神澤光朗の人となり、まとめてみました。

最近、よく聞くようになった神澤光朗さん、これまでの活動についてまとめました。

神澤光朗さんは、特に学生時代には内向的で暗い性格だったということで、人前で笑うことがほとんど無かったと話しています。そんな彼が明るさを見せるようになったのは、芸能界入りを夢にし始めた大学進学を果たした頃のこと。人気商売という必要に迫られてのことだったのかもしれませんが、徐々に笑顔から堅さが消え、日常の何気ないことにも楽しみや幸せを感じられるようになったのだそうです。

そういった背景があるため、今までで一番笑ったのも芸能界に入った後で、つい最近のこととのこと。仕事以外では初めてという海外旅行に友人と出掛け、その先のバリ島で多くの楽しい経験を積むことが出来たそうで、海外という解放感も手助けをしたのか、心から笑うことが出来たということです。

この時の様子は彼の部と具で細かく報告されており、嬉しそうにポーズを取ってはしゃいでいる彼の写真を見たファンからは驚きと喜びの声が上がったほどでした。バリ島では今までに無いほどの充実した時間を過ごし、リフレッシュ出来たことと同時に、今後の仕事においても役立てられるヒントをたくさん吸収できたのだそうで、心からの笑顔で海外を楽しめたという神澤光朗さんは、この経験の以降に「海外旅行に行きたい」という願望を強く持ち続けるようになりました。

改めてブログに目を通してみても、彼が「楽しかった」と語っているのは友人や仲間内で旅行に出掛けたと報告している場面が一番多く、彼にとって旅行に出掛けることや、気の置けない友人と一緒に過ごしている時間が、如何に掛け替えの無い充実したものであるのかということを窺い知ることが出来ます。

ストレスに晒される機会が多い芸能界という世界に身を置き、ただでさえ元来の性格が内向的であることを考えれば、彼が楽しそうな姿を見せてくれることはファンにとっても非常に嬉しいことであると言えるでしょう。

ご本人が積極的に投稿を行っている公式インスタグラムでも、仲間に囲まれて食事やテーマパークを楽しんでいる彼の自然な姿を目にすることが出来ます。仕事においてもその優しい笑顔や眼差しをファンに向けてくれる神澤光朗さんですが、緊張から解き放たれたプライベートの場面で見せる笑顔は、ファンにとっては複雑かもしれませんが、やはり別物ですね。

学生時代は真面目で勉強や習い事に精を出してきたという神澤光朗さん。これからも多くの友人に囲まれて、人生最大の笑顔を更新し続けてくれることを願うばかりです。

今までの人生の中で一番頭にきた出来事は、ある時期に「オネエ疑惑」が持ち上がりあらゆる憶測が立てられたことだったようです。神澤光朗さんはおネエや同性愛について嫌悪感を抱くタイプではありませんが、ありもしないことをまるで事実であるかのように語られたことや、自身の性格とはかけ離れた人物像を作り上げられてしまったことに憤りを覚え、腹を立てていた様子です。

そもそも彼にオネエ疑惑がかけられたキッカケとなった出来事は、ドラマで演じた際にヌイグルミを抱えて優しい笑顔を向けている写真が撮影されたことでした。あくまでもキャラとして役柄を演じているつもりだった彼にとって、この写真からオネエ疑惑が生じるという未来は想像だに出来なかったのでしょう。男性共演者の膝の上に座っていたという出所不明の怪情報まで飛び出す始末で、撮影現場にいた誰かがありもしない情報をリークしているのではないか、という疑心暗鬼にまで陥っていたのだとすればあまりにも可哀想ですね。

彼にとって「可愛い男子」というイメージが定着したことは、仕事においてプラスの作用をもたらすキッカケになったと同時に、新たな悩みを生み出す原因になったことも確かであるようです。ご本人は「男っぽい仕草をするだけで嫌がられることもある」と可愛い男子というイメージによって生まれた弊害について語ったこともあり、熱心なファンを心配させました。

神澤光朗さんが持つ本来の性格は意外にも男らしいタイプであり、本来のイメージとはかけ離れた誤った印象ばかりが先行してしまうことには我慢ならなかったのかもしれません。最近では、彼の外見と性格のギャップに魅力を感じる女性ファンが急増していることが救いであると言えるでしょう。


神澤光朗さんは、オネエ疑惑を脱却することを目的としてか、イベントやインタビューで敢えて男らしさを強調するような受け答えをする機会を増やしているようです。理想のデートプランについて「家デート」と答えて肉食系男子としての雰囲気をちらつかせたことはその象徴とも言える出来事でしょう。

アイドル的な人気を維持するためには、過去を含めた恋愛に関するトークもご法度であるはずですが、彼はむしろ積極的に過去に女性と行ったデートの内容や、女性の好みについてを告白しています。こういった事実は、彼にとってオネエ疑惑が持ち上がったことが如何にストレスになったかということを証明するポイントになっています。

神澤光朗さんが運転免許を所持していることを明かしたのは2010年、彼が21歳のときのこと。あまりにも突然で、サラっとした発表であることから、彼のファンからも「運転免許を持っていたなんて知らなかった」「いつの間に免許を取ったんだろう」といった驚きの声が大変多く聞かれました。

彼が自動車教習所に通っていた頃の話を積極的にすることはありませんが、これには教習所に通い始めてから免許を取得するまでにかなりの時間を要したことが関係しているようです。

どうやら彼はお世辞にも運転が上手いとは言い難いタイプらしく、技能教習でなかなか良い成績を残すことが出来なかったのだそう。仮免許の取得すらままならない状態が続いてしまったという状況にあったのならば、進んで教習所時代のエピソードを話そうとしないことにも合点がいきますよね。

また、神澤光朗さんは2005年には既にタレントとしてデビューを果たしています。デビュー当時はモデルとして活躍していましたが、ヒーロー物のオーディションに合格したことをキッカケに続々とテレビドラマや映画への出演を果たし、トントン拍子で売れっ子にまで伸し上がっていきます。

プライベートではゆっくりと遊びに出掛ける時間すら取れず、仕事に追われる毎日であっただろうということは、彼の出演した作品のリストを一目見れば分かることです。

そんな状況にあっては、教習所に通う時間を確保することすら困難であり、学課についても勉強する時間などほとんど無かったと考えるのが自然です。寝る間を惜しんで勉強に励み、暇を見つけては教習所に通い、といったことの繰り返しの末に運転免許を取得できたのですから、これは称賛に価するのではないでしょうか。

一般的な感覚としては確かに教習所に通っている期間は「長い」と言えますが、彼の仕事や生活を考えればむしろ「短い」教習期間であったとも言えます。

教習所での態度は極めて真面目で、一生懸命だったという噂も耳に入ってきます。人見知りで天然な性格と評されることも多い神澤光朗さんですが、それはテレビの向こう側だけの話ではなく、プライベートにおいても同様なようですね。

やっとの思いで取得した運転免許ですが、自身で車を運転して出掛ける機会はほとんど無く、ペーパードライバーで通しているのだそうです。「モテないので、助手席に乗せる女性もいない」といった発言も話題になったほどで、ある意味では残念な結果とも言えます。

このページのトップヘ