ニューヨーク発:高齢出産&育児誌

高齢出産&ニューヨークでの育児生活。

アメリカ

アメリカで結婚による姓の変更に伴う手続き


初婚のときは西洋人の夫だったので、特に夫の姓に変えようかなどと迷わず、旧姓のままで通しました。
その後離婚してしまったので、書類や口座等を旧姓に戻す処理も無用で楽だった・・・というのは不幸中の幸いともいうべきでしょうか・・・(苦笑)。

そして日本人との再婚です。別姓にすると日本に帰国した際に面倒臭いことになるのではないか、と思い、夫の姓へと変更することに決めました。Marriage licence/ certificate の書類もそのように作成し、ニューヨークの日本領事館に婚姻届も提出。

まもなく妊娠がわかり、つわりに突入、気分が悪く妊娠中期までしばらく何のアクションも起こせず・・・。
とはいえ、本年度の税金支払時に支障が出ないように、ソーシャルセキュリティーカードの名義変更は今年中にや行う必要がありました。

グリーンカード、パスポートもいずれやらなきゃならないな、と思っているうちに、時は過ぎ・・・。

婚姻届提出から半年後、新たに作成された戸籍をやっと日本から取り寄せ、早速手続き開始。

ソーシャルセキュリティーオフィスの総合案内にまず確認の電話をしてみました。
名義の変更に必要な書類(marriage certificateと運転免許証、パスポート、グリーンカードなどのID書類)はまだ旧姓のままなのだが支障はないか、と尋ねたらそれで構わない、との応答。ほっ。

ソーシャルセキュリティーカードの名義変更(申請用紙は米国政府ウェブサイトからダウンロードするか、地元のSSオフィスにあります)
http://ssa-custhelp.ssa.gov/app/answers/detail/a_id/315/kw/name%20change%20on%20ss%20card

でもやはり心配なので、念のため、先に日本領事館でパスポートの記載事項の変更をし、Amendment pageとして新しい姓を付記してもらいました。

そしてローカルオフィスに必要書類(ID書類とMarriage certificate 原本)を持って出向くと・・・
朝10時の時点で、少なくとも100人の人々が順番を待っていました!

予想外にも、(アメリカにしては!)とてもいい感じのスピードで列がさばかれていきます。
個人の用件別に窓口が設置されているようでした。入口でもらった順番札に「331」と書かれてあったので、少しびびっていた私でしたが、20分ほどで順番が回ってきました。

窓口では、やはりちょっと問題が・・・提出書類の確認中、グリーンカードの名前が旧姓のままなので(つまり、移民ステータスは結婚の事実が反映されていないので)、ソーシャルセキュリティーカードの身元照合過程でそのミスマッチが問題になるかもしれない、と言われました。米国市民であればまた話が楽なのでしょうが、私は永住権保持者なので、移民ステータスが取り沙汰されるのですね。

結局、パスポートの記載事項変更ページのコピーを補助書類として提出することで、名義変更の申請は受け付けてもらいました。通常、申請日から長くて4週間ほどで新たなカードが送られてくるそうなのですが、もし私の提出書類に不備があれば、その旨の応答が送られてくるそうです。

帰宅後、ウェブで検索してみると、日本では夫の姓で海外では旧姓を名乗っている人も結構たくさんいるようでした。また、アメリカの書類には旧姓と新姓をハイフンでつないだ姓(併記)を使えば、特に何の名義変更は必要なかった、という方もいました。

ああ、もっと事前に調べておけばよかったなあ。そういえば、領事館で記載事項の変更をした時、「グリーンカードを旧姓のままにするつもりであれば、旧姓を括弧の中に入れて付記することもできますよ~」と親切に教えてもらったんでした。その時は全ての書類を名義変更することばかり考えていたので、旧姓の括弧書きもしてもらわなかったのですが、やはりしてもらえば良かったかなあ?

でもそうすると、Marriage Certificate作成時点で、そうしているべきだったのではないかなあ?

と色々考えてしまいました。

現時点では、SSオフィスからの返事を待って、グリーンカードの名義変更の手続きをしようと思っています。
何せbiometric fee(指紋認証部分の作成手続)も含め、グリーンカードは新規作成料と同額の$450もの手数料かかってしまうのです。
しなくても良いものならせずに済ませたい!

幸い、グリーンカードが旧姓のままで一時帰国した場合でも、アメリカ入国時にmarriage certificateを見せれば問題となることも無いという話も聞いていますし、

うまくいくかどうか、自分自身で実験してみたいんですよね~。


海外で出産、Doulaさんって?(2)


以前Doulaについて記事に書きましたが、追記です。

doulaの情報サイト(英語)
www.Dona.org
http://www.babymoondoulas.com/index.htm

ニューヨークでDoulaを探す(英語)
http://www.nycdoulacoop.com/

Doulaのサービスを利用したママさんの声は千差万別で、
「とても助かった!お産が楽に感じた」という方あり、
「いてもいなくても変わらなかったのではないか」と不満気味の声ありでした。

気になるDoulaの料金ですが、ニューヨークはもちろん他の都市よりも高いです。
合計の平均は$700~1600位だそうです。

とはいえ、時給は、経験やDoula資格の他に医療資格(midwife, nurseなど) を持っているかにより様々ですし、
産後のケアもお願いするかどうかでも随分料金が変わってきます。

「新米Doulaさんだったので、$300で済んだ」という方もいましたし、
「Doulaさんが病院付きのインターンだったので、通常の半分の料金しか払わなくてよかった」という話も聞きました。

