ニューヨーク発:高齢出産&育児誌

高齢出産&ニューヨークでの育児生活。

妊娠39週

イブニングプリムローズオイル(EPO) でお産をスムーズに誘導?


39週検診で、ドクターから「お産が始まるように”色々”やってみてね」と言われた私、

”色々”メニューとして、
ウォーキング、スクワット、セックスなどを提案されたのですが、

セックスについては、
夫に「やってみようか?」言ってみたところ、
「そんなに大きなお腹で?ど、どうやって?」と、ものすごく怖がられ
にべもなく拒絶されました・・・。

むむっ、
つれない態度に負けるものか!

くじけずに、
運動と分娩誘発を助けてくれそうな自然療法の
2本立てメニューで頑張ることにし、


遅ればせながら、
近所のナチュラル・フード・ストアで EPO(1) - 前記事) と、
American Health Evening Primrose Oil - 1300mg 2 x 120 Softgels

Raspberry Leaf Tea (ラズベリーリーフティー) を買ってきました。

Organic Raspberry Leaf

ラズベリーリーフティーは、
1日に3-4カップ飲む、プラス
蜂蜜入りにして冷凍庫で凍らせておき、popsicle(ポプシクル、棒つきアイス)として
Early labor あたりにガリガリやろうかなあ、と思っています。


そのほか、自然にお産を促進してくれる民間療法としてアメリカでよく聞くのが、
キャスター・オイル(ヒマシ油)をジュースやペーキングソーダと混ぜて
産気づくまで少しずつ飲む、というものです。

これについて担当医に意見を聞いたところ、
キャスターオイル服用後、水分不足・脱水気味になる妊婦のケースをこれまで見てきたので、
個人的にはお勧めしない、とのことでした。


あとは、何ができるかな?
まだ買ってから1度も使っていない
birth ball/ fitness ball を取り出して、
ゆらゆらするのもいいかなー。


さて、効果は如何ほどに・・・。









妊娠39週4日目の検診:依然兆候無し、スイ―ツ尽くし。

39週目の検診に行くや否や、
受付の女の子から、" You're still pregnant! (まだニンプだったのね!) "と朗らかにコメントされました。

そうです。まだまだニンプです。そして永遠にニンプのままな気がしている今日この頃。
お腹の張りは頻繁になってきたものの、
4日後の予定日までには生まれないだろう、という
私の確信に満ちた予測どおり、
内診の結果は、「子宮口はまだ開いていない」という診断。


担当医の話では、
今日はこの状態でも、数日で一気に産道が熟化し、お産となる場合もあるとのこと。

そうなれば、
休暇に入る直前の担当医に赤ちゃんをとりあげてもらえ、万事うまくいくのですが・・・。


ところで、先週の検診までは終始穏やかだった担当医、
出来れば私のお産を見届けて仕事納めにしたい、と思ってくれているのか、

" Tell your baby this Saturday is a good day !!"
「今週の土曜日がベストだってこと、赤ちゃんに言い聞かせてちょうだい!!」

とか、(ちなみに土曜って明後日なんですけど・・・

"Do anything to get this baby out! Walking, squatting, and sex, anything!"
「赤ちゃんが出てくるよう手を尽くすのよ!歩く、スクワットする、セックスする、とにかく色々やって!」

なんて、いきなり
ゴーゴー・モードに切り替わってました


とりあえず、予定日までに自然出産、という理想のシナリオを夢見ながらも、
担当医の代わりのドクターとの段取りもしておくことにしました。

担当医が属するチームのメンバー3人のうち、女性のドクターをリクエストし、
来週(40週2日目)の検診はそのドクターに診てもらうことにして、

40週4日目に超音波検査で胎児の状態を確認し、安全と判断されればそのまま待機。
41週3日目に代わりのドクターとの再検診があり、
翌日(41週4日目)には計画的誘導分娩という流れになりました。

いくらなんでもそれまでには生まれてるでしょう、いや生まれてくれい!



*************

ところで、ここ2週間ほど、スイ-ツが食べたくて仕方がありません。
つわりの頃、甘いものを見るにも耐えず、家にある全ての菓子類を処分した私、
今はそれが悔やまれてなりません・・・!

最近のお気に入りはEataly のPandoro
ふわふわのパンとケーキのハーフみたいな、
イタリアの典型的なクリスマス・ケーキの1つです。
同封の粉砂糖を袋の中でまぶして食べます。
1個が700gほどあるのですが、
甘さ控えめで軽い食感なので
朝食におやつに、とちぎって食べているうちに
あっという間になくなってしまいます。

体重増加が頭打ちになったのを良いことに、
次はチョコやレーズンの入ったpanettone (↓)にしようっ!
なんてスイーツ尽くし計画を練っているところです。






妊娠39週3日:Doula (ドゥーラ)さんとの出産前アポ


今日は、ドゥーラ(Doula (前記事)のエルザさんが
出産前アポ (prenatal appointment)のため、自宅を訪問してくれました。

出産前アポは、
バースプランについて最終的な詰めをしたり、
お産の間、ドゥーラにどう行動してもらいたいか、意志確認をしたりすると共に、
お互いのことをもう少し知り合い、
ドゥーラとのラポール(感情的な親密さ)を築く機会です。


