ニューヨーク発:高齢出産&育児誌

高齢出産&ニューヨークでの育児生活。

妊娠32週

Child care & breast feeding classes 両親学級:育児、母乳編


コロンビア大学提携病院で行われた、タマラさんによる両親学級に行ってきました。
(前回の両親学級記事)

今回は以下の内容の2部制で、20組ほどのカップルが参加していました。

午前の部(10am -12:30pm):新生児のお世話編
おしめ、うんちの種類と量・回数、swaddling(ブランケットでおくるみの仕方)、抱きあげ方、小児科に連れて行くべき兆候、乳幼児突然死症候群(SIDS)、Baby nurseやPostpartum Doulaなどの産後サポート、カーシートの安全性、鼻水や痰などの取り方、加湿器、ワクチン接種、小児科の選び方、沐浴

午後の部 (1:00pm - 3:30pm ):母乳育児編
母乳分泌の仕組みと効果、タイミング、ポジション、職場復帰のためのformula (粉ミルク)やbottle-feeding (哺乳瓶での授乳)導入の仕方、哺乳瓶の選び方、消毒法、搾乳法、搾乳器比較、母乳保管法、母乳コンサルタント、乳首ケア、陥没乳頭対策、乳腺のうっ血(engorgement)対策、乳腺炎、双子授乳、母乳授乳中に注意すベき食品、アルコール、カフェイン摂取について、

午後の母乳育児のクラスも、パートナーも一緒に参加のカップルが多く、偉いプレパパたちに拍手!


=======================
ちょっとしたことで、へえっと思った内容のメモ。

  • 退院時のベビー服について:
   寒い天候に備え、snowsuit(厚手のカバーオール)を準備すること。

   こんなのね。
   North American Bear Company Rosy Cheeks Baby Snowsuit

North American Bear Company Rosy Cheeks Baby Snowsuit


  その際は、スリーパー(袋状のワンピース)やドレスタイプでなく、ズボンタイプを履かせること。
  そうでないと、カーシートで赤ちゃんの股の間で止めるベルトがゆるくなり、安全とはいえないそう。


  • お役立ちウェブサイト
   * スキン・ディープ・コスメティック・データベース http://www.ewg.org/skindeep/
   
     (ベビー用クリームやシャンプーなど、製品やブランド別に安全性をチェックできる。)

        * Baby language(赤ちゃん「言語」)を理解する方法
        http://www.dunstanbaby.com/cms/index.php?page=us-home
  • おしめかぶれ、保湿対策
    おしめかぶれにはEucerin のAquaphor(下)やワセリンでもいいが、
    タマラさんのお勧めはココナツオイル。防御膜として塗る。患部にすりこまない。
    1~2日たっても患部が熱をもっていたり膿みが出たりして改善しない場合はお医者さんへ。
    保湿クリームなどもお風呂が始まるまでは使わない。(お風呂開始はへその緒がとれてから)
    保湿も、オリーブオイルやココナツオイルが最も良い。
    





Eucerin Aquaphor Healing Ointment, 14 Oz (396 G)
















  • Formula(粉ミルク)を使う場合は、オーガニックの牛乳ベースのものがベスト。
  • ひっかき傷を防ぐため、爪のお手入れは必須。Nail clipper (爪切り)よりもNail File(赤ちゃん用やすり)が安全。
  • 赤ちゃんの手はなるべくミトンで覆わない。空腹時のサインのひとつ「指しゃぶり」が容易にできるように。

妊娠32週目の定期検診とBirth Plan(バースプラン)について


今日は2週間毎の定期検診でした。
私の体重は131.5ポンド(60kg 弱)で、妊娠前より8kg増、順調です。
血圧(100/60)も、胎児の心音も正常でした。

千秋楽が近づいてきたので、先生にBirth Plan(バースプラン)について聞いてみました。

というのも、先日のタマラさんの両親学級で、
「自分のバースプランは医者に繰り返し繰り返し口頭で伝えるのが一番ですよ。ドクターは何人もの患者さんを抱えていて、バースプランを読む時間など殆どないですからね!」
とアドバイスをされたのがきっかけ。

以下、かかりつけのOB先生との会話です:

私:「バースプランを作ったのですが、先生は書面を提出されるのと、口頭で伝えられるのとでは、どちらがいいですか?」

先生:「書面は妊婦さんの全体的な意向を理解するのに役立つけど、実際には、紙を渡されるよりも、口頭で話し合うほうが効果的だわね。36週目の検診のときにプランを持ってくる?一緒に内容を確認してあげるわよ。」

私:「はあ、じゃそうします。それと、他の先生が私の赤ちゃんをとりあげることになったときはどうすれば・・・?」

先生:「私のチームには他に3人ドクターがいるから、私に当たる確率は4分の1ね。他の先生に当たった場合は、私と一緒に確認した内容を口頭で伝えてください。」



やっぱり、その都度しつこく言わなくちゃならないんだなあ・・・。陣痛の最中にまともに話ができるのかしら?




