ニューヨーク発:高齢出産&育児誌

高齢出産&ニューヨークでの育児生活。

育児全般

大家族って。


行きつけの歯医者で順番を待っている間、
気のいいラティーナの歯科助手さんとおしゃべり。

彼女は生後3ヶ月の甥っ子がいるそうで、
うちの子と誕生日が1日違いだとわかり、赤子話に花が咲いた。

携帯で写真を私に見せてくれながら
「この子はいつも大家族に囲まれていて、
みんなが途切れなく話しかけているから
受ける刺激がすごいのよねー。」
と言っていた。

にぎやかな早口のスペイン語が
赤子の上で飛び交う様子を想像して
ほほえましくなったと同時に、

うちのムスメが受けている刺激って
結構限られているなあと再認識した。

だってほぼ毎日、相手するのは私だけ。
外出するのも限られているし、
隣人にべビのいる家族はいないし、
親戚もみんな日本だし、
夫は仕事詰めだし・・・。

ああ、こんなときに
親戚の年寄り連中が恋しい。

いや、私もバッハちゃんを楽しませようと
日々いろいろ工夫しているのだが、
やはり1人で出来ることには限界がある。
遊び方にしても抱き方にしても。

AERA Baby で
アロマザリング(親以外の人が子育てに関わること)が特集されていたが、
ほんと
色々な人に関わってもらい、刺激を受けるのは
親子にとって大事だと思う。




生後3ヶ月 口を探検。クリブ3日目。



おなかいっぱい母乳を飲んだ後
授乳枕の上で
しきりに声をあげて
手をわさわささせるバッハちゃん、

私が、その小さな手にキスしたり
くわえようとしたり、
ぱくぱく音を出すと、

私の口だけをねらって
つまんだり
たたいたり
ひっかいたりして探検し、返って来る反応を楽しむようになった。

ここに触れると何か起こる、という
因果関係が分かってきたんだね。


クリブ、昨日は午後9時から午前2時まで
たっぷり泣き叫んでクリブに寝るのを拒否した。
クリブが嫌いというか、
バシネットでも駄目だったから、横になって寝るのが相当嫌なのよね。
カーシートに入れて揺らすと5分で寝るのだから。。
でもクリブに移すとまた号泣。
最後は最終兵器のおっぱいも受け付けず、
長時間のだっこを強いられ、
安静に努めていた手首や指の付け根の痛みが
また再発--!
加えてクリブに赤子を置いてはまたかかえ、を繰り返すものだから
腰も痛い・・・ああ体ガタガタ。
今朝の夢は、腕や手の痛みをこらえながら
縄梯子をよじ登っていく、というもの。
夢の中でも痛いんだよお。

生後3ヶ月育児:Wrist stabilizer (手首サポーター)と指付け根の痛み


手首の痛みがサロンパスでは間に合わなくなったため、
とうとうわたくしも手首サポーターデビューした。

柔らかいリストバンドのようなものを想像していたら、
夫が買ってきたのは
ガンダムになれそうな重厚な品だった。

ACE wrist deluxe wrist stabilizer ($20)


右手用と左手用があり、両手(S-M)を購入。
”Stabilizer”という名称どおり、
確かにギプスみたいに手首がしっかり固定される。
マジックテープは3箇所、頑強な作りの割には着脱しやすい。

ただ、やはり生の腕の感覚は失われるので、
抱っこされるべビの肌を、硬い部分でこすったりしちゃってるかもしれない。

そういうところに気をつけながら
昨日は右手、今日は左手、と片方ずつけること数日、
手首の痛みは治まった気がするが、
今度は
新たに親指と人差し指の付け根が痛くなってきた。

思うに、
サポーターは親指の付け根にひっかけて着用するので、
これまで手首にかかっていた負荷が
この指の第1関節に一挙にまわってきたのではないか、とにらんでいる。

昨晩は
猛犬に手を噛まれる夢を見て
痛みで目が覚めた・・・。
そして親指と人差し指が曲げられないくらい
がちがちに固まっていて痛かった。


今日はサポーター無しでトライアル中。
ちょっぴりよくなったかな。

腱鞘炎も
手首や指の酷使だけが問題ではなく、
首や肩の凝りからくるともいうので、
授乳や抱っこの姿勢を見直し
根本的に治さねば!


生後12週目、thumb-sucking (親指しゃぶり)に腕しゃぶり。


これまでは親指を人指し指と中指の間に入れてグーをつくり、
拳ごとかぶりついていたバッハちゃん、

ようやく最近自分の親指が離れることを発見し、
おいしそうに(!)しゃぶるようになった。

先週位から、とにかくおしゃぶりにご執心で、

おむつ換えの間に
ちゅぱちゅぱ、
寝床でモビールを眺めながら
ちゅぱちゅぱ

プレイマットに乗せても
バウンサーに乗せても
おもちゃからは顔を背け、
一心に
ちゅぱちゅぱっとやっている。

そして、抱っこしているワタシの腕を
すごい吸引力で
ちゅぱちゅぱやるもんだから、
気がつくと
紫のキスマークができていたよ・・・。

おしゃぶりは、
赤ちゃんが好きなときにできるself-comforting(自分を落ち着かせる)方法だし
4歳くらいまではおしゃぶりしても歯の成長にも影響はないそうなので、
無理にやめさせずともよい、とのこと。

でも、早速しゃぶっていた親指の付け根が赤くはれてきた。
ただれたりしないように
遊びで気を反らすのも必要かな。

そういう私は、小学校に上がる頃まで
親指吸ってたので、
おしゃぶりしたい気持ちは
十分わかる!



生後12週め、Drooling (よだれ)はteething(歯が生える)のせい?


生後3ヶ月位から
よだれの分泌が盛んになってくるということだ。
うちのべビも例にもれず、
たらーっと口からよだれをたらすようになった。

先日の轟音泣きのとき、ナニーさんが
「もしかしたら、もうteething(歯が生えてくる)でご機嫌斜めなのかもよ。」と言っていたが、
確かにここ数日ぐずりが激しく、
四六時中指しゃぶり(とういか拳しゃぶり)をしている。

ふつうは4-6ヶ月、遅い子だと1歳くらいに歯が生え始めるそうだが、
遺伝によって2-3ヶ月で始まる子もいるらしい。
実家の母に聞いてみよ。

ところで、知らなかったのだが、
よだれの分泌が多くなると、natural laxative (自然の下剤)となり、
便が柔らかくなり、排便の回数も多くなるので、
Diaper rash(おしめかぶれ)が悪化するのだそうだ。
そうだ、おとといは一日で7回もうんち(いつもは5回)したな。
肛門のまわりが赤くなったが、Aquaphor軟膏でバリアしたら、
一晩で治った。
さすがstem cells(幹細胞)の宝庫の赤子。






プロフィール

バンビーネ

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