ニューヨーク発:高齢出産&育児誌

高齢出産&ニューヨークでの育児生活。

2011年11月

妊娠36週のニンプ生活:カンフー(打たれ専)、逆子矯正の話


今日から正産期、37週に入りました。

この時期にもなると、赤ちゃんが大きくなるにつれ、子宮の中で自由に動けるスペースが限られてくるので、

胎動は次第に感じられなくなる、と古今東西言われておりますが、

わたしの赤ん坊は、36週に入ってからとりわけ暴れ方が激しくなったような感じがします。

四肢全てを(たぶん頭も?)使って「あちょあちょあちょーー!」と、
お腹の内壁をカンフー攻撃されるので、
四方八方のお腹の皮が「でこでこっ、ぼこぼこっ」と外に飛び出し、
ちょっと気味が悪い!

画像

女の子だけど、「カンフーくん」みたいになるかしら?


他のニンプさんの話でも、「うちは出産間際までとってもアクティブに動いてたわよ」
という方が結構いたので、
やはり胎動の程度も、赤ちゃんやお母さんによるのでしょうね。


予定日はまだ3週間先だし、のんびり構えたい反面、
いつ本陣痛が来ても良いようにしておかねば!
ということで、36週は色々と最終準備でした。

ヘアカットに行き、
ペディキュアをしてもらい、
ニンプ向けヨガで適度な運動をし、
doulaさん候補と面談したり、
食べ物を冷凍保存したり、などなど。


そういえば昨日のヨガでは、妊娠38週のニンプさんもまだまだ頑張ってクラスに参加してました。


彼女は、妊娠後期に入ってもずっと逆子ちゃん(breech position)だったので、
37週目に、赤ちゃんの位置を矯正する施術(external cephalic version)を受けたそうです。

逆子矯正法にはお灸やら外科的手法やら、色々あるらしいですね。
このexternal version では、
まず子宮をリラックスさせる薬の注射を受け、
お医者さんが、両手を使って(お腹ごしに)赤ちゃんの頭とお尻を動かして
頭を下向きに(head-down or vertex position) ターンさせるのですが、

施術中の痛みを和らげるため、彼女はepidural も注射されたそうで、
時間も結構かかったし、疲れたし、その後は、

「なんだかもう出産を経験したような心持ちだった・・・」だと言っていました。

でも翌週にはヨガに来てガンガン動いてますからねー、さすが山岳部出身、すごい回復力です。
施術後は逆子ちゃんに戻ることもなく、体調も良く、精神的にも安心している、とのこと。

妊娠38週に入り、日に日に前駆陣痛が頻繁になってきているそうなので、
彼女もいよいよ出産なんでしょうねー。

こっちがうきうきしちゃうね。










Thanksgiving(感謝祭)はケータリングで楽々ディナー!



今年は、夫と結婚して初めて一緒に過ごす Thanksgiving でした。
彼も私もアメリカに住んで久しいので、それぞれ別々の thanksgiving の思い出を持っていますが、
どれもが、家庭の温かさや友人との楽しいひとときを蘇らせてくれる、大切な宝物です。

日本で言えば、家族、親戚、友人などがたくさん集まる、お正月的なイベントでしょうかね。
こちらでは、七面鳥のローストをはじめ、パンプキン・パイや、マッシュドポテトなど、
homey(家庭的)な南部料理を作ったり、持ち寄ったりします。


テーブル一杯に出された料理を、わいわい騒ぎながらひたすら食べる!
アップル・サイダーやワインを、がやがや騒ぎながらたらふく飲む!
こんがり焼きたてのターキーやグレービーの匂い、
スイートポテト・パイや、横に添えられた生クリームの濃厚な甘さ・・・
そして満腹感のあとに訪れるけだるさと、安心感と、睡魔・・・
う~ん、たまりません。
気分はまさに寝正月!

