HIMAJINN日記

問わず語り。 思い出、日常、その他もろもろ…

タグ:総選挙

ついに

 ついに石原都知事辞任。
 そして新党立ち上げを決意。
 尖閣国有化で邪魔をされ、邪魔したままなにもしない政府に業を煮やし、ついに決意。
 さっぱり動かない政治を強引に動かし始める、まさに石原さんらしい決断。
 総選挙より都知事選挙のほうが先、ニュースもこれでようやく生きのいい報道ができる。
 もう殺人事件だの政治の駆け引きだの、息の詰まりそうな停滞ムードが一気に活気付く。





維新の会

 現役政治家を抱え込んだ途端、東京と大阪の軋轢が生まれ、人気凋落の維新の会。
 東京に石原慎太郎という軸が出来れば話は一変する。
 橋下市長の言うことを聞かない前民主党の議員達、大親分登場で主導権を握るどころじゃなくなった。
 超のつく右寄り政党。
 民主党政権を揺さぶり続ける近隣国も、多分びっくり仰天していることだろう。
 つっつけばとんでもない奴が出てくる、右寄りとはいえ当然の結果。




わかりやすさ

 橋下氏にしても石原氏にしても一番の魅力はわかりやすさ。
 政党同士の足の引っ張り合いに過ぎない今の政治。
 わかりやすくしてほしいと思っているのは国民全員。
 都知事選挙で見える国民の意志を、はっきりと示してみたい。
 猪瀬氏が次の知事候補第一番手なんだろうが、圧倒的な勝利で意思を見せよう。
 まさか、今回はそのまんま東が出ることはないだろう。
 負けるとわかっている勝負に出て人気を失うより、タレント業を兼ねて選挙解説でもやってたほうがいいんじゃなかろうか。
 都民の意志を示すのは投票率。
 さっぱり投票しようともしない若者の投票、ぜひしてほしいな今回は。

 



正直言えば

 石原新党がどうなろうと、まあ年寄りばかりの言いたい放題だろうからまさにどうなろうとかまわない。
 やってほしかったのはとにかく政治を動かしてほしいということ。
 市町村が補助金枯渇で困っているというのに何もしない政府。
 解散の約束ばかり要求するだけで具体的に動き出そうとしない野党。
 どちらにも飽き飽きしている。
 各党ともたいしたことは無いとたかをくくっているようだが、なにもしない今の政治家全てに対して国民は怒り心頭に達している。
 何かをやろうとすれば批判の声が起こるのは当たり前。
 すべてが出来上がっている国である以上何かやれば波風は立つ。
 いいじゃないの言いたい放題。
 爺婆の放言政党。
 できたばかりでやり方のわからない維新の会、爺婆だらけで手足の動かないロートル政党。
 両方でとりあえず国政に大波立ててくれ。

髭の殿下ご逝去

 三笠宮殿下ご逝去。
 なんども癌の施術を重ねていたらしい。
 皇室出身でありながら、自由奔放に活動された殿下。
 開かれた皇室を印象づけた方だった。
 ともかく、ご冥福をお祈りする他なし。






AKB総選挙

 こんなことテレビで延々と中継することだろうか。
 それが第一印象。
 なんでも、CDを購入して投票する、というルールだとか。
 そのために大量のCDを買うファンが多数いるらしい。
 惚れてしまえばあばたもえくぼ、ファンなんだから何しようと自由ではあるけれど。
 一位になった大島なんとかは見たことあるけど、あとはさっぱりわからない。
 まあ、じいさんがコメントすることでもないか。







やっと与野党協議開始

 幹事長会談本日二回目。
 決議の予定を決めてようやく協議開始のめどが立ったらしい。
 選挙のための戦略はわかるが、世界が待ち望む日本の財政健全化。
 国内の都合だけじゃなく、世界への影響を考えなければならない経済大国。
 増税してから選挙はできない、そんな身内の論理だけで政治されちゃたまらなない。
 小沢さん一派はもう民主党から出て行ってもらって、少なくとも政治手法だけでも一本化してもらわなけりゃ。
 そういえば消費税以前に選挙の合法化もまだ。
 違憲判決を受けながら今のまま選挙したって結果は違憲状態。
 落選した候補から「あの選挙は無効だ!」と言われても言い返すこともできない。
 世界経済が壊れる前にとりあえず日本の政治をもう少し進めてくれ。
 






