2007年01月27日

グローバル企業の成功戦略

df882100.jpgスザンヌ・バーガー著のグローバル企業の成功戦略を近所の図書館より借りて来ました。


グローバル企業を考えるうえで、なかなか良い本と思います。
その本文より興味を感じた一説を紹介します。


アメリカの創意工夫が合衆国経済にもたらす変化を予測するのは難しい。ひとつ例を挙げよう。ここ半世紀のあいだに、新しい技術が農業生産性を向上させ、その結果、全労働人口に占める農業就業者の割合は、1940年の40%から、今日の2%へと激減した。1940年当時、農夫の孫の世代がウェブデザイナーやCTスキャン技師になるなどとは、誰ひとりとして想像できなかっただろう。しかし今、孫たちはそういう職に就き、祖父たちとは比較にならないほど高い賃金と収入を得ている。


ここに格差社会がありチャンスもあると思います。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ldldld130/50916259