エルザさんは、NYC Doula Coopが紹介してくれたドゥーラ2人のうちの1人で、
とてもソフトで癒し系な、いい感じの若いアメリカ人女性です。
普段はライター&ビジュアルアーティストとして活動されています。

ところで私は、来週が出産予定日なのですが、
1週間遅れれば、クリスマス真っ只中(=休暇でどこも人手不足
のお産になるかもしれません。

そうなると、
契約したドゥーラが休暇に入ってしまうことも考えられるので、
より確実なサポートを受けるため、
紹介されたドゥーラ2人にパートナーを組んでもらい、
どちらかの方に必ずカバーしてもらえるよう、お願いしました。
(契約書には2人の名前が入っています。)

ちなみに、NYC Doula Coop では、通常のサービスとして、
(パートナーを組まずとも)バックアップのドゥーラを保障してくれるのですが、
やはりお産の付き添いは
誰でもいい訳ではありませんよね。
一度会ってお話をした方にお願いしたかったので、
「固定パートナー」の形でサポートしてもらうことにしたのです。

本当は、今日のアポも2人で来てくれるはずだったのですが、
1人は病院に行っていて来れなくなったそうで、
エルザさんのみとのミーティングとなりました。

1時間半ほど時間をかけて、
バースプラン、Early labor段階での過ごし方、緊急連絡先等を細かく話し合いました。
話題のほとんどは、メールや電話でも伝達できる内容ではありますが、
やはり、Face-to-face で話し合ったほうが、
よりbonding (心の触れ合い)ができ、良い関係を築けると思いました。

また、お産の間、内気な夫が何をすべきか戸惑うかもしれないので、
私がうんうん苦しんでいて指示できなかったり、感情的に壊れていそうな場合は、
積極的に夫をリードして、出来るだけ彼が「蚊帳の外」の傍観者にならないよう、
サポートの中心的役割を担えるように促して欲しい、
というリクエストもしました。

ママ・パパの中には、「あまり口を出されたくない」という人もいれば、
「全面的にドゥーラの力添えを得たい」、「常に進んでコーチして欲しい」、という人もあり、
また、
夫婦で意見が異なる場合や、自分達の希望がはっきりしない場合もあるでしょう。

例えば、
新人さんのドゥーラを雇った私達夫婦の場合は、
「経験よりもフィーリング。身近な親戚のような女性がそばにいて
常に励ましとケアをしてくれれば良い」
というスタンスでした。

一方、
知り合いが雇ったのは、いわゆる「セレブなドゥーラ」。
助産婦であり、labor nurseでもあり、お産に何百回と立会ってきたベテランなので、
医師や看護婦にも遠慮なく指示を飛ばし、
会陰マッサージなどの医療行為も施術するそうですから、

ニーズの違いにより、(もちろん予算の都合も)
ドゥーラの役割、仕事範囲、位置づけが全く変わってきますよね。


なので、
自分たちがドゥーラに何を期待するのかをパートナーと確認し、
事前にしっかり伝えておくことで、
お産に関わる全員が
"on the same page (共通の理解・意見を持つ)"
になれるよう努めるのが大事だと思います。

十分な意思疎通が図れれば、
あとあと「ドゥーラは何もしれくれなかった」「もっとこうして欲しかった」などと、
がっかりすることもないですしね!


支払いについて:
Tier one Doula (お産の付き添い回数10回以内の新人)料金で計$300。
通常は、妊娠37週までに
NYC Doula Coopに半額を支払い、残りを直接ドゥーラに支払います。
(私は行動を起こすのが遅かったので、支払いを終えるのが39週になりましたが、
何の問題ありませんでした。)







妊娠39週目のリセット・デー


妊娠39週目に入りました。

お産の予兆も無く、すこぶるノーマルな体調です。
久しぶりに予定が何も入っていない今日は、
のびのびになっていた雑事を片付けるリセット・デーです。


昨日のPrenatal Yogaのクラスでは、
1時間半の間、かなり真面目に体を動かしたせいか、
その後、20分ほどの距離を歩いて帰る道中、

下腹がどーんと重ーく感じ

赤さんの「ぐりぐりっ」胎動が強くなり、

どっと疲れを感じたので、
買物もそこそこに、よちよち歩きで帰宅し、
ベッドに直行。

30分ほど休んだら何ともなくなり、
普通に夕飯を作って就寝しましたが、

以来、
お腹の張りが頻繁になってきた気がします。
足の付け根も少しだるい感じ?がしますが、
痛みをどこかに感じるというようなことはありません。

お産が近づいて欲しいという欲求か生まれた妄想か、
もしくは、
単に運動不足がたたって、
昨日の疲れが今日に残っているだけなのかもしれません

*********

今日のリセット・デー消化事項:

  • 自転車のさび止め
  • 明日のDoula とのアポで話しておきたいことをメモ
  • 入院セットを今一度確認(あまりにも前から準備していたため、何を入れたか覚えていない!)
  • 部屋の掃除、不用品処分
  • 緊急連絡先リストの確認
  • クリスマス用クッキー型、ラッピング用品、ギフト等の買物・注文

これがすべて終われば、

おやつにシュークリームでもほおばりながら、

クリスマスツリーの飾りつけをしたい!(いやまだツリー買ってませんけど・・・。)






livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