ニューヨーク発:高齢出産&育児誌

高齢出産&ニューヨークでの育児生活。

つわり

14週目3Days、つわり改善。ナイジェリアン・ダイナー


ここ2、3日はつわりが軽い。吐き気があっても実際に吐いてしまうことは殆ど無くなった。
このところ毎日10時間睡眠、日中はほぼ家にこもった安静状態なので、体がなまって仕方がない。そろそろ冬眠状態から目覚めなければ!

食事のほうは相変わらず、自分で調理した料理は食べる気にならず、珍しい食べもの探しが続いている。
昨日はナイジェリアン・ダイナーで面白い料理を発見。あまりにも空腹だったので写真を撮るのも忘れてしまったが、大体はこんなのだった。

焼肉ピラフのような味つきの小粒の米に、煮魚の切り身、激辛唐辛子1本、煮キャベツ2枚と人参半分、
キャッサバ(タピオカの木。根はサトイモのような芋をつける)





がご飯の上にごろりと乗っている。これがぎっしり詰まったサトイモの味を彷彿して美味しい!

また、のりの佃煮?バジル・ペースト?のような正体不明の「どろどろ」もわきに添えられていた。
おそるおそる食べてみると、梅肉としそが混ざったような味、酸味がきいていて結構いける。
もしかして、これがナイジェリアの「ごはんですよ」に相当するものなのだろうか。

Second trimester (妊娠第2期) 、Prenatal yoga (妊婦向けヨガ)


今週を乗りきると、来週から妊娠中期(13~27週)にあたる、second trimesterに入る。

ねちねちと毎日私を苦しめ、妊娠初期のブログの話題をひとりじめしたこのつわりとももうすぐおさらばできる!(・・・はずなのだが果たして本当に終わってくれるのだろうか)

今は自分の世話もままならないが、吐き気から解放された暁には、やりたいことがたくさんある。

*寿司が食べたい(日本では気にせず生魚を食べる妊婦もいるが、アメリカでは厳しく「ノー!」と言われる。これは出産までおあずけか・・・。)
*旅行したい、海水浴でも森林浴でも。
*出産準備の段取り (産院見学、ベビーベッド、プレママ友達つくりなど)
*妊婦向けのPrenatal yogaのクラスに行きたい
*マタニティー下着も欲しい。(アメリカではセクシーな妊婦ドレスなどは豊富に揃っているのだが、質の良いマタニティーショーツなどはなかなか見つからない。1サイズ大きい下着をはいてすませるアメリカ人も多いらしい。)
*メタボ候補の夫の食事管理
*アルバムや書類の整理


ああ、まだまだリストは続く・・・今は考えるだけでつわりがひどくなりそうだ。

安定期に入るも・・・I'm still nauseous. (吐き気が治まらない)

やっと12週目に入りました。
個人差はあるものの、大体この時期までにはつわりは治まると聞いていたのですが・・・私の場合は10~11週目が最悪だったような気がします。

10時間以上の睡眠をとった後の早朝・午前中は調子が良いのですが、夕方になると特に気分が悪くなり、いもむしのようにただ寝転がってくねくねしていることしかできません。それまでは、読書などで気をまぎらわせることができたのですが、この時期はそれも無理。常に吐き気を感じ、文字を追う集中力もなく、家事もおろそかになり部屋は散らかっていき、夜は最低2回は吐き、体力・気力ともにほんとうに弱ってしまいました。

しばらくはブログを更新する元気もなかったのですが、今日は違います。以前から、12週目=安定期のベンチマークに入ったら、友人や親戚に妊娠の報告をする、と決めており、それで緊張しているのでしょうか、つわりが軽く感じます。久しぶりに外出して友人と食事・おしゃべりをしたので、心理的な効果もあったのかもしれません。

本日の巨食日誌:

朝:コーンフレーク、バナナ一本、ミューズリー、crunchy wheat (シリアルの一種)を牛乳でシリアルボール一杯
ネーブル半分、
韓国海苔巻き ”Kimbap" 


昼: ベトナムサンドイッチ"Banh me"

  • Vietnamese Sandwich


午後:日系カフェで緑茶とスイーツ(抹茶クッキー、焼きたてスコーン、パウンドケーキ、小豆マカルーン)

以上、まだ本日は吐いておりません!

つわりとの根競べ・・妊娠10週&3日目。


いわゆる「食べづわり」だった5~9週目。気分が悪くても、日本食以外(メキシカン、インディアン・フード、フライド・ポテトなど)だったらすんなり食べることが出来、食べることで吐き気が治まることが多かった。

が、10週目に入ると、「こんなものを食べてみたい」という興味関心が沸かなくなってしまった。
ひとつには、好奇心をそそられるような目新しい食べ物が周りになくなってきたのだ。これまでは、近所のスーパーやレストラン街を何十分もかけて「今日はこれだ!」という食べ物を探していたが、そんな根気も尽きてきた。

かといって、遠出するような元気はない。特定のレストランを目指して出かけても、目的地に着いた時にはもう食欲が失せているか既に気分が悪くなっている可能性大なので、外食もはばかられる。

それで結局、食べるべき時間帯に食べずじまい、空腹になってつわりに襲われる、という悪循環になりつつある。
昨日の検診では3ポンド(約1.4kg)の体重増加があったので、特に胎児への影響については心配していないが・・。どうにかしてもうすこしだけ、健やかな気分で毎日をすごしたいものだ。

それと、料理をするのが苦痛で仕方がない。うちごはんの大好きな夫にすまないので、何とか頑張って簡単なものでも用意しようと思うのだが、台所に入るだけで、気分が悪くなってしまう。

気分が幾分良いときに米をといで一休み、下準備をしてまた休み、ティッシュで鼻栓をして調理、という具合に細切れ作業でやってみた。数回やったら慣れるだろうと思ったのだが、それどころか今はすっかりトラウマである。夕食のメニューを考える時点でうぷっ、ときてしまう・・・・夫よ、やっぱりしばらく無理みたいです。

つわりがピークを過ぎた?それとも体が適応した? 続巨食誌


今日から自宅勤務になったからだろうか。つわりが軽い気がする。
自宅だと外出して消耗していた分の体力が温存できるし、出先で気分が悪くなりトイレを探し回る必要もない。

とはいえ、来週明けに大きな仕事が終わるまでは気を抜くことができない。

昨日の巨食誌:

朝:
ベーコンエッグサンドイッチ
フルーツ盛り合わせ
炭酸水

昼:
最近定番のチャイニーズ・ダイナーにて
麺+3種のおかず(白菜+ミートボール、ブロッコリーの茎、豆腐)、エッグドロップスープ

午後:
ホワイト・ティー
ミックス・ナッツ、干しぶどうのスナック
タリアリー二(生パスタ)、プロシュート・ハム、アルグラ添え

夕方:
レンティル・スープ
ポーク・ジンジャーひとかけ

夜:
再びパスタ、
バナナ


午後のホワイト・ティーが効いたのか、疲れて吐き気がするのになかなか眠れなかった。最近はカフェインを控えているので、少量の摂取で敏感に体が反応しているのかもしれない。


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