まさか、こんなときにやってくるとは!
そう、1歳半を過ぎた今になって突発性発疹・・・。

普段は、風邪はひいても熱はほとんどでたことがないバッハちゃんなのだが、
日本に里帰りを予定していた日の前日の午後に発熱した。
夜にかけて熱は38度を過ぎ、39度近くまで熱が上がった。
どうにか、これまでみたいに一晩寝たらけろっとしてくれえ!
明日のフライトまでに元気になってくれえ!と、
祈ったのも空しく、
その晩は水さえも、えづいて受け付けず、
翌朝も少し口にしたオートミールをもどしてしまった。

こりゃとても駄目だということで旅程を5日後に変更。
8度台の熱が2日続いた後、
急に3日目に下がり、食欲も戻って全快したかのように見えたが、
4日目夜から上半身に発疹がでてきた。
胸、首、背中にあせも状の赤いプツプツ。

そのときは、これが突発性発疹なのか、
すでにあったあせもが悪化したのか、はっきり分からなかったけれど、

1.半日くらいで湿疹がお腹や顔にまで広がってきたし、
2.この湿疹は痒がらない
3.熱は下がったのに機嫌がものすごーーく悪い。だるそうにごろごろする。
という兆候があったので、
突発性発疹だったんだ、と確信した。



解熱後、3日たったが
まだ本調子ではないらしい。
発熱中はおっぱいを30分毎に欲しがっていたのだが、
今もまだ頻繁に飲みたがり、吸いながらうとうとするような感じ。
遊ぶ気にはなってもすぐ疲れるし、
体力を消耗しているのだろう。
ここ2日間は、いつもより2時間ほど長く眠っている。
湿疹も、赤味が消えてきたがまだ残っている。
これが消えるまでは機嫌が治らないとのことなので
もう少しの辛抱だな、バッハちゃん。



何はともあれ、
国際、国内フライトの変更に伴う出費はかなり痛かったが、
旅行前に落ち着いてくれてよかった。
超高熱には至らなかったし、
解熱剤も使わず、
医者にも連れて行かずに済んだ。
軽い発症だったんだな。
それにしても、
普段とても元気な子が、このタイミングで具合悪くなるなんて、
ちょっと運命的なものを感じるわ。
延期していなかったら、
旅先で怪我をしていた、とか。
ご先祖さんの誰かが阻止してくれたんかなー。