お友達と一緒に来年の4月、劇場にいらして下さい。応援を宜しくお願いします。
本日は、どうもありがとうございました。


TVアニメに引き続き、劇場公開アニメとして製作されることとなった、「灼眼のシャナ」「キノの旅」「いぬかみっ!」。
原作ファンも、TVアニメファンも共に劇場に足を運んでも間違いがない、期待大の作品になりそうである。

電撃文庫ムービーフェスティバル


■メディアワークス:http://www.mediaworks.co.jp/

■電撃文庫:http://www.mediaworks.co.jp/users_s/d_hp/


キャストフォトギャラリー


電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル
電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル
電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル
電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル
電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル 電撃文庫ムービーフェスティバル