「週刊チャンピオン」「月間チャンピオンRED」(秋田書店)で連載の人気漫画「ペンギン娘」「ペンギン娘MAX」(原作:高橋てつや)が『ペンギン娘はぁと』と題しニコニコ動画内の「ニコニコアニメチャンネル」で4月19日より無料配信を開始した。

ペンギン娘はぁと


『ペンギン娘はぁと』は私立北極学園に通う、すべての価値観がアニメ中心でいつもコスプレの超天然Aガール・「ペンギン」こと南極さくらと、その友達の択捉鯨、栗尾ねね、その他激LOVEな仲間たち、さらにはライバルたちがはちゃめちゃを繰り広げるドタバタ学園ラブコメディ作品。
その『w2』に出演する片岡あづささん、伊瀬茉莉也さん、南條愛乃さん、野川さくらさん、日高里菜さん、門脇舞以さん、石井康嗣さんより作品についてコメントを頂いたのでご紹介!

Q:演じられるキャラクターについてお聞かせください。

片岡あづささん(南極さくら/なんきょくさくら):さくらは普段のテンションが他の人の倍くらい高いので、毎回さくらのテンションに追いついていくように頑張っています。元気で可愛いさくらちゃんにしていけたらいいなと思っています。

伊瀬茉莉也さん(択捉鯨/えとろふ くじら):女の子なのに男の子みたいに元気で活発な男勝りな女の子なんですが、その一方さくらのことを大切に思っていて仲間思いなところもありあます。毎回叫んだり突っ込みを入れたりしていて終わるとヘトヘトになるんですが、台詞だけでなく気持ちを込めて演じさせていただいています。

南條愛乃さん(栗尾ねね/くりお ねね):さくらちゃんや鯨のテンションが高い中“ねね”は14歳にしてみんなを優しく包み込むような「おばあちゃんキャラ」の設定ということで、テンションの高い話の中で空気を壊さずにおばあちゃんだけど若い子というおっとりとした空気が出せていければ良いなと思います。

野川さくらさん(シャー・チー):シャー・チーは中国からの帰国子女で、語尾に「〜でチよ」と「チ」が付く喋り癖があります。チャイナ服にツインテールで鯨ちゃんとは幼馴染で、鯨ちゃんやさくらちゃんに負けないくらいテンションが高くみんなを引っ掻き回すような子です。鯨ちゃんのことを男性だと思っているんですが、幼い頃鯨と戦って負けてしまい鯨ちゃんを尊敬しつつもいつか鯨ちゃんに勝ったら恋人にしてもらえるという子供のときの約束を叶えてもらいたくて中国から帰ってきます。第1話の最後辺りで凄く不思議な登場をする彼女ですが、第2話から本格的に登場して暴れていますので楽しみにしていただきたいと思います。高いテンションでヘトヘトになってしまうんですが、みんなで食事に行ったり、買い物に行ったりと仲良しなのでそれがキャラクターを通して皆さんに伝わると思います。

日高里菜さん(南極かえで/なんきょくかえで):お姉ちゃんを目の前にすると凄くツンツンしちゃって、きつい言い方をしちゃうんですが本当はお姉ちゃんが大好きでちょっとしたところに「大好きだよ」という感情が出ていると思うのでそれが皆さんに伝われば良いなと思っています。元気の出るお話なので皆さんに元気が与えられれば良いなと思っています。

石井康嗣さん(セバスチャン):非常に大人しい役なので可愛くやっていけたらと思っています(一同笑)とにかく女の子達がワーワーキャーキャー騒いでいますので、大人しくカレーにおける福神漬けのようになれたら良いなと思っています。よろしくお願いします。

門脇舞以さん(マリー・チュパカブラ・W・ホワイトベア):ホワイトベア家の長女で何故か南極財閥に因縁めいたモノを持っていて「恨みを晴らしてやる」と思っているんですが、それがみんなには全然伝わっていない感じです。引っ掻き回すキャラが多い中でマリーは引っ掻き回すほうでもあり回されるほうでもあります。お互いの引っ掻き回しあいを楽しいテンポでやっていけたら良いなと思っています。

Q:ご自身が男性だとしたらどのキャラクターが一番萌え要素を持っていると思いますか?

