一家に一匹、守り神!バトル大盛り! コメディー特盛り!! 妖怪天狐(てんこ)盛り。クーちゃんと愉快な仲間達が贈る、獣(ケモ)みみバラエティックYEAR。第10回、電撃ゲーム小説大賞 金賞受賞作にして、現在文庫本が7巻まで発売中の大人気ライトノベル「我が家のお稲荷さま。」が、ついにテレビに登場!

我が家のお稲荷さま。
我が家のお稲荷さま。
(C)柴村仁/メディアワークス/お稲荷さま製作委員会

強大な霊力を持ち、イタズラ大好きな大霊狐 “空幻(くうげん)” と、“空幻”が守護する高上兄弟。そして天然少女の巫女 “コウ” といった魅力的なキャラクターたちを軸に、少し不思議なドタバタ活劇が展開。
一方、本格的な陰陽道など、伝奇的な設定&バトルも必見!
非日常的なのに、日常的に感じてしまう、個性派キャラクターたちが、元気いっぱい動き回ります。

その「我が家のお稲荷さま。」の放送日が決定。第一話先行画像とキャラクター設定を大公開!


ストーリー


我が家のお稲荷さま。その昔、一匹の大霊狐が三槌家の守り神に祀り上げられた。

名を空幻といい、ありとあらゆる術を自在に操る、たいへんに賢い狐であったが、同時に騒動が大好きでもあった。いたずらと呼ぶには悪辣すぎる所業を繰り返す空幻に業を煮やした三槌の司祭は、七昼七晩かけて空幻を裏山の祠に封印したのだった。

そして現在、未知の妖怪に狙われた三槌家の末裔・高上透を物の怪から護るため、ついに空幻が祠から解封された……のだが、その物腰は畏怖された伝説とは裏腹に軽薄そのもの。

イマドキの少年である透からは『クーちゃん』と呼ばれる程であった……
また、空幻と一緒に透を護る三槌家の護り女・コウも加わり、透と三槌家現当主になる兄の高上昇はこの出来事を機会に、次々と摩訶不思議な出来事に巻き込まれていく……。

放送日時


チバテレビ  毎週日曜 深夜0:00〜0:30 4月6日放送開始予定
テレ玉    毎週日曜 深夜1:30〜2:00 4月6日放送開始予定
テレビ神奈川 毎週月曜 深夜1:15〜1:45 4月7日放送開始予定
東京MX   毎週水曜 深夜1:30〜2:00 4月9日放送開始予定
KBS京都  毎週月曜 深夜1:30〜2:00 4月7日放送開始予定
サンテレビ  毎週火曜 深夜0:00〜0:30 4月8日放送開始予定
テレビ愛知  毎週水曜 深夜2:28〜2:58 4月9日放送開始予定
※都合により放送日時が変更になる場合があります。


スタッフ&キャスト


■スタッフ
原 作:柴村仁(メディアワークス「電撃文庫」刊)
原 作イラスト:放電映像
監 督:岩崎良明
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン:新田靖成
音 楽:コロムビアエンタテインメント
アニメーション制作:ZEXCS
製 作:お稲荷さま製作委員会

■キャスト
天狐空幻(女):ゆかな
天狐空幻(男):中村悠一
コウ:早見沙織
高上昇:水島大宙
高上透:嶋村侑
佐倉美咲:鹿野優以
宮部紅葉:伊藤静
恵比寿:小野大輔
六瓢(むびょう):水橋かおり


あらすじ


第一話 「お稲荷さま。封印解かれる」
脚本: 吉田玲子/絵コンテ:島津/演出:岩崎良明/作画監督:渡辺淳

今は亡き母、美夜子の生家である三槌家に呼び出された高上昇と透の兄弟。二人が呼ばれたのは、透が見た夢が原因だった。大ばば様から透が妖怪に狙われていると聞かされる二人。その妖怪から身を守るためには、裏山の祠に封印されている天狐の力を借りなければならないというのだが…。

我が家のお稲荷さま。

我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。

我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。

我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。

第二話 「お稲荷さま。我が家に住みつく」
脚本: 山田由香/絵コンテ:下田正美/演出:浅見松雄/作画監督:山本正文

高上家にやってきたクーと護り女コウ。幸か不幸か、昇たちの父親、春樹も意外とすんなりそんな非現実的な状況を受け入れ、高上家の新しい生活が始まるのだった。そんな中、鈴ノ瀬町を治める土地神を訪ねたいと言い出したクーに同行することになった昇と透は、市内で一番大きな神社、羽柴神社に向かう。その道中に会った若きコンビニオーナー恵比寿こそが、鈴ノ瀬の土地神で…。

第三話 「お稲荷さま。登校する」
脚本: 根元歳三/絵コンテ:徳本善信/演出:徳本善信/作画監督:緒方ひろみ

新学期が始まり、それぞれ学校に行く昇と透。しかし昇は、家に残してきたクーとコウが何かしでかすのではないかと心配で、部活の間も気が気でない。そこへ、家にいるはずのクーとコウが、透とともに昇の通う赤城高校に現れ、校内を案内する羽目に。昇に密かに想いを寄せる同級生の佐倉美咲も、昇を取り巻く美女たちの出現に心中穏やかではなく…。

