ニューヨーク発:高齢出産&育児誌

高齢出産&ニューヨークでの育児生活。

2013年04月

生後16ヶ月:静かなる抵抗


最近は、バッハちゃんのかんしゃくにも幅がでてきた。
それは静かなる抵抗。

気に入らないことが起こったが、
地団太を踏んで泣き叫ぶほどのことではない。
でもなんだかしゃく、というムードのときにこれをやる。

無言で床に頭をつけて、
雨乞いをする祈祷師のようなポーズから、
うつぶせになり数秒。
その後、おもむろに
あおむけになって横たわり、静止。
終始泣きも騒ぎもせず、
無我の境地?的な瞳で
空中を見つめている。

大体これをやるシチュエーションは決まってきた。
まだテレビを見たいのにお散歩に誘われたとき、
自力で歩きたくないのに、抱っこから降ろされたとき、
公園で他の子にちょっかいを出されたとき、
気分じゃないのにパパが話しかけてくるとき(依然報われないパパ・・・)

この姿を見て、
私たちは
「あら、まさかガンジー?」
と苦笑する。

確かにこれのほうが
ギャン泣き&えびぞりされるよりも
手をさしのべたくなるな。

生後15ヶ月4週のかんしゃく:Appearance of temper tantrum



バッハちゃんの癇癪は
生後15ヶ月を迎えた頃から顕著になった。

遊んでいる途中に邪魔が入ったり、
気が乗らないとき、疲れてきたときに
動かそうとしようものなら、

あの仁王顔で泣き叫び、
弓のように体を反らせくねらせ、
だっこからわざとずり落ちようとする。

立っていれば地団駄をふみ、
足場が悪いときは
床にはいつくばり、
体をくねくねさせて
うごめく虫になる。

そう、ほこりだらけのベッドの下だろうが、
公園の土の上だろうが、
かんしゃく虫は
気のすむまで
うごめき続ける!

今のところ、対応策を模索中だが、
基本はタイムアウト。

特に理由がないのにぐずるときは、
暴れても大丈夫なマットレスに置いて
「落ち着いたらママのところに来てね」と言い残し、
その場から去る。
静かになるまで放置する、というのが一番効果的なようだ。
数分したら、大泣きした後でヒクヒクしながらも
静かにわたしのところへ戻ってくる。
そこではじめて愛情表現。
だっこ、声かけ、キスをしまくると、
嵐がひとつ去る。

一方パパは、
放置されてるのを見ていられないようで、
まだ暴れに暴れて泣きじゃくっているバッハちゃんを
なぐさめようと試みるのだが、
これは全くの逆効果で、
バッハちゃんはますます怒り、
体をぴーんと硬直させて
両足にはずみをつけ、
思いきりパパにキックを入れていた。
やっぱりいつも報われないね、パパ・・・。




どピンクの水とお菓子



先日地下鉄に乗っていたときのこと、
1歳くらいの男の子をベビーカーに乗せた黒人カップルがいた。
どうやら物乞いをしているようだ。

父親のうったえによれば、
自分たちはホームレスで、シェルターに身をよせている。
だが、一定期間同じシェルターに滞在した後は、
一旦そこを出ねばならず、
24時間は戻れない。
だから自分たち家族は、
常にこうして
外をさまよわねばならない。
自分だけならまだしも、妻も赤子もいるので、
小銭があれば1セントでも恵んでほしい。

と、いうような内容だったと思う。

私は正直、
その父親の言うことはあまり耳に入っていなかった。

なぜかというと、
私の目は、
ベビーカーの中の男の子に釘付けだったからだ。
うつろな目をしたその子は、
おとなしく哺乳瓶をくわえていた。
その哺乳瓶の中身は、
どぎついピンク色の液体。
それはまさに、
カキ氷のいちごソースのような色だった。
そして、もう片方の手には
これもまた鮮やかなピンクのお菓子が握られていた。
どちらも、砂糖&着色料たっぷりなのには間違いない。

これを見たら、
いてもたってもいられず、
近づいてきた父親に数ドル手渡した。

こんな私はナイーブなのかもしれない。
だって、親子の話が全部うそっぱちかもしれないし、
得たお金がどんな用途に使われるかも分からないのだ。

そのとき、絶妙のタイミングで
私の隣に座ってTimesを読んでいたおばちゃん(白人)が、
新聞から視線をあげないまま、
"You pay tax. right?
All the money we pay goes to them, you know."
と、私に冷たく言い放った。
つまり、
[あなたや(私たちの)払う税金は
彼らのようなひとたちにぜーんぶ行くのよ。
わかってるわよね?」
ということ。

あのさー、
そうなんだろうけどさー。
それにおばちゃんも
たくさん税金払うのはしゃくだろうけどもさー、
あのどピンク色は
私の瞳孔にしっかりと焼きついてしまったんだよー。














生後15ヶ月、Her First Appointment at Dentist (初めての歯医者)