片岡さん:否応なしに「あっ」と思うのは“かえでちゃん”です。ストレートで飾らない可愛さを里菜ちゃんが演じるかえでちゃんにはあって、飴とムチを使い分ける妹なんですよ。「くじけるんじゃないか私」と思えるくらいやられておいて甘い手を差し伸べてくれるのでM心には堪らない(笑)かえでちゃんです。

伊瀬さん:私はねねさんかな。仕事で疲れて家に帰ってきた時にねねさんのおばあちゃん的でもあり、少女といった可愛らしい部分も持った癒し系の栗尾ねねボイスで「お帰りなさい」と言われたら疲れが吹き飛ぶ気がします。
南條さん:ご飯作って待ってます(笑)
伊瀬さん:ねねさんでお願いします。
南條さん:ありがとうございます。

南條さん:“シャー・チー”は外見が可愛くて語尾に「でチ」とか付くんですが、戦闘モードになったときとのギャップに萌えて、野川さんのアドリブあってのシャー・チーだなと思います。
野川さん:南條ちゃんは私の隣の席なんですが台詞を言って席に戻ってくるといつも褒めてくれて凄く気持ちよく毎回やらせていただいています。

野川さん:お嫁さんとして選ぶとするなら私も“ねねちゃん”が良いなと思うのですが、萌えということでは“かえでちゃん”かなと。キャラクター自体も私達が演じているキャラクターよりも幼く妹キャラクターで、お姉ちゃん思いのしっかりモノという萌えポイントがいっぱいあるキャラクター設定なんですが、演じている里菜ちゃんも13歳の中学2年生で初めて声優にチャレンジするということで真っ直ぐでピュアな声がキャラクターにぴったりで里菜ちゃんがかえでちゃんに命を吹き込むたびに私達も「可愛い」って萌え萌えしています。私は萌えなら里菜ちゃん・・・、じゃなくてかえでちゃんでお願いします。

門脇さん:“かえでちゃん”イコール里菜ちゃんは卑怯だなと(笑)思いますが、みんなの個性を見ていると甲乙付けがたいですよね。メイン3人の関係も良いと思うし、そういうエピソードも楽しみにしたいなと思います。

日高さん:追いかけられるのが好きなので“シャー・チーさん”が良いと思います。中国から鯨を追いかけてくる真剣さも伝わってきてその一途さに心を打たれてしまうんじゃないかなと思います。

Q:男性から見た作品の魅力はどういったところでしょうか?

石井さん:男性が見て楽しめるように作られていて、声を当てているみんなもそこのツボをしっかり抑えてやっているなというのが分かりますし、「何で?」っていうサービスカットも出てきます(一同笑)。周りが女性ばっかりなんでそういう時は僕はあえて下を向いていますけどもネットで配信されたらしっかり家で見ようかなと(笑)兎に角サービス精神旺盛です。

ペンギン娘はぁと


スタッフ&キャスト


■スタッフ
原作:高橋てつや(秋田書店 月刊チャンピオンRED連載中)
監督:まついひとゆき
シナリオ:樋口達人、佐藤和治
キャラクターデザイン:水上ろんど
総作画監督:岩崎たいすけ、植田和幸
美術監督:高橋麻穂
色彩設計:のぼりはるこ
撮影監督:桑 良人
音楽:CAS
音響監督:岩波美和
制作:NAS
アニメーション制作:ピクチャーマジック
製作:南極財閥

■オープニングテーマ
『恋愛自由少女♀』
歌:PNGN 6
(片岡あづさ・伊瀬茉莉也・南條愛乃・野川さくら・門脇舞以・日高里菜)
(ドワンゴ・エージー・エンタテインメント)
■エンディング
『揺れてはじけてあふれちゃう☆魅惑のペンギン娘』
歌:PNGN 4(片岡あづさ・伊瀬茉莉也・南條愛乃・日高里菜)
(ドワンゴ・エージー・エンタテインメント)