私:(しつこく)「12月の私の予定日あたりって、先生もしかしてお休みじゃあないですよね・・・・?」

先生:「ふふふ。その時は忙しく働いているはずですよ。We'll see! (どうなるかしらね )」


We'll see! で話を切り上げられてしまいました。

う~む、なんだか不安。
私は高齢出産だけどものすごい健康妊婦なので、インターンの練習台にされちゃったりしたら嫌だなあ。


ちなみに私のバースプランはこんな感じです。

なるべく医者の領域を犯さず、簡潔に、「あれは駄目、これもやって欲しくない」というネガティブなトーンにならないようにしたつもりです。

せっかく作ったとはいえ、結局はお産当日に何度も口で説明することになりそうですけど・・・。
================================================================

THE XXX FAMILY BIRTH PLAN

Mother-to-be:  XXX   (Place of Birth:  Japan)

Father-to-be:  XXX
Due Date:  XXX
Practitioner:  Dr. XXX          

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Birth Preferences:

We understand that labor and birth are unpredictable and fully realize that situations may arise such that our plan cannot and should not be followed for health and safety of the baby and myself.  However, in all non-emergency situations, we hope that you will be able to keep us informed and discuss benefits and risks of our options. 


Your help with these preferences is very much appreciated!

Labor:

• I intend to have as natural a labor as possible – including freedom of movement, intermittent monitoring, and clear liquids intake as tolerated.

• If augmentation is necessary, I would like to try non-pharmacological/surgical methods before resorting to meds/surgical methods.


Pain Relief:

• Please offer me medial pain relief if I appear to not be coping with other pain-management measures (e.g. positioning, shower, breathing techniques, hot/cold therapy, and massage).


Birth:

• I prefer a tear to an episiotomy.  Please use compresses, massage and positioning.

• I plan to be as active during pushing and delivery as possible, including choosing productive positions.  If available, I would like to try a birthing chair and squatting bar.

• After birth, I would like to wait until the umbilical cord stops pulsating before it’s cramped and cut, and I prefer my partner to cut the cord.

• I would like to have the baby brought to my chest immediately and try nursing.


If Cesarean Is Required:

• As health permits, I would like to skin-to-skin contact with the baby, to stay together during repair and recovery, and to breastfeed during the initial recovery period.


Baby Care:

• We would like to spend as much time as possible with our baby after birth before being taken off for procedures and will be breastfeeding.  Unless necessary, please refrain from giving pacifiers.


We Appreciate Your Support. Thank You!

 





妊娠中に牡蠣を食べるのはOK?


いつもお世話になっている日本食料品配達サービス、super-momさんのサイトに冷凍牡蠣フライ(広島産、$7.07)を見つけ、久しぶりにあのさくさく感いっぱいの牡蠣が味わいたくて、早速オーダーしました。

結構、大ぶりで良さげです。
カキフライ 8.81oz/250g (F)
さあ食べましょう、と揚げ仕度を始めてから、ふと、

「はっ!牡蠣って妊娠中は食べちゃいけないんだったっけ?」という疑問が。

マヨクリニック によると、生や半生の魚介類、特に牡蠣やあさりはアウト。63℃以上で完全に貝が開くまで加熱すればOKとのこと。(基本的に生の食品は魚であれチーズであれ、野菜であれ、要注意というのはニンプの常識ですものね。)

日米各サイトを見てみましたが、おおむね同じような内容で、やはり生食のリスク、加熱が強調されていました。

ただし、牡蠣の貝毒(特定時期、有毒プランクトンの蓄積で起こる)は加熱しても減毒できないそうです。貝毒
以外の要因(例えばノロウイルスや大腸菌など)は、充分に加熱(100℃)することにで食中毒を回避できる、とのこと。

もともと牡蠣は「海のミルク」とも言われ、鉄分をはじめ、栄養たっぷりの食品です。

かき(牡蠣)の栄養素(食材100g当り)

