春野菜の準備がほぼ完了

現在、大磯町西小磯に約1反、大磯町虫窪に約0.5反、
伊東市宇佐美に約1反の土地を借りて野菜づくりと
果樹づくりに精を出しています。

大磯町虫窪は来年の2月19日付けで農地を返還する予
定です。最近の大量の雨で、圃場の一部が沼のよう
になり、根菜類とくにゴボウに影響?がでています。

いつもは、ゴボウを掘るのに大変な労力を必要とする
のですが、今回はスイスイと引き抜けるんですね。
そのかわり、先端が腐ってしまい、その部分を除去。
物事に一長一短ありとはよく言ったものです。


西小磯の方は、台風による雨の影響もありましたが、
風の影響の方が大。
ほとんどのジャガイモの茎が根元から折られる寸前。
しかし、逞しい。茎を垂直に立て直し、生長を続ける
もの、また新たに芽を出すものもある。
二列植えで歯抜け状態のジャガイモの真ん中にエンド
ウの種を点撒き。ジャガイモの収穫後を見据えてコン
パニオンプランツを実施しました。

厳しい環境下でサトイモ、サツマイモ、ショウガが順
調に成長。現在は、大根、小カブが収穫時期を迎えつ
つあり、玉ネギ、ネギの苗の植え付けをほぼ終えまし
た。

1月には、圃場の周囲に溝を堀り、土壌改良工事をす
る予定。


伊東市宇佐美の方は、購入した柑橘類の若苗木の移植
をほぼ終えました。現在、既に植えられていた柑橘類
の樹勢の回復を図る作業、点穴堀り、周囲の溝掘り等
を実施中です。





シカ!

前回のブログでイノシシの他に、

電気柵を設置

4月初旬にジャガイモの種芋を植え付け、その後順調に生長。
これはかなりの収穫が望めると思いきや、イノシシの襲撃に
合う。種芋がみごとに掘り起こされる。

気を取り直して、植え直すが、すべてのジャガイモの種芋が
掘り起こされる。今年は収穫をあきらめて、サトイモの種芋
に植え替える。

しかし、そのサトイモにも被害が出始めたので、ついに意を
決して電気柵を設置。全長140メートル近くになると設置
もそう簡単ではない。それも2段とくると結構時間がかる。
お弟子さんと一緒になんとか設置する。

設置後は、ほとんど被害がなくなったが、イノシシ以外の動
物(シカ?)がまだ入っている。そこで一部を3段にする。

今のところは、まったく被害に遭っていないが・・・油断は
禁物。
  • ライブドアブログ