オーム真理教

 まだ高橋なんとかが逃走中だそうだ。
 すごい眉毛の男。
 最近の写真ではその特徴的な眉毛が薄くなっている。
 印象を変えるために自分で抜いたんだろう。
 金を下ろし再び逃走。
 でも最近の写真まで公開されたんだからもう逃げられないんじゃなかろうか。
 結構な高学歴の者が皆犯罪者になったカルト教団。
 宗教と言うものの恐ろしさを再確認させられた事件。
 
 人の信心を批判するまえに、ごく普通のつもりの日本人って何教徒なのか自分で理解してるんだろうか。
 私は仏教徒ということになっており、やがて墓に入るはずなんだけど、仏教徒という自覚は無い。
 江戸期と同じく、とりあえず登録しておかなければ、程度のもの。
 キリシタンではありません、そう証明するための仏教徒。
 そんな時代認識から、一歩も前に進んでおらず、自分を規律しているものは何も無い。
 もうじき死ぬかもしれないのに、こんなことでいいんだろうか、そんなことをふと思う。


ついに言い出した

 消費税を増税する、その必要があるなら国民に信を問うのが筋。
 ついに閣内からそんな発言が飛び出した。
 総理が口を濁そうと、マスコミはもうこぞって解散総選挙に向けて活動開始。
 こうなったら総理が何を言おうと誰も上の空。
 勝ち残ることに全力を尽くす、それが非選挙民。
 マニフェストでうたった期間、消費税増税はしない、それを変える以上は再選挙。
 政局といえば小沢さん。
 選挙に持ち込むためにありとあらゆる手を尽くし、政府を攻撃した記憶は今も鮮明。



まだ政権運営の力は無い

 小沢さんが党首だった頃、民主自民連立を画策したことがある。
 まだ民主党には政権運営の力は無い、だから。それが理由。
 持ち帰った途端に総スカン。結局は頓挫。
 紆余曲折あって政権は手にしたものの結局は今の体たらく。
 金にまつわる薄汚さは辟易とするが、政治の裏表はさすがによくわかっている。
 強制起訴はされても結局は無罪になるのは明白。
 民主党を離党しようとするまいと、選挙となれば力を発揮する資金。
 闇の中で流れ込んだ小沢資金、それをあてにする子分議員は進退に困るだろうなきっと。



結構本気かも

 口の軽さからなんとも頼りなかった管総理。
 こうして全体像を見直してみると結構本気で取り組んでいるのがわかる。
 嘘八百になった鳩山政権とは大違い。
 消費税増税はもう誰の目にもやむを得ないもの。
 税制全般を見直した上で実施。
 TPP加盟。これも輸出が生命線の日本にとって当然のこと。
 政府が言い出せばさっそく農業はどうする?と疑問の声を上げるマスコミの姿勢の方が少々おかしい。
 公務員給与の見直しがどこまで本気かが大問題だが、数年にわけて数パーセントづつ減らし、それにあわせて消費税も増税する、など、知恵を絞れば手段は見える。
 内税にしちゃったんだから段階的整理は可能。
 団体からの支持を失うかもしれない、というリスクを覚悟で挑むのなら大賛成。



与謝野さんの進退

 衆議院選挙がちらつく頃を見計らっていっそ再立候補しない宣言。
 これで同一選挙区で戦ってきた海江田さんとの確執は解消。
 ともかく政治生命を賭けて最後の大仕事をやろうとする与謝野さんを取り巻く問題は少々解消する。
 ただ、民主党が大敗するようなら議員職を失い、大臣職も当然失ってしまう。
 その後は、税制の解説でもするしか無いか。