・鉄分が3.6mg
・カルシウムが55mg
・ビタミンB1が0.16mg
・ビタミンB12が38.9μg


牡蠣のミルクシチューなどは、妊婦さん向けメニューにも入っていました。

また、日本国内産の牡蠣は、養殖ものも含め、濾過処理などにより安全対策が徹底している、とのことなので、これを信じ、よ~く揚げてから食べちゃいました。(アメリカ産だとやはり品質管理上、不安です。)
念を入れて2度揚げしたので、牡蠣フライのとろ~り感はなくなってしまいましたが、充分満足なお味でした。

さて、食中毒が起こる場合、腸が菌によるダメージを受け症状を呈するまで、平均1~2日かかります。
あたるとすれば今夜ぐらいからですから、夫と共倒れになったらどうしよう、なんて心配になってきました・・・。
(そんならはじめっから食べるな!とお叱りを受けそうですが・・・。)

ちなみに、食中毒でなく、牡蠣アレルギーだと、いくら加熱してもあたり、オイスターソースでもあたる人もいるそうです。うちの母も牡蠣アレルギーで、これまでに数度、ものすごい目に遭ってきました。
アレルギーだと潜伏期はなく、牡蠣を食べた直後に下痢、嘔吐、発熱するなどの特徴があります。

妊娠中は、これは食べちゃいけない、あれも駄目、と周囲から色々な情報が耳に入り、神経質になることもしばしばです。常に科学的な根拠を確認して判断をするように心がけていますが、誰にでもあてはまる正しい答え、というのはなかなかありませんよね。自分の体でさえ、ホルモンの変化や体調次第で、同じ食品でも体の反応が随分違うのを感じますもの・・・。

今回私は、体調も万全、リスクも少ない、と判断して食べちゃいましたが、やはり心配な場合は食べないでおく、というのが最善かもしれませんね~。妊娠初期、中期だったら、特にね~。



妊娠32週目に突入、胎動カウント始めます。


妊娠32週目(日本の数え方だと9ヶ月目)に入りました。

毎週届くbabycenterのニュースレターによると、赤ちゃんはこれから、出生時の1/3から半分の体重を蓄えるべく、ずんずん太っていくそうです。

私の体重は、ここ6週間ほど変化なし(130ポンド、妊娠前の7kg増)ですが、
もうお腹が既にはちきれそうなのです・・・

まだあと1kg以上増えるなんて、大丈夫なのでしょうか。

IMG_2143


赤ちゃんが動けるスペースも限られてくるため、盛んだった胎動もこれから徐々に減っていく(tapers off) そうです。「あれ、なんだか今日は動いてないなあ」という不安が、果たして杞憂なのか、それとも胎児の異常や早産の兆候なのか、を知るのに、毎日胎動をカウントすることにしました。

数え方も色々ありますが、The American College of Obstetricians and Gynecologists (ACOG)推奨の方法( kick count )でやってみます。

胎動が一番盛んな、決まった時間帯(私の場合は就寝時)を選び、静かに横になります。
お腹に手をあてて、キック、パンチ、ツイスト、swishes(グチュグチュ、ブクブク)、flutters (パタパタ、はたはた) などを数えていき、それらが10回に達するのに何分かかるかを計ります。(しゃっくり胎動は除く、と書いてあるものもあります。)

10回の胎動を感じるのに2時間以上かからないのが理想的です。(1時間以内と書いてあるものもあります。)

もし動きが鈍いなと感じたら、数時間待ってからまた計ってみましょう。
数日の間に顕著な違い(下)が現れた時は要注意、かかりつけのお医者様に相談しましょう。


例:妊娠28週目: 開始時間から胎動が1回ある度に、紙にX印をつけていきます。
Monday 9:00 XXXXXXXXXX 9:32 Total: 32 min
Tuesday 12:00 XXXXXXXXXX 12:45 Total: 45 min
Wednesday 9:00 XXXXXXXXXX 10:00 Total: 1 hr.
Thursday 9:00 XXXXXXXXXX 11:15 Total: 2 hrs. 15 min.

個人差があるので、やはり継続的に記録することが大事ですよね。
ちなみに、昨晩のバッハちゃんのキック・カウント、10回の胎動に10分もかかりませんでした。
ぼっこん、ぼっこん、やられまくりです。
まだまだお腹に暴れまくるスペースが余っているのでしょうかね・・・。
プロフィール

バンビーネ

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