■キャスト
南極さくら(なんきょくさくら):片岡あづさ
択捉鯨 (えとろふ くじら):伊瀬茉莉也
南極かえで (なんきょくかえで):日高里菜
栗尾ねね (くりお ねね):南條愛乃
シャー・チー:野川さくら
マリー・チュパカブラ・W・ホワイトベア:門脇舞以
セバスチャン:石井康嗣
マリアナ:本多知恵子


キャラクター紹介


★南極さくら(なんきょくさくら):片岡あづさ
通称ペンギン。14歳。私立北極学園に転校してきた、超巨大財閥「南極財閥」の後継者たるスーパーお嬢様にして激天然Aガール(秋葉系女子)。北極学園生徒会長。すべての価値観がアニメ中心であり、日常的にコスプレをしている。キャラクターになりきると、そのキャラそのままの能力が発揮できる特技の持ち主。
ペンギン娘はぁと

★択捉鯨 (えとろふ くじら):伊瀬茉莉也
ペンギンのクラスメイト。14歳。北極学園生徒会副会長。択捉空手道場を主催する父親に男として育てられたため気が強くて男っぽい性格。アニメファンを敬遠していたが「竹の子ちゃん」(作中に登場する架空のアニメキャラ)に似ているという理由でさくらに懐かれ、さくらに振り回されることとなる。料理が殺人級に下手。
ペンギン娘はぁと

★栗尾ねね (くりお ねね):南條愛乃
さくらと鯨の同級生。14歳。一見やや天然気味の普通の少女だが、その言動を観察すると実はおばあちゃんの知恵袋的な知識が多彩であることより、さくらや鯨、更にシャー・チーからも「おばあちゃんキャラ」として懐かれてしまう
ペンギン娘はぁと

★シャー・チー:野川さくら
中国の転校してきた帰国子女で鯱極拳(シャチきょくけん)正統後継者。14歳。お勉強と武術を学びに中国から帰ってきたと言っているが、実は子供の頃鯨と戦って敗れ、それ以来鯨に勝ったら自分の彼氏になる約束したと勘違いして闘いを挑み続けている。絵がどヘタ。
ペンギン娘はぁと

★マリー・チュパカブラ・W・ホワイトベア:門脇舞以アメリカ出身の留学生。白熊学院2年生、14歳。「南極財閥」に対抗出来る唯一の存在ホワイトベア家の当主。ホワイトナイツ四天王を従え、常に南極財閥&ペンギンに異常なライバル心を燃やしている。
ペンギン娘はぁと

★南極かえで (なんきょくかえで):日高里菜
ペンギンの妹。北極小学校3年生、8歳。いかにもお嬢様風のばか丁寧な言葉遣いでペンギンを説教する。ペンギンとは似ても似つかぬしっかり者で、いつも姉を気遣うできた妹。
ペンギン娘はぁと

★金剛(ダイヤモンド)の鮪 (まぐろ)
ペンギン娘はぁと

ペンギン娘はぁと


1話&プロモーション画像


はぁと01 【スクール水着】ペンギン、襲来【どうでもいい】
私立北極学園に、ペンギンと名乗るアニメ大好き少女・南極さくらが転校してきた。転校初日、絶対権力を掌中におさめるべく生徒会会長に立候補! その野望を阻止せんと立候補する同じクラスの択捉鯨との、学園生活の命運とコスプレを賭けたドタバタ選挙戦が始まる!
ペンギン娘はぁと
ペンギン娘はぁと ペンギン娘はぁと
ペンギン娘はぁと ペンギン娘はぁと
ペンギン娘はぁと ペンギン娘はぁと


ペンギン娘はぁと -アニメ公式サイト:http://pen-musu.jp/

(C)2008 高橋てつや(秋田書店)/南極財閥