先月末に行った両親学級(育児、母乳編)で習った内容のおさらいをしている最中です。

本日はプラスティック製品の安全性について。

プレママとしてはまず気になるのが哺乳瓶や子供の食器類ですね。
アメリカの店頭では、多くのプラスティック製品に"BPA-free"の表示がついていますよね。

BPAとは、 bisphenol A (ビスフェノールA)の略語で、プラスティック製品の原料として広く使用されてきましたが、近年、世界各国でその安全性についての論議、研究が続いています。
2010年の時点では、アメリカ政府機関のFDA (アメリカ食品医薬品局)により、BPAの胎児、乳幼児への危険性が指摘されましたが、まだFDAもWHO (世界保健機関)も、「科学的根拠が不十分であり、大々的な規制をするには時期尚早」という姿勢のようです。


http://www.thedailygreen.com/には安全性や環境への影響に関し、消費者に役立つ色々な情報が載っています。

哺乳瓶、水筒などを買うときに、避けたほうが良いプラスティック類の識別番号は3、6、7番。
プラスティック業界では、これらの材質の危険性について「科学的に証明されていない」と主張していますが、
簡単に他の代替品 が手に入る限り、リスクは万一でも回避したいですね。

ちなみに、安全とされるのは、識別番号1、5番のプラスティック、コーンで出来たプラスティック、防砕性ガラス製品(shatter-resistant glass)だそうです。
避けたほうが良いグループ(3、7番はBPAを含むことが多い、6はBPAは含まれないことが多いが熱すると有毒性物質を発する可能性がある):

You're learning to recycle plastics (great!), but now you have probably heard reports of nervous consumers cleaning out their cupboards and closets of containers that experts are warning may not be safe to use. The good news is those recycling codes can help you protect your family, and The Daily Green will tell you how.

Though it's true regulators and the plastics industry are pointing out that the science on the real-world harms is not yet proven, many are saying the stakes are too high, and the alternatives too easy, to ignore. Read on to see which types of water and baby bottles you don't want to give your kids.Number 3 Plastics
V (Vinyl) or PVC
Found in: Cooking oil bottles, clear food packaging


Harvard-educated Dr. Leo Trasande of the Mt. Sinai School of Medicine advises consumers to avoid number 3 plastics for food and drinks. (If you're unsure, look for the little symbol that should be printed on the container. Some brands have left the symbols off, which is a major problem.) 

Why? Number 3 plastics may release toxic breakdown products (including pthalates) into food and drinks. 

The risk is highest when containers start wearing out, are put through the dishwasher or when they are heated (including microwaved). PVC manufacturing can release highly toxic dioxins into the environment, and the materials can off-gas toxic plasticizers into your home. Number 6 Plastics
PS (polystyrene) 
Found in:
Disposable plates and cups, meat trays, egg cartons, carry-out containers

Number 6 plastics (polystyrene) are made into soft Styrofoam-style cups as well as rigid foams and hard plastic products, so remember to look for those little numbers in the arrows (don't feel bad if you need a magnifying glass). Avoid using them as much as possible. 

Why? Number 6 plastics can release potentially toxic breakdown products (including styrene). Get this: particularly when heated! That insulated coffee cup -- the one that 'knows' when to keep your drink warm -- doesn't seem so smart anymore does it? Number 7 Plastics
Miscellaneous
Found in: Baby bottles, three- and five-gallon water bottles, certain food containers 

A wide range of plastic resins that don't fit into the other six categories are lumped into number 7. Some are quite safe, but the ones to worry about are the hard polycarbonate varieties, as found in various drinking containers (like Nalgene bottles) and rigid plastic baby bottles. 

Why? Studies have shown polycarbonate can leach bisphenol A, a potential hormone disruptor, into liquids. According to Trasande, no level of bisphenol A exposure is known to be truly safe, and in August a government panel expressed 'some concern' that the ingredient causes neural and behavioral problems in children. 

Why not play it safe and swap out those hard plastic baby and water bottles for Number 1, 5 or corn-based plastics, or even shatter-resistant glass?

Read more: http://www.thedailygreen.com/green-homes/eco-friendly/plastic-bottles-toxins-water-bottles-460410#ixzz1cxi0LLHa


参考:
日本語のサイトに識別番号別に材質がのっていましたので引用。(PETボトルリサイクル推進協議会より)
 ◆プラスチック材質表示識別マーク 《資源有効利用促進法に基づく指定表示製品》
   資源有効利用促進法に基づき、1993年6月より(清涼飲料・しょうゆ・酒類)のPET材質のボトルに表示が義務付けられています。

  ※下の2~7の材質のものは任意表示で法的表示義務はありません。
   1~7の数字は材質、アルファベットは材質の略語を表しています。
 
1・ポリエチレンテレフタレート(PET)   2・高密度ポリエチレン(HDPE)   3・塩化ビニル樹脂(PVC) 
4・低密度ポリエチレン(LDPE)      5・ポリプロピレン(PP)        6・ポリスチレン(PS) 
7・その他  



                                        
プラスティック製品の安全性について、これまで話にはよく聞いていたものの、さほど気にしていませんでした。
が、乳幼児は、大人よりもずっと化学物質による影響を受けやすいので、今までのようにぼーっとしている訳にはいきません!

私たち大人は、出来るだけリスクの少ない環境を子供たちのために整える義務がありますよね。
公正な研究調査結果に日々耳を傾け、知識を身につけなければと思います。