1歳健診のとき、バッハちゃんの授乳回数が多いので
歯医者に行ってチェックを受けるように言われ、
いずれいずれ、と思っているうちに、
あれよあれよと時は過ぎ・・・・。

15ヶ月健診でまたリマインドされたのを機に、
私のかかりつけの近所の歯医者行って参った。

いずれは小児科専門の歯科医に診てもらわなくてはならないのだが、
私の歯医者さんは
7ヶ月の赤ちゃんがいるママ先生なので、
お子様の扱いにも慣れているだろうから、
まずは彼女のところに連れていくことにした。

チェック事項は、

虫歯のサインであるdiscoloration (歯の黒ずみ)と
歯の本数。9本と奥歯が生えかかっており、平均的とのこと。
今のところ虫歯はなく、セーフだった。よかったーーー。

先生からの注意事項として、
乳幼児の歯は、
plaque、 tartar(歯垢)はたまりにくいが、
エナメル質が柔らかいので虫歯になりやすいので、
糖分の多いジュースは控える。
夜間の授乳は出来ればやめる。でなければ減らす、とのこと。
小児科医にも同じことを釘をさされている私、
がんばります・・・。

追加で、
「歯ぎしり(teeth grinding) を結構するのだが大丈夫かしら?」と聞くと
いずれやめるだろうが、
習慣化しないように、歯ぎしりしそうなときは
なるべくおもちゃなどで気をそらしてやめさせましょう、とのこと。

それから、歯磨きは現在の1日1回から
朝と晩の2回へと
移行させましょう、とのこと。
現在、本人は歯ブラシを遊び噛みしているだけなので、
ガーゼでもサック型の歯ブラシでもなんでもいいから
とにかくお母さんがきちんと磨いてやるようにしなさい、と言われた。
は、はい。ますます大変やなーー。


定期検診は6ヶ月ごとにやって
虫歯が見つかった時点で
小児科専門医にかかるようにしたら?
と先生から提案された。
うーん、どうかな。
やっぱり
今のうちに探しておいて
慣れさせたほうがよかろうなあ。





最近うまくいっている離乳食とうまくいってない離乳。


15ヶ月健診(記事はのちほどアップ)にて、
夜間の授乳をなくしていくように!と
再三言われた私。

それで最近は頑張って、
昼間の授乳は2-3回程度におさえ、
添い寝添い乳は夜中に起きたときのみにしている。
(といっても、まだ3-4回は起きるのよね、これが。)

そんなバッハちゃんだけど、
離乳食を良く食べるようになったのが、
功を奏してはいる。

最近のメニュー

朝:
ごはん+納豆、気分により味付け海苔
豆腐味噌汁(野菜は日替わりで人参、玉ねぎ、ほうれん草、大根を煮たもの)
フルーツのピューレ(Stage 2)と生フルーツ(いちご、りんご、Cantalopeなど)を混ぜたもの
(生のフルーツはやっぱりそのままでは絶対食べないのだ。)

昼と夜:
基本は麺類。
* うどん+オクラ(ゆでて冷凍しておいたものを種をとりみじん切り)+べビ用梅かつおふりかけ
 * Organic Mac n' Cheese + ブロッコリーかカリフラワーの刻んだもの
* ソーメン+大人のおかずから取り分けた野菜(白菜、鶏肉のみじん切りなど)

おやつ:
パンも食べるようになった。
Fresh DirectのMultigrain(多種の穀物入り)のPullman(角食パン)、
同じくFDのParbakedのごま入り Dinner rollなどは焼きたてだと結構たべる。
ちなみに、
Parbaked breadとは既に成型されて80%くらいはあらかじめ焼いてあるので、
オーブンで15分焼くだけで焼きたてもちもっちの食感が楽しめる。

その他:

* かぼちゃ、じゃがいもなどのイモ類は依然食べたがらないので、
ゆでてつぶしてホットケーキミックスと混ぜて焼くとよく食べる。
これはフルーツにも応用。
りんごのすりおろしを粉に混ぜてオーブンで焼く。
(作りやすいのは、粉150g+りんご1個くらい。)
小麦粉+BP+卵を混ぜる手間が惜しいので
ホットケーキミックスを使っているが(砂糖はホットケーキミックスに入っているので入れない)、
全粒粉+AgaveやMaple syrupなどの
よりヘルシーな組合せでも試してみたい。

* 牛乳は毎食ストローカップで出しているが、あまり量がいけない。
半カップくらいしか飲んでないのではないか?
哺乳瓶だと2カップほど飲めるのだが、離乳を進めるため哺乳瓶はストップ。
代わりにBabyかToddler向けのヨーグルトを毎日食べさせている。

* トマトは、湯むきしてみじん切りしてオムレツや麺に混ぜると食べる。
(よく煮ないと酸味が残るのか、食べたがらない。)

以上、食は進んでいるので
多分この調子でいけば
目標の「18ヶ月卒乳」は達成できるのではないだろうか。(・・・希望的観測)



livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