最大の問題は

 選挙となれば各党とも政策を訴える。
 そして必ず出てくる「増税ハンターイ!」と叫ぶ自称庶民の味方議員候補。
 沖縄の米軍基地を撤去、増税しない、国家公務員給を3割削減、耳障りのいい言葉の羅列で訴える候補。
 そんな嘘八百に騙されないようにすること。
 それには報道機関がいい加減な情報を流さないようにするのが一番。
 民主党政権誕生の直前など、テレビ各局はまるで民主党の広報室のようだった。
 政府首脳の失策失言を並べ上げ、毎日繰り返し報道。
 お粗末政府を倒そう!、そんなキャンペーンを展開しているような印象だった。
 そんな自らの姿も反省できているのか、マスコミの姿勢をも問われる選挙。

<b>政局の年末</b>

 いよいよ今年も大詰め。
 与党内では分裂騒ぎ。
 除名か招致か、年明けまで目が離せない。
 「日本がだめになる」、誰がしたのか知らないが。
 陸奥の国。
 蝦夷と呼ばれた岩手の人々。
 秀吉の天下統一まで最後の抵抗勢力として戦い続けた岩手。
 どうも発想が他の地域と違っているらしい。
 小沢先生はいまだに地元の大物。



<b>いっそ総選挙</b>

 与党は当然ながら誰もこれを望んではいない。
 でも、新党結成、または権力がほしいだけの連立。
 選挙制度の意味さえなくなるこんな政治家同士の集合を政党とは言わない。
 政見をすり合わせて合意勢力を集める、そうあってこその政党。
 数だけの勢力なら小沢大先生のやりかたと何も変わる事はない。
 金の集め方に多少の違いがある程度のこと。
 それはそれでまた別問題ではあるけれど。
 ここまで混迷が続くのなら、いっそ総選挙を年明けに実施、新しい政府を作るほかはない。
 できることなら北朝鮮にまで馬鹿にされる「顔のない国」から変わりたいと思っているのは、政治家ばかりではない。
 何の因果か知らないが、平安時代から国内騒乱の火の手は常に陸奥の国から。
 小沢さんが蝦夷の後裔なのかどうかは知らないけれど。



<b>出るにも出られない</b>

 小沢さんの結論は「離党しない」。
 引き連れてゆく数がないということかもしれないが。
 離党もしなければ喚問にも応じない。
 このまま行けば除名処分。
 小沢派は無論絶対反対。
 党を二分する大騒動。
 どう決着するのか。
 いずれにしても今週中まで。
 新党結成のタイムリミットは年内。
 地元へ帰りもせず内戦状態の民主党。
 それにしてもやわらちゃん。
 自分の立場をさっぱりわきまえていない。
 記者に聞かれるから応えているんだろうが、まだ駆け出しの一年生。
 この騒動の成り行きではさっぱり議員バッチをはずす、そんな覚悟までできているんならともかく、あんまりでしゃばらない方がいいんじゃなかろうか。
 もっとも、最初から議員になどならない方が存在感はあった。
 やわらはやはり柔道。
 柔道一直線。
 
 

小沢総理誕生?

 多数派工作開始。
 頼まれたほうも困っている。
 何とか話し合いで解決できないの?、誰しもそう思う。
 政治家としての力量は確かに大きい小沢さん。
 支持しようとすると地元選挙区の有権者が黙っていない。
 「次は入れないぞ!」。
 人のことより自分のこと。
 選挙落ちればただの人。

 どっちがどうと言うつもりは無いけれど、つい小泉総理誕生の総裁選挙を思い出してしまった。
 橋本さんは団体面狙い。
 組織がために一生懸命。
 小泉さんは街頭演説で一般国民に語りかけた。
 結果、国民の声に押された党員の票はなだれを打って小泉さんへ流れ、新総理が誕生した。

 小沢さんは古いタイプの政治家。
 まず団体の支持を得るべく活動開始。
 各派へ挨拶。
 ただ、派閥の硬さは自民党の比ではない。
 ふにゃふにゃのグループ。
 トップが快諾しても票が固まるとはとてもいえない。