私の友達に、高齢+過去病歴のためハイリスク出産だったママがいるのですが、

専門知識を有したDoulaにお医者さんとの仲立ちとして立ち会って欲しい、という希望をもっていました。

結局、料金等の問題により、彼女は付き添い無しでお産をしたのですが、
自然分娩したいと強く思っていたのにもかかわらず、
お医者さんに促され、陣痛促進剤、それに続く長~い陣痛とEpiduralの後、最終的には緊急の帝王切開手術で赤ちゃんを産むことになりました。

無事に丈夫な赤ちゃんが生まれたので、結果オーライといえばそうなのですが、彼女は当時を振り返ってこう言っていました。
「初 めての出産で、しかも陣痛の痛みや赤ちゃんへのリスクを心配しながら、お医者さんときちんと対応について話し合い、適正な判断をするのは、本当に難しい。 今考えると、もう少し頑張っていたら自然分娩も可能だったのではないかと思うけど、その時はそれどころじゃなく、医者の言葉に従うしかなかった」と言って いました。

彼女のようなケースには、医療資格を持った経験のあるDoulaさんが立ち会っていれば、もしかするともう少し楽なお産になっていたのかもしれません・・・。

ママによりDoulaへの期待度はさまざまだと思います。
ただ手を握ってそばにいてくれる誰かがいれば欲しい、という場合もあるでしょうし、
積極的にリードしてくれ、必要なときはしゃしゃり出て意見して欲しい、というパターンもあるでしょう。

私の場合は高齢出産ですが、特に他のリスクを抱えている訳ではありません。
もちろん、そばで応援してくれる人がいれば心強いなとは思いますが、それに$1,000以上の料金を払う用意があるかと問われれば、「う~む」と考えてしまいます。

友達のひとりに、新生児室で働いている、天使のようなナースがいるので、彼女に頼んでみようかな~。

ベビー用カーシートはChicco keyfit 30に決定


出産準備品のショッピングで一番迷ったのがカーシートでした。
アメリカでは、子供を乗せる時は必ずカーシートを使用することが全50州で法的に義務付けられています。

カーシートはInfant car seat (インファント・カーシート)とConvertible  car seat (コンバーティブル・カーシート)の2種類があり、前者が新生児から1歳くらいまで、後者がそれ以降の子供を対象にしています。

今回ゲットしたのはインファント・カーシートです。

インファント・カーシートは、後ろ向きに取り付ける(rear-facing)タイプで、持ち手がついたキャリアー仕様です。アメリカでは。安全上、赤ちゃんの体重が22ポンド(約10kg)になるまで、その後も出来ればなるだけ長い期間、rear-facingで乗せるよう推奨されています。昔は、赤ちゃんの体重が22ポンドになるまで使用できるカーシートが殆どだったようですが、現在は30ポンド、35ポンドまで使用可能なものも豊富に揃っています。

私が予定している産院も、退院時にカーシートを見せないと退院できません。病院によっては、カーシートを車に取り付けるところまでチェックするところもあるそうです。

車のない私達も、赤ちゃんが小さいうちはタクシーを使って移動することになるので、カーシートは必須。ということで、ここ数ヶ月、オークションサイトや掲示板をまめにチェックしたり、店頭に下見に行ったりして吟味を続けておりました。

本日、Bed Bath & Beyondオンラインストアにてこれを購入!

Chicco Keyfit 30 Infant Car Seat + Base

 chicco carseat video



KeyFit 30 Fuego Car Seat


定価は$179.99 でした。これに送料+税を足すと予算の$200を超えてしまうところでしたが、
20%割引券を使ったので、最終的に$172で買えました。

ちなみに、インファント・カーシートは通常、専用のカーシートベースとセットで売られており、
$100以下のお安い品もありますし、$500以上の豪華なものもあります。

新品で販売されている製品であれば、どれも安全基準テストをパスしているはずなので、
この値段の違いは何なんだ?と思いますよね。
色々な商品を見たところ、

セレブ御用達度、デザイン性、素材の軽さ、クッションの質、車への取付け易さ、ベルトサイズ調節のし易さ、

などがこのような価格差の原因のようです。

私は真ん中あたりの値段帯で、Graco製にするかChicco製 (注:チッコ、チッコと読んでいましたが、どうやら「キーコ(”KEE-ko”)」らしいです。)にするか随分迷いました。
とちらのブランドもカーシートの品揃え、汎用性、ユーザー間の評判にかけては甲乙つけがたいのです・・・。

同じサイズの製品ラインだと、(例: Graco Snugride 30 vs. Chicco Keyfit 30)
Gracoのほうが$30ほど安く、重量も1ポンド強、軽いです。

車も無いし、赤ちゃんは冬生まれだから最初の数ヶ月は外出もあまりしないだろうから、
安くて軽いGracoのほうに決めかけていたのですが、以下の理由でChiccoに軍配が上がりました。

1.店頭で実物を見ると、Chiccoのほうがクッション素材がしっかりしている、汚れも落ちやすそう
2.車への取付けが超簡単
3.カーシートキャリアー(カーシートをそのまま取り付けられる簡易ベビーカー)の使い勝手の良さ


また、今回のお買物はいつものように中古品でなく新品を選び、それも、ebayや他店と比べて値段設定高めの
Bed Bath & Beyondで購入した理由です。

1.長期間返品OK
2.のちにオークションで売るための信用度ゲット
3.カーシートには6年間の使用期限があるのでなるべく新しい
4.中古品は事故歴や安全性が確認できないこと

やはり赤ちゃんの安全が第一ですからね~。

そしてあとでオークションに出品するときも、
綺麗な状態、箱や説明書もある、使用期限たっぷり、
なので、簡単に高値で売れちゃいます!
充分投資の価値あると思います。


ああ、これで毎日のジレンマがひとつ解決、嬉しいな~。



プロフィール

バンビーネ

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