こんな具合に、
成人後に海外生活を始めた私達でさえ、特別な思いを抱く Thanksgiving の祝日ですから、

幼い頃から毎年このような経験を重ねてきたアメリカ人にとっては、思いもひときわのようです。

"Thanksgiving is my favorite holiday !(感謝祭は、一番お気に入りの祝日)"、とよく形容されますし、

11月に入るやいなや、隣人を招待し合ったり、どの料理を誰が担当するかが熱く議論されたりと、
ハッピーなお祭りのような雰囲気が辺りに漂い始めるんですよねー。



さて、これまでの私は例年どこかのおうちに招かれてご馳走になるのが常でしたが、
今年は、「新家族」スタートの年ということで、
自分達のThanksgiving の思い出を築き始めたいな、という気持ちがありました。

とはいえ、臨月のお腹をかかえ、身動きのままならない現在、
果たして、ターキーを焼けるのか、(それ以前に、あのデカイ鳥をかかえられるのか?)
たくさんの料理を作れるのか?と、とても心配。

それに、ゲストを招待しておきながら
「あああっ!急に陣痛がっ!」
という状況になったら大変、ということで、

結局、Freshdirectで
Small Thanksgiving Dinner パッケージ(4-6人分:$149.99)をオーダーしました。
ゲストも気のおけない仲間を2人だけ招待し、計4人(プラスbaby) のささやかなディナーです。

メニューは以下のとおり、
サイドは10種類のうちから好きなものを4種、選べるようになっています。


Small Thanksgiving Turkey, Cranberry Sauce, Soft Dinner Rolls, Turkey Gravy
(下焼き済みの小さめターキー、クランベリーソース、グレービー、ふわふわパン)
Almost Perfect Mashed Potatoes
(マッシュドポテト)
French Green Beans Almondine
(インゲン豆とスライスアーモンドのバター炒め)
Sweet Corn Succotash w/ Berkshire Bacon
(スイート・コーンとベーコン、そら豆のサッコタッシュ(茹で煮))
Baked Macaroni & Gruyere Cheese
(マカロニ&グルイヤーチーズのグラタン)
Cornbread & Sausage Stuffing
(コーンブレッドとソーセージのスタッフィング)
Carolina Pecan Pie 
(ピーカン・パイ)

どれも素材の良い材料が使ってあり、味つけも控えめで、美味しかったです!
ターキーは2時間ほどオーブンでheat & brown(温め+焦げ目つけ)をして、
サイドは温めるだけ、
サラダとおにぎりのみ、自分で準備しました。



食べるのに必死で写真を撮るのをすっかり忘れていたので、
翌日の、残り物をのせたお皿をご披露・・・
(ちなみに、クランベリーソースは本番の時に出し忘れた!あほな私。)

IMG_2221


いや、ほんとに、このケータリングサービスは助かりました。
アパートの掃除やテーブル・セッティングだけでも、ひと仕事ですもの・・・。

こんなディナーを1人で全て準備するのは、私には到底不可能です。妊娠してなくても。
毎年、感謝祭のホスト役をつとめる、おかあさまやおとうさま方の偉大さを改めて感じます。

とにもかくにも、ゲストのお友達にも楽しく過ごしてもらえ、
「家族」の思い出作りは素敵なスタートを切ることが出来ました。

この機会と食事に恵まれたことに感謝、大事な友人に感謝、バディーの夫に感謝、です!





妊婦の水分補給:ココナッツ・ウォーター vs. ポカリスエット


両親学級に行ったとき、妊娠時の水分補給にはココナッツ・ウォーターが良いと勧められました。



タイ旅行に行った時、こういう(↑)純正ココナッツ・ウォーターを飲んだことがありますが、
なんだか青臭く、特に美味しいとも思わず、
以来、何年も口にしていませんでした。(ちなみにココナッツ・ミルク系の料理や飲み物は好き。)


されど、せっかくお勧めいただいたし、
改めて利点を調べてみると、ココナッツ・ウォーターの魅力発見!

* 細胞内外の水分調整や血中pHのバランスに必要な電解質(electrolytes)が豊富 
= 普通の水よりも体内への吸収が良く、水分補給に最適。

* ココナッツ・ウォーターに含まれる電解質イオンは、
塩化物イオン(chloride ion, Cl)、
カリウムイオン(potassium ion, K+)、
マグネシウムイオン(magnesium ion, Mg2+)、
カルシウムイオン、リン酸イオンなど。

中でも、カリウムが豊富!
ココナッツ・ウォーター(330ml)のカリウム量(690mg)は、バナナ1本分のそれよりも多い。

* 脂肪分ゼロ、コレステロールゼロ、天然の糖分を含むのみ。
= グラス1杯でたったの46kcalなので、砂糖入りのハイカロリーなジュースの代わりに飲める。

* 利尿作用があり、尿管の感染、尿路感染 (UTI)などに良い。

* ラウリン酸の抗菌作用で免疫力アップ。

* 胃腸をきれいにするので、便秘、胸焼けを軽減する。

* 産後のダイエットにも良い(ヴィクトリア・ベッカムも大のファンらしい)



などなど、良いことばっかしですねー。

早速色々な商品を試してみましたが、
ピュアなココナッツ・ウォーター(フレーバーや糖分を付加していないもの)は、
値段も(330ml 入りが$2前後)、お味もあんまり変わりませんでした。
(椰子の実からの「ほとんど水」なんですから、そりゃそうですよね。)

"Naked"

Naked Juice Naked 100 Naked Coconut Water 11.2-Ounce Boxes Pack of 12


Rihannaが宣伝してる、”Vita Coco"
Vita Coco Coconut Water - Original 100% Pure (17 fl.oz.)