いくらなんでも

 民主党は政権をとったばかり。
 だから多少のゴタゴタはやむを得ない。
 それにしてもわずか一年にも満たないのに3人目の総理というのは異常。
 安倍総理から勘定すれば4年で早くも7人目の総理を選ぶことになる。
 いったい誰と話せばいいんだ!、外国からの非難の声は当然ある。
 だから管総理。すごい消極的な選択だけど。
 どっちにしたって国会が開かれればねじれ国会が待っている。


風見鶏

 風が吹いた方に顔が向く。
 だから風見鶏。
 中曽根さんがそう呼ばれた。
 力のある田中さんにすりより、総理の椅子を得た人。
 政界の実力者きどりで仲裁に動いた鳩山前総理、無視されて小沢支持に鞍替え。しかし鳩山グループとは言うものの中はバラバラらしい。
 マスコミがどっちが有利などと軽々しく予測を口にするが、この選挙ばかりは下駄を履くまでわからない。
 風が吹くほうの反対側を向きたがる風見鶏。
 鳩は国民の風は理解できないらしい。
 どっちがやったって来年度予算案審議で頓挫。
 解散総選挙。
 党そのものが暴風雨にさらされる。

離合集散

 どちらが勝っても新会派へ再集結。
 数回繰り返さなければ安定政権はできそうも無い。
 誰が見てもそんな予測が成り立つ。
 ということは、今回の選挙は仮集計みたいなもの。
 小選挙区で落選、比例で救われる、いわゆるゾンビ議員。
 中には党のやり方が気に入らない、などと難癖をつけ、ゾンビでありながら離党してしまうとんでもない議員も現れる。
 党の名前で復活当選した議員なら、党の名前が優先しているはずなんだから離党すれば議員ではなくなるのが当然なのにそういうルールにはなっていない。


身勝手ルール

 政局に時の風はつきもの。
 大きく勝てるときもあれば大敗もある。
 そのたびに議席を失い、収入の道が途絶えるのは辛い。
 だから議員の都合のいいように造った身勝手ルール。
 無論民主主義の原則など根本から無視。
 若手の台頭を阻む、などという意識は無いにしても、結果的には若手議員誕生の機会は失われている。


選挙後は

 とりあえず党にいる。
 そして政党助成金をもらい、選挙資金をもらって活動。
 小選挙区でもゾンビでも、とにかく国会に帰ってきてから風を受けている方へ寝返る。 
 腹の内はみえみえでも、人数がものを言う国会の決議、風にそよぐ二股膏薬議員でも大歓迎で迎えてくれる政党は当然ある。世間の批判などどこ吹く風。
 そんなもの気にするようでは国会議員はやってられない。


ほんとの馬鹿は

 選ぶほうが馬鹿。
 あの先生、確か自民党だったはずだが。気がついてみたら違う党。
 前回の政権交代の時、自民党を飛び出した人は多かった。
 その後、いつの間にか復党。
 無論政権を奪い返してから。
 それで自民党の中で肩身が狭いのかと思いきや、案外平気でいままで勤めている。
 腰の軽い人はどんな世界にもいるもの。
 今回も、もしもの時はウルトラC。
 主義主張もなにもない節操なき議員を選ぶのは国民。
 結局は選ぶ人が悪いんだけど。

 

雑音はしばらく止めて

 言いたい放題の批評家。
 黙って聞いていれば政権が移ればすべてがよくなる、そんな印象に聞こえる。
 麻生総理就任、そして世界経済の破綻。
 寸前とはいえ、大恐慌一歩手前の最悪の状態から、経済復興最優先で通した一年に満たない期間。
 漢字が読めない、ぶれる、毎日批判の嵐を浴びながら、とうとう任期切れ寸前まで政権を維持、経済も安定の兆しが見えるところまで戻りつつある。

