ニューヨーク発:高齢出産&育児誌

高齢出産&ニューヨークでの育児生活。

ヘアカット

生後9ヶ月、初めてのヘアサロン


バッハちゃんの連日の夜更かしや
母の訪米などでどっぷり疲れ、
すっかり更新が滞ってしまった。

その間、
離乳食はStep 3に進み、
ころころしたミックスベジタブルや、
大きめのひきわり納豆なども食べられるようになった。
赤ちゃん用ふりかけもデビュー。


田舎で美容室を経営する母が
ニューヨークのヘアサロンを見てみたいというので、
観光がてら、バッハちゃんの前髪を切りに
子供専用サロンの
Cozy'sに行って来た。
写真はまたアップしようと思っているが、
かなり短く、とリクエストしたら、
眉のかなり上でぱっつり切られ、
戦時中の農村の幼女みたいになった。
後ろ髪はくるくるカールでそのまま伸ばしているので、かなりおもしろい髪型だ。
カットのお値段は、前髪だけでも$32と高めだが、多分一律料金なのだろう。
泣き叫ぶ幼児の髪を切るのは至難の業だろうからね、しょうがない。

その他の進化:
バッハちゃんは、
お風呂で髪をゆすぐときに寝かされるのが嫌で毎回泣き叫んでいたのだが、
ばあちゃんの指導のおかげで状況改善。
私がバスタブで一緒に入り、
風呂用のおもちゃで遊ばせながら
今は体も髪もかるーく洗う程度。
まずおふろへの抵抗感をなくしてもらわなければ。


産後のビューティーケア:7ヶ月ぶりのヘアカット


臨月のときに行ったっきりのヘアカット。
産後は育児疲れのため、
化粧はおろか、日焼け止めも塗りそびれる始末。
ヘアスタイルなど気にする余裕などとても無く、
ヘアバンド&おばさん結びが定番になっていた。

でも、産後の抜け毛が激しい時期に
ヘアバンドで生え際を引っ張っていたせいか、
おでこ上の髪が短く切れて、ぴんぴん立っているし、
洗い髪のまま寝てしまうので痛みっぱなしだし、
あまりにみっともないので、
7ヶ月ぶりにUpper West Side のAveda Salonに予約して行った。
15分ほど待たされたが、カットは手早く、1時間弱で終了。
ハンドマッサージ付きで$45。(安かったので、チップは施術料の35%払った。)
セレブなヘア・スタイリストをリクエストすると高いが、
特に何も頼まない限り、
若手の美容師さんが切ってくれるようだ。
初めてのお客さんは、Avedaウェブサイトのバウチャーで$20オフになるのでお得。

そして気になるバッハちゃんは、カットの間、夫と近隣を散歩。
最近はseparation anxiety(離れちゃイヤイヤ状態)が激しくなってきて
私以外の人に抱かれると、
数分もしないうちに泣き出してしまうので心配だったのだが、
なんとかておとなしく過ごしてくれたとのこと。ほっ。

いやいや、短時間だったが、息抜きできて嬉しかった。
たとえ、細切れでも
ひとりの時間を持つことは
エンドレスな育児ループの毎日にとって
非常に大事だす!

それにこういう機会をあえて作ることで、
夫もバッハちゃんとふたりきりの時間が出来る。
そう、こうしてはじめて日頃の私の苦労を体で理解できるのだ!

サロンから次回のヘアカットやエステの割引券ももらったことだし、
今度はフェイシャルにでも行かしてもらうざます♪。


livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