"Zico"

Zico - Pure Premium Coconut Water Natural - 14 oz.

現在は、Fresh direct でダース買いしたZico(↑)を1日1本のペースで飲んでいます。

最初は、「粒コーン缶の缶汁?」を彷彿させる甘いのか塩辛いのかよく分からない味だと思ったのですが、

冷やすと飲みやすいし、効用を知った最近は特に「美味しいじゃん!」と感じてしまう、
単純な私。


ところで日本では、水分補給にはポカリスウェット!ですよね。

Amazonで大量購入してストックしてはありますが、未だ手つかずのままです。

「天然椰子の実パワー」に軍配!






妊娠36週、日米月数の数え方、自然な分娩誘発はEPO or Sex?


今日から妊娠36週、日本の数え方によれば臨月突入です。

日米の月数の数え方の違いについては、混乱しがちなのでマイロさんの図(↓)を参考にさせてもらっています。




「臨月」と聞くと、今にも生まれそうなイメージが湧きますが、日本の数え方による「臨月」と「正産期」とは、若干ずれがあるんですよね。(日本式での臨月は、妊娠36週0日~39週6日の妊娠10ヶ月のことで、正産期は妊娠37週0日~41週6日のこと。)


ともかく、日米ともに、36週6日が満ちれば、正期産/満期出産(full-term birth) とみなされますので、

私にとって今週は


「さあ、赤ちゃんよ、子宮さんよ、順調に熟れてくれよー。」と、

願う毎日となりそうです。


母子共に医学的リスクを抱えている訳ではなので、

出産の日程をあらかじめ決めておく必要も、そうする意思もないのですが、


初産ということもあり、陣痛が始まってもお産がなかなか進行しない場合もあるかもしれません。

早めに破水、子宮口の開き方が遅く、誘発分娩 (labor induction)というケースも有り得ます。


安産とグッドタイミングな分娩を目指して、今の時期に何かしておくことはないかなあ、

と考えていた矢先に目についたのが、


"Evening primrose oil (EPO) to start labor" のトピックです。

イブニング・プリムローズ・オイルが入ったカプセルの内服と経膣使用(但し使用開始は妊娠36週以降)により、
お産をスムーズに開始・進行させるのに効果あり。
というではないですか!!

イブニング・プリムローズ:和名は末宵草(マツヨイグサ)、

How to Use Evening Primrose Oil to Start Laborthumbnail



多くは夕方に開花し、夜間は咲き続け、翌朝には萎むので、「月見草」とも呼ばれています。

(一般に月見草オイル(EPO)として使用されるのは「メマツヨイグサ」という種。)


ガンマリノレン酸が豊富に含まれるEPOは、

高血圧から皮膚疾患、PMS、乳癌まで、様々な症状を改善する薬草として古来から利用されています。



今回注目の「お産を進ませる」、という効果について調べてみると・・・。

EPOは、prostaglandin (プロスタグランディン)という、

平滑筋の収縮、弛緩に深く関与する脂質化合物を含んでいます。

プロスタグランディンは、お産の際に母体内で大量に分泌され、子宮口を柔らかくし(ripening)、

開大(dilation, effacement) する効果があるため、



服用効果の程度については、未だ充分に科学的に立証済み、ということではないようですが、

妊娠後期に担当医や助産婦さんからEPOの服用を勧められる妊婦さんもいます。


参考: 米国国立衛生研究所ウェブサイト:

http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/druginfo/natural/1006.html



日本のサイトでは、EPOの利用法はマッサージオイルやバスオイルとしてが主流なようでした。

欧米のようには、内服や会陰マッサージへの利用はされていないんでしょうかね?