 冷静に考えれば、この一年弱の期間は誰が総理であっても景気対策に追われ続けていたはずだった。
 素人受けをねらったテレビニュース、マスコミは斜に構えるのが常識、といわんばかりの辛口コメンテーター。
 あの酔っ払い会見のニュースは一日何回流れたことか。
 満身創痍になりながら解散にこぎつけた麻生総理。
 自民党不利とはいうものの、良くここまでやったもんだというのが正直な感想。
 テレビのコメンテーターという人たち、民主党から金でももらっているのかと疑いたくなる人が多すぎる。


蝙蝠が飛ぶ

 「南北朝の時代」だそうだ。
 これから選挙だというのに、マニフェストは別仕立て。
 何を考えているんだか。
 あの人の頭の中は、どう見ても自民党ナンバー2だったという自負。
 だから南北朝。
 自民党惨敗の後、どうやって逃げ出すか考えているだけの軽薄なコメント。
 自分の選挙区の候補者、どんな人物かよくよく考えて投票しよう。
 ムードで投票、これだけはしない。
 自分の選挙区に巨大な無駄な箱物造った議員、四国に使いもしない橋を作った議員、ダム、高速道路、そして企業から不正な献金をもらった人、企業献金は止めようと言い出しておいて、個人献金までいい加減な処理でごまかしていた人。
 超大物と呼ばれながらも、今回は批判を浴びて落選のうわさが飛び交う。
 そんな大物議員もいる。
 万歳で議会は終わった。
 選挙後、帰ってこれるかどうかは、日ごろの政治活動の結果。
 言い訳だけして回っても、もう間に合わない。

8月30日選挙に決定

 麻生総理はついに決断。
 7月21日解散、8月30日選挙を決定。
 考えてみれば、麻生総理は「サミットへ行く」、「都議会議員選挙の後」と、最初から言い続けてきた。解散より景気、これも最初から言い続けたこと。
 傍が何を言おうと、信念を貫く、けっこう根性のある人。

 テレビのコメンテーター。
 「失政があったわけじゃない。周囲が勝手にごたついた結果」。
 東国原知事の件も、確かに「悪人顔」の古賀さんの独り相撲だった。


こうなりゃ国会は

 もうみんな自分の選挙区へ気持ちは飛んでいる。
 残った案件の議決は早い。
 今まですったもんだ、さんざん議論してきた諸問題。
 あっというまに通過。
 国会審議って、一体なんだったの?、と聞きたくなるほど。


金の問題は

 突っつきだせば双方傷だらけ。
 だからうやむや。
 結局政治資金なんて、どんな手を使ってもやりたい放題。
 それでいいんでしょうかね。
 鳩山代表の資金問題。
 国民は「まだ説明不足」。
 民主党は「説明は済んだ」。
 もはや、政治献金はテーマに仕様も無く、地方行政の独立もテーマにしにくい。
 なにが争点になるのか、それが争点だったりして。

 

[麻生首相]東国原知事の入閣で調整 分権改革担当を検討
2009年07月01日08時22分 / 提供:毎日新聞

 麻生太郎首相が閣僚人事で、次期衆院選に自民党公認候補として擁立を打診している東国原英夫宮崎県知事を入閣させる方向で検討していることが6月30日分かった。首相は閣僚の兼務解消などに伴う人事を一両日中に断行する方針で、東国原氏を地方分権改革担当などのポストで処遇することで調整している。衆院選に向け、国民的な人気の高い東国原氏を自民党の「選挙の顔」にすることで、民主党に対抗するのが狙い。
 首相は6月30日、人事について、「しかるべき時に、しかるべき方をと、前から考えてはいました」と記者団に語った。



顔を洗ったその後は

 「東国原君、顔を洗ってくれたまえ」。
 そういわれたはずの東国原知事。洗ったかどうかはともかく、麻生首相は入閣させる腹積もりらしい。
 無論自民党内は反対の大合唱だろう。
 マニフェストはどうする!との党内の声は、この驚天動地の人事によって一定の方向付けだけはできることになる。
 東国原氏の訴える国と地方の配分案を呑まなければ当然入閣はしないはず。
 地方を復活するための捨石になるか、それとも単なる選挙前のアドバルーンで終わるか。東国原氏にとっても自民党にとってもとんでもない大博打には違いない。

 あの、「正義の味方」大臣を首にしたのは、ひょっとしてこれが狙いだった?。

政権交代したら

 日本はアメリカの同盟国ということになっている。
 実態は、アメリカに一方的に守ってもらっている国であって、中南米の中小国とたいして変わってはいない。
 それを、「米国債は売却」、「第7艦隊だけあれば日本の防衛はできる」、自民党に対する対抗理論を展開する都合上言ってしまったこのコメント、後で大きな負担になる。本気でアメリカ国債売却を言い出せば、ドル不安再発。今のところかろうじて世界の基準通貨であるドル、これが不安定になることは世界経済にとって大きな負担。寄ってたかって「やめてくれ!」の大騒ぎ必至。

 本気でないならとりあえず「あれは例えばということで」、との言い訳が必要になる。アメリカとの関係については説明で済むかもしれないが、国内の政治はそう簡単には了解してもらえない。常に足を引っ張り続けられた自民党、今度は一斉反撃。
 やたら景気良く「あれもただ」「これも補助金」と連発した公約?なのか放言なのか。実行するについては当然ながら予算の裏づけなくしてはできない。
 時間をかけて行政改革、無駄な組織を解体するのは大歓迎だが、そのためには役人を解雇、退職金の手当て、施設の解体、売却など、膨大な時間と労力の結果ようやく実現するもの。すぐ出すはずの補助金、手当ては結局一時的には借金をせざるを得ない。


政権さえとればなんとでもなる

 これ小沢節の一つ。
 政権与党にある膨大な政治献金、野党へは「じゃましないでね」程度。小沢さんは別だけど。だから、いい加減な政策をぶち上げてとりあえず政権さえ取れればいい。
 実行を約束するマニフェストなどという考えは最初から頭になし。
 もう小沢さんが党首じゃないんだから多少イメージが変わったけど。

 テレビではかっこいい意見を吐きながら、官庁参りしては地元への予算付けを頼み込む議員先生。道路、新幹線、地方空港、官庁が独自プランでやっていればそれなりに機能的だったはずのプランは、議員先生のおかげで、車の走らない高速、客の乗らない新幹線、空港になってしまった。
 元はといえばそういう期待を持った国民のせいだが、地元への税金分捕りだけは、もしかしたら民主党政権になれば無くなるかもしれない、という期待は持てる。
 郵便局が作り続けた簡保の宿、つきつめれば地元代議士の口利きが全く無かったはずはない。地元利権代議士が交代していなくなるのはいいことではあるが、何をするにしても一番大事なのは信用。
 今のところ民主党政権には不安はあっても信頼は無い。
 経済は気分。
 不安材料ばかりでは株も売れないし景気は悪化する一方。


今一番大事なことは

 東国原知事を取り込み、人気を回復することではない。
 誰が見ても納得できるマニフェストを打ち出すこと。
 それも数年先までの見通しを立てた予算の裏づけまでしたしっかりしたもの。
 説得力の無いきれいごと、相手のオウンゴール期待の批判では信頼は増えない。
 両方のマイナスが積み重なるだけでしょう。
 どっちが政権をとるなんてことは、国民には全く関係ない。
 国の安全が保たれ、職場が与えられ、日々の暮らしが落ち着いたものになれば政治への不満なんてなくなってしまう。
 所詮国民は草、けして木にしてくれなんていうわけではない。

 解散するか役員人事か、なんて愚問。
 マニフェスト出してくださいよマニフェスト。

 自民党なら、総裁になりたい人はマニフェストを作成し、ネット公開すること、としたら大変なことになる。
 総裁選挙前倒し、だけではなく、誰のマニフェストが一番国民を納得させるのかはっきりする。
 民主党の最大の弱点はマニフェスト。
 解散総選挙の日取りを決定し、その前に長々とマニフェストをテーマに総裁選挙をやらかす。何人出てもかまわない。
 国民まで参加しての総裁選挙、これで盛り上がれば評価は変わる。
 思い切ってこんな手を打てば、ひょっとすればひょっとするかも。

 

このページのトップヘ