第四話 「お稲荷さま。収穫する」
脚本:大知慶一郎/絵コンテ:小坂春女/演出:畠山茂樹/作画監督:中本尚・さのえり

極度な不器用娘、コウは、なんとか昇たちの役に立ちたいと家事に励むのだが、なにもかもが裏目に出てしまう。そんなコウが割った皿代や、そうでなくても、食い扶持が二人も増えて、生活費が赤字になっていくことに悩む昇。だが、クーは、たまにはグルメなものが食べたいなどと言う。そんなに言うなら食材を調達して来いと言う昇の言葉に、クーは、意気揚々と出かけて行くのだが…。


キャラクター紹介


天狐空幻(てんこ・くうげん)
三槌家の力の象徴である「水気」を呼ぶとして、守り神に祀り上げられた一匹の大狐。洒落にならない悪戯好きが災いして封印されていたが、三槌家の末裔である高上兄弟を護る為、封印を解かれた。その霊力は強大で、ありとあらゆる術を操る。普段は狐の姿だが、人間社会で暮らすことも含めて人間の姿でいることが多い。騒動や祭りごとが大好きで大食らいだが、いざという時には、様々な陰陽術を使いこなす。

空幻(女)CV:ゆかな
我が家のお稲荷さま。
我が家のお稲荷さま。


空幻(男)CV:中村悠一
我が家のお稲荷さま。
我が家のお稲荷さま。

我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。

我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。


コウ CV:早見沙織
三槌家の護り女(まもりめ)として仕えている巫女。
三槌家との縁は一切無く、彼女の出生は謎に包まれている。“蛟(みずち)”と呼ばれる竜族と魂の段階で深く融合しており、その力を発揮する時は鱗閃紋(りんせんもん)と呼ばれるエメラルド色の光輝が揺らめいて、顔の皮膚に現れる。
また、陰陽五行としては、三槌の護り女であることから、「水気」の力が卓越している。当主である昇と、司祭の透の命令は絶対であるが、性格は淡白で無表情&無感情。
我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。


高上 昇(たかがみ のぼる) CV:水島大宙
高上家の長男で高校二年生、透の兄。
三槌家の末裔でもあるが、司祭としての力はほぼ皆無。しかし、三槌家前当主である母・美夜子(みやこ)が他界している為、彼が事実上の現三槌家当主である。高校生でありながら、高上家の家事全般を取り仕切っていて、料理の腕はその辺の若妻以上である所帯じみた十七歳。
我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。

我が家のお稲荷さま。


高上 透(たかがみ とおる) CV:嶋村侑
高上家の次男で、小学六年生。
三槌家の力を兄よりも濃く受け継いでいる為に、 たくさんの物の怪から狙われることになるが、本人は至って実感が無い。それどころか、自分の命を狙った者すら、可哀想だからと命を助けるまでのお人よしでもある。 物語は、彼が物の怪に狙われたことで始まる。母親と一緒で、空幻の事を「クーちゃん」と呼ぶ。
我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。

我が家のお稲荷さま。


高上 春樹(たかがみ はるき)
我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。


高上美夜子(たかがみ みやこ)
我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。


恵比寿(えびす) CV:小野大輔
一見ただの好青年に見えるが、実は高上一家が暮す鈴ノ瀬町(すずのせ)の土地神(とちがみ)である。
普段は「羽柴神社」に奉られているが、昨今、参拝客が減ってしまい、神社の経営が危うくなってきている事から、神社のふもとにある自営コンビニのオーナーもしている。八百万(やおよろず)の神だけあって、お金には守銭奴。頭も切れる(悪知恵)が、霊力は空幻をも上回る。
我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。

我が家のお稲荷さま。


佐倉 美咲(さくら みさき) CV:鹿野優以
赤城高校の二年生。高上昇とは部活が一緒で、密かに彼に想いを寄せているが、内気な性格の為なかなか気持ちを伝えることができないでいる。それとない行動で示しているが、当の昇も鈍感な為、彼女の苦労は周りの人間にしか理解されていない。突然、昇の周りに現れた美女二人(空幻とコウ)に戸惑いを覚え、自身も無くしたりするが、それでも昇に対するしたたかな気持ちは譲らない。性格はとても優しく、思い込みが激しい。
我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。


宮部紅葉(みやべ もみじ)  CV:伊藤静
我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。


六瓢(むびょう)  CV:水橋かおり
我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。


三槌龍彦
我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。


フクロウ
我が家のお稲荷さま。 我が家のお稲荷さま。


拝一刀(おがみいっとう) /大五郎親子
我が家のお稲荷さま。


(C)柴村仁/メディアワークス/お稲荷さま製作委員会