EPOの使用法(英語)


個人的には、特に副作用などの弊害も無いように思われるので、担当医の許可を得てから

試してみてもいいかなあ、と思っています。


ちなみに、自然な形での分娩誘発(natural labor induction)のひとつに、

セックスをする、というのも有効だそうですね。

これは両親学級の際にも言われて、びっくりしました。

精子にはプロスタグランディンが含まれているので、膣内への射精によって

後押し効果を得られるそうです。

・・・理論的にはね・・・

実際の効果のほどは「効いた!」「いや全く何も起こらなかった」など、

やはり様々のようですが。


そもそも、巨大なお腹を揺らし、時折襲う陣痛に耐えながら、苦渋の表情でセックスをせまる妻って、どうでしょ?

その姿は、セクシーさとは全くの対極にあります・・・。


世のパートナーは果たして、義務感に燃えて頑張ってくれるものなのでしょうか?




妊娠35w3d、定期検診とGBS検査


妊娠35週3日目の今日は、2週間ぶりの定期健診です。

いつもどおり、まず採尿して、体重、血圧を測定しました。
体重は妊娠前より18ポンド(8.2kg)増ですが、ここ2、3週間あまり増えていません。

本日は、GBS = Group B Streptococcus (B群溶血性連鎖球菌)検査もありました。
通常、GBS検査は、出産時の菌保有状態を正確に反映するといわれる時期である、出産から5週間前(妊娠32wk - 37wk)に行われます。

内診にて膣内のおりものを長い綿棒で採取し、培養検査をして、GBS菌を保有しているかどうかを確認します。検査結果が出るまで2-3日かかるそうです。

検査は、子宮頸部細胞診(pap smear)と同じように、 金属性の膣鏡(virginal speculum)を使って、膣内のスペースを確保してからおりものを採取します。こんな感じですね。

Pelvic Exam With Speculum



図で見るとなんだか痛そうですが、力んだり、筋肉を緊張させていない限り、そうでもありません。
「少々不愉快な1分間」というほどのものです。

お医者さんの中には、各ステップごとに「はい、ちょっと圧がかかりますからねー。」とか言って安心させてくれる先生もいますが、私の担当医は、とにかく素早く、一気にさくっ、という感じで、なおかつ、私の質問にも応答しながら、あっという間に検査を終わらせました!


もし、菌を保有していることが分かれば、分娩時にペニシリン等の抗生物質を点滴投与して、赤ちゃんへの産道経由による菌感染を防ぎます。

参考:米国妊娠団体ウェブサイト

アメリカでは、健康な女性の25%(日本では約10%)がGBS菌を保有しており、陽性結果が出るのも珍しくはないのですが、やはり、点滴針や薬品はできれば避けたいところ。どうか結果OKでありますように!





今日のドクターへのQ&A

1.肌のトラブルについて
私:「手足の赤いざらざら乾燥肌が2週間ほど続いてます。敏感肌用の保湿クリームはつけたりしました。心配ないでしょうか?」

先生:「最近の急激な気温の変化から来たマイナー・トラブルでしょう。自然に良くなるとは思うけど、保湿は続けたほうが良いわね。」

2.Episiotomy(会陰切開)について
私:「先生のところでは、会陰切開は結構普通に行っていますか?」
(日本でも、産婦人科医の意見は様々で、実施率が初産の場合7割‐8割という医者もいれば、1割程度のところもあるようなので、個人的な意見を聞きたかった。)

先生:「赤ちゃんの大きさや健康状態、人工的分娩誘導の際など、必要に応じて行っていますが、それほど日常的には行っていません。アジア系女性に関して一般的に言えば、会陰部(perineal)が比較的小さいのと、文化・慣習的な背景もあって、会陰切開の実施率は他の人種に比べて高いわね。」

(なるほど。覚悟しておかねば、ということか・・・。)

私:「それと関連することなのですが、会陰部の圧迫(compression)やマッサージは分娩室にいる病院のスタッフにしてもらえるのでしょうか?それとも助産婦さんが?」

先生:「病院付きの助産婦はいませんが、我々医療スタッフがやりますよ。」

(よかったー、助産婦/doulaさんを雇ったほうがいいのかなと心配だったの・・。)


最後に先週の超音波検査の結果を確認し、無事終了。

次のアポを取ろうとしたら、来週はthanksgivingの祝日が入るということで、2週間後のアポとなりました。

ん?・・・ということは、その時はもう12月。妊娠37週も半ば、正産期に入ってるじゃないですか!


いつでも入院できるようにパッキングはしてありますが、不安だなあ。





プロフィール

バンビーネ

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