ロングドライブ

ロングドライブ/宮崎県公安委員会指定 日向自動車学校の教習指導員! 趣味(ロングドライブ‥車での旅行、模型作り、その他色々)、日常の出来事、自動車学校での教習、宮崎県日向市のローカル情報など、浅く広く発信!日向の普通免許、中型免許、大型免許、自動二輪バイク二輪、大型特殊、高齢者講習、合宿免許は日向自動車学校へ♪

高千穂

高千穂&阿蘇4・・ロングドライブ No.28

高千穂&阿蘇 パワースポットめぐり” その4


“荒立神社”


荒立神社

猿田彦命と天鈿女命が結婚して

住まわれた地


芸能と縁結びにご利益


天鈿女命(アメノウズメノミコト)

言わずと知れた

天岩戸の前で踊った神


うずめちゃん

駐車場にあった自動販売機には

“うずめちゃん”

ユルキャラもいるのかな〜


猿田彦命(サルタヒコノミコト)

邇邇芸命(ニニギノミコト)が天孫降臨をしたときに

道案内をしたと言われる “国津神”


猿田彦命

天狗の姿で描かれていることが

多いような気がします


荒立神社 (2)

神話の世界ではなく現実はどうだったのか?

邇邇芸命を先遣隊として

いずれの地から移住してきた天孫族が

高千穂の地で異形の民に出会った

と言う感じでしょうか?


くし觸神社や天真名井もすぐ近く


ここまで来たら
“高千穂神社”にも寄っておきたいところです


続編へ・・・



それではまた

ロングドライブ No.25(高千穂&阿蘇)

高千穂&阿蘇 パワースポットめぐり” その1


車にどこかに出かけたい病

治療方法はプチロングドライブ


今回は妻のリクエストもあって

古事記の旅も兼ねて

高千穂&阿蘇パワースポットめぐり


自分の車で行くか

妻の車で行くか迷ったけど

のんびり妻の車で


日向市から高千穂までは

将来 九州横断道の一部になる北方延岡道路を

通って1時間半弱


最初の目的地は

高千穂観光マップに載っていた


“石神神社”


高千穂入り口の

雲海橋の手前を右に曲ってと思っていたら通行止め


少し遠回りをして

目的地を探すけど

観光マップの簡単な地図では判らず

案内の看板もなし

もちろんカーナビや道路地図にも載っていない


仕方が無いので 道路脇で仕事をしていた人に尋ねたら

来た道を戻って 2つトンネルを越えて

民家を過ぎたら山を上がれとの事


言われた通りに山を上がるけど

その先にまた分岐があったりで

なかなかたどり着かないと思ったとき

前方にこんもりとした木々

きっとあそこだと思ったら


“石神神社”の案内板

出迎えてくれたのは“手力男命”


石神神社 (1)

祭神は天つ神に続く神世七代

“国常立神”・・国土の永久を守る神

になっているけど


“三毛入野命”・・神武天皇のお兄さん

の使牛を祀って 牛神明神と呼ばれているとの事


石神神社 (6)

岩戸川の渓谷を見下ろす場所

集落の守り神といった所でしょうか?


自分たちの他には誰もおらず

例によって聞こえて来るのは

風と木々のざわめきだけ 心休まる

ちょっとパワーをもらって来ました


石神神社 (7)

人が多いときに行きたい場所ではなかったけど

高千穂の神話史跡として紹介するのだから

小さくても良いから案内板が欲しいところでした


次の目的地は すぐ近く

“八大龍王水神社”


続編へ・・・



それではまた

ロングドライブ番外編47(ドライブ計画)

週末なんだかんだと予定があって

なかなかドライブに出られない


日没1020 (1)

そろそろ禁断症状が出そう?


今回は妻のリクエストもあって

高千穂&阿蘇 パワースポットめぐり


妻が誰かに聞いてきて

ここに行きたいとか

あそこに行きたいとか


それが自分の好みとずれてるし

位置も距離も関係なし エリアから外れるところも


希望通りに回るには日帰りはきつい

温泉で一泊にしようと言ったら

娘の予定があるので不可


ということで地図を眺めて

日帰りプランを計画中


自分の好みも入れて

効率良く回るルートは?

昼飯はどこで食べるか?


TVを見ながらちょっとした

暇つぶしです



それではまた

ロングドライブ番外編34(古事記の旅in宮崎 槵觸神社)

神話の里 高千穂


觸(くしふる)神社


国見ヶ丘・槵觸神社 (11)

最初に地図で見たとき

なんて読むのか判らず カン?ショク?


「筑紫の日向の高千穂の久志布流多気に天降った」


邇邇芸命(ににぎのみこと)が

たくさんのお供の神々と三種の神器をもち

天孫降臨をした

くしふる峰がご神体


神社が造られたのは元禄時代とのこと


国見ヶ丘・槵觸神社 (6)

本殿に向かった方向の先は

宮崎県と大分県の県境にある祖母山か?

天岩戸神社か?


高千穂盆地は大昔の火山の跡?


ちょっと判らなかったけど

そんなことを考えながら・・


国見ヶ丘・槵觸神社 (5)

本殿にあった彫刻は

古事記とは関係ないようで 残念!


国見ヶ丘・槵觸神社 (8)

静かな境内には自分の他には

だれも居らず

ゆっくりと静かな時間を楽しみました

高千穂めぐりは まだまだ続く


それではまた

ロングドライブ番外編32(古事記の旅in宮崎 国見ヶ丘)

神話の里 高千穂へ


何度も来ているけど

高千穂峡や天岩戸神社ばかりで

ほかは周ったことがありませんでした


ということで

今回は細かく行って見ることに


さすが 神話の里

神話に係わる場所が多くて一度では不可能

何回かに分けて


まずは“国見ヶ丘”


神武天皇の孫

建磐龍命が国見をしたという

高千穂盆地を見下ろす標高513mの丘


国見ヶ丘・槵觸神社 (3)


丘の上にはこんな像があり


国見ヶ丘・槵觸神社 (2)

日向風土記の一文

古事記の翌年に撰上とありました



ここから見る阿蘇山は阿蘇涅槃像と言われ


国見ヶ丘・槵觸神社


今頃から初冬までに見ることが出来る

“雲海”の展望ポイント


見ごろは日の出前との事なので

雲海予想を調べて

もう一度行こうと思っています



それではまた

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

livedoor プロフィール

ロングドライブ

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